2017菊花賞結果・優勝馬はキセキ!

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は台風21号が接近する不良馬場の中、

3冠レース最後の一戦・菊花賞が行われました。

この消耗戦を制して優勝したのはキセキでしたが、

最後は2着争いを尻目に突き放す完勝劇。

早速今回の菊花賞を回顧して参りましょう。

 

因みにはしくれの予想は、以下の通りでした。

 

<2017 菊花賞予想 印&買い目>

◎ダンビュライト

○アルアイン

▲キセキ

☆ミッキースワロー

買い目・・・単勝◎・○各100円、ワイドボックス◎~▲各100円、ワイド◎ー☆100円、計600円。

 

それでは全着順と払い戻し金です。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ダンビュライトは5着・・・。

それでは大雨の一戦となった菊花賞を振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

かなりバラっとしたスタートになりました。

▲キセキもあまり良いスタートではありませんでしたね。

 

逃げ宣言を出していたウインガナドルも2番手になり、

先手を奪ったのは大外枠のマイスタイルでした。

人気どころの各馬は中団から後ろよりで構えていまして、

その中でもダンビュライトはかなり折り合いも付いていました。

 

1000m通過が1分4秒を越す流れで、

かなりスタミナを消耗する流れになりました。

内ラチ沿いは水の浮いている状態で、

各馬少しでも馬場の良いところを確保しようとしています。

 

 

ホームストレッチからバックストレッチへと向かう中、

静寂が訪れましたが、

3コーナーの坂に向かって徐々に後続の進出が始まりました。

 

ここで◎ダンビュライトがじわじわ先頭を伺う勢いで、

各馬これに続くように4コーナーを回ります。

直線に向いたときにはダンビュライトが抜け出しており、

「これはもらった!」

と息をまいたはしくれでしたが・・・。

 

 

ダンビュライトは直線で失速、

追いすがる☆ミッキースワローに先着こそ果たしましたが、

クリンチャー、ポポカテペトルからは離されての5着争い。

そしてこの2頭が抜け出しを図る中、

一頭違う脚色で追い込んできた馬が居ます・・・。

それが、キセキでした。

 

中団後ろで脚を溜めて、

先行各馬を並ぶまもなく差し切った圧巻のパフォーマンス。

不良馬場もなんのその、

切れ味鋭く最後の1冠奪取に成功しました。

 

 

この結果を受けてはしくれは、

やはり同馬の長距離適性、

そしてスタミナを素直に評価して良かったんだと改めて思いました。

 

予想時もお伝えしましたが、

これほどの雨にならなければ、当初キセキが本命でした。

それは明らかに同馬の馬体が長距離馬のそれだったからですが、

重馬場適性と4コーナーの位置取りから、

厳しいだろうと踏んでいました。

 

ただし、やはりこういう胴長体型はスタミナの塊ですね。

重馬場もなんのその、最後の切れ味の分も含めて、

スタミナで乗り切ってしまいました。

2~3着馬も切れない替わりに持久力に優れたタイプで、

不良馬場がどうかというより、

スタミナの有る無しが最も結果に影響したという感じを受けた一戦でした。

 

因みに、◎ダンビュライトは仕上がりもとても良く見え、

騎手の仕掛けも完璧でしたが、

それ以上に最後の直線の攻防が、あまりにもタフでした。

それでも5着に粘っていますから、

長距離適性は有ると思います。

 

○アルアインは少し体が立派でしたね。

その上やはりスタミナタイプではないので、

総合力は高いですが、苦しかったと思います。

 

ミッキースワローもこの距離はあまり向かなかったようです。

ですが、重馬場自体はそんなに苦にする感じではありませんでした。

 

さて、こうしてキセキが勝ってみると、

データの少ない長距離の不良馬場でのGⅠ戦という舞台が、

展開よりも不良馬場の適性よりも、

とにかくスタミナ第一で争われたという思いが強いです。

 

以前、キセキに似た馬体の馬に、

アイポッパーという馬がいましたが、

はしくれの脳裏にその思い出が蘇って来た一戦でした。

 

今日のキセキ、良く仕上がっていました。

スタミナと瞬発力を兼備したニューヒーローに、

心からの祝福を送りたいと思います。

 

はしくれの予想力はまだまだ一流とは言えませんが、

少なくとも自身の相馬レベルまでは引き上げたいと思います。

これからも当ブログをご覧下さる皆さんの為にも、

日々予想力の研鑽に努めて参りますので、

どうぞこれからも当ブログを、よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたキセキの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




2017菊花賞予想・本命はダンビュライト

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は京都競馬場で、

3冠最終戦・GⅠ菊花賞

が開催されます。

 

この大一番を好天で迎えたかったところですが、

台風21号が急接近する中での、一日中の雨予報。

先週の秋華賞を凌ぐ道悪も想定され、

重馬場の長距離戦でスタミナが問われそうです。

 

逃げるウインガナドルがどういうペースを刻むか気になりますが、

他にも先行馬が散見され、

ペースは極度にスローにはならないと見ています。

混戦模様の菊花賞ですが、

はしくれは本命◎にダンビュライトを指名。

最後の一冠奪取に一票を投じます。

 

