神戸新聞杯2018結果・優勝馬はワグネリアン

 

貫禄。

 

前残りの流れの中で

中団外から競馬を進めて

最後はきっちり前を捉えた

ダービー馬ワグネリアン。

 

調教でも騎乗していた

鞍上の藤岡騎手も

折り合いをつける見事な騎乗で

代役を完遂しました。

 

福永騎手からアドバイスも

もらっていたという藤岡騎手。

その一戦を振り返る前に

まずは予想結果をお伝えしましょう。

 

<神戸新聞杯2018予想・印&買い目>

◎ワグネリアン

〇エポカドーロ

▲エタリオウ

買い目・・・馬連流し◎ー〇▲各100円、3連複&3連単◎→〇→▲各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<神戸新聞杯2018結果>

優勝馬・・・ワグネリアン(◎)

2着馬・・・エタリオウ(▲)

3着馬・・・メイショウテッコン

(〇エポカドーロ4着)

払戻金・・・馬連720円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ワグネリアンが優勝。

それでは早速その一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

なんと1番人気のエポカドーロが

後方からのスタートになります。

休み明けの実績がなく

懸念された今回でしたが・・・

いきなり暗雲が立ちこめます。

 

それを尻目に出していったのは

メイショウテッコンと松山騎手

途中2番手のビッグスモーキーを

離す形で逃げていきました。

 

 

最初の1000Mの通過は

61秒9のスロー

前のメイショウテッコンにはかなり

楽な展開となりました。

 

道中はエポカドーロが後ろで

各馬仕掛けが計りづらい中

中団外でピタリと折り合い

ワグネリアン(赤丸)が進んでいきます。

 

 

ですが4コーナーを回ってからも

メイショウテッコンの手応えはよく

前残りも仕方ないかと

思われた直線。

 

ワグネリアンが猛追し

エタリオウも外を強襲

粘るメイショウテッコンとの

三つ巴になりました。

 

迫力ある攻防の中

エポカドーロも差を詰めますが・・・

 

 

最後はきっちり抜け出してみせた

ワグネリアンの貫禄の勝利。

ここでは譲れないとばかりに

始動戦をものにしました。

 

今回の一戦では

仕上がりの差も問われましたが

調教でもよく動いていた

ワグネリアンはさすがでした。

 

はしくれも確認している

大川の調教診断でも

最高の☆5点

獲得していただけはあります。

 

 

このところ本当によく

☆5点の馬が来ますが・・・

はしくれのパドックロードも

以下のような評価でした。

 

 

◎1着→〇2着→▲4着→☆8着です。

 

こちらは本線でのワンツー

3連単と馬単を買い足しましたが

これが功を奏しました。

 

 

それでは今回も馬体診断を

実施して参りましょう。

 

 

まず優勝馬ワグネリアンです。

 

この馬は馬格的には

それほど見栄えがしないのですが

ありとあらゆる要素が他馬より

優れている名馬です。

 

バランス、トモの張り、柔軟性・・・

これで毛づやが冴えていたなら

非の打ち所がありませんでした。

 

とても秋初戦のトライアルとは

思えない仕上がりでしたし

更に距離適性の融通を

感じる馬体になっていました。

 

瞬発力も納得でしたし

更に折り合いも完璧でした。

藤岡騎手とのコンビも相当

はまっていたと思います。

 

 

そして2着はエタリオウです。

 

この馬は今回馬体を

かなり増やして臨みましたが

太目感なく仕上がっており

心配はありませんでした。

 

ただ馬体が筋肉質になった分

ステイヤー体型ではなくなっていて

これには少々パドックの際に

驚いてしまいました。

 

それでも仕上がりの良さは目立って

成長も感じられましたし

奥の深い馬だなあと

感心させられました。

 

 

3着馬はメイショウテッコンです。

 

この馬は前走時にも

似たような仕上がりでしたが

いつも馬体をきっちり絞って

出してくるのが印象的です。

 

ペースがはまったことに加えて

松山騎手も好リードでしたが

何分相手の末脚が

最後は勝っていました。

 

持続力に富みスタミナタイプで

逃げはいかにも向いていそうです。

これからも隅に置けない

1頭と言えるでしょう。

 

 

あと、4着のエポカドーロ

少し太目の仕上がりでした。

そのため印を下げましたが

よく頑張って走っていました。

 

休み明け、やや太目、初の阪神・・・

これで慣れない差しの競馬で

4着ならよく走っています。

次走も全く軽視できない存在だと思います。

 

ということで・・・

 

今回はダービー馬の

貫禄の勝利となりましたが

はしくれにとってもこの一戦は

大事な一戦でした。

 

それというのも先週のコラムで

予想法を公開したから

実際に結果がともなうことを

証明したかったからです。

 

予想は時間がかかりますが

段取りとチェックはとても大事です。

ぜひ何回も読み返しながら

お役立ていただきたいと思います。

競馬予想の方法―効率的な8つの順序

 

また今月はあと1週と

僅かな期間とはなりますが

パドックロード会員も

パドックロード(2018)9月度会員募集中!

で募集しています。

 

スプリンターズステークスも配信予定

となりますので

ご必要な方は上記から

詳細をご確認下さい。

 

それでは次回は

オールカマーの回顧

をお伝えしたいと思います。

パドック診断も致しますので

お楽しみになさって下さい☆

 

*無料の調教診断がもらえる。

「大川慶次郎の予想」は

下記リンクよりご覧下さい。