アメリカジョッキークラブカップ2019・優勝馬はシャケトラ

 

1年振り。

 

キタサンブラックの有馬記念から

1年以上が経った今回

強い4歳世代を退けたのは

休養明けのシャケトラでした。

 

戦前も堅く収まるムードが

濃厚な今回でしたが

終わってみれば波乱の結果で

単勝7番人気馬の優勝。

 

やはり競馬は簡単ではないと

改めて思いましたが

様々な驚きに満ち溢れていた

今回の一戦でした。

 

得るものも大きかった今回ですが

そのシャケトラの快走を伝える前に

まずは予想結果の発表から

致したいと思います。

 

<アメリカジョッキークラブカップ2019予想・印&買い目>

◎フィエールマン

〇ジェネラーレウーノ

▲サクラアンプルール

買い目・・・単勝◎300円、馬連◎〇100円、ワイド◎▲100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<アメリカジョッキークラブカップ2019結果>

優勝馬・・・シャケトラ

2着馬・・・フィエールマン(◎)

3着馬・・・メートルダール

(〇4着、▲5着)

 

はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

はしくれの本命◎フィエールマンは惜しくも2着・・・

 

それでは早速今回の一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

2番のアクションスターが出遅れますが

その他は大体揃った飛び出しで

得意の逃げに持ち込むべく

外からステイインシアトルが行きました。

 

 

序盤はこのステイインシアトルを

先頭に隊列が組まれましたが

2番手のジェネラーレウーノも控えて

かなり遅い流れになりました。

 

 

前半の1000M通過は

62秒2のスローでしたが

優勝馬シャケトラ(矢印)は絶好の位置

外の4番手からまくり態勢でした。

 

この時期の中山はインの逃げ切りが

難しいところでもあり

且つ瞬発力を問われる展開では

〇ジェネラーレウーノには不向きでした。

 

 

4コーナーを回って直線

シャケトラが抜け出しを図ります

その直後でフィエールマンが間隙を

狙って進出してきます。

 

このフィエールマンをマークするように

外を封じたメートルダールを

振り切って前を行くシャケトラを

更に追い詰めた坂上でしたが・・・

 

 

猛追するフィエールマンを制して

アタマ差でシャケトラが優勝しました。

 

驚きの結果でした。

 

当ブログ予想時にはシャケトラは

最後まで気になっていた馬でしたが

前走が中山という条件も

クリアしていたのは確かでした。

 

ただ一年前のレースでしたし

長期休養明けも実績がなく

中山の重賞ウィナー(日経賞)とはいえ

厚い印は付けられませんでした。

 

更にもうひとつの驚きとしては

再起した角居調教師がいきなり

ギリギリの仕上がりでこのシャケトラを

出走させてきたことでした。

 

一か八かという線に思えましたし

配信でも踏み切れませんでしたが

結果を見れば師の調整には

ただただ脱帽するしかありません。

 

また戸崎騎手がインフルエンザにより

石橋騎手に乗り替わりでしたが

完璧な騎乗で上がり最速の

フィエールマンを封じ込めました。

 

快走を見せたシャケトラはもとより

同馬を取り巻く人間たちの

マンパワーにも驚かされた

今回の一戦でした。

 

・・・それでは・・・

 

ここからは恒例の馬体診断

移って参りましょう。

速報配信パドックロードの

印は以下の通りです。

 

 

◎2着→〇3着→▲4着→☆6着でした。

 

それでは上位3頭の馬体を

振り返って参りましょう。

 

 

まず優勝馬シャケトラです。

 

同馬は先述の通り馬体の

ラインがギリギリに映りましたが

はしくれとしてはこの点に加え

ある要素が気になりました。

 

それが同馬の張り出している

トモの筋肉に他ならず

この部分だけをみれば確かに

一番良いものを持っていました。

 

1周目からあまりにきれいに

丸みを帯びた張り方を見て

「これでふっくら仕上がっていたら・・・

でもどうなんだギリギリか?」

と悶々としていました。

 

長期休養明けに加えて

ギリギリの仕上がりというのは

怪我をする危険性も高まり

非常に悩ましいところです。

 

結果的に優勝しましたので

選べていればと後悔でしたが

次に繋げて行けるように

糧にするしかありません。

 

復帰してすぐの重賞の舞台で

勝負を挑んできた角居調教師の

一流の腕に感服しきりの

このシャケトラの仕上がりでした。

 

 

そして2着馬フィエールマンです。

 

同馬はデータ・パドック共に

◎の評価でしたが

それに違わぬ走りを見せて

奮闘してくれました。

 

4コーナーでの進出で既に

マーフィー騎手に進路を塞がれ

出るに出られない状況でしたから

本当にあと少しでした。

 

馬体としては8割5分の出来で

まだ少しパンとしていませんが

特筆もののバランスに加えて

丸みある全体が素敵でした。

 

毛ヅヤもよく柔軟性もあり

全身がバネという感じで

父ディープインパクトの影響を

色濃く感じられました。

 

坂も強くどこの競馬場でも

問題なく走れると思いますが

直線の長い東京競馬場で

見てみたいなと思います。

 

 

最後に3着馬メートルダールです。

 

同馬は前走時から既に馬体は

良い状態にありました

ハンデ戦でトップハンデを背負わされ

5着という結果に終わりました。

 

今回は更に上昇した上

ハンデも1kg減でしたので

これらの複合的要因での

3着は納得のいくところです。

 

仕上がりとしてはおそらく10割

仕上がっていたと思いますが

横の比較でやはりフィエールマンには

少し譲るかなと思いました。

 

それはお腹周りが体型的に

張り出しが大きく見えるから

瞬発力的にはすっきりとした

フィエールマンに分があろうということです。

 

ただ今回はこの真冬にも関わらず

毛ヅヤもピカピカに光っていましたし

何より柔軟性のある歩様と

バランスの良さが目を引きました。

 

この馬の良い時は少なからず

毛ヅヤに現れるのも特徴なので

総合的な判断をするのに

覚えておくと良いでしょう。

 

ということで・・・

 

いつもながら必死にデータ予想して

外すという結果が出ると

パドックだけで良いじゃんよ・・・

と落胆する気持ちにもなります。

 

ただ両輪が噛み合えば更に上を

目指すことも可能ですから

このあたり様々な見直しをして

臨みたいと思います。

 

それにしてもシャケトラの仕上がりには

本当に驚かされました。

反動が心配ではありますが

今後も楽しみにしたいと思います。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

また次回は水曜日のコラムと

週末の予想でお会いしましょう☆

 

*はしくれのパドック速報

パドックロード(2019)1月度会員募集中!