フェブラリーステークス2018予想&小倉大賞典2018予想

 

ムーア騎手の初騎乗。

そしてチャンピオンズカップを制覇したゴールドドリーム。

逃げ粘るテイエムジンソクを競り落とし

栄光のゴールを駆け抜けた同馬。

 

あれから2ヶ月

最強のダート馬として君臨すべく

GⅠフェブラリーステークスに臨みます。

今回は7枠14番と外枠ですが

はしくれのジャッジは・・・

 

今回はGⅢ小倉大賞典との2本立て

でお送り致します。

 

<フェブラリーステークス2018予想>

◎ゴールドドリーム

○サンライズノヴァ

▲ケイティブレイブ

☆インカンテーション

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

本命はゴールドドリームです。

今回同馬を本命にするにあたって

重視したのはコース適性です。

 

実力馬テイエムジンソクが楽に前に行けそうで

その点からは差してくる同馬に有利とは思えません。

ただ、このテイエムジンソクには果たして

走りやすいペースとなるでしょうか。

 

芝スタートの東京ダートマイルで

前2ハロン~3ハロンのラップが速いこのレース。

テイエムジンソクにとっては未知の領域です。

 

もちろん、中距離を走るスタミナ

恵まれた馬格と勝負根性を軽視はしません。

ただ、適性で上回るゴールドドリームと比較すると・・・

軍配は同馬に上がりそうです。

 

このテイエムジンソクを目掛けて仕掛ける各馬。

これはゴールドドリームにとって良い展開だと思います。

よって本命は同馬としました。

引退したコパノリッキーに続く連覇を狙います。

 

対抗はサンライズノヴァです。

同馬は当ブログでこれまでもお伝えしてきた通り

素晴らしい馬体と成長力を誇る馬です。

前走もまだ良化の余地を残しながらも

好仕上がりで魅了されました。

 

本命のゴールドドリーム同様

ゴールドアリュール産駒でいかにも

東京が向きそうな馬体をしています。

ここもチャンスはあるはずです。

 

単穴はケイティブレイブです。

同馬の良いところは上昇度です。

川崎記念を制覇した実力も然ることながら

馬体も一段と垢抜けてきました。

 

地方の深いダートが得意ですが

前年も6着と好走の下地はあります。

やや太めだった前走を叩いて快勝した今回

内枠からの粘り込みが狙えると思います。

 

☆はインカンテーションです。

この4番手はテイエムジンソクと迷いましたが

復活なった同馬の地力に期待したいと思います。

 

やはり先述したとおり

未知の経験となるテイエムジンソクと比べると

このレースで連対の経験を持つ

同馬の実績は強みです。

 

恐らく人気もそこそこでしょうし

その点マークを受けづらく走りやすいと思われます。

昨年の武蔵野ステークスの優勝馬でもありますし

手の合う三浦騎手との一発を警戒です。

 

今年最初のGⅠウィナーは果たして・・・

レースは15時40分発走予定です。

 

それでは次に

フェブラリーステークスの前に発走となる

GⅢ小倉大賞典の予想に参りましょう。

 

<小倉大賞典2018予想>

◎トリオンフ

買い目・・・◎単勝・複勝各200円、計400円。

 

本命はトリオンフです。

まず同馬の良いところですが

それは垢抜けた馬体です。

 

同馬は540kgを超える大型馬でありながら

きっちりと絞れた仕上がりになる馬で

スピード・スタミナ・パワー共に秀でたものを感じます。

 

準オープンを勝利したばかりの馬ではありますが

これまでずっと個人的にも馬券でお世話になった馬です。

いつか重賞の舞台でも好勝負になると思っていた馬

得意の小倉で九州出身の川田騎手が騎乗します。

特に今回はこれからを見据える同馬を応援したいです。

 

小倉大賞典の発走は15時20分の予定です。

 

この2重賞もしっかり「パドックロード」で配信致しますので

仕上がりが気になる方はぜひお役立て下さい☆

また、土曜日の重賞予想はこちらからご覧下さい。

 




ダイヤモンドステークス2018予想&京都牝馬ステークス2018予想

 

近づく春。

東京競馬場の芝状態は良好なまま推移しました。

先週からのインコース有利の傾向は残るとみますが

土曜日のGⅢダイヤモンドステークスの予想は・・・

 

今回は

GⅢ京都牝馬ステークス

との2本立てでお送り致します。

 

<ダイヤモンドステークス2018予想>

◎リッジマン

買い目・・・◎単勝・複勝各200円、計400円。

 

本命はリッジマンです。

 

今回のダイヤモンドステークス2018ですが

先述のとおり今の馬場状態は完全に内有利です。

広い東京コースとはいえコーナーは6回、

距離ロスを考慮すると尚内枠馬有利と見ます。

 

その点同馬は今回1枠1番という好枠を引き当てた上

ハンデも52kgと斤量に恵まれました。

また、ペースもスローで流れそうですが

同馬の前にはラブラドライト、グランアルマダが進出し

適度に壁ができそうなのも好感です。

 

先行馬に向いたペースになりそうですが

以外に差し決着の多いこのレース。

最内の有利な芝を勢いよく差してきそうな

同馬の走りに注目です。

 

続いて京都競馬場で開催される

京都牝馬ステークス2018の予想に参ります。

 

<京都牝馬ステークス2018予想>

◎ミスパンテール

買い目・・・◎単勝・複勝各200円、計400円。

 

本命はミスパンテールです。

同馬は前走・ターコイズステークスを快勝しました。

今回は1400m戦で距離短縮が鍵ですが

今の京都の馬場状態を考えると有利でしょう。

 

というのも

荒れ馬場で実走距離よりスタミナを消費する上

この時期独特のオーバーシード馬場で

洋芝実績・マイル実績から他馬をリード

しているからです。

 

先行する馬も多くペースも流れそうですし

マイル以下は3-1-0-1で着外は桜花賞だけ。

天気も悪くなさそうですし

重賞連勝も十分有るでしょう。

 

両レース共にはしくれのパドック速報

パドックロード」で配信を予定しています。

先週の重賞も好調でしたので、ぜひご覧下さい。

 

*フェブラリーステークス&小倉大賞典の予想は

こちらからご覧下さい。

 




その馬券、買いたいですか?

