札幌記念2019結果・優勝馬はブラストワンピース

 

最内枠。

 

1枠1番から出走となった

ブラストワンピースと川田騎手が

枠順の不安を払いのけて

快勝した札幌記念2019。

 

折り合いに専念する展開で

苦しい競馬にはなりましたが

凱旋門賞へ弾みをつけるような

札幌記念2019でした。

 

GⅠ馬4頭が出走して

しのぎを削った今回でしたが

その一戦を振り返る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<札幌記念2019予想・印&買い目>

本命◎・・・フィエールマン

対抗〇・・・ワグネリアン

単穴▲・・・サングレーザー

買い目・・・各単勝&複勝100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<札幌記念2019結果>

優勝馬・・・ブラストワンピース

2着馬・・・サングレーザー(▲)

3着馬・・・フィエールマン(◎)

(〇ワグネリアン4着)

払戻金・・・複勝▲180円、◎120円。

 

はしくれ・・・的中です!

が、単勝が取れず結果は今一・・・

応援下さった皆様には、心よりの感謝を申し上げます(><)

 

8週連続不的中による

スランプ脱出を図りましたが

最後はブラストワンピースの地力に

ねじ伏せられる結果となりました。

 

ただ、今回は本命◎の

フィエールマンが3着に入ってくれ

予想が少しでも上向いているのを

実感できる結果となりました。

 

スランプの時はこのような買い目でも

全く空振るのが競馬ですから

本命馬が地力で3着したのは

とても嬉しかったです。

 

それでは様々な反省点のある

札幌記念2019の結果を

まずはスタートから振り返って

内容を回顧して参りましょう。

 

ではまずそのスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

 

さすがは歴戦の古馬の戦い

ゲート入りを嫌う馬こそいましたが

きれいなスタートが決まってここから

序盤の駆け引きに入りました。

 

 

明確な逃げ馬が居ない中で

どの馬が行くのか注目されましたが

エイシンティンクルがハナを主張し

徐々に隊列が組まれていきました。

 

サングレーザーが前を意識しながら

3~4番手の早目につけましたが

1番人気のフィエールマン(9番)は

中団後方の外を取りました。

 

 

最初の1000m通過タイムは

59秒9の時計で

これは前後半差コンマ3秒の

ミドルペース(ミドルハイ)になりました。

 

9番フィエールマンの内には

1番ブラストワンピースが待機し

進路が開くか開かないかここでは

かなり際どい展開に映りました。

 

 

4コーナーに入り矢印をつけた

ブラストワンピースはインで我慢し

ごちゃつく先団を睨みながらの

末脚勝負へと進んでいきます。

 

 

そうこうするうち好位から抜け出した

サングレーザーがインを確保して伸び

ついに開いた壁を割って中から

ブラストワンピースが強襲します。

 

外を突いたフィエールマンとは差があり

内2頭の叩き合いとなりましたが

追い出しをギリギリまで温存された

ブラストワンピースが交わし去りました。

 

 

馬体重536kgもある

大型馬で不安もありましたが

難しい流れを我慢して突き抜けた

レース巧者ぶりは実に見事でした。

 

札幌競馬場は直線が短く

末脚を長くは活かしにくいですが

コーナーがゆったりとしている分

最内で溜めたのも良かったのでしょう。

 

これで1枠馬が3年連続

優勝という結果になりましたが

今週からのCコース替わりの

影響もやはり感じるところでした。

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断を行って参りましょう。

はしくれ配信「パドックロード」

印は以下の通りでした。

 

 

▲2着→◎3着→〇4着→☆7着でした。

 

それでは早速馬体診断を

行って参りましょう。

 

 

まずは優勝馬ブラストワンピースです。

 

同馬は前走の目黒記念より

明らかに馬体が絞れた上に

皮膚の薄い感じや柔軟性ある

全体のつくりが目を引きました。

 

1周目の時点では☆評価で

いけるだろうと踏んでいたのですが

クロコスミアの方が舞台適性が

高そうだなと思い無印にしました。

 

非常に悔やまれる結果となり

会員様には申し訳ございませんでした。

同馬は完璧ではないものの

ボリュームも良い意味で抑えられていました。

 

この馬はとにかく幅が大きく

筋肉量も豊富な馬体で

仕上げるのが中々難しいと

感じるところのある馬です。

 

前年も新潟で勝っていますし

夏は絞れて良いのかもしれません。

精神的にも落ち着きが感じられ

好感の持てる仕上がりでした。

 

 

2着馬はサングレーザーです。

 

同馬は前年本命に推したほど

好仕上がりにありましたが

今年も昨年と遜色ないほどで

かなり高評価できる▲でした。

 

昨年と違う点はライバルが

より強力だったという点に尽き

相対評価で3番手でしたが

やはりこの舞台は合っていたようです。

 

馬体が正面の画像ではないので

やや判断しづらいかと思いますが

洋芝に強いややスレンダーで

シャープな馬体をしています。

 

フックラというよりもカチッとしていて

この点も馬場がマッチするタイプです。

最後は交わされてしまいましたが

価値ある2着だったと思います。

 

 

最後3着馬はフィエールマンです。

 

今回は非常に珍しく予想印が

データとパドックで一致しましたが

馬体のバランスの素晴らしさから言って

やはり同馬を本命に選びました。

 

この馬を本命にして良かったなと

感じられる無駄のない馬体をしており

ツヤもよく相変わらずふっくらしていて

ボリュームもあり良い仕上がりでした。

 

全体的にコロッとしており

凱旋門賞の馬場ではやはりこちらか・・・

と洋芝適性を考えても

推せる要素の多いつくりでした。

 

この馬の面白いところは

小回りが利きそうな馬体はしていますが

まくり脚質で外を上がる競馬が

距離ロスに繋がってしまうところです。

 

これはこの馬の個性ですから

仕方ないところかなと思います。

対して大型馬のブラストワンピースが

内から出てきたのには驚きましたが・・・。

 

ということで。

 

今回の札幌記念は優勝馬

ブラストワンピースを推すことができずに

残念な結果となってしまいましたが

上昇できた部分もまたありました。

 

これを次に活かすためにも復習に

時間を割いて参りたいところですし

今週はコラムもお休みをいただいて

自己管理に努めたいと思います。

 

また余談ですが小倉で行われた

北九州記念の配信結果は・・・

 

 

☆1着→〇2着→▲4着→◎5着で

掲示板に4頭全てが入りました。

 

特に☆のダイメイプリンセス(9番人気)には

お礼のメールも頂戴しており

はしくれ自身も単勝の的中で

喜びを分かち合うことができました。

 

 

単勝を散らす方法は今回の

ブログ予想で久々に明かしましたが

馬券術としては有効ですので

紹介しておきたいと思います。

 

詳しくは

買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

もご参照下されば幸いです。

 

さて札幌記念が終了し

いよいよ秋競馬が近づいていますが

未だ厳しい暑さに見舞われている

8月の日本列島です。

 

ご覧下さる読者の皆様には

どうぞご自愛下さいますよう

この場を借りて申し上げ

また週末お会いできればと思います。

 

今一度馬券の組み方や予想の

重点を精査して参りますので

今後ともどうぞ末永くお付き合い

いただけますようお願い申し上げます。

 

*札幌&北九州記念も3着以内に2頭選出☆

パドックロード(2019)8月度会員募集中!