阪神ジュべナイルフィリーズ2017結果・ラッキーライラック優勝

 

懸念された雨の影響もなく、

晴れの良馬場で開催された阪神ジュべナイルフィリーズ2017。

このレースを優勝したのはラッキーライラックとなりましたが、

同馬ははしくれの予想でも本命◎に推した馬でした。

 

冒頭画像はアルテミスステークス1着時のパドックですが、

期待通りに成長を見せている同馬の、

圧巻の走りを振り返って参りたいと思います。

 

それではまずははしくれの予想からご覧頂き、

結果の回顧に参りたいと思います。

どうぞご覧ください。

 

<阪神ジュべナイルフィリーズ2017予想 印&買い目>

◎ラッキーライラック

○ロックディスタウン

▲コーディエライト

☆ラテュロス

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<阪神ジュべナイルフィリーズ2017結果 全着順>

 

はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ラッキーライラックは1着でしたが・・・。

相手が来ずに残念な結果となってしまいました。

ただ、本命馬の優勝に関しては嬉しい結果でもありましたので、

きちんと結果を振り返って次に繋げたいと思います。

 

それではまず、スタートですが・・・。

 

 

かなりバラついたスタートになりました。

外でトーセンアンバーが出遅れていますね。

対して内枠各馬は好スタートを決め、

ここからポジション争いの段階に入ります。

 

まず、先手を主張したのは5番のラスエモーショネスでした。

同馬は前走も逃げていますから可能性はありましたが、

コーディエライトが外から被せて行くと踏んでいたはしくれにとって、

展開予想でまず「外した!」、と思った瞬間でした。

 

 

最初の600mの通過タイムは35秒3でした。

これはそんなに速い流れではありませんが、

かといって遅い訳でもありません。

ただ、馬場状態が良かったため、結果としてはスローペースになりました。

 

直近のレースでも内の先行馬が粘っている事もあり、

ルメール騎手とロックディスタウンは早めに前につけました。

ですがこれは結果的に、消耗を招く動きとなってしまいます・・・。

 

4コーナーに差し掛かって、

各馬進路を確保しながら最後の直線へと入っていきます。

ここでまず抜け出しを図ったのが1番人気の同馬でした。

 

 

かなり横長の展開へと変わりました。

ここではラッキーライラックは大外を回っています(11番・緑帽)。

隣にはリリーノーブルが手応え良く進出し、

その後ろでは進路を探りながら、無敗馬マウレアが追い出します。

 

先行してインで競馬していた各馬は、

坂を上りきる手前で既に役目を終えてしまいました。

ロックディスタウンも例外ではなく、

ここからは瞬発力勝負になります。

外から各馬伸びてきますが・・・。

 

 

その中から弾けるように伸びたラッキーライラックが鮮やかな優勝。

2着には追いすがったリリーノーブル、

3着には何度も進路を切り返したマウレアが入りました。

 

この結果を受けてはしくれが感じたのは、

「この世代の牝馬のレベルも、相当に高そうだな」

という事です。

 

近年牝馬のレベルアップは目を見張るものがありますが、

今年の走破タイム1分34秒4も例年と遜色ない時計です。

更に勝ち馬ラッキーライラックは上がり最速の33秒7も計時しており、

その高い操縦性から距離延長も不問に見えます。

 

追いすがった2頭にしてもその差は僅かでしたので、

世代のレベルそのものがかなり高いと見て良いでしょう。

これは来年のクラシックがとても楽しみになりました。

 

因みにはしくれのパドックでの印ですが・・・。

 

 

やはりここでも本命◎はラッキーライラックでした。

ブログで対抗○にしていた1番人気のロックディスタウンは、

全体的な緩さが気になり印を落としています。

 

変わりに相当仕上がっていたソシアルクラブを入れていますが、

同馬はロックディスタウンよりひとつ上の8着でした。

ただ、今回は2戦目でGⅠと過酷な挑戦でしたから、

まだまだ次は見直せると思います。

 

こういう、データ予想でもパドックでも本命という時は、

大勝負を迷うところではありましたが、決断はできませんでした。

それというのも2番手以下の馬にも仕上がりの良い馬が多く、

好メンバーに目移りしながらパドックに没入していたからです。

 

