ユニコーンステークス2018結果

 

完勝。

1番人気が5連敗していた

ユニコーンステークスですが

ルヴァンスレーヴとデムーロ騎手が

ついに連敗をストップしました。

 

ペースが緩んだ隙を逃さず

一気に進出した道中といい

コンビとしての絆を十分

アピールした一戦でした。

 

これからのダート界を

背負って立つに相応しい人馬。

その一戦をまずは予想から

回顧して参りましょう。

 

<ユニコーンステークス2018予想>

◎ルヴァンスレーヴ

〇グリム

買い目・・・単勝◎200円、〇100円、複勝〇100円、馬連◎〇100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<ユニコーンステークス2018結果>

優勝馬・・・◎ルヴァンスレーヴ

2着馬・・・グレートタイム

3着馬・・・エングローサー

(〇グリム9着)

払戻金・・・単勝230円×2

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ルヴァンスレーヴが優勝。

それでは早速

レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

外で15番ダンケシェーンが

大きく出遅れてしまいます。

赤丸で囲った優勝馬

ルヴァンスレーヴも後手を踏み

場内にはこの時焦りが

広がったのを感じました。

 

 

前半の800Mは47秒1でしたが

芝スタートで重馬場のダートとはいえ

中々に速い流れでした。

 

そして中間の800Mから

1000Mにかけての地点で

ペースが最も緩んだ隙に

デムーロ騎手が進出します。

ここですぐに動いたことが

この後の展開を楽にしました。

 

 

4コーナーを回ったところで

ルヴァンスレーヴは既にこの位置。

長い直線を存分に活かして

焦りなく前を捉えます。

 

外から全く手応えの違う

末脚を繰り出した同馬でしたが

道中一脚使ったにもかかわらず

上がり最速35秒2で

後続を完封しました。

 

 

最後は3馬身半差で悠然とゴール。

その後デムーロ騎手が天を見上げる

姿が印象的でした。

 

これで左回りのダートは

4戦全勝となった同馬。

それもレースレコードとなる

1分35秒0の走破タイムが光ります。

 

そして今回の当レースの

パドックロードの印ですが・・・

 

 

◎1着→〇2着→▲9着→☆14着でした。

 

それでは早速当レースの

パドック診断に参りましょう。

 

 

まず優勝馬ルヴァンスレーヴですが・・・

 

柔軟性の高さが特に目を引きました。

相変わらずバランスの良い馬体で

伸びしろのありそうな骨格が

まだ同馬が未完成であることを感じさせます。

 

前走時は明らかな太目残りで

今回もその点が心配でしたが

今回はきっちり絞れていて

無駄のない馬体になっていました。

 

筋肉が特に良質な馬で

毛ヅヤもきれいに見えましたし

もう一段張りが出てくれば更に

上昇できる逸材です。

 

これからも長く活躍を

期待できる一頭でしょう。

 

 

2着馬はグレートタイムでした。

 

同馬はまずバランス的に

勝負になると思いましたが

全体的にもやや切れ長で

東京は向くと思いました。

 

以前見たときよりも馬体が

充実して張っていましたし

成長が窺えるのも

好感が持てるところでした。

 

とはいえ縦の比較よりかは

横の比較が重要ですので

他馬と比べて完成度的に

高いことが決め手でした。

重馬場も問題なく

走れるタイプだと思います。

 

 

そして3着馬エングローサーです。

 

同馬は人気は今一でしたが

戦績的にもダートは得意で

今回の走りも決して

フロックではありません。

 

馬体面ではバランスがよく

柔らかい筋肉を持ち

皮膚の薄い感じも中々

好感が持てるところでした。

 

印は回せませんでしたが

気になった一頭でしたし

思うよりも距離適性があったなという感じです。

少しマイルが長いようにも

思いましたが杞憂でした。

 

ということで・・・

 

ユニコーンステークス2018は

ルヴァンスレーヴの圧勝という

結果で幕を閉じました。

 

これまでの戦績どおりの

強さを見せてくれましたが

出世レースの快勝によって

楽しみが広がります。

 

無事に成長を促しながら

完成してほしい逸材です。

ダート界のニュースターとして

活躍を期待しています。

 

ユニコーンステークス2018結果・データ

馬場状態:重。前日未明まで降雨。

走破タイム:1分35秒0(レースレコード)

800m通過:47秒1

ペース:ハイペース

レース上がり3F:35秒6=優勝馬35秒2(最速)