2017宝塚記念予想・キタサンブラックの取捨は・・・?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

6月25日・日曜日は、阪神競馬場で

GⅠ宝塚記念

が開催されます。

 

春競馬もいよいよ大詰め。

出走頭数は僅か11頭と少なめですが、

メンバーは揃った印象を受けます。

 

断然人気のキタサンブラックの走りに注目が集まりますが、

馬場状態や枠順、展開を読まない限り、

おいそれとは本命を打てないのがプロの宿命です。

 

ここまで時間がかかりましたが、

前日の馬場状態も踏まえた上で予想しましたので、

是非参考にして下されば光栄です。

 

それではまず、宝塚記念の突出したデータから参りましょう。

 

<2017 宝塚記念 枠順>

 

今回の突出したデータは、枠順です。

 

ご覧の通り、大外枠である8枠だけが抜けた実績を残しています。

これを見れば今回のキタサンブラックが、

外枠を引いたのはむしろ強運

と言えるのではないでしょうか。

 

このところ、例外なく内目を引いて

好枠スタートを切っていたキタサンブラックですが、

要は「追い風が吹いている枠」に入る強運と、

それを活かす能力が噛み合っているのでしょう。

これは好枠に入ったと言えそうです。

 

次に気になるのが当日の馬場状態です。

 

前日・土曜日の時点では、まだ芝は良発表。

土曜のメイン・垂水ステークスでは、

勝ち馬シルバーステートが、レコードタイ記録で駆け抜けるなど、

高速馬場が維持されています。

 

先週もレコードが出ていた芝状態で、

コースの状態は限りなく良いと言って良いと思います。

ただ・・・。

 

 

阪神競馬場の天候は、夜中に強雨。

その後も晴れ間は望めそうになく、

馬場は重馬場になりそうです。

少なくとも良の高速馬場ではなくなると見て良いでしょう。

 

更に、日曜当日には芝のレースが5レース組まれており、

この間に芝の状態が更に悪化する懸念があります。

特に4コーナーから直線にかけての傷みやすい部分において、

最後の末脚の伸びに影響が出ないとも限りません。

恐らくインを選択するキタサンブラックのコース取りが、

少なからず気掛かりです。

 

もう一つ、

キタサンブラックは走法的に、跳びが大きく、

重馬場では滑りやすい走法ではないかと思います。

重馬場の巧拙には諸説ありますが、

はしくれは走法から巧拙が出やすいと判断していますので、

この馬場状態は正直歓迎できません。

 

前に行く馬が乏しく、スローで前残りになりやすいとは言え・・・

絶対的ではなくなった感は否めません。

 

これらの事を総合すると、キタサンブラックの取捨は考え物ですが・・・。

 

それでも、本命は◎キタサンブラックにします。

主な理由は2つです。

 

まず、最大の理由は

一度負かした相手ばかりのメンバー構成である

という事です。

 

この事実は重いです。

重馬場になったからって、他馬に簡単に逆転できる可能性が増えたかというと、

そうとはやはり、言い切れません。

キタサンブラックにとって重馬場は試練ですが、

その事実一つで崩れるような戦績ではありません。

 

ペースも例年前傾ラップでハイペースになりがちですが、

ここはまずスローで運べる前有利な展開が予想されます。

安易に馬場の悪化だけで逆転できるほど、

この馬自身の充実度・及び武豊騎手は甘くない、と判断しました。

 

個人的には日本一先行が上手いのは、

ペースが読みきれる武豊騎手だという考えもあります。

キタサンブラックの主戦としてはこれ以上ないパートナーです。

本命を託します。

 

そして、単勝も1倍台、且つ馬場状態から

絶対的とも言い切れない点

を考慮して印を付けると・・・。

以下のようにまとまりました。

 

<2017 宝塚記念予想 印&買い目>

◎キタサンブラック(重馬場未知も、戦績・好枠・展開と3拍子揃っている。)

○ミッキークイーン(重馬場歓迎、長く使える末脚が魅力、牝馬で2kg減の恩恵。)

▲ゴールドアクター(重馬場OK、急坂OK、距離OKで鞍上は鬼才・横山典弘騎手。)

△サトノクラウン(重馬場歓迎、好枠、阪神で良績なしもまだ3戦目。)

買い目・・・馬連ボックス◎~△各100円、計600円。

 

良馬場であればキタサンブラック軸が妥当だと思いますが、

天気予報が当たれば今回はまず重馬場。

いかなキタサンブラックの実力と言えど、

この部分で強気にはなれません。

 

競馬が早めに動く事も考えられますし、

他馬にとっては持ちタイムの不安がなくなるので・・・。

今回はボックスを選択しました。

 

果たして試練を乗り越えて、キタサンブラックは勝利できるのでしょうか。

精一杯応援したいと思います。

 

それでは、名馬・キタサンブラックの走りに期待して・・・。

今回はこの辺で。

ご精読、ありがとうございました。





2017夏至ステークス予想

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日の東京メインレースは、

準オープンのハンデ戦、夏至ステークスです。

 