それでは早速ですが、

菊花賞の出馬表と、はしくれの予想をご覧下さい。

 

 

<2017 菊花賞予想 印&買い目>

◎ダンビュライト

○アルアイン

▲キセキ

☆ミッキースワロー

買い目・・・単勝◎・○各100円、ワイドボックス◎~▲各100円、ワイド◎ー☆100円、計600円。




本命◎はダンビュライトです。

同馬はとにかく重馬場実績が1-0-1-0と得意にしており、

2~3番手の好位から競馬ができるのが強みです。

 

前走の神戸新聞杯では休み明け初戦な上に、

瞬発力がとにかく問われる一戦でもありました。

こういうギアチェンジが要求される展開よりは、

持続力を問われそうな今回の方が、

展開が向く事はまず間違いないと思います。

 

鞍上には重馬場の秋華賞で2着、

不良馬場の富士ステークスで優勝と波に乗る武豊騎手で、

アルアインのルメール騎手と共に、

馬場が読めている点が非常に頼もしい存在です。

 

ただでさえ京都の長丁場が得意な騎手が騎乗する上に、

人気もそこそこでマークもされない気楽な立場なのも魅力。

ここでは上位入線の確率は高いと見ています。

 

対抗○にはアルアインです。

今回の菊花賞を予想するにあたって、

とにかく気がかりなのが道悪の程度です。

 

週中の雨が乾き切らない馬場の上に、

台風接近で秋雨前線が刺激されて更に雨、

水分を多量に含んだ馬場になるのは、避けられないところでしょう。

 

先週の秋華賞では重馬場になりましたが、

今週はそれをも凌ぐ不良馬場となりそうです。

 

そこで注目したいのが2013年の菊花賞で、

この時は不良馬場の中、顕著なデータが現れました。

それは、1~3着馬の4角順位が、

4番手以内だったという事実です。

 

ただでさえ菊花賞では追い込みが届きにくい上、

重馬場が重なると、よりその傾向は顕著になります。

 

その点、同馬は4角でも上位につける好位競馬ができる上、

重馬場成績は2戦1勝と、

ダンビュライト同様に勝ち鞍も有ります。

 

更に先週の秋華賞では、

重馬場を上手に捌いたルメール騎手が騎乗しますし、

叩き2戦目のローテーションにも好感が持てます。

 

皐月賞馬は菊花賞でも活躍する傾向に有りますし、

前目で適度に切れる脚を持っているのも強みです。

菊花賞では10年連続、上がり2位馬が馬券圏内を確保しており、

傾向に合致する点が多いのも好感です。

 

▲はキセキです。

実は、最初は本命を考えていた同馬ですが、

重馬場が濃厚な状態となり、

ここまで印を下げざるを得ませんでした。

 

同馬の最大のセールスポイントは、

その馬体に有ります。

角居調教師もマスコミにコメントを残していますが、

同馬は他馬には見られない、ステイヤーの体つきをしているのです。

 

これにははしくれも同感でして、

春先に勝てずにいたのは、

距離が足りなかったからでは無いかと思うくらいです。

 

胴長な体形に、絞れた腹とシャープな輪郭。

今まではしくれが見てきたステイヤーと、傾向が合致します。

 

ただ、重馬場で追い込み脚質という点が、

菊花賞ではより不利です。

今の同馬の充実と、

馬体から見る適性的に、

本来かなり期待が持てる馬なのは事実です。

 

ですが今回は条件が条件ですので、

3番手評価が妥当と判断しました。

 

最後☆にはミッキースワローを指名です。

同馬は前走・セントライト記念を見事1着で駆け抜けました。

ここで対抗○を打ったアルアインを下していますが、

その上がりも最速を記録と、期待の持てる内容でした。

(詳細:2017セントライト記念結果・優勝馬はミッキースワロー

 

ですが今回の菊花賞では、

上積みの面と遠征をクリアする必要性から、

アルアインの方に分が有ると判断しました。

 

4角の順位にしても、

捲くってどこまで押し上げられるかがキーポイントになりそうで、

この辺り横山騎手の判断が大きく左右しそうです。

 

更に前回と違い、

今度は人気馬として他馬のマークを受けやすい上、

重馬場経験も皆無ですので不安要素が多いです。

 

ただ、それでも現状の充実と、

確実な末脚には期待が持てます。

アエロリットで良い結果を残せなかった菊沢調教師と横山騎手のコンビなだけに、

大一番を狙う姿勢は、警戒したいと思います。

 

買い目は単勝の配当を考慮して、リスクを分散しながら買っておきたいと思います。

 

さて、台風の北上のスピード次第では、

開催そのものが危ぶまれる菊花賞ですが、

先頭でゴールを駆け抜けるのはどの馬になるでしょうか。

 

はしくれは京都に赴く事はできませんが、

東京の空の下から、各馬の無事と的中を祈りたいと思います。

 

それではどうぞ、皆さんも観戦時にはお風邪など引かれませんように。

雨を恵みに変えられるヒーローの誕生を、

楽しみに致しましょう。

グッドラック☆

 

*今週よりランキングサイトでの発表を中止する事に致しましたので、順位の急激な下降が予想されます。つきましては、毎度ランキング経由でお越し下さる皆さんに、下記バナーよりブログのフォローをお願い申し上げます。(ご登録頂きますと、メールで更新を通知致します。もちろん無料でお使い頂けますのでご安心下さい。)


[最強]ランキング読者会員登録へ




2017富士ステークス予想・本命はペルシアンナイト!