 

夕暮れの歩道を歩いています。

すると道の先にかすかに白い

四角い紙が落ちているのが見えます・・・。

「なんだろう?」

 

・・・近づいて見てみると、それは馬券でした。

 

こんにちは、はしくれです。

はしくれは競馬をやるようになってから

こういう情景に出くわすと

「どれどれ、どんな馬券だろう・・・?」

と、気にするようになりましたが

皆さんもこんな経験、お持ちではないでしょうか。

 

もし、この馬券が当たりだったら

「欲しい!」と思ってしまいますが

残念ながら殆どの場合

これらは外れ馬券です。

 

・・・一体何の話だい?

 

と思われるかもしれませんが

実はこの情景には競馬予想をするための

大切なポイントが詰まっています。

今日はその大切なポイントについて

お話したいと思います。

 

因みに

この落ちていた馬券ですが・・・。

三連単5頭のマルチボックスで点数は60点

1点あたりの金額は300円という馬券でした。

合計すると18,000円、かなりの金額になりますね。

 

さて、ここで皆さんに質問です。

もし、「馬券屋」というお店があって

これと同じ馬券が同じ金額で売られていたら・・・。

皆さんは買いたいですか?

 

答えは当然「NO!」ですよね。

 

そりゃそうです

だって外れ馬券ですもの。

タダでくれても要らない

ですよね。

それじゃあ、この条件だったら?

 

レースが確定する前で、18,000円。

 

・・・これでも買いませんか?

そうですよね、だって

一体どんな馬の馬券かも、説明がないのですから。

せめて何か手掛かりがないと手が出しづらい

ですよね。

では、この条件では?

 

断然の1番人気を抜いた

2番人気~6番人気の5頭ボックス。

 

う~ん・・・・・・・・・。

これは結構迷いますね。

もし、高めが入ったなら、結構なお金になるし・・・。

統計的に確率の高い人気どころの馬券です。

 

まあそう、うんうん唸らずに、

馬券屋さんに他の馬券も見せてもらう事にしましょう。

「へい、らっしゃい!今日も生きの良い馬券が、手に入ったよ~!」

「これなんかどうで!断然1番人気の複勝18,000円分!」

 

う~ん・・・これじゃお金にならないしなあ・・・。

他に良いのない?

 

「それじゃ、これ!断然の1番人気と、2番人気の馬連18,000円分!」

 

よし、それ買った!

 

これは結構、期待が高まりますね・・・。

もし当たったらオッズは3倍ついて、54,000円になります。

買った分を差し引くとしても、36,000円の儲けです。

スタートではどきどきしながら、馬券を手に握り締めます。

 

そして結果は・・・。

 

断然1番人気が3着、2番人気が1着でした!

 

くうぅ~(><;)!

こ、これが競馬、これが競馬なんよね・・・ガクッ。

馬連じゃなくて、ワイド馬券だったら・・・。

いや、そもそも馬連を買わないで、複勝にしていれば・・・。

 

ゴール後に確定してから掲示板を見てみたら、

複勝のオッズは1.2倍ついていましたとさ・・・。

「う~ん、複勝にしていれば、3,600円の儲け。

元金18,000円と合わせて、21,600円も今より浮いていたんだ・・・。

 

・・・と、いう結果になったところで・・・。

 

これは「競馬あるある」のワンシーンですが

何もはしくれは三連単が悪い馬券だとか

複勝にすれば良かったのにと言っているわけではありません。

 

ここでお話したかったのは

この馬券の「お金の価値」です。

18,000円の価値は、一体どこにあったのでしょう?

 

 

☆どの馬を買いたいか

 

この文面をもっていえば、

「人気に対する信用」

「式別に対する信用」か・・・。

お金は信用で出来ていますが

実はそれだけではありません。

競馬を含め、ギャンブルは「期待」がそれに勝つのです。

 

ここではしくれが言いたかったのは

競馬に限らずギャンブル全ては

「期待のビジネス」という事です。

 

この事を忘れていると競馬はあまり勝てません。

なぜなら、自身が冷静ではなくなっているからです。

 

こういう時に頭を冷やす方法としましては

競馬で勝てないパターンを、今日も知りつつ演じる自分。

でお伝えしたので省きますが

とにかくオッズが何倍になるから買うという考えではなく

「どの馬を買いたいのか」

が明確でなくてはなりません。

 

それこそ普段のお買い物と同じような感覚で

「あ、これ買いたい!」と

素直に思える馬を買う事が大事

なのです。

 

主催者側が販売するのは

馬券という名の「期待」です。

それは甘い誘惑でもあります。

ですがそれより買う側のはしくれたちに必要なのは

真に「買いたい馬」を見つける、「スキルとハート」

なのです。

 

その為には自分の予想に自信が持てなくてはなりません。

 

自信は予想と復習という訓練から磨かれます。

自信を磨いて

自分自身の「スキル」

にお金を賭けたいものです。

 

今回は道端に落ちていた馬券から

「お金の価値」

について考えてみました。

 

当ブログでは週末の

重賞予想と回顧も掲載しておりますので、

どうぞ参考になさって下さいね(*^^*)!