東京のダートマイルと言えば

その年最初のGⅠとなるフェブラリーステークスの舞台でもあります。

 

今年の夏至ステークスは昨年までの距離を変更し、

このダートの根幹距離へと生まれ変わった様相です。

その為、近年のデータはあまり役に立ちそうにありません。

ですので、ここは東京ダートマイルの一戦

という考えで臨みたいと思います。

 

<2017 夏至ステークス 印&買い目>

◎シュナウザー

○レッドゲルニカ

▲クロフネビームス

△ルールソヴァール

買い目・・・◎~△馬連ボックス各100円、計600円。

 

今回も前回同様、結論から入りました。

 

まずは◎シュナウザーですが、

同馬は前走で当該コースを圧勝している点が好感でした。

まずはざっと馬柱を眺めるはしくれですが、

一番最初に目に留まったのがこの馬です。

 

やはり成績に勢いがある馬というのは、

どんな時でも警戒が必要ですし、

同馬は走破タイム的にも、昇級戦が気になりません。

 

クラスが一つ上がれば競馬は違ったものになりますが、

前走の勝ちっぷりからも楽しみな一戦です。

また、東京ダートマイルでは連対を外した事が無いのも魅力です。

 

次に○レッドゲルニカ

この馬は写真があるのでご覧頂きましょう。

 

 

ちょっとハレーション気味ですが、

筋肉隆々なのがお分かり頂けると思います。

因みにこの時3着でしたが、

お腹周りに余裕がありましたね。

 

今回は休み明け3戦目と好走の下地もあり、

このお腹が絞れてくれば十分勝ち負けになりそうです。

まだ4歳と若く、トップトレーナー・藤沢和雄調教師の管理馬ですから

58kgのトップハンデでも怖い存在です。

 

そして▲にクロフネビームス

同馬の決め手は騎手です。

鞍上の吉田豊騎手が、

軽量で乗れるショウナンカサロよりも、

こちらを選びました

 

これははしくれが良く使う手段ですが、

競走成績もタイム差を見れば安定しており、

昨年の秋に当該コースで好走しているのも評価しました。

他馬との対戦比較でも、上位の存在と言えそうです。

 

最後△にはルールソヴァール

この馬もクロフネビームスと同じ前走・薫風ステークスを使ってきました。

ですがこの時ハンデ差2kgをクロフネビームスに与えており、

同斤量の今回は逆転の余地が有ります。

 

また、レッドゲルニカ同様に

休み明け3戦目の好ローテーションにも期待が持てます。

血統的にはGⅠ馬サウンドトゥルーを兄に持ち

そのサウンドトゥルーの調教師・高木登調教師の管理馬なのもクサイです。

更に鞍上はサウンドトゥルーとコンビを組んだ大野騎手。

ブリンカーも着用し、チーム力で勝負を賭けます。

 

馬場状態と展開としては、

良~やや重でやや時計がかかる馬場状態で、

ペースはミドルハイと見ました。

先行して抜け出しを計るシュナウザーに、

末脚に賭ける3頭が迫る展開を予想です。

 

買い目としては、

前目に行きたい馬が複数居る為、

差し決着も考慮しての馬連ボックスとしました。

レースが今から楽しみです。






2017ジューンステークス&天保山ステークス結果

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に行われたメインレース

ジューンステークスと天保山ステークス

の結果と回顧をしたいと思います。

 

それではまず、東京競馬場で行われた

ジューンステークスの結果

についてお伝えしましょう。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 ジューンステークス予想 印&買い目>

◎スモークフリー

○ブラックバゴ

▲サトノスティング

買い目・・・◎~▲馬連&ワイドボックス各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

・・・・・・はしくれ、外れです!予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><)

 

日曜日に止まった連敗記録ですが、

この時点では連敗が「5」と伸びてしまいました。

敗因がいくつか見つけられましたので、

復習していきたいと思います。

お付き合い下さいますよう、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

まず、予想の最初のポイントとなっていた

Dコースの影響ですが、

思ったとおり4コーナーでは各馬外を回る競馬になりました。

やはり傷みが激しかった内目を各騎手が避けようとした結果ですね。

ただ・・・。

 

 

きれいな馬場を走らせたかったのは分かるのですが、

赤丸で囲ったはしくれの本命スモークフリーは

横山典弘騎手が外目を回り過ぎました。

 

直線に入ってからは、ゴール前の芝だけは

内目の傷みが改善されており、

上位入着馬はこぞって内に固まっています。

 

 

これがゴールシーンですね。

上がり最速を繰り出しながら、

外のスモークフリーが届かなかったのは、

この進路選択にも一因があります。

 

そして2番目はスローペースの読みです。

結論から言えば読みは合っていたのですが、

違ったのは各馬のポジショニングの予想です。

はしくれは団子状態を予想していましたが、

そこまで窮屈な展開にはなりませんでした。

 

