ジャパンカップ2017予想・本命はキタサンブラック

壮絶な戦いとなった天皇賞秋を経て、

今回も1番人気に支持されそうなキタサンブラック。

ジャパンカップの連覇を目指すこの歴史的名馬こそ、

今回、本命◎に相応しいと判断。

 

天皇賞秋の激戦の反動が心配される今回ですが、

それに加えて今年のダービー馬・レイデオロも参戦し、

現時点での日本競馬最強馬決定戦となりました。

 

このハイレベル決戦が予想されるジャパンカップ2017で、

王者としての勝ち名乗りを上げるのは果たしてどの馬になるのか。

予想していく中で気になる穴馬も発見致しましたので、

必ずしも堅い決着にはならないというスタンスで予想しました。

 

それではまずは出馬表からご覧頂き、

ジャパンカップ2017の予想に参りたいと思います。

どうぞご覧下さい。

 

<ジャパンカップ2017出馬表>

 

<ジャパンカップ2017予想 印&買い目>

◎キタサンブラック

○レイデオロ

▲マカヒキ

☆ヤマカツエース

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。



本命◎はキタサンブラックです。

同馬は先述したとおり、不良馬場の天皇賞秋を完勝、

今回はその反動が心配される一戦です。

2017天皇賞秋結果・優勝馬はキタサンブラック

 

ただ、天皇賞秋の戦前と同様、

厩舎サイドからは弱気なコメントは聞かれませんし、

実際、タフな競馬でしたが2着馬サトノクラウンと比較しても、

ゴール前での余力が感じられる一戦でもありました。

 

馬場の悪い競馬をしてその後の結果が出たケースとしては、

秋華賞で重馬場と落鉄に苦しみながら、

3着に入ったモズカッチャンの例が有ります。

 

この馬は次走のエリザベス女王杯で見事優勝しましたが、

キタサンブラックとの共通点はどちらも先行馬である事です。

重馬場で後方から脚を使えば心配ですが、

前目で流れに乗れたのならそこまで反動は無いと見ます。

 

実際秋華賞の1~2着馬は差し馬の決着でしたし、

この2頭はエリザベス女王杯では健闘むなしく敗れています。

この結果が全てではありませんが、

馬場の影響ばかりを気にするよりも、追い風になるデータも有ります。

 

それは1番人気が10年で8回馬券圏内に入っている事や、

キタサンブラック自身は叩き2戦目が4戦4勝のパーフェクトである事、

東京4勝も出走馬中1位の勝数な上、

ペースも得意なミドルスローになりそうな事などです。

 

それに加えて今回は4番枠と内目の絶好枠を引き当てました。

この間、武豊騎手が調教で落馬し戦線を離れていましたが、

大事には至らず同馬の騎乗にもしっかり間に合ったのも幸運です。

 

様々なスタイルの競馬でファンを驚かせてくれる名馬です。

今回も堂々としたその走りに期待します。

 

対抗○はレイデオロです。

同馬は今年のダービーを2分26秒9という遅いタイムで快勝しました。

これを受けて一部の競馬ファンからは世代のレベルを疑問視する声が上がりましたが、

秋を迎えて各方面で3歳馬が躍動しており、

いつの間にか批判的な声も聞こえなくなりました。

 

元々タイムは馬場やペースに左右されるものですから、

走破タイムが遅いくらいで批判的にはなれないはずです。

同馬も神戸新聞杯では菊花賞馬キセキに快勝、

このジャパンカップの前哨戦として申し分のない一戦でした。

 

競馬界のパイオニア・藤沢厩舎らしいローテーションで、

同距離の神戸新聞杯からの参戦は吉と出そうな予感があります。

それというのも同距離の京都大賞典が、

ステップとしてある程度機能しているからです。

 

以前は神戸新聞杯は2000m戦でしたから、

今回のレイデオロの挑戦が実を結んだときには、

このローテーションは黄金ローテになる可能性も秘めています。

 

レイデオロ自身はこれで連続3回目の2400m戦ですし、

ルメール騎手は古馬相手でも通用すると話しています。

キタサンブラックのすぐ後ろで競馬できそうなのも好感ですし、

キタサンブラックに勝るとも劣らないコンビの絆に注目です。

 

