七夕賞2020結果・優勝馬はクレッシェンドラヴ

 

適性。

 

昨秋福島記念優勝で

強さを見せたクレッシェンドラヴが

昨年2着の雪辱を果たし

突き抜けた七夕賞2020。

 

重馬場適性が問われる馬場で

内枠にも懸念がありましたが

上がり最速のタイムを記録し

見事にライバルをねじ伏せました。

 

荒れる重賞で人気が割れつつ

1~2番人気も4着以下となった

そんな七夕賞2020の

結果を振り返って参ります。

 

<七夕賞2020結果

優勝馬・・・クレッシェンドラヴ

2着馬・・・ブラヴァス

3着馬・・・ヴァンケドミンゴ

 

<七夕賞2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ヴァンケドミンゴ

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎200円、計300円。

(予想結果=的中:複勝370円×2)

 

勝ちタイム=2分2秒5(曇り・重)

前半1000m通過=61秒3

ペース=ミドルスローペース(0秒1差)

勝ち馬上がり3F=36秒6(最速)

レース上がり3F=37秒3

 

☆レース後のまとめ

・優勝馬クレッシェンドラヴは重賞2勝目

・内田博幸騎手は七夕賞2勝目(2012年アスカクリチャン)

・林徹調教師は当レース初制覇

・内田騎手のコメント「馬場も悪いしスタート次第では先行でもいいかと思ったんですけど、思ったより前に行けなかったんで、内に包まれないで外にね、馬場のいいところを走りたいなってレースを運んでました。57kg背負ってたんで堂々とした内容だと思いますし、こういう馬場もこなせると思ったんですけど、ここまで器用にこなせるとは思わなかったです。持ち前のスタミナでゴールまで駆け抜けてくれるんじゃないかと信じて乗ってました。ここを使えば馬はもっと良くなると思うんで、楽しみにしてくれればなと思います」

・林調教師のコメント「休み明けでテンションが高かったのですが、内田騎手が上手くなだめて乗ってくれました。他の競馬場でも勝ちたいです」

・クレッシェンドラヴの生産牧場は新ひだか町の木村秀則氏

・トップハンデ馬の優勝は2年連続9頭目

・前年2着馬の優勝は七夕賞史上初

・クレッシェンドラヴは前走・中山金杯以来6か月ぶりの休み明け

・クレッシェンドラヴは2-3-0-0で福島競馬場全連対。また3着馬ヴァンケドミンゴも4-0-1-0で全馬券圏内確保

・走破タイム2分2秒5は過去10年で最も遅いタイム(9位は2012年2分1秒1=稍重でこの時も内田博幸騎手が優勝)

・内田騎手は先週のラジオNIKKEI賞からの2週連続重賞制覇。バビットが上がり最速計時の逃げ切りだったのに比べ、今週は後方からのまくりで制する内容の異なる競馬

・週中は梅雨空で毎日のように降雨がある湿った馬場。特に土曜日から日曜日にかけて降雨量が多く重馬場に

・クレッシェンドラヴが直線で通った内4~5頭目の馬場は例年好走傾向と合致

・ヴァンケドミンゴが3着入線で12番枠出走馬が6年で5回の馬券圏内確保

・2着福永祐一騎手「今日のような馬場は得意ではありませんが、力をつけています」

・3着酒井学騎手「雰囲気は良くていいポジションが取れました。直線で離されたところから差を詰めてくれました。重賞でも十分やれますね」

・上位3頭の4角通過順は5→4→7番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

〇1着→☆2着→◎3着→▲9着でした。

以下馬体診断を実施します。

 

 

まず優勝馬クレッシェンドラヴです。

 

同馬は今回6か月ぶりで

仕上がりが気になるところでしたが

全く不安を感じさせない

充実した馬体が見られました。

 

全体がふっくらとした感じで

柔らかみと丸みを感じさせて

それでいて馬体が引き締まって

スタミナを感じさせる仕上げでした。

 

