ローズステークス2019結果・優勝馬はダノンファンタジー

 

緒戦V。

 

秋競馬の始動戦となった

2歳女王ダノンファンタジーでしたが

スローペースを我慢しながら捌いて

最後はクビ差抜け出して快勝。

 

走破時計はレコードタイムとなる

1分44秒4でしたが

上位3頭が同タイムを計時する

接戦をものにしての結果でした。

 

30度を超える暑さのために

各馬発汗も見られたところですが

まずはこの一戦を振り返る前に

予想から回顧して参りましょう。

 

<ローズステークス2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ダノンファンタジー

対抗〇・・・スイープセレリタス

単穴▲・・・シゲルピンクダイヤ

買い目・・・単勝◎&〇各100円、ワイドボックス◎〇▲各100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<ローズステークス2019結果>

優勝馬・・・ダノンファンタジー(◎)

2着馬・・・ビーチサンバ

3着馬・・・ウィクトーリア

(〇6着、▲4着)

払戻金・・・単勝220円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆様、誠にありがとうございました(*^^*)

 

とはいえ相変わらずガミってますので

誇らしいものではありませんが

外厩を気にしつつようやく優勝馬に

本命を打つことができ嬉しいです。

 

このレースはオークスから直行する

ローテーションの馬が強いのですが

それに加えて仕上がりの不安も

少なく感じられた今回でした。

 

このあたりは後の馬体診断にて

伝えて参りたいと思いますので

まずはスタートからこのレースを

振り返って参りたいと思います。

 

ではまず、そのスタートですが・・・

 

 

アルティマリガーレがやや後手を踏みます。

 

ダノンファンタジーは好スタートを決め

折り合いをつけるべく抑えていきます。

「スタートが良すぎた」というコメントが

川田騎手から出るほどの発馬でした。

 

 

序盤は前に壁を作りたいと

思っていた川田騎手を制して

ルメール騎手の乗るスイープセレリタスが

交わして先頭に立って行きました。

 

 

前半1000mの通過は

59秒3の時計で

川田騎手も勝利騎手インタビューで

「遅く感じた」と答えています。

 

レコード決着ではありましたが

団子状態のスローペースで流れ

事実800mの通過タイムは

前後2秒差というスローペースでした。

 

 

直線では壁を作り抑えていた

赤丸のダノンファンタジーが

外に持ち出されるとムチに応えて

少しずつ前との差を詰めてきます。

 

内ではビーチサンバが抜け出して

ウィクトーリアと競り合いつつ粘り込み

外のダノンファンタジーすら封じる

一歩手前まで肉薄しますが・・・

 

 

最後は上がり最速で強襲した

ダノンファンタジーがクビ差で優勝。

秋の本命へと再び勝ち意識を

取り戻す前哨戦となりました。

 

今回予想の良かったところは

外厩調整を思考できていたことと

トライアルでどの馬も目一杯とは

限らないことを考慮できたことです。

ローズステークス2019予想・本命はダノンファンタジー

 

その点スイープセレリタスには

権利取りを含めて期待していましたが

パドックでは無印評価となり

「なるほどこう来たか・・・」

と納得しました。

 

様々な思考が駆け巡っていた

今回のパドックロードでしたが

その馬体診断を含めて

結果をまずご覧いただきましょう。

 

 

〇1着→◎3着→▲4着→☆9着でした。

 

それでは早速馬体診断

行って参ります。

 

 

まずは優勝馬ダノンファンタジーです。

 

同馬はオークス時から見た目としては

あまり成長を感じませんでしたが

コンパクトにまとまったバランスのよい

柔らかい馬体は健在でした。

 

完成度が春から高いですし

あまりパンパンに張るタイプでもなく

この点は父ディープインパクトに似た

馬体ということができましょう。

 

牝馬らしい細身のシルエットですが

バネの鋭さが強調されるような

切れ上がった胴回りが今回

瞬発力に繋がったと思います。

 

どうもはしくれの見立てでは適性が

中距離以下にありそうに思いますが

秋華賞の2000mは現状

ぎりぎり守備範囲かと思います。

 

この点はまた秋華賞当日の

判断が要求されてきますが

今回は8割5分の仕上げでしたし

更なる上昇に期待です。

 

 

2着馬はビーチサンバです。

 

同馬はオークス時も仕上がっており

大敗には驚きましたが

今回もその時と似た感じのため

手が出せず残念な一頭でした。

 

 

このとおり▲に推奨するほど

良い状態だと思った前走は

ペースが影響した敗戦だと

言ってよいのではないかなと思います。

 

スローの瞬発力勝負ではない

オークスでは大敗を喫しましたが

今回は前目でも脚を伸ばし

2着と地力を披露しました。

 

馬体的には万能タイプで

中距離は得意にできると思いますが

やはり馬体が良かっただけにもう一度

狙うべきだったと反省です。

 

 

3着馬はウィクトーリアです。

 

同馬はオークスより成長して

馬体もふっくら見えましたが

それでいて絞れた腹回りも変わらず

好感が持てる仕上がりでした。

 

欲を言えばもう少し余裕残しの

仕上がりでも良さそうに見えたくらいで

同馬のもつ包容力はさすがに

重賞ウィナーだなと思いました。

 

発汗はあるものの許容範囲で

当日は暑い環境でしたし

夏を過ぎてこの気温でしたから

全体の判断で本命にしました。

 

トモが非常に丸みがあり張っていて

それがこの馬の最大の長所です。

柔軟性も保てていますし

9割の仕上がりだと思いました。

 

そして今回はおまけにもう一頭・・・

 

 

6着馬スイープセレリタスです。

 

同馬は予想時も伝えたとおり

はしくれが楽しみにしていた馬でしたが

今回は他馬との比較をすると

緩さがかなり目立っていました。

 

腹周りもやや重く見えたので

印を回すことはできませんでしたが

パンとしてくれば骨格的には

伸びしろが十分にありそうです。

 

母スイープトウショウということで

成長力にも期待できますし

藤沢調教師もどれだけやれるか

見てみたかったのではと思います。

 

競馬の内容が前走よりも

かなりスローで内容が違ったため

今回だけで見限れないというのは

ビーチサンバの例を見ても分かります。

 

成長を待つのが得意な厩舎ですし

これからも楽しみな存在です。

先を見据えて経験も積めましたし

また上を目指せると思います。

 

ということで・・・

 

予想は「休み明け+外厩調整馬」で

いよいよ本命で的中しましたが

2番手3番手が繋がってこず

まだまだ詰めが甘いと感じています。

 

ですが夏場の敗戦が少しづつ

活かされてきていると思いますので

耐えながら少しずつでもトンネルを

抜けていけたらと思っています。

 

競馬予想は次々に刷新され

新たな論理が生まれてきますから

自分自身にプラスできる要素を

身につけていかなくてはなりません。

 

この予想の場で皆様と共感し

的中を手に入れていけますよう

これからも精進致しますので

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

*セントライト記念◎サトノルークス2着&3着独占☆

パドックロード(2019)9月度会員募集中!