東海ステークス2018結果・優勝馬はテイエムジンソク

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は中京競馬場で、

GⅡ東海ステークス2018が開催されました。

 

断然人気に推されたテイエムジンソクの走りに注目が集まりましたが、

タイトル通り優勝したのはこのテイエムジンソクでした。

果たしてはしくれの予想は的中したのでしょうか。

まずは予想から振り返り、結果を回顧して参りましょう。

 

〈東海ステークス2018予想・印&買い目〉

◎テイエムジンソク

〇ディアデルレイ

買い目…単勝◎200円、〇100円、馬連◎ー〇100円、計400円。

詳しい予想はこちら

 

それでは結果です。

 

<東海ステークス2018結果>

優勝馬・・・◎テイエムジンソク

2着・・・コスモカナディアン

3着・・・モルトベーネ

(○ディアデルレイ9着)

払戻金・・・単勝130円×2=260円




はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎テイエムジンソクが優勝・・・☆

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

揃ったスタートになりました。

1番人気の◎テイエムジンソクも、きれいなスタートを切っています。

予想では差し馬ばかりでペースは上がらないと見ましたが・・・。

案の定、競り合う馬も無くすんなりハナに立ちます。

 

 

予想ではディアデルレイが先手を主張するかもしれないと思っていた部分も有りますが、

そういった競り合うシーンも見られないまま、

テイエムジンソクが気持ちよく先頭を走りました。

 

1000mの通過タイムは61秒5というタイムで、

これは良馬場を考慮してもやや落ち着いた時計です。

この快速馬テイエムジンソクに競りかける馬が居なかったため、

最初早目に入った事も後続には利益となりませんでした。

 

 

4コーナーでは持ったままの手応えで進んだテイエムジンソク。

2番手から○ディアデルレイが並ぼうとしますが及びません。

そうこうする内手応えが怪しくなり、

今度はその内側からコスモカナディアンが迫ります。

 

この人気薄(13番人気)のコスモカナディアンが一旦見せ場を作りますが、

どう追いすがってもテイエムジンソクの手応えには及びません。

2頭がかなり後続を引き離した直線でしたが、

着順は入れ替わらずに体勢が決しました。

 

 

鮮やかな逃げ切りでテイエムジンソクが優勝しましたが、

やはりこのメンバー構成では一際抜けた存在でした。

楽にフェブラリーステークスの前哨戦を消化したという感じでしたね。

因みにパドック配信の結果は、以下のようになりました。

 

 

こちらも本命◎はテイエムジンソクになりました。

当ブログ予想の○ディアデルレイの印を▲に下げましたが、

○のドラゴンバローズ(12着)にとっては不向きな展開となりました。

☆は苦労して選んだのですが、シャイニービームは15着と良いところが無く残念でした。

 

パドックの総評としては、

◎のテイエムジンソクの仕上がりは良好だったものの、

2番手以下が大混戦で選ぶのがとても難しかったです。

この◎テイエムジンソクにしてもまだ緩さがありましたから、

前哨戦の仕様できっちり勝って来たと言えるでしょう。

 

今回のパドックからは◎テイエムジンソクの次走の上積みが強調できるという結果でした。

2着のコスモカナディアンも悪くはなかったのですが、

良いと言い切れる点もなく、非常に難しかったです。

3着のモルトベーネは発表の+2kg以上に腹目が太かったですね。

 

優勝したテイエムジンソクにとってはこれ以上ないステップレースで、

相手次第にはなりますが次走も余力は十分でしょう。

古川騎手も中京は得意ですから良い走りに繋がりました。

 

フェブラリーステークスにはコパノリッキーが居ませんから、

テイエムジンソクの活躍には十分期待が持てそうです。

ダートは冬場に真夏と気候が極端な時に本番が来ますから、

順調そのものの同馬の動向からは特に目が離せないところです。

 

また、今回は配当も低くトリガミとはなりましたが、

当ブログのメインテーマである「競馬の収支改善」を果たしつつ、

更なる上昇を果たして行きたいと思いますので、

どうぞこれからも当ブログをよろしくお願い申し上げます。

 

☆優勝馬テイエムジンソクの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に心よりお祝い申し上げます。



東海ステークス2018予想・本命馬は…

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の日曜日は東西でダブル重賞開催となりますが、

中京競馬場ではGⅡ東海ステークス2018が開催されます。

 

坂の途中からスタートする特徴的なコースですが、

チャンピオンズカップの舞台でもあるこのコースでは力量が試されます。

この一戦ではしくれが本命◎に指名するのは人気馬テイエムジンソクですが、

同馬の優位は揺るぎそうもないと判断しました。

 

それでは早速予想印と買い目をご覧いただき、

予想の根拠の説明へと移って参りましょう。

 