この点は拙著

「シークレットオブパドック」

で既に述べていますが

重馬場でも相馬眼は活きると

証明できた結果と言えます。

 

同馬はトモが勝っているタイプで

良くない時は尻が上がりますが

今回はバランスもよくぴっちり

張ってツヤもピカピカに見えました。

 

馬体全体が充実してきて

幅が出てきたように感じられ

福島以外の競馬場でも

楽しみが広がる存在です。

 

 

2着馬はブラヴァスです。

 

同馬は先週の反省点を

活かして選出に至りましたが

ラジオNIKKEI賞で2着した

パンサラッサに似た雰囲気でした。

ラジオNIKKEI賞2020結果・優勝馬はバビット

 

実際どちらも2着ですから

偶然ではないと思われますが

一見緩そうに見えながらも

張りがあってコロンとしていました。

 

小回りは向きそうなタイプですし

福島自体が初めてでしたが

福永騎手のコメントのほどには

適性の差を感じませんでした。

 

先週のラジオNIKKEI賞での

敗戦を糧にできたことからも

福島の芝はこういうタイプが

狙いになってくると思います。

 

 

3着馬はヴァンケドミンゴです。

 

同馬は全く無駄がなく絞れ

ツヤツヤに輝いて見えましたが

いかにも福島は得意にできる

コンパクトな馬体をしています。

 

このあたりはブログ予想の際も

公開していた事実でしたが

全体的に丸みも有って

角の取れた馬体が好感でした。

七夕賞2020予想・本命はヴァンケドミンゴ

 

馬格や厚みの面から他場で

活躍するならあと一息でも

今回くらいの好仕上がりなら

本命視できると思いました。

 

結果的にブログ予想も含め

本命に抜擢となりましたが

3着以内独占の結果で

嬉しい七夕賞となりました。

 

また個人的に同馬を軸と決めて

ワイドで流して当たりましたが

迷った3連複にしていれば

万馬券だったのが残念です・・・

 

 

とはいえワイドは3着でもよく

2~3着でも的中できる上

結構高配当になったりで

はしくれはこの馬券が大好きです。

ワイド馬券は難しい?儲からない?

 

ちなみに当ブログで公開した

馬券もその通りに買っています。

毎回必ず買っていますので

この点どうぞご安心(?)ください。

 

 

あまりお見せすることがないですが

買っているのは当たり前ですから

普段から一々こういった

証拠をお見せしていないだけなのです。

(画像のアップもめんどくさいですしね。ふう・・・)

 

それから・・・

 

今回1番人気に推された

9着馬ジナンボーでしたが・・・

 

 

同馬は相変わらず気性的に

落ち着きがないように思えますが

馬体自体はかなり締まっていて

好感の持てる仕上がりでした。

 

意外と堀厩舎の人気馬には

福島で飛ぶケースがありますが

少し華奢な感じに見える馬は

コースが合わないのかもしれません。

 

渋った馬場は決して不得手でなく

不良馬場も勝利がありますから

気性的にもゆったりと走れる

大きいコースが良いと思います。

 

とはいえ4頭中の3頭が

上位独占のパドックですから

馬体全体の仕上がり具合は

悪くなかったと思います。

 

ということで・・・

 

馬場とコース適性を見極めて

ブログもパドックもしっかり当たり

先週から連勝を果たして

嬉しい7月の福島でした。

 

来週は重賞が福島では

施行が無い開催となりますが

変わらずパドックロード配信を

行って参りたいと思います。

 

それでは七夕賞2020の

結果は以上の通りでした。

楽しんで的中に繋がるよう

求めて参りたいと思います。

 

今回もご覧下さったあなたに

心より御礼申し上げます。

どうぞ当ブログをこれからも

よろしくお願い申し上げます。

 

*七夕賞3着以内独占☆

パドックロード(2020)7月度会員募集中!

*また、はしくれの相馬眼の秘密は―

「シークレットオブパドック」