競馬は牧場が左右する。ノーザンファームは生産界の巨人。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競走馬の故郷といえば牧場ですね。

皆さんは、牧場を訪れたことが有りますか?

 




 

この牧場ですが、

競走馬を生産する牧場の事を

生産牧場

と言います。

そのままですね。

 

この生産牧場ですが、実は・・・

馬券の収支改善に、大きく影響することを

皆さんはご存知でしょうか。

 

実際に馬券に絡んでいる馬たちが、

どの牧場から出ているのかが分かれば、

競馬全体の流れが見えてきます。

 

そこで、

今回はその「牧場」の影響力について、

触れて行きたいと思います。

 

まず、タイトルにもあるように、

現在の日本の競馬界をリードしているのは、

生産界の巨人・ノーザンファームです。

 

同牧場がどれほど凄いかと言うと、

2017年7月2日現在で、JRAの勝利数は275勝、

2位の社台ファームの159勝を大きく引き離してのリーディングに輝いています。

 

これだけではまだ分かりづらいので、

更に分かりやすく言うと・・・。

3位~12位までの牧場が束になってかかっても、勝数が及ばない

というくらい、圧倒的な開きがあります。

 

因みにノーザンファームは、

元は社台ファームから枝分かれした牧場ですので、

3位の社台コーポレーション白老ファームも含めて、

この御三家は身内と言えます。

 

ライバルと言えるのは4位の岡田スタッド

からとなりますが、その岡田スタッドにしても37勝、

ノーザンファームとは7倍以上の勝数の開きがあります。

 

この数を見ても分かるとおり、

日本の生産界は社台系か、非社台系か

に2分されます。

 

 

因みに社台系御三家の勝数を合わせると・・・

現時点で481勝、4位~46位までを合算した、479勝よりも多い数字

となります。

そもそも27位以下は一桁の勝利数なので、

これから更にこの格差は広がる事になりそうです・・・。

 

重賞勝利数(GⅢ以上のレース)はこの半年間で33勝。

この半年間の国内GⅠ・12戦の内、

実に7勝がこのノーザンファームの生産馬です。

 

どうでしょう、

ノーザンファームの恐ろしさ(?)

凄さが、

お分かりいただけたでしょうか。

 

今年は最初、連続で芝のGⅠを落としていたノーザンファームですが、

フェブラリーステークス

皐月賞

NHKマイルカップ

ヴィクトリアマイル

東京優駿

安田記念

宝塚記念

と、終盤になるにつれ、生産馬が連続で勝利を飾っています。

 

種牡馬ランキングトップを走る

3冠馬ディープインパクト

もノーザンファーム出身です。

 

日本の馬産は、ノーザンファーム(及び御三家)が握っている、

ということ・・・。

今日は、この事をまず、お話いたしました。

 

ではこれが馬券にどう影響するのか

はしくれ流の使い方は、

また来週、

詳述したいと思います。

 




2017安達太良ステークス&STV杯結果




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、15日の土曜日に開催されたレース、

福島の安達太良ステークスと

函館のSTV杯の予想結果

についてお伝えしたいと思います。

ぜひ、お付き合い下さい。

 

 

まずは、福島競馬場で行われた

準オープン・安達太良ステークスのはしくれの予想をご覧下さい。

 

<2017 安達太良ステークス予想 印&買い目>

◎コスモカナディアン

○クインズサターン

▲エネスク

☆クラシックメタル

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

それでは、早速結果に参りましょう。

 

<2017 安達太良ステークス結果 全着順&払い戻し>

 

・・・・・・はしくれ、的中です!!

応援して下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)!