〈東海ステークス2018予想・印&買い目〉

◎テイエムジンソク

〇ディアデルレイ

買い目…単勝◎200円、〇100円、馬連◎ー〇100円、計400円。

 

本命◎はテイエムジンソクです。

同馬は昨年のチャンピオンズカップで2着と好走しましたが、

この時も人気を背負って強力なメンバー相手に良く粘りました。

 

スピードに勝り、左回りの長い直線を完全に克服していましたし、

差し馬だらけの今回なら展開有利も間違いないです。

坂の途中からのスタートでもあり、

いきなりペースを上げなくても途中で自然とハナに立てますし、

ディアデルレイが先手を切るなら行かせてしまって良いでしょう。

 

人気馬でありながら余裕を持って乗れる今回。

ハンデの不利も有りませんし、本命で良いでしょう。

 

対抗〇にはディアデルレイです。

同馬は前走・師走ステークスでオープン連勝を飾りましたが、

好位でも、ハナに立っても粘れる脚を披露しました。

 

この一戦では個人的にもパドック予想でお世話になりましたが、

サンライズソアを含む強豪を凌駕する素晴らしい出来に有りました。

馬体の充実から見てもテイエムジンソク1強体制を崩せるのは同馬しかなく、

今後も期待がかかる馬です。

 

またある意味、今回の一戦では人気のテイエムジンソクとは結託した展開で運べる事から、

前の二頭がすんなり残る結果も十分有ると思います。

 

買い目は二頭の単勝と、本線の馬連を狙います。

 

当レースではアメリカジョッキークラブカップ2018と同様に、

パドック速報の配信を致したいと思います。

こちらの予想では当ブログ予想とは違って、四頭選出する事を決定していますので、

ご興味がお有りでしたらぜひこちらからご覧下さい。

それから、中山・京都・中京いずれかの最終レースも配信予定です。

 

また、アメリカジョッキークラブカップ2018の無料予想はこちらからどうぞご覧下さい。

 

アメリカジョッキークラブカップ2018予想・本命馬は…

☆アメリカジョッキークラブカップ2018予想・本命馬は…

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の日曜日には中山競馬場で、

GⅡアメリカジョッキークラブカップ2018が開催されます。

 

古豪ゴールドアクターも復帰して楽しみな一戦ですが、

このレースではしくれが本命◎に指名したのは4歳馬のダンビュライト。

前走勝利から臨む好調な同馬を抜擢しました。

 

現在の中山競馬場は完全に外差し馬場ですが、

今回のメンバー構成ではスローペースが予想されます。

こうなるとあまり後方から競馬をするのは得策ではなく、好位で上手に立ち回れる同馬に期待がかかります。

 

それでは詳しい説明は後述致しますので、

まずはアメリカジョッキークラブカップ2018の予想印と買い目の発表に参りましょう。

 

〈アメリカジョッキークラブカップ2018予想・印&買い目〉

◎ダンビュライト

〇マイネルミラノ

買い目…単勝◎100円、複勝◎・〇各100円、馬連◎ー〇100円、計400円。

 

本命◎はダンビュライトです。

同馬は先述した通り好位で立ち回れるタイプですが、

逃げ馬がマイネルミラノしか居ない今回は展開有利です。

 

菊花賞の道悪の影響を懸念していた前走でしたが、

パドックでの仕上がりも良く、

人気を背負って優勝するなど反動は感じられません。

 

こういう結果が出せるのは同馬が高いスタミナを保持している証拠でもあり、

万が一消耗戦になっても簡単には崩れないでしょう。

メンバーは強化されますが、ライバルが休み明けだったり、既に先着を果たしている相手だったりします。

ハンデも55kgと有利でMデムーロ騎手騎乗で、楽しみな一戦です。

 

対抗〇にはマイネルミラノです。

今回のメンバー構成では同馬が先手を打ちそうですが、

同じ逃げ馬のトミケンスラーヴァは純粋な逃げ馬とは言い難いです。

スローペースで押し出されて逃げるこのトミケンスラーヴァとは、

ハナを激しく競り合う形になることは無いと思います。

 

こうなれば単騎の逃げが決まる可能性が高いですし、

スタート後の坂も控える事から序盤はペースを握れるでしょう。

今回は56kgでオールカマー4着時の再現も有り得ます。

外差しが意識される今こそ狙い時だと思います。

 

買い目は単複を中心に、本線の馬連を狙って行きます。

 

頭数は少ないですが粒ぞろいのメンバーで、

楽しみの多い今回のアメリカジョッキークラブカップ2018。

今回もはしくれはパドック速報を配信しますので、

ご興味がおありの方は是非こちらをお読み下さい☆

 

また、東海ステークス2018の無料予想はこちらからご覧下さい。