大阪杯2020結果・優勝馬はラッキーライラック

 

完成。

 

ここまで敗戦を乗り越えて

成長を果たしてきた女王が

強豪牡馬を交わし去り華麗な

優勝を飾った大阪杯。

 

前で粘るダノンキングリーと

外から被せるクロノジェネシスの

間を割って抜け出してきた

ラッキーライラックの完勝でした。

 

「牝馬ですけど男っぽい。性格も強いし。」

という鞍上の

ミルコ・デムーロ騎手の好騎乗も

光った最後の直線でした。

 

戦前では5強評価となった

今回の大阪杯でしたが

まずは着順と予想結果から

公開したいと思います。

 

<大阪杯2020結果

優勝馬・・・ラッキーライラック

2着馬・・・クロノジェネシス

3着馬・・・ダノンキングリー

 

<大阪杯2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ラッキーライラック

対抗〇・・・ダノンキングリー

買い目・・・単勝◎&〇各100円、◎〇馬連&ワイド各100円、計400円。

(予想結果=的中。単勝410円&ワイド340円)

 

勝ちタイム=1分58秒4(晴れ・良)

前半1000m通過=60秒4

ペース=スローペース(2秒4差)

勝ち馬上がり3F=33秒9(2位)

レース上がり3F=34秒2

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬ラッキーライラックはGⅠ3勝目

・騎乗したミルコ・デムーロ騎手はGⅠ31勝目

・優勝馬ラッキーライラックは父オルフェーヴルと親子制覇、大阪杯の親子制覇は51年振りの記録

・牝馬の大阪杯制覇はラキシス以来5年振り。2着クロノジェネシスも牝馬で牝馬のワンツーフィニッシュ

・管理する松永調教師は「以前なら馬混みを捌くことができなかった、このメンバーで勝てて嬉しい」とコメント

・ラッキーライラックの次走は未定。「このくらいの距離を使いたい」と松永調教師のコメント

・関東馬はGⅡ時代から21連敗に

・Bコース替わりで最内が伸びる馬場(土曜から連日)

・唯一後方からインを強襲したカデナが4着。上がり最速33秒5

・上位3頭の4角通過順は5→3→1番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎1着→〇3着→▲7着→☆9着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬ラッキーライラックです。

 

同馬は前走よりも顕著な

上昇が見られる仕上がりで

お腹周りがきっちり絞れ

前後肢の張りも十分でした。

 

特にトモは相当盛り上がって

素晴らしい仕上がりにありましたが

シャープなアウトラインも好感で

自信を持てる◎でした。

 

これより更によくなる時には

毛ヅヤもピカピカに冴えてくるので

コメントは付けませんでしたが

嬉しくなるような仕上がりでした。

 

5年前のラキシスとも似ていましたし

この頃はまだ修行中でしたが

その当時を思い出しつつ

「勝てるな」

という感覚のパドックでした。

 

 

2着馬はクロノジェネシスです。

 

同馬についてまず述べたいことは

「超強い馬!」

ということです。

 

今回はマイナス6kgの通りに

やや細身にも映ったパドックですし

距離ロスがありながらも最後は

きっちりと連対を果たしました。

 

相変わらずバランスが崩れずに

背中が非常にしっかりしており

柔軟性も全くなくならず

重馬場勝利後なのにさすがです。

 

腹目がギリギリ細化しているか

かなり際どいラインでしたが

ここまで変化に強い牝馬には

滅多にお目にかかれないでしょう。

(牡馬に先着されたことも皆無)

 

 

3着馬はダノンキングリーです。

 

同馬は毎回必ず絞れていて

非常に好感が持てるのですが

今回もきっちりと絞れており

張りのある好馬体にありました。

 

距離も特に長くはありませんし

的にされる展開でしたから

敗戦自体は展開のアヤと

考えて良いのではと思います。

 

今回はブログ予想と同じで

本命・対抗が決まりましたが

ツヤさえあれば逆転したかもと

思えるくらい良い状態でした。

 

萩原調教師の仕上げ方は

はしくれも好きな仕上げですが

遠征も考慮されたものでしたし

これで良いと思える仕上がりでした。

 

それから・・・

 

今回は4着となりましたが

11番人気のカデナです。

 

 

同馬は人気こそ一息でしたが

全くフロックではありません。

 

はしくれも馬体が回復してきた

おととしの夏から狙ってきましたが

中々着順が上昇せずに

苦しい時期も過ごしてきました。

 

買えば来ず、買わねば来てしまい

買いどころが非常に難しいため

今回も恐々としていましたが

あわやの4着で冷や汗でした。

 

ここまで耐え抜いた関係者の方は

素晴らしいなと思いますし

中竹調教師の仕上げ方も

非常に上手いと思います。

 

無駄がなく

それでいてフックラしていて

さすがは重賞3勝馬です。

 

阪神の内回りも追い風になり

同馬の良さを引き出せていました。

このあたりは鮫島克駿騎手の

イン強襲の騎乗もお見事でした。

 

ということで・・・

 

今回はデータ・パドック共に

印が全く同じでしたが

予想時から馬体も加味したので

ある程度は予想した結果でした。

 

フジテレビの録画を見て井崎さんが

ラッキーライラックを「フツー」と一言

つまらなそうに言い放ったのには

正直驚くばかりでしたが・・・。

 

相馬眼は一朝一夕で

身につくようなものではありませんから

しっかりと知識を学んだ上で

実践に取り組むべきでしょう。

 

競馬予想に携わる人がみんな

相馬眼が無いわけではないので

そのあたりガックリとしつつも

また頑張っていきたいと思います。

(でも細江さんはさすがです!)

 

はしくれの相馬法は一冊の

本にまとめて売っていますので

こちらもパドックに臨むあなたへ

伝えておきたいと思います。

「シークレットオブパドック」

 

無観客が続くのはつらいですが

競馬があるだけで幸せだと

毎週実感しつつ来週も

予想していきたいと思います。

 

*4月もまだ、始まったばかり

パドックロード(2020)4月度会員募集中!