 

今週の土曜日もばっちり的中できたはしくれですが・・・。

やはり、嬉しいですね(*^^*)

喜びに浸りつつ、また的中を重ねられるように

回顧と復習をしていきたいと思います。

 

まず、気になった天気ですが・・・。

曇りで降雨の影響はなく、馬場状態も良で行われました。

予想ではミドルハイと判断したペースでしたが、

思ったよりもハイペースになりましたね。

ダイゴマサムネがハナを奪って、

▲エネスクには厳しい流れになりました。

 

先行馬が総崩れする中で、

中団に付けていた☆クラシックメタルが勢い良くまくってきます。

やはりこの馬の自在性は高く評価して正解でした。

 

そして中団からは早い流れが得意な

◎コスモカナディアンも進出、

これも読み通りでしたね。

 

 

最後は大外から豪脚を繰り出した

○クインズサターンが迫りましたが、

早めに動いた2頭を交わしきれずにゴール。

これはやはり東京を連戦してきたローテーションが響いた感じでした。

ただ、初の福島をこなしての3着は立派だったと思います。

 

こうしてみると、やはり小回り福島というか

立ち回りに自在性があるタイプが強かったと思います。

4頭中3頭が上位を独占してくれたのは、

嬉しい限りでした。

 

 

それでは次に、

函館で行われた1000万下・STV杯の結果

をお伝えしたいと思います。

 

まずは、はしくれの予想をご覧下さい。

 

<2017 STV杯予想 印&買い目>

◎エリシェヴァ

○レーヴムーン

▲ライトフェアリー

☆パラダイスガーデン

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

それでは、結果です。

 

<2017 STV杯結果 全着順&払い戻し>

 

・・・・・・はしくれ、外れです!!

参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

函館開催も進んで参りましたが、

今回は正直、馬場・ペース共に読めていませんでした。

 

もっと早い時計での決着を予想していましたが、

勝ち馬の走破タイムは1分8秒7

本命に推した◎エリシェヴァの前走タイム

1分7秒5と比べると、

かなりの差がありました。

 

これは重賞開催日の前日にしては重たい馬場と言えますし、

良馬場できれいな芝状態でしたが、タフさが要求されましたね。

素軽さが売りのエリシェヴァには、厳しい状況でした。

 

また、ペースはミドルでしたが、これも予想より遅かったですね。

最後は末脚自慢の☆パラダイスガーデンが3着に食い込む辺り、

上がりも要求される競馬でした。

Bコース替りで馬場はかなり違ってきたように思います。

これは、芝の生育が良い事も一因かも知れません。

 

自在性のある○レーヴムーンは位置取りが良くなかったですし、

本来の走りが出来なかったのは残念です。

ですが、▲ライトフェアリーに関しては、自身の走りは出来たと思います。

 

 

洋芝らしいレースになり、

また、Bコース使用で内目が生きています。

この辺り、例年の函館記念と同じ状況となりましたね。

この点はまた来年、気をつけたいポイントです。

 

ところで、夏もそろそろ本番に差し掛かり、

土曜日も暑い一日となりました。

予想の際もお話しましたが、

皆さんどうぞ、熱中症にはお気をつけて。

 

これからも夏競馬はまだまだ続きます。

予想と復習をきっちりこなして、

馬券の収支改善を図りましょう。

それでは、また。

来週の競馬予想も、お楽しみに☆

 

*予想がお役に立ちましたら、最強競馬ブログランキング及び人気ブログランキング
への応援クリックをお願い致します。

 

*勝利されたコスモカナディアン及びミスドバウィの関係者、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




2017函館記念結果・荒れる重賞、波乱の結末




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は函館競馬場で

GⅢ函館記念が行われました。

一日中降り続いた雨の影響で、

馬場は昨日の良馬場から一気に重馬場へと変化しました。

このあたり結果に影響を及ぼしたのかどうか・・・。

 

結果発表の前に、まずはしくれの予想からご覧下さい。

 

<2017 函館記念予想 印&買い目>

◎マイネルミラノ

○レッドソロモン

▲ダンツプリウス

☆カムフィー

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは、結果の発表に参りましょう。

こちらです!