▲にはマカヒキです。

今回、同馬を選ぶにあたって最重要視したのは馬場です。

なぜなら同馬はこれまで重馬場に良績がありませんので、

週中の雨の影響が残れば印を打つまで行かないからです。

 

ですが、金曜日の時点では府中は晴れて乾燥しており、

土曜日も連続の晴れ予報となっています。

こうなると馬場はジャパンカップの発走時点で、

良馬場になる事は間違いないと思います。

 

そもそもマカヒキは昨年のダービーでサトノダイヤモンドを破った馬で、

その際は上がり最速を計時して鮮やかな差し切りでした。

今回は競馬がしやすそうな11番枠からですし、

前走の天皇賞秋では最後に少しだけ脚を使ったに過ぎません。

 

後方から勝ちに行ってという競馬では無かっただけに、

今回のコースでは一変が有り得ます。

馬体も少し立派でしたし、絞れてくれば尚良いです。

毎日王冠時から復調気配は窺えましたので、

今回が勝負でしょう。

 

最後☆にはヤマカツエースです。

同馬は前走の天皇賞秋では11着と見せ場なく敗退しました。

ですが不慣れな不良馬場で切れ味を削がれる展開では、

同馬の持ち味は全く生かせなかったと思います。

 

この一戦のあと池添騎手は、

「良馬場でやりたかった」

と話しており、

それまでの成績の安定感からも良なら巻き返せると思います。

 

距離に関しては昨年暮れの有馬記念で僅差4着に好走していますし、

洋芝も使用している今の馬場を考えれば、

札幌記念を経験したのも吉と出そうなところです。

 

現在の東京競馬場は3~4コーナー内側の傷みが目立ちますし、

スローの良馬場で外差しを決めるならこの馬の可能性も有りそうです。

 

・・・馬券は上記4頭のワイドボックス計6点で、的中を狙います。

 

早いもので花形の東京競馬開催も最終週となってしまいました。

名馬キタサンブラックが連覇に挑むジャパンカップに、

今年のダービー馬レイデオロがどう立ち向かっていくのか。

そして、マカヒキやヤマカツエースはどんな競馬をするのか・・・。

とても楽しみにしています。

 

週末は競馬日和となりそうですし、

2017年のジャパンカップが感動的なレースになるよう、

一競馬ファンとして心から願っています。

 

それでは皆さんの日曜日が、

より充実したものになりますように・・・。

ジャパンカップを目一杯、楽しんでいきましょう。

 

グッドラック☆



京都2歳ステークス2017予想・本命はタイムフライヤー

皆さんこんにちは、はしくれです。

25日の土曜日には京都競馬場で、

GⅢ京都2歳ステークスが開催されます。

 

2歳戦の芝2000mの重賞は数が少なく、

暮れのホープフルステークスに向けた前哨戦の意味も強まる、

重要な一戦です。

 

はしくれはこの京都2歳ステークスで、

タイムフライヤーに本命◎。

 

前走の勝ち方も鮮やかでしたが、

他2戦も全て好評価できるもので、

これからの活躍に期待が高まります。

 

それでは早速、京都2歳ステークスの出馬表からご覧頂き、

予想と見解に参りましょう。

 

<京都2歳ステークス2017・出馬表>

 

<京都2歳ステークス2017予想 印&買い目>

◎タイムフライヤー

○マイハートビート

▲グレイル

☆ケイティクレバー

買い目・・・◎~☆ワイドボックス各100円、計600円。




本命◎はタイムフライヤーです。

同馬はこれまで3戦を消化していますが、

新馬では札幌2歳ステークスを優勝した、

ロックディスタウンと僅差の競馬をしています。

 

この時点で2歳世代では上位の力を示していますが、

続く2戦目の未勝利戦を上がり最速で快勝、

更に前走でオープン・萩ステークスを4馬身差で快勝しました。

 

この連勝の中身も、

先行して一脚使った未勝利戦と、

中団から追い上げ、大外を回して突き抜けた萩ステークスと、

内容が異なります。

 

今回は逃げ馬ケイティクレバーが最内枠を引きましたし、

同型のアイトーンが居る事からも、

極端なスローペースにはならないと見ています。

 