逆に仕上がり不足が否めなかった馬もいまして、

特にコーディエライトの緩さと、

サヤカチャンの太め残りはかなり気になるところでした。

特にサヤカチャンは太く見えるタイプとはいえ、

さすがに+12kgは消化しきれていませんでした。

 

こういう太め残りの馬は前に行くのが得策ですが、

逃げも打ちませんでしたので、致し方ない敗戦だったと思います。

それだけに次戦以降のレース振りに注目です。

 

復習と言うよりは、

敗因から次走を狙えそうな馬のピックアップになりましたが・・・。

もう一頭上げておきたいのが、

3着に入ったマウレアです。

 

同馬の姉は桜花賞馬のアユサンで、

関東馬ながら奮戦したのがかなり印象に残りました。

血統的な後押しもあり、仕上がり早のタイプのようで、

且つ今回はリリーノーブルに常に進路を塞がれていました。

 

抜け出しが速かったら2着はこちらでしたでしょうし、

度々進路を切り替えて走り抜いた根性も凄いと思います。

パドックでももう一つ張りに乏しい感じでしたし、

仕上がりと展開次第でこれからも狙いが立ちそうです。

 

さて、最後に優勝したラッキーライラックについてですが・・・。

こちらはとても完成度の高い馬だと思います。

予想の時にもお話しましたが、隙のない本命馬で、

どこからでも競馬ができそうです。

 

距離の融通の利きそうな伸びやかな馬体をしていますし、

オークスでも恐らく実力発揮は可能だと思います。

それだけに順調に行って、

牝馬3冠に挑戦してほしいところです。

 

ところで・・・。

今回は本命馬が優勝となりながら、馬券を外してしまった事をお詫び申し上げます。

単複を大事にしているはしくれにとって、

今回の敗戦は手痛い敗戦となってしまいました。

次回は買い目の修正をしていきたいと思います。

 

さて、皆さんの阪神ジュべナイルフィリーズは、どんな一戦でしたか?

はしくれは来年に胸躍る一戦となりました。

馬券の的中ができなかったのが唯一の心残りですが、

この点を修正しながらより競馬を楽しんで行きたいと思います。

 

今年もあと20日あまりですが、

皆さんお体にはご自愛頂き、競馬を楽しんで参りましょう。

それでは・・・☆

 

*優勝馬ラッキーライラックの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、こころよりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。

 




阪神ジュべナイルフィリーズ2017予想・本命はラッキーライラック

 

未来を見据える牝馬18頭が、

一堂に介した阪神ジュべナイルフィリーズ2017。

予想は本命◎ラッキーライラックとなりましたが、

同馬は前走アルテミスステークスを快勝しての参戦です。

 

ファンタジーステークス優勝馬ベルーガの骨折は残念ですが、

それでも十分楽しみな顔ぶれになった一戦だと思います。

どの馬が逃げ、どんな展開が予想されるのか。

今回もじっくり予想しましたので、ぜひご覧下さい。

 

それではまずは出馬表からご覧頂き、

予想と買い目の発表へと移って参りましょう。

 

<阪神ジュべナイルフィリーズ2017出馬表>

 

<阪神ジュべナイルフィリーズ2017予想 印&買い目>

◎ラッキーライラック

○ロックディスタウン

▲コーディエライト

☆ラテュロス

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。



本命◎はラッキーライラックです。

今回同馬を本命に推した最大の理由は、

前走でタフな馬場を経験し、そこで結果を出してきたからです。

 

前走のアルテミスステークスの結果は、

こちらの2017アルテミスステークス結果に記述しましたが、

あの天皇賞秋の極悪馬場に変貌する直前の、

雨で馬場が重たくなり始めた、力を要する一戦でした。

 

今回のレース当日は雨予報も出ているところで、

この予報がどうなるにせよ、

実力を発揮できるであろう同馬に魅力を感じます。

 

馬場状態を気にせずに済み、

得意のマイルで瞬発力にも持久力にも秀でた同馬は、

例年の上位馬と比べても素質は全く見劣りません。

 

先行各馬を見ながら運べる中枠11番も良い枠と言え、

デビューから手綱を取る石橋騎手にもチャンスです。

外回りの長い直線も東京で経験済みで、

ローテションにも余裕の有る隙の無い本命馬です。

 

