マイルチャンピオンシップ2018結果・優勝馬はステルヴィオ

 

初戴冠。

 

昨年もペルシアンナイトが

3歳で制したこのレースですが

今年も優勝したのは3歳馬の

ステルヴィオとなりました。

 

最内1番を引いた同馬が

その枠を活かし切った形で

鞍上のビュイック騎手の手綱も

冴え渡っていた一戦でした。

 

これで木村哲也厩舎も

初GⅠ制覇を達成し

陣営にとっても記念すべき

マイルチャンピオンシップとなりました。

 

またGⅠ・JpnⅠ4連勝を賭け

挑戦したはしくれの結果は・・・

 

それではまずはその予想から

振り返りたいと思います。

 

<マイルチャンピオンシップ2018予想・印&買い目>

◎モズアスコット

〇アエロリット

▲ペルシアンナイト

☆ロードクエスト

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー〇▲☆各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<マイルチャンピオンシップ2018結果>

優勝馬・・・ステルヴィオ

2着馬・・・ペルシアンナイト(▲)

3着馬・・・アルアイン

(◎13着、〇12着、☆17着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎モズアスコットは13着・・・。

 

非常に残念な結果となりましたが

きっちり復習をして参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

ややバラっとした飛び出しになりました。

内からはアルアインが好スタートで

外からはアエロリットが同じく

好スタートを決めました。

 

序盤は外のアエロリットが

先行していくと見られましたが

鞍上のムーア騎手が確かめるように

徐々に前に押し上げていきました。

 

 

前半の半マイルの通過は

47秒1のスロー

勝ち馬ステルヴィオ(矢印)はインで

アルアインを壁にして折り合います。

 

逃げ馬がアエロリットくらいしか

見当たらなかったメンバー構成とはいえ

ここまでスローな流れになるとは

はしくれにとって誤算でした。

 

本命◎のモズアスコットは

後方馬群で進路を探し

かなり苦しい展開の中で

追走することになりました。

 

 

最後の直線に入って

ステルヴィオはこの位置でしたが

前のアルアインが抜け出して

開いたインを狙ってきます。

 

アエロリットが下がったことで

更に内が2頭分開いて

ステルヴィオの後ろに位置していた

ペルシアンナイトも強襲します。

 

外を回ったモズアスコットらの

待機勢には出番がなく

インで争う最内枠の

この2頭が激しく競りますが・・・

 

 

最後は先にアルアインを交わした

ステルヴィオが競り勝って優勝。

3着にはアルアインが粘って

内枠馬の独壇場でした。

 

今回の結果はまず馬場にあると

言わざるを得ません。

 

1→2→3番という馬番での

決着というだけでなく

10レースでもスローから流れ込んだ

上位勢はインを走っていました。

 

昨年より内目も傷んでおらず

それでいて時計がややかかる馬場

最後も瞬発力勝負とあっては

待機勢には苦しい展開です。

(特に当週は日・火・木・金で散水を実施)

 

またステルヴィオは直前の調教で

瞬発力をアピールしていましたし

枠と展開・調教内容からも

ぴったりとはまっていました。

 

この展開は全く読めておらず

未熟さを痛感した次第です。

アエロリットは序盤で脚を使ったのが

痛かったなと思いました。

 

 

またパドック速報の配信結果は

◎2着→▲12着→〇13着→☆17着

でした。

 

こちらもペルシアンナイトを上位に

取れたのは良かったのですが

珍しく4頭データ予想と

同じ馬という結果でした。

 

こちらも残念な結果となり

会員様には申し訳ございませんでした。

 

それでは早速馬体診断も

実施して参りましょう。

 

 

 

まずは優勝馬ステルヴィオです。

 

同馬は今回+8kgと

馬体を増やして臨みましたが

全体のボリュームがアップして

良い状態に仕上がっていました。

 

☆印をロードクエストと

同馬とエアスピネルで迷いましたが

印を詰め切れなかったことが

非常に心残りです。

 

この馬はトモに良いものがあり

今までは前傾姿勢でしたが

今回は肩も強化されており

バランスが良くなっていました。

 

画像のように集中していて

気合をぐっと表しているのも

好感の持てるパドックでしたが

本当に悔しい結果です。

 

 

2着馬はペルシアンナイトです。

 

この馬は前回と比べて相当

上昇を見せた一頭でした。

張り・ツヤを見ても分かることですが

無駄が一分もありません。

 

+8kgも充実の証で

バランスも良く好仕上がりで

最後の直線でも差し切れると

思って見ていたほどでした。

 

結果は2着ではありましたが

富士ステークスとは別馬でした。

昨年と同じローテで臨んだ

調整過程がきちんとはまりました。

 

 

3着馬はアルアインでした。

 

同馬は天皇賞秋のときに

印を打った馬でしたが

今回はその時からの比較では

上積みをあまり感じませんでした。

 

お腹がやや下に垂れるような

独特の体型の持ち主ですが

前回の方がシャープなくらいで

+10kgはやや太いようでした。

 

それにもかかわらず3着するのは

操縦性の高さゆえでしょうが

川田騎手が手綱を取ったことも

少なからず影響したと思います。

 

このコンビは0-1-2-0で常に

堅実な走りを見せていますので・・・。

 

また

下位に沈んだモズアスコット

仕上げは悪くはありませんでした。

発汗は目立つところでしたが

馬体は前走より良化していました。

 

アエロリットも前走ほど

張り詰めた仕上げではないものの

相変わらず馬格のあるところを見せ

引けを取ってはいませんでした。

 

ロードクエストも柔軟に仕上がり

好感が持てるものでしたし

今回は特に馬場と枠順の

影響が濃く出たと思います。

 

パドックで見極められた方

データで選びきれた方々

的中された方々に心より

お祝いを申し上げます。

 

ということで・・・

 

3歳馬のステルヴィオは

管理する木村調教師に加え

鞍上のビュイック騎手も

日本のGⅠ初制覇となりました。

 

高次元な技術の集大成で

掴んだ初のタイトルです。

素晴らしい切れ味を見せてくれた

人馬に祝福を申し上げます。

 

また

至らなかった点を見直して

はしくれも更に精進致しますので

どうぞこれからも当ブログを

よろしくお願い申し上げます。