それでも、この2頭が飛ばして行くとは考えにくく、

その分仕掛けのタイミングは難しくなりそうです。

その点を考慮し、

自在性とスタミナのある同馬なら対応可能と見て、

今回本命として推薦したいと思います。

 

対抗○にはマイハートビートです。

同馬もタイムフライヤーと同じく3戦を消化していますが、

こちらは新馬戦で東スポ杯2着のルーカスと戦っています。

 

結果は4着でしたが、続く未勝利を快勝し、

その時下したサヤカチャンが重賞で2着するなど、

ハイレベルな相手とばかり競走してきました。

 

前走は着差こそ僅差の勝利となりましたが、

スローペースを最後方から上がり最速で差し切っており、

その走破タイムも2分0秒4という時計で、

持ち時計の面からも有力なのは間違いないです。

 

あとは荒れ馬場の適性ですが、

未勝利脱出が洋芝の札幌ですし、

小柄でスタミナのありそうな体つきなので、

こなせると思います。

 

▲にはグレイルです。

こちらは主にデータ面での優位性が目立ちます。

京都2歳ステークスは重賞こそ4回目ですが、

前身のレースを含めればデータはそんなに少なくありません。

 

その傾向から合致するのは新馬勝ちで臨む点と、

このレースが得意な武豊騎手が騎乗する点です。

特に武豊騎手は前走同馬を非常に巧みにリードしていましたし、

同馬もそれに応える走りで人馬一体が見て取れました。

 

スローでもポジションを取って一脚使えるタイプでもあり、

前走の不良馬場でも動じずに走れています。

今の荒れた京都の芝コースは他馬より得意にできそうですし、

この点からも同馬の優位が後押しされると思います。

 

最後☆にはケイティクレバーです。

この京都2歳ステークスでは、

スローの上がり勝負になりやすい事もあってか、

前に行った馬の台頭が割りと顕著なレースです。

 

同馬はこれまで4戦走って全て芝2000mを使われており、

特に京都の前2戦では、両方連対を果たしています。

4コーナーの下り坂と最後の直線が平坦な為、

前半スローで運べれば内の先行馬には有利です。

 

今回は同型のアイトーンが居る事からも、

道中で極端に緩むシーンは考えづらいですが、

それでもレースの流れ自体はスローになりそうな予感があります。

 

こうなれば同馬得意のしぶとさが生きてきますし、

アイトーンと比べても前目で一脚使えるタイプです。

瞬発力を要求されても持ち応える事ができそうなので、

粘り込みを警戒して、最後の一頭に加えておきます。

 

・・・馬券は穴が無いようにワイドボックスで臨みます。

 

いよいよ京都の秋開催も今週で最後となりました。

今年は非常に雨・台風に祟られた開催でしたが、

最後の今週は晴れて良馬場の競馬開催となりそうです。

 

行楽日和の競馬観戦は非常に楽しいものですから、

是非、皆さんもお近くの競馬場へと足を運んでみて下さい。

パドックで悩む時はこちらのはしくれの人気記事

パドックの見方、お教えします!

を是非ご参考に。

 

それでは、皆さんの土曜日が、

素敵なものになりますように・・・。

はしくれは心からお祈りしています。

 

グッドラック☆




異常な複勝オッズ・・・連馬券に囚われるな!

 

この掲示板を見て直ぐに違和感を覚えたあなたは、

かなりの競馬通です。

 

そう、本当にこれは異常なオッズ・・・

競馬歴20年のはしくれでさえも、

滅多に拝む事のできない非常に珍しいオッズです。

 

え?どれどれ??

と分からなかった方の為に、

改めて説明致しますと・・・。

 

見てください、この複勝の確定配当。

単勝640円に対して、複勝が460円。

これっておかしくないですか??

 

え?別に・・・。

と思われた方、そんな事ないんです。

 

そもそも優勝馬は2番人気。

複勝が460円も付くなんて事、

まず普通じゃありません。

 

この配当を記録したのは、

2017年11月5日の日曜日、

東京6レースの新馬戦、芝1800m戦での出来事でした。

 

この複勝オッズの異常さは、

実はこれだけに止まらず、

2着馬の複勝配当を見たときに、

更に驚きに変わります・・・。

 

それは・・・。

 

1~2着馬のワイドの配当よりも、

2着馬の複勝の方が高配当になっている

という事実です。

 

 

な、なんと・・・こんな事が・・・!!

