フェブラリーステークス2019結果・優勝馬はインティ

 

快勝。

 

東海ステークスを逃げ切って

ここに出走したインティでしたが

初の東京マイルの舞台も

難なく逃げ切りを見せて優勝。

 

デビュー戦こそ敗れていますが

その後は破竹の7連勝で

フェブラリーステークス2019も

見事な結果を残しました。

 

武豊騎手も巧みなリードで

久々のGⅠ勝利でしたが

藤田菜七子騎手のGⅠ初騎乗も

話題になった今回の一戦。

 

騎手に関しても話題の多い

フェブラリーステークスでしたが

その結果を予想から振り返り

レースを回顧して参りましょう。

 

 

<フェブラリーステークス2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ゴールドドリーム

対抗〇・・・オメガパフューム

単穴▲・・・サンライズソア

特注☆・・・サンライズノヴァ

買い目・・・ワイドボックス◎~☆各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<フェブラリーステークス2019結果>

優勝馬・・・インティ

2着馬・・・ゴールドドリーム(◎)

3着馬・・・ユラノト

(〇10着、▲6着、☆7着)

 

はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(>_<)

 

はしくれの本命◎ゴールドドリームは2着でしたが・・・

 

それでは早速今回の一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

いきなり昨年の優勝馬

ノンコノユメが出遅れます。

これには場内からかなり大きな

どよめきが聞こえました。

 

それを尻目に早速中から

逃げの手に出た武豊騎手が

人気のインティと一体となって

馬群を引き連れて進みます。

 

 

最初の半マイル(800M)通過は

48秒0でしたが

思った以上に前半は緩い流れで

各馬コーナーを回って行きます。

 

 

途中で出遅れたノンコノユメも

懸命にポジションを押し上げましたが

後方に控えていた各馬には

厳しい流れになりました。

 

4コーナーを回って直線

インティが更に抜け出しを図り

セーフティーリードを保ったまま

直線を駆け抜けてきます。

 

 

エンジンの点火したゴールドドリームが

唯一猛然と前に襲いかかり

インティに競り掛けようとしますが

その差は中々詰まりません。

 

優勝争いは直線半ばで

既に2頭に絞られましたが

結局最後まで自身のラップを刻んだ

インティの粘りが勝りました。

 

 

着差こそ詰められた最後ですが

余裕が感じられるゴールでした。

武豊騎手はこのレース5勝目で

インティは7連勝です。

 

本当に強い勝ち方でした。

 

鮮やかな逃げ切りは緩いペースが

影響したことにも依るでしょうが

インティはこれまでタフな流れでも

勝ち切ってきたスタミナも持っています。

 

それが特にこのミドルスローの

流れの中では余裕な感じで

武豊騎手も自信の騎乗で

抜け出しを図った今回でした。

 

1番人気で武騎手とあれば

コパノリッキーを思い出しますが

このレース5勝目の名手の

手腕には感服致しました。

 

また予想時には東京ダートマイルの

経験を特に重く見ましたが

時計の中身が濃いインティには

対応する下地はありました。

 

ダート界の新星誕生に際し

的中させられなくて残念です。

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断に参りましょう。

はしくれの速報「パドックロード」

印は以下の通りでした。

 

 

☆2着→▲3着→〇6着→◎7着でした。

 

それでは早速

優勝馬インティの馬体

から参りましょう。

 

 

同馬は今回初めてライヴで

馬体を確認したのですが

バランスが良く筋肉も張っていて

中々の好仕上がりにありました。

 

ただ前走と比べて今一

特別に感じられなかったため

このメンバーの中に入ってどれだけ

やれるか訝(いぶか)しんでいました。

 

お腹の付け根もギリギリに思え

毛づやもほどほどに感じたため

同馬を上回る仕上げにあった

4頭を選ぶに至りました。

 

距離はマイルでも違和感は無く

その点懸念はありませんでした。

別段中距離馬とも思えず

これからも活躍の場が増えそうです。

 

 

次に2着馬ゴールドドリームです。

 

同馬は今回+14kgと

馬体を増やして臨みましたが

太目感は一切無く

いつも通り伸びやかな馬体でした。

 

加齢による衰えは全く

馬体面では感じませんでしたが

どっしりとしたオジサンらしさ(?)

全身からにじみ出ていました。

 

まさに競走馬のナイスミドル

円熟の6歳馬です。

豊富な筋肉とトモの張りが

美しい輪郭を見せてくれました。

 

またこの馬体増は減った筋肉が

戻った事によるものなので

これくらいの馬体で臨める方が

現状としては良いと思います。

 

 

そして3着馬はユラノトです。

 

同馬は根岸ステークス時に

パドックで印を打てませんでしたが

今回はしっかりと3番手に

入れることができました。

 

その理由はツヤが明らかだったからで

同馬は良いときツヤツヤになるからです。

バランスの良さも相変わらずで

筋肉の量と張りも十分でした。

 

馬体重より大きく見せる

包容力ある馬体をしており

社台ファームらしい馬だなあと

いつ見ても感じられる馬です。

 

 

そして今回はオマケとして

◎サンライズノヴァも紹介します。

 

同馬は今回どのレースよりも

素晴らしい出来にありましたが

何分まさかのスローペースで

末脚発揮に支障が出ました。

 

器用な競馬が出来ない馬で

このようなときは残念ですが

パドックで馬を選ぶ以上は

本命は他にありませんでした。

 

このところ馬体に変化が見られ

今回もどうかと思いましたが

張り、ツヤ、バランス全てにおいて

高次元な仕上がりにありました。

 

最後は一脚使っていますし

戸崎騎手の騎乗も悪くありません。

もう1回この得意舞台で

この仕上げを見れたら・・・と思います。

 

ということで・・・

 

今回の当ブログ予想は

残念な結果となりましたが

パドックロードの印の2頭が

馬券内に入ってくれました。

 

じっくり予想したブログ予想を

僅か15分のパドック予想が

あっさりと上回るのにはやはり

得意の差が感じられるところですが・・・

 

このフェブラリーステークス2019は

以上の結果となりましたが

まだまだ今年のGⅠ戦線は

始まったばかりです。

 

春の気配を感じるこの頃に

クラシックの足音が聞かれますが

この季節にしっかりと復習して

上昇したいと思います。

 

的中された皆様におかれましては

誠におめでとうございました。

ああ、当てたかった今年最初のGⅠ

フェブラリーステークス2019・・・

 

結果を追い求めてこれからも

ひたすら精進あるのみです。

 

*いつでもお試し価格

パドックロード(2019)2月度会員募集中!