外からまくれるタイプを推したのは、

この団子を一飲みにできる仕掛けを想定したからですが、

これは完全に的外れな期待でした。

 

先行馬が余力を残して内目の馬場も伸びていただけに、

早めに内から伸びてきたヴォージュが、

あっさり優勝を手にしました。

 

瞬発力を重視したのも悪くはありませんでしたが、

前に行って一脚使える事に重きが置けていたら、

結果を変える事が出来たレースだと思います。

 

東京Dコースのこの傾向は、

来週の土曜日あたりはまだ続くと見ています。

あとは雨の影響次第です。

 

買い目については復習はありません。

というのも、本命すら複勝圏に入線していないので、

反省できる要素も無いからです。

この点はあくまで予想の精度によりますから、

致し方ありません・・・。

 

まとめると、

Dコースで4コーナーでは膨れるが、

最後の直線では内目が有利になった。

という事です。

これを頭に入れておけば、

今後に活かせると思います。

 

次に、阪神競馬場で行われた

天保山ステークス

の結果と回顧に参ります。

 

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 天保山ステークス予想 印&買い目>

◎コウエイエンブレム

○スーサンジョイ

▲スマートアバロン

△キングズガード

買い目・・・三連単一頭軸流し◎→○~△各100円、計600円。

 

結果は・・・

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

馬場が読み辛かった東京のジューンステークスと違い、

この天保山ステークスではより分かりやすい反省材料があります。

まずは、最大の根拠とした、

コウエイエンブレムの実力について回顧したいと思います。

 

まず、スタートですが・・・。

前走躓きながら最後方から追い上げて2着したのを評価して、

今回は普通に出ればまず勝ち負けと思っていました。

それが・・・。

 

 

前回ほどではないものの、

スタートで後手を踏み、後方に下がるコウエイエンブレム。

この時点で暗雲が垂れ込めます・・・。

 

競走馬の中には、

デビューから連続で出遅れて徐々に改善される馬も居れば、

全く改善されずに引退を余儀なくされる馬、

キャリアの途中から出遅れ癖がついてしまう馬など、

色々な性質があるのも事実です。

 

それを考えるにつけ、同馬が前走躓いたのは、

決して偶然では無かったと思います。

これは考慮すべき点でしたが、

注意を怠ったと反省しています。

もしこの事をもう少し警戒できていたら・・・。

馬券の組み立てが変えられました。

 

そして、レースのペースですが・・・。

思っていた以上の前傾ラップになりました。

要は、前が飛ばしすぎたという事です。

 

無理な追走は禁物ですが、

出負け気味のコウエイエンブレムは、

人気を背負っていた事もあり

早めに先団に追い上げてしまいます。

鞍上の松山騎手にも、

このあたり焦りが有ったかもしれません。

 

更にコウエイエンブレムは4コーナーから早目に仕掛けて、

後続を振り切ろうとスパートしてしまいます。

これでは並みの馬にはとても着を拾う事はできませんが・・・。

同馬はそれでも尚、3着を拾いました。

 

 

これはゴール前の画像です。

この芸当は相当馬が強くないと出来ない芸当なので、

コウエイエンブレムの実力はむしろ証明されたと言えます。

ただ、スタートでの出遅れと、内枠を考慮したとき、

断然の評価を下す事は難しいと言えましょう。

 

そこでもう一つ反省すべきは

阪神ダート1400mには「外枠優勢」のデータがある事です。

勝ったサウススターマンは人気サイドで唯一の外枠馬だった

事も勝因に挙げられるでしょう。

 

また、好スタートを切りながら道中控えた

川田騎手の好判断も光りました。

差しが得意な騎手ならではの、肝の据わった騎乗です。

安田記念のサトノアラジンほどではないものの、

よく競馬が見えていました。

この溜めが最後の一伸びにつながりましたし、

これからは外枠の実績馬とその鞍上には注意したいですね。

 

以上が天保山ステークスの回顧と反省になりますが・・・。

ところで、皆さんの週末はいかがでしたか?

 

土曜日の結果で6連敗を喫したはしくれは、

翌日の函館スプリントステークスで何とか連敗を食い止めましたが、

連敗のお詫びにと予想を披露したにも関わらずの敗戦に、

自分自身情けなさと、皆さんに対する申し訳なさで一杯でした。

 

今後このような事が無い様、変わらず全力で予想していきますので、

どうぞ皆さんこれからも、当ブログを閲覧下さいます様、

よろしくお願い申し上げ、今回の結びにしたいと思います。

今記事も閲覧下さり、誠にありがとうございました。

 

*勝利されたヴォージュ及びサウススターマンの関係者の方々、及び馬券的中者の皆さまに、心よりお祝い申し上げます。この度は誠におめでとうございました。




*この記事がお役に立ちましたら、下記のランキングボタンのクリックにご協力下されば幸いです。(上記は広告です。)