 

更に良く見てみると、

1~3着馬のワイドよりも、

3着馬の複勝の方が高配当になっていますね・・・。

 

この時はしくれは結果を見て、本当にびっくりしました。

今まで沢山のレースを経験し、

当たり・外れにかかわらず、

地方・中央問わず何度も配当を目にしてきましたが・・・。

 

はしくれの知る限り、

複勝がワイドの配当を超えたケースは、今回が初めてです。

 

競馬場に通い詰め、

他場の結果も気にしつつ、競馬を見る事20年。

こんな珍事にお目にかかったのは、本当に初めてでした。

 

この珍事の立役者になった馬こそ・・・。

1番人気のステージインパクトという馬でした。

 

 

どうです?

新馬戦から中々の好仕上がり。

多少腹目が太い印象も受けますが、

人気に応えて不思議無い仕上がりにあると、

はしくれは思います。

 

パドック狂いのはしくれでさえ太鼓判を押した同馬でしたが、

結果はまさかの4着。

因みに全着順をお伝えしますと・・・。

 

 

このような結果になります。

 

単勝1.2倍という圧倒的な人気でしたが、

それもそのはず。

これだけの好仕上がりでM.デムーロ騎手が騎乗し、

仕上げたのも堀調教師となれば・・・。

これでは人気にならない方がウソと言うものです。

 

では、他の馬の仕上がりはどうだったかと言いますと・・・。

はしくれは同馬以外の写真をこの時、撮っていませんでした。

勝つのはこの馬だと思ったからです。

 

その為、写真で回顧する事はできませんが・・・

◎を上回るほどのインパクトはありませんでした。

 

そしてこの時のはしくれの予想は、

◎ステラーインパクト(4着)

○キリシマテソーロ(5着)

▲ドゥマン(2着)

☆シナモンフレイバー(1着)

で、全て◎ステラーインパクト絡みの馬券しか買っていませんでした。

 

多少腹目が太い事もあり、

ワイドで買っていたのですが、

まさかの4着敗退で驚いていたところに・・・。

この配当となりました。

 

あまりの驚愕に次の7レースでは、

ワイドが的中していたにもかかわらず、

複勝しか買っていないという事態を引き起こしてしまいます・・・。

 

それにしても、なぜ、こんな現象が起きたのでしょうか。

実はその答えはそんなに難しくありません。

 

既にご存知の方も多いかと思いますが、

オッズというのはそもそも、

各式別毎に個別で計算されています。

 

単勝なら単勝、

複勝なら複勝というように、

その式別の売り上げの中から、

控除分を除いた金額を配当として計算しているわけです。

 

ですから、複勝とワイドではそれぞれ別の計算になりますし、

独自の配当が弾き出されて確定するというわけです。

 

オッズというのはこのように、

違う式別とは相容れないので、

単勝の配当がどうであろうと、

ワイドの配当がどうであろうと、

複勝の配当には影響を及ぼさないわけです。

 

この時はつまり、

複勝馬券の売り上げの殆どをステラーインパクトが占めており、

皆複勝は低配当になると踏んで、

他馬の複勝を買う事なく、連馬券ばかりに手を出した

という事になります。

 

お恥ずかしながらはしくれも、その一人であります。

こういう人気を背負った馬が馬券圏内を外すとき、

複勝配当が跳ね上がる事は、身に染みているつもりでしたが・・・。

まさかワイドをも凌ぐ配当になるなんて、想像もしていませんでした。

 

ああ、1~2着馬のワイドに流していた100円を、

複勝に充てられていたら・・・。

と、今でも後悔の念に駆られます。

 

なまじ普段から単複重視の予想スタイルをしているだけに、

この配当にはとてつもない衝撃を、はしくれは受けました・・・。

 

因みに当ブログでは、

以前から単複を笑うものは単複に泣くなどの記事でも、

連馬券に囚われて単複をないがしろにしてはいけない、

と注意を呼びかけているだけに、

この結果には本当に、正直参りました。

 

今回の一件では、

馬券の選択の仕方一つで、収支が簡単に変わる

という事の、良い見本になると思います。

どうぞ皆さんもお気をつけて、馬券をお選び下さい。

 

そして競馬の収支改善を、

着実にこなして行きましょう☆