 

<2017 函館記念結果 全着順&払い戻し>

・・・・・・はしくれ、完敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

いやはや、今回の函館記念ときたら・・・。

荒れる重賞の真骨頂を、まざまざと見せ付けられた

という感じでした。

1~4番人気が全滅、

内枠馬も全滅と、

いくらなんでも難しすぎる結果となってしまいました。

 

この超難解な一戦となった函館記念を振り返り、

馬券の収支改善を果たしていきましょう。

 

それではまず、スタートから見て行きましょう。

 

 

こちらですね。

特に出遅れた馬もなく、

はしくれの本命◎マイネルミラノも良いスタートです。

一見、普通の始まりに見えた当レースですが・・・。

隣のダートコースでは水の浮く不良馬場。

芝も重に変わっており、

かなり足元が滑る馬場になっていたと思います。

 

 

こちらは向こう正面を回ってくる際の画像ですが、

ヤマカツライデン(3着)は既に先頭をキープ、

2着馬タマモベストプレイも3番手を追走しています。

この2頭は最内を進んでおり、これが功を奏します。

 

 

4コーナーでの各馬の位置取りです。

赤丸で囲ったはしくれの◎マイネルミラノは仕掛けも良く、

手応え抜群な感じで上がってきます。

最内にヤマカツライデン、

その直後にタマモベストプレイです。

勝ち馬ルミナスウォリアーは、外からまくってきます。

 

一瞬、◎の優勝もあるかと思った手応えでしたが、

ハンデが堪えたようでマイネルミラノは失速、

残る前3頭がゴールを目がけて駆け抜けます。

 

 

これがゴールシーンです。

動き出しのタイミングがばっちりだったルミナスウォリアーが、

最後は1馬身半差後続を離して快勝。

前で粘ったヤマカツライデンが3着、

好位から差して来たタマモベストプレイが2着でした。

 

この結果はさすがに予想できませんでした。

まずは、降雨がかなりの量になった事が一因ですね。

そして、今までのように内枠馬が来なかった事

これも読めませんでした。

 

というのも、過去10年でも重馬場施行は皆無な上、

時計がかかり始めた今の函館で重馬場とくれば、

それはもう、例年とは別のレースです。

この辺り、予想家泣かせの天気だったと思います。

 




 

結果的にはミドルスローで、

巻かれずに先手を取った外枠の逃げ馬と、

追い出しのタイミングをマイネルミラノから計れたルミナスウォリアー

この3頭で決着という形になりました。

 

特に前に行った2頭は、インを付いたのが良かったですね。

芝が生きていたために、内目のコース取りは正解でした。

マイネルミラノも丹内騎手が勝ちに行く騎乗で、

悪くなかったと思います。

この馬場で58kgはさすがに厳しかったと見ています。

 

今年も波乱、それも外枠馬ばかりでの決着となりましたが、

競馬の怖さが詰まった一戦というか、

それでも個人的には楽しめたレースでした。

 

この波乱の主役は雨と重馬場ですね。

今回のはしくれの予想では全く太刀打ちできませんでしたが、

昨年も的中した方法で買った今回、

良馬場開催での結果ではなかったので、

来年も馬場状態を見極めた上で、同様にチャレンジしたいと思っています。

 

馬場が極端に悪いと、内目を行き切れる馬が強い

というのは、有る程度常識ですが

直前で大雨が降ったCBC賞の時といい、

重賞でこの傾向が最近目立ちますね。

これからは馬場が悪くなりそうなときは、

敢えて狙って行きたいものです。

 

ところで、皆さんの函館記念はいかがでしたか。

的中された方は、本当におめでとうございます。

これからもはしくれは、日々研鑽を積んでまいりますので、

どうぞ当ブログをよろしくお願い致します。

 

それでは、今回はこの辺で。

また、お会いしましょう。

 

*回顧がお役に立ちましたら、最強競馬ブログランキング及び人気ブログランキング
への応援クリックをお願い致します。

*勝利されたルミナスウォリアーの関係者、及び馬券的中者の皆様に、
心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。