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週は本当にどんよりとした天気が続き、

先週よりも更に馬場が心配な週末です。

更に台風も接近中でこの秋は予想が難航、

それでもやっぱり的中を目指して予想せねばなりません。

 

今週から当ブログは宣言通りランキングでの発表を中止しまして、

立ち上げ当初のスタイルに戻して予想を公開致します。

どうぞ皆さん、お気軽にご覧になってください。

 

それでは早速いつも通り、

富士ステークスの出馬表と、はしくれの予想

からご覧頂きましょう。

こちらです。

 

 

<2017 富士ステークス予想 印&買い目>

◎ペルシアンナイト

○グランシルク

▲イスラボニータ

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連◎ー○100円、ワイド◎~▲各100円、計600円。




本命◎はペルシアンナイトです。

今回の富士ステークスの予想の鍵は二つで、

一つはペース、

二つ目は馬場状態に有ります。

 

まず、ペースについて考えるとき、

今回の出走馬では逃げ馬不在でスローが濃厚、

序盤はかなり緩い流れで各馬折り合いが鍵になりそうです。

 

これを考えたとき、

好位のインで我慢できる同馬の操縦性は魅力で、

後半のペースアップにも対応できる瞬発力にも魅力を感じます。

 

そして二つ目の馬場状態ですが、

同馬は重馬場のシンザン記念で3着と好走しており、

重馬場を他馬より気にする事は無いと思います。

 

現在東京競馬場は、

3~4コーナー内側に若干傷みが見られますが、

同馬は5番枠と適度な内枠で、

インベタで消耗する可能性は低いと見ます。

 

特にこういう馬場を得意とするデムーロ騎手が騎乗する上、

ハンデも55kgですから相対的に有利です。

ダービーでは直前まで、

デムーロ騎手がアドミラブルと迷ったほどの逸材ですから、

背中の感触は確かでしょう。

 

不安材料としては休養明けが初めてですが、

新馬戦を快勝しており、

休み明け馬の仕上げも得意な池江厩舎の所属馬です。

菊花賞を捨ててマイルに転向して来たからには、

当然ここでも一勝を意識しているでしょう。

 

対抗○にはグランシルクです。

同馬は今年、馬券圏外が一度も無い堅実派で、

前走の京成杯オータムハンデを優勝しました。

 

この時乗り替わった田辺騎手は中山マイルが得意ですが、

それを差し引いたとしても、手が合っていたと思います。

今回は東京マイルの一戦となりますが、

安田記念でロゴタイプを連対に導いた辺り、

同騎手とのコンビは恐らくプラスに出ると思います。

 

馬場状態が悪くなっても、

京王杯スプリングカップで出遅れてレッドファルクスの3着が有りますし、

今年はやや重以上の道悪を3戦して全て3着以内です。

馬が充実期を迎えた今なら、

ハンデ1kg増もクリアできると思います。

 

▲はイスラボニータです。

同馬はルメール騎手騎乗時は、1-3-1-1の安定感で、

唯一の4着以下が前走・安田記念です。

 

この時は1番人気で動き出しを狙われる立場で、

逃げ馬と追い込み馬が1~2着する極端な競馬でした。

更にこの時は内を嫌う各馬が外を回る展開ですから、

外枠を引いた事も良くない方に出たと思います。

 

ですが今回はペースが上がる可能性が低い上、

大外の15番枠も、

内を見ながら運べる分、有利に働きそうです。

 

元々立ち回りが上手い上に、

皐月賞を勝つスタミナも有ります。

58kgでも昨年2着に来ていますし、

休養明けは3-2-1-2と得意分野です。

馬場が渋った状態でも、争覇圏と見て良いでしょう。

 

☆は今回、敢えて省いて馬券を検討する事にしました。

最近のはしくれ自身の傾向を振り返り、

最も的中と配当のバランスを考慮した買い目で臨みます。

 

さて、

前日金曜日も小雨がパラつきましたが、

当日土曜日も雨予報です。

皆さんもお出かけの際は、

雨対策と防寒対策をお忘れないようお過ごし下さい。

 

それでは今週も中央競馬を、一緒に目一杯楽しみましょう☆

 

*今週よりランキングサイトでの発表を中止する事に致しましたので、順位の急激な下降が予想されます。つきましては、毎度ランキング経由でお越し下さる皆さんに、下記バナーよりブログのフォローをお願い申し上げます。(ご登録頂きますと、メールで更新を通知致します。もちろん無料でお使い頂けますのでご安心下さい。)


[最強]ランキング読者会員登録へ