葵ステークス2018結果

 

好枠。

内枠2番を引き当てながら

生かせなかったアサクサゲンキ

 

荒れた結果となった

葵ステークス2018ですが

優勝馬ゴールドクイーンは

3番枠からの逃げ切りでした。

 

インがやや荒れてきているとはいえ

内回りのスプリント戦で

馬場も乾いていましたから

立ち回りがポイントでした。

 

前に行った内枠2頭(1、3番馬)が

そのままワンツーという結果でしたが

まずは予想から振り返り

レースを回顧したいと思います。

 

<葵ステークス2018予想・印&買い目>

◎アサクサゲンキ

買い目・・・複勝◎400円。

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎アサクサゲンキは5着・・・

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

いきなり本命◎アサクサゲンキが出遅れます。

周囲からも落胆の声が漏れましたが

致し方ありません。

対して隣の赤丸をつけた

ゴールドクイーンはスムーズなスタートを切りました。

 

 

最初の600m通過は33秒8でしたが

ミドルハイのペースとはいえ

特段速くはありません。

先頭のゴールドクイーンが

そのままレースを引っ張ります。

 

 

最後の直線に入っても

1、2番手を走っていた

ゴールドクイーンとラブカンプーの

勢いは衰えません。

 

やはり京都の内回りで

インをついて粘る競馬をした2頭が強いです。

最後は外からトゥラヴェスーラと

アサクサゲンキも追い上げましたが・・・。

 

 

見事ゴールドクイーンが逃げ切って優勝。

テイエムオペラオー追悼レースに相応しく

全戦手綱を取り続けた主戦

和田騎手のラブカンプーが2着に残し

同着で追い込んだトゥラヴェスーラが入りました。

 

レース展開自体は大体

想定の範囲内でしたが

何分アサクサゲンキの出遅れが

痛い一戦でした。

複勝のみに絞ったので

祈りながら見守りましたが・・・

残念です。

 

やはり京都の内回りで

インも死んではいないとなると

先行して粘る競馬が威力を発揮しますね。

この時期で芝の生育が

良いことも一因と言えます。

 

そしてパドックロードの印ですが・・・

 

 

◎2着→☆5着→〇7着→▲13着でした。

 

アサクサゲンキは4番手まで

非常に取捨に迷いました。

5番手が勝ったゴールドクイーンで

非常に悔いが残りましたが・・・。

 

アサクサゲンキとトゥラヴェスーラは

画像があるので紹介しましょう。

 

 

まずアサクサゲンキですが

これは正直「ガレ気味」でした。

赤丸で囲ったお腹のラインが

それを物語っていますが

マイナス12kgの影響は

確実に感じられました。

 

それでも☆に留めたのは

トモ(尻)の張りは悪くないから

太目の判断がつきにくかった

ゴールドクイーンより上位に取りました。

 

〇タイセイプライド

▲セイウンクールガイより

上位に食い込んでいるあたりが

さすがの能力を感じましたが・・・。

 

本来同馬はゆったりとした

腹袋を持つ馬でもあり

それは以下の画像比較からも

明らかと言えましょう。

 

まず今回がこのとおりで・・・

 

 

良い時がこのとおりです・・・。

 

 

お分かりいただけましたか?

このようにガレている馬は

スタートで出遅れやすく

遅れた際もこのせいだろうと

唇を噛みました。

 

トモの作りは悪くないので

最後は瞬発力を見せましたが(上がり最速33秒1)

レースの流れに乗れなかったのは

このあたりが原因でしょう。

 

ゴールドクイーンの画像はありませんが

牝馬特有のプラスマイナスが

分かりづらい馬体でしたので・・・。

レース後プラス4kgと知って

これが良いのかどうなのか

再び唸ってしまいました。

 

ただ、今日の走りを見る限りでは

許容だったと思いますので

次回以降はその点にも

気を付けたいと思います。

 

個人的にはトゥラヴェスーラの

単勝も買い増しましたが

やはり外から差してくるには

非常に厳しいレースでした。

最後にそのトゥラヴェスーラの

馬体も紹介致します。

 

 

陰影が強くてほとんど

シルエットになっていますが・・・。

非常にバランスの取れた

好馬体と言えましょう。

 

ツヤもよく好調でしたから

単勝が狙いと判断しつつ

ブログ予想にプラスしましたが

及ばずの結果でした。

ただこの馬の走り自体は

頑張ってくれて嬉しかったです。

 

今回はモニターでも

馬体は判断できることを

簡単なパドック講義で

お伝えして参りました。

 

いつもご覧下さるあなたの

お役に立てれば光栄です。

これらの点も掴んで一緒に

競馬の収支を改善しましょう☆

 

葵ステークス2018結果・データ

馬場状態:良。インも見た目ほど荒れていない。

走破タイム:1分8秒0

600m通過:33秒8

ペース:ミドルハイ

レース上がり3F:34秒1=勝ち馬同タイム