高松宮記念2019結果・優勝馬はミスターメロディ

 

大波乱。

 

優勝したミスターメロディは

3番人気に推されていましたが

2~3着馬がともに単勝では

100倍を超えるほどの伏兵馬。

 

特に3着馬ショウナンアンセムが

300倍を超える単オッズで

18頭中17番人気

低評価での激走でした。

 

2~3着馬のワイド馬券が

88,520円の高配当で

GⅠ史上稀に見る大波乱の

高松宮記念2019結果でした。

 

それではそんな一戦となった

このレースを振り返っていく前に

まずは予想から振り返り

結果を回顧して参りましょう。

 

<高松宮記念2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ダノンスマッシュ

対抗〇・・・レッツゴードンキ

単穴▲・・・ロジクライ

特注☆・・・ミスターメロディ

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<高松宮記念2019結果>

優勝馬・・・ミスターメロディ(☆)

2着馬・・・セイウンコウセイ

3着馬・・・ショウナンアンセム

(◎4着、〇6着、▲8着)

 

はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ダノンスマッシュは4着・・・

 

あと少しが届けばと言うような

残念な結果となりましたが

早速大波乱の結末となった

一戦を振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

内で4番のセイウンコウセイが

好スタートから前に出ました。

対して外枠のデアレガーロと

ダイメイプリンセスが後手を踏みます。

 

序盤のポジション争いでは

外からモズスーパーフレアが逃げ

これにラブカンプーが加わって

速い流れになりました。

 

 

前半600mの通過は

33秒2のタイムで

前後半の差がコンマ9秒差の

ハイペースになりました。

 

好スタートのセイウンコウセイを

交わして逃げて行った前の2頭は

この時点で相当な消耗を

余儀なくされたと思います。

 

 

直線に入りその前の2頭と

セイウンコウセイが入れ替わると

今度はインからミスターメロディと

ショウナンアンセムが並びかけます。

 

この三頭の手応えが勝って

三つ巴の競り合いに移りましたが

外からは人気のダノンスマッシュも

懸命に抵抗します。

 

そして前を行く三頭からついに

ミスターメロディが抜け出すと

追いすがる二頭を振り切るように

ゴール板前を駆け抜けましたが・・・

 

 

やはり最後は半馬身差抜け出した

ミスターメロディの優勝でした。

 

この一戦を東京競馬場で

じっと見ていたはしくれでしたが

周りで見ているファンの方々は

誰もが沈黙していました。

 

それもそのはず2~3着馬は

二桁人気の人気薄

とても手が出なかったというような

落胆の空気がこぼれていました。

 

スピードの持続力を問うような

前傾ラップが刻まれていましたが

このあたりも末を伸ばすタイプの

ダノンスマッシュには厳しいものでした。

 

そして今回の予想の重点を

「馬体の上昇度」にしたはしくれが

パドックロードで本命◎にしたのは

この馬になりました。

 

 

◎1着→〇4着→☆8着→▲9着でした。

 

前走時よりも上昇が顕著な

ミスターメロディを本命に抜擢

見事優勝してくれたことは

ひとまず良かったと思います。

 

それにしても2~3着馬の走りに

驚かされた今回でしたが

それについても馬体面から

しっかり回顧したいと思います。

 

それでは優勝馬ミスターメロディ

馬体診断に参りますが・・・

 

 

素晴らしい仕上がりでした。

 

隙の無い引き締まった全体に

張り詰めた筋肉とツヤが目立ち

持久戦になればなるほどに良い

そんな張り詰めた仕上がりでした。

 

スプリント戦の頂上決戦では

とにかく隙の無さが問われてきますが

鋼のような鉄アレイのような

厚みのある張り詰めた仕上がりでした。

 

前走の阪急杯で敗れて

人気が少し落ちていましたが

仕上がりは思った以上に良くなり

「これは」と思う1周目でした。

 

結局最後まで落ち着いており

レースでもスピードを出し切れたのは

型どおりに良化していたことが

最大の原因でしょう。

 

新スプリント王としてこれからは

受けて立つ立場とはなりますが

この距離で今回のような仕上げなら

まず力を出し切れると思います。

 

 

そして2着馬セイウンコウセイです。

 

この馬は昨年の夏頃から

かなり馬体が良くなりましたが

今回も気になる仕上がりにあり

納得のいく2着でした。

セイウンコウセイ―馬体の殿堂(5) )

 

良いときは毛づやを良く見せますが

その特徴も変わることがなく

全体のパンとした張り方にしても

好感が持てる仕上がりでした。

 

印を回せなかった原因は

単純に他がよく見えたから

特に3番手以下の評価は

かなり難しいパドックでした。

 

良馬場でもしっかり走りましたし

このコースは得意だと思います。

衰え知らずの古豪ですから

これからも期待出来るところでしょう。

 

 

3着馬はショウナンアンセムです。

 

この馬は中山向きの馬体で

お腹がポッコリして見えますが

実はこのタイプは中京でも度々

穴を開けるタイプです。

 

幅が合って筋肉量が豊富で

その点は好感が持てましたが

相変わらず少し緩いように見え

その点を懸念して切りました。

 

ですがこのような結果でしたし

同馬にはこれで良かったようです。

隙の無い優勝馬に最後まで

食い下がったのには冷や汗が出ました・・・

 

この一戦を見るとスプリント戦が

今後の主戦場になりそうですから

これからも仕上がりに注意して

取捨選択したいと思います。

 

 

最後は4着馬ダノンスマッシュです。

 

同馬は今回1番人気で

注目を集める立場でしたが

何分得意の末脚を生かす

展開にはなりませんでした。

 

前走よりも好仕上がりでしたし

ミスターメロディには譲りますが

絞れた馬体で胴も短く

短距離馬らしい仕上がりでした。

 

トモの張りがもうひとつ上なら

3着もあったと思いますが

外を回り持久戦になる中

よく踏ん張ったと思います。

 

これからも当然期待できますし

まだ上昇しきってはいません。

次の目標がどこになるかですが

非常に楽しみにしています。

 

ということで・・・

 

ミスターメロディの活躍のおかげで

楽しめた一戦ではありましたが

当ブログ予想に加え厚めに張った

ワイド馬券が飛んでしまいました(泣)

 

ダノンスマッシュが3着だったら

どんなに嬉しかった事でしょう・・・

「これが競馬」という結果になり

複雑な気分の週末でした。

 

来週は大阪杯がありますし

また頑張りたいと思いますので

ご覧下さる皆々様と一緒に

勝利を目指したいと思います。

 

これからも予想力向上に努め

精進致して参りますので

どうぞ当ブログを今後も末永く

よろしくお願い申し上げます。

 

*はしくれのパドックロードは―

パドックロード(2019)3月度会員募集中!