京成杯2021結果・優勝はグラティアス

 

2連勝。

 

新馬戦快勝から参戦の

レースとなった2戦目の今回

ルメール騎手の連続騎乗にて

2馬身半抜け出したグラティアス。

 

結果的にスローペースで内を

坦々と進めたのも幸いし

やや荒れ気味の内馬場も気にせず

すんなりと勝利したレースでした。

 

思いのほか遅いペースとなって

走破タイムは伸びませんでしたが

そんな京成杯2021結果を

早速振り返って参りましょう。

 

<京成杯2021結果

優勝馬・・・グラティアス

2着馬・・・タイムトゥヘヴン

3着馬・・・テンバガー

 

<京成杯2021予想・印&買い目>

本命◎・・・グラティアス

対抗○・・・プラチナトレジャー

単穴▲・・・ラカン

買い目・・・馬連&ワイドボックス各100円、計600円。

(予想結果=不的中)

京成杯2021予想・本命はグラティアス

 

勝ちタイム=2分3秒1(曇り・良)

前半1000m通過=63秒7

ペース=超スローペース(4秒3差)

勝ち馬上がり3F=34秒9(最速)

レース上がり3F=35秒2

クッション値(当日午前7時)=10,5(やや硬め)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:前走で先行した馬が多く出走したメンバー構成も、その全てがスローペースの競馬をしていた馬たちの面子だった。そのため積極的に行く馬がおらず超スローペースで団子になって、結局前走同様の競馬になった前2頭が流れ込んだ。ただ、上位馬は馬体も良い上に調教も好内容だったので、走破タイムこそ遅いもののレベルは低くなかったと感じている。特にこれだけスローでありながら2馬身半の着差をつけるのは、上り最速も含めて勝ち馬が相当強かったと思われる。

・1着C.ルメール騎手のコメント:「今回馬にとっていい勉強でした。別の馬の後ろで我慢することができましたし、リラックスできましたし、直線では能力を見せてくれました。トビが大きいですが、すぐに加速しました。トップスピードに届いて今日は楽勝でした。馬体が大きくなったし、少し大人になりましたし、まだ良くなると思いますけど、だんだん良くなると思います。インプルーヴ(向上)したらGⅠに行けると思います。GⅠで乗りたいし、GⅠを勝ちたいです。」

・走破タイム2分3秒1は過去10年で最も遅い時計

・上位3頭の4コーナー通過順は2→1→5番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎1着→▲2着→○4着→☆10着

またも重賞でワンツー選出です。

 

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬グラティアスです。

 

同馬は今回プラス10kgと

馬体を増やして臨みましたが

ルメール騎手の弁にもある通り

成長した姿が見られました。

 

落ち着きがあり筋肉が豊富で

ツヤもよくフワフワに光っており

バランスの良さと柔軟性では

右に出るものはありませんでした。

 

特にクビの動きが柔らかくて

しなやかな動きを披露していて

この点がただ大きいだけでなく

好感を得られる仕上がりでした。

 

またパドックでワンツーが見抜けたうえ

調教評価でも1~2番手と

同馬と次のタイムトゥヘヴンは

好調が表に出るタイプです。

 

 

2着馬はタイムトゥヘヴンです。

 

同馬はまだ緩さが残る馬で

背が高く感じるつくりでしたが

全体的にバランス良好で

ツヤもピカピカに光っていました。

 

以前からお伝えしている通り

はしくれはツヤを決め手にしますが

サプリだけでは語れない仕上げが

筋肉の張りから察せられます。

 

非常に皮膚も薄いタイプですし

後肢にむかって切れ長な胴も

瞬発力を感じさせるために

本来逃げ馬ではないはずです。

 

急坂もどちらかと言えばそんなに

得意という体型でもないので

広いコースで好位から差したら

更に上位を狙える馬でしょう。

 

 

3着馬はテンバガーです。

 

同馬は典型的な変わり身を

騎手が乗ると見せるタイプでしたが

戸崎騎手が背に跨った途端

全体が締まり上昇しました。

 

多少腹袋が太目に映り

選出に迷ったところでしたが

これほどの変わり身を見せるのには

驚いたというのが本音です。

 

あまり踏み込みが深めでないため

瞬発力タイプではないですが

追ってかなりしぶといタイプですし

ポジションさえ取れば粘れるでしょう。

 

いっそ逃げてしまうのも手でしたが

戸崎騎手とは初コンビですので

今後の戦法も考えながら

上を目指してほしい存在です。

 

ということで・・・

 

なかなか馬券がビシッと当たらず

残念なところではあるのですが

調教診断が今年最初の

レースでワンツーの選出でした。

京成杯2021調教診断・上位3頭を選出

 

エリザベス女王杯でワンツーを

チャンピオンズカップでもワンツーと

穴っぽいところも当てているので

これからも楽しみにして下さい。

 

少しでも予想力を向上し

役に立つブログを届けますので

変わらず敗戦に懲りることなく

取り組んで参りたいと思います。

 

パドックロードの会員様にも

少しでも良い情報を届けて

相馬眼上達のお役に立つ

配信を継続して参ります。

 

それでは今回もご覧くださり

誠にありがとうございました。

どうぞこれからも「はしくれの予想」を

よろしくお願い申し上げます。

 

*GⅢフェアリーS、GⅢ愛知杯、GⅢ京成杯ワンツー選出。

*その、はしくれの相馬眼の秘密は―