対抗○にはロックディスタウンです。

同馬は今回ラッキーライラックと人気を2分する存在ですが、

それもそのはず、牡馬に混じって札幌2歳ステークスを完勝してきました。

 

このレースからは3ヶ月間の間隔が開いていますが、

ハープスターの登場に沸いた4年前の当レースでも、

終わってみればここを制したレッドリヴェールの優勝でした。

 

大外枠の18番も決して不利とは言えない枠で、

最後の枠入れになる事からもスムーズにスタートを切れるはずです。

位置取りも不問で器用さがあり、

こちらもラッキーライラック同様、晴雨兼用タイプだと思います。

 

それというのも力を要する洋芝で適性を見せていますし、

重馬場で強いルメール騎手が騎乗するのも好感です。

このルメール騎手は現在当レースを2連覇中と得意にしており、

同馬は遠征も苦にしないので上位を狙えると思います。

 

▲はコーディエライトです。

今回の一戦がどういう展開になるのかが鍵ですが、

ハナに立つのはおそらく同馬だろうとはしくれは予想しました。

 

最内枠にダッシュ力のあるサヤカチャンも控えていますが、

こちらの陣営のコメントでは「逃げなくても良い」と発言があり、

最後の長い直線に備えて控える姿勢が感じ取れます。

 

先行馬が多い為に無理は禁物と言えそうですが、

外枠に入った同馬としては、早めに位置を取りたいはずです。

なぜなら同馬はこれまで殆ど、逃げる競馬しかしてないからで、

無理に他馬に合わせて行くよりいつも通りが吉と出そうです。

 

GⅠの大舞台でいきなり戦法を変えてみるのは、

まだ若い2歳牝馬には酷な事でもあります。

各馬が他馬の出方を窺う今回のような時にこそ、

自分の競馬に徹するであろう同馬に一票を投じます。

 

最後☆にはラテュロスです。

この馬はアルテミスステークスで3着と善戦しました。

勝ち馬ラッキーライラックとは少し差をつけられましたが、

3戦連続マイルを使われ、全て馬券圏内の堅実派です。

 

今回は先行馬が多く、それでいてペースは上がらなそうですが、

インに潜んで一伸びを狙える、絶好の枠を手に入れました。

更に他馬にない強みとしては阪神マイルを2戦しており、

経験の面では他馬を確実にリードしている事です。

 

特に初戦の新馬戦では不利がありながら僅差の2着で、

タイムも1分34秒1と出走馬中1位の持ち時計です。

GⅠで全体的な流れが速くなるのは必至ですし、

それでいて抑えが利く気性の良さも武器になります。

 

人気の盲点になっていますがパフォーマンスの高い馬です。

馬体も仕上がりやすいタイプで、好位差しに期待です。

 

・・・馬券は的中の重複を狙って、ワイドボックスを選択です・・・

 

2歳戦はデータが少なく難解と言われますが、

当レースも無敗馬が5頭、全連対馬が9頭と、目移りする一戦です。

来年の桜花賞へ向けて試金石の一戦ですから、

一瞬たりとも見逃さず、レースに集中したいですね。

 

この阪神ジュべナイルフィリーズ2017を見事に制して、

本命ラッキーライラックが更なる進化を遂げてくれるよう、

はしくれは願っています。

 

それでは皆さんの日曜日が、

素敵な一日になりますように・・・。

グッドラック☆

 


中日新聞杯2017予想・本命はスズカデヴィアス

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日は中京競馬場で、

GⅢ中日新聞杯2017が開催されます。

 

昨年までは春に施行されていたこのレースですが、

大阪杯のGⅠ昇格に伴い、

金鯱賞と入れ替える形で年末の施行となりました。

 

出走メンバーは一癖ある馬が多いメンバー構成ですが、

そんな中はしくれの本命◎はスズカデヴィアスに決定。

その予想の根拠をこれから説明したいと思います。

 

それではまずは中日新聞杯2017の出馬表からご覧頂き、

予想印と買い目、予想の根拠へと参りましょう。

 

<中日新聞杯2017出馬表>

 

<中日新聞杯2017予想 印&買い目>

◎スズカデヴィアス

○マウントロブソン

▲マキシマムドパリ

☆ミッキーロケット

買い目・・・ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計300円。



本命◎はスズカデヴィアスです。

同馬はこれまで重賞勝ちの実績こそ有りませんが、

3歳時にはダービー(9着)にも出走、

早くから実力の片鱗を覗かせていた、

現在6歳の晩成馬です。

 

オープン昇級後は中々、

結果が出ない時期が続きましたが、

今年は大阪杯を除く6戦で掲示板を確保しており、

安定感と充実振りで他馬を凌いでいます。

 

当レースの年末への施行時期の変更により、

レースの傾向が変わってしまうことも考えられますが、

この中日新聞杯というレースは、

近走安定した実績を残してきた馬が、

好走する傾向が多い一戦です。

 

GⅠやGⅡばかりを使われてきた実績からも、

陣営の期待の高さが窺われる同馬ですが、

オープンやGⅢではやはり格上の存在と思われ、

その期待に応えるだけの実績を近走では残しています。

 

後は内枠2番という枠を、

藤岡康太騎手がどう捌くかに注目ですが、

最後内から外に切り替えて勝負に出ると予想します。

これがはまれば最後の直線は、抜け出しが決まるでしょう。

 

対抗○にはマウントロブソンです。

同馬は現在4歳ですが、

昨年の菊花賞後に休養期間があった為に、

現在合計12戦と消耗が少ないのが特徴です。

 

今年の夏に福島テレビオープンで復帰しましたが、

長期休養もなんのその、

見事優勝を果たしました。

 

堀調教師は馬を大事に育てて、

実力を開花させる事にかけては超一流の調教師ですが、

同馬は元々GⅡスプリングステークス勝ちの実績もあり、

素質的にも他馬には全く見劣りしない一頭です。

 

枠も内目の4番枠と良いところに入りましたが、

何分今回は位置取りが後ろになりそうなのが不安点です。

先行馬が多い割にはあまりペースも上がらなそうで、

差して競馬をする同馬には、この点が課題になるでしょう。

 

ただ、それを差し引いても、

本命と迷うほどの力量馬と考えられ、

直線で前を捌ければ逆転もあると思います。

 

▲にはマキシマムドパリです。

同馬は前走・エリザベス女王杯を経由してきましたが、

この大舞台で4着と、

人気に反してあっと驚く快走を見せました。

 

スローペースと荒れた馬場を考慮しても驚きましたが、

今年はGⅢマーメイドステークスの優勝もありますし、

実績と勢いからも軽視のできない一頭です。

 

特に今回はそのマーメイドステークスと同じ2000mで、

距離適性を考えても好走確率は高いでしょう。

展開的には先行集団がごった返して、

少し外目を回らされそうですが、

スタミナ的にはその状態でも最後まで持つと思います。

 

スタートを決めてなるべく早くポジションを取りに行きたいところで、

それが叶えば最後はスムーズな競馬ができると思います。

 

☆にはミッキーロケットです。

この馬は昨年秋から大舞台ばかりを使われて来ました。

その皮切りになったのが神戸新聞杯ですが、

ここをサトノダイヤモンドの2着と健闘しています。

 

サトノダイヤモンドがその後の有馬記念で、

キタサンブラックを破った事から、

この時点での同馬のレベルが高かったことは間違いないです。

 

ローテーションも一流馬と同等のローテーションが敷かれており、

そんな中でも善戦を繰り返している辺り、

実力は高いです。

 

あとは外にもたれる癖がきちんと直れば良いのですが、

直線の短い中京ですし、

前走の天皇賞で左回りは経験しました。

これらが吉と出た時には、あっさりがあってもおかしくないです。

 

馬券はスズカデヴィアスからの流し馬券で、ワイドで的中を狙います。

 

さて、今年から開催時期を入れ替えたこの中日新聞杯2017ですが、

本命スズカデヴィアスには、頑張ってもらいたいです。

かなり絶妙なハンデになった印象もありますので、

最後は横一線の大混戦が想定されます。

 

はしくれもパドックをきっちり確認していきますので、

結果を回顧する際もぜひ、お楽しみになさって下さい。

 

それでは、皆さんの土曜日が、

充実したものになりますように・・・

 

グッドラック☆