2017秋華賞結果・優勝馬は・・・!

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、京都競馬場で

GⅠ秋華賞が開催されました。

 

注目された今年の3歳牝馬路線ですが、

その最後の1冠で、最も輝いたのは・・・

 

まずははしくれの予想からご覧頂き、

結果の回顧へと参りましょう。

はしくれの秋華賞の予想は、以下の通りでした。

 

<2017 秋華賞予想 印&買い目>

◎アエロリット

○カワキタエンカ

▲ディアドラ

☆リスグラシュー

△リカビトス

買い目・・・単勝◎200円、ワイド流し◎ー○▲☆△各100円、計600円。

 

それでは結果に参りましょう。

こちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 




 

はしくれの本命◎アエロリットは7着・・・。

反省点が多分にあるこの秋華賞の結果ですが、

まずはレースを回顧して、反省に参りましょう。

 

まずは、スタートですが・・・。

 

 

少しバラついたスタートになりました。

◎アエロリットは特に問題はありません。

逃げ馬○カワキタエンカが、

予想通りに先手を主張して行きます。

 

各馬のポジションに注目が集まりましたが、

戦前の予想通り、1番手にカワキタエンカ、

2番手にアエロリットが続きます。

3番手にはファンディーナが先行争いに加わりました。

 

 

序盤にポジションが固まると、

道中は縦長で1000mを通過して行きます。

この時の通過時計が59秒1。

重馬場を考えれば、これは明らかなハイペースです。

 

前の馬が飛ばしていくので、

後続にもチャンスが生まれます。

最後の直線を向く前に仕掛ける馬も見られました。

特にモズカッチャンは、

デムーロ騎手の判断が早かったと思います。

 

 

4コーナーです。

重馬場も考慮したのでしょう。

モズカッチャンが外から前を交わしにかかります。

 

アエロリットは既に手応えが怪しくなり、

カワキタエンカと併せる事もままなりません。

それを見るように今度は☆リスグラシューが進出してきます。

 

抜け出したモズカッチャンとリスグラシュー。

この2頭で決まるかと思った矢先・・・。

内からコースを外目に振って、

力強く伸びてくる馬が居ました・・・。

 

 

14番の▲ディアドラです!!

前の2頭が早目に進出したところを目掛けて、

重馬場をものともせずに一気に前を交わし去りました。

鮮やかな戴冠劇に、興奮冷めやらぬはしくれでした・・・。

 

2着には粘ったリスグラシュー、

3着にモズカッチャンで、

前に行った馬たちには厳しい結果となりました。

 

・・・それでは敗北に終わったはしくれの、

今回の敗因を分析したいと思います。

 

まず、予想ですが・・・。

重馬場が読みきれませんでした。

天気予報を睨みながら、

重馬場までは行かないのでは、と踏んでいたのですが・・・。

 

秋華賞の開催史上、初の重馬場となりました。

この事で各馬スタミナを余計に取られてしまいましたね。

やや重時点で「重馬場と同じ」という声が騎手から上がっていたようですので、

かなりの水分を含んだ状態の馬場だったと思います。

 

次にペースが誤算でした。

カワキタエンカが早いペースで引っ張る事も考えましたが、

さすがにこの馬場で59秒1の1000m通過は速かったです。

同馬はローズステークスでもかなり飛ばして行きましたが、

今回はアエロリットが居るので、

ペースは少し落とすだろうと踏んでいました。

 

このあたり、

ファンディーナが前に行った事も影響したかもしれません。

アエロリットはやはり番手に控えますが、

速いペースと重馬場で、かなり苦しい競馬となってしまいました。

 

終わってみればオークス上位組みの決着という結果となり、

重馬場とハイペースが如何に堪えたかが分かります。

2000m戦と言うより、殆ど2400m戦、

もしかしたらもっとスタミナを要求された一戦だったかも知れません。

 

スピードタイプのアエロリットには、

不向きな展開だった事は否めません。

この点、7着という結果も仕方なかったと思います。

 

という事で今回は、反省の多い秋華賞となってしまいました。

雨天時はやはり、それ相応の予想が必要になります。

 

もう少し重馬場寄りの予想ができていたら・・・

と残念な気持ちです。

ただ、重馬場のハイペースでは、スタミナロスが多い

という点は、これからの予想に役立つと思います。

 

競馬はやはり難しいですが、

前を向いて次戦の予想に備えたいと思います。

来週は菊花賞です。

混戦ムードの牡馬1冠をなんとかもぎ取りたいと思います。

 

今回は参考にして下さった皆さんに、大変申し訳ございませんでした。

どうぞこれからも変わらぬ応援、よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたディアドラの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様 に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




2017秋華賞予想・アエロリットの取捨は・・・?

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は牝馬3冠最終戦、

GⅠ秋華賞が京都競馬場で開催されます。

 

前日時点では降雨の影響は限定的でしたが、

日曜日の予報は一日中の雨予報。

雨の降り方は弱いとの見解ですが、

馬場状態はやや重程度には悪化すると見ています。

 

この点、馬場の影響は考慮しなくてはなりません。

それでは早速この点を踏まえて、

GⅠ秋華賞の予想へと参りましょう。

出馬表とはしくれの予想は、以下の通りです。

 

 

<2017 秋華賞予想 印&買い目>

最強競馬ブログランキングにて発表(現在35位あたりです。)

○カワキタエンカ

▲ディアドラ

☆リスグラシュー

人気ブログランキングにて発表(現在コラム1位です。)

買い目・・・単勝◎200円、ワイド流し◎ー○▲☆△各100円、計600円。




本命◎はこの馬にしました。

今回の秋華賞で特に例年と違う点は、

やはり先述のとおり、馬場が渋りそうな事です。

 

京都内回りコース使用の秋華賞の形態的に、

内枠の先行馬には、

スタート後と最後の直線の両方が短い事が有利です。

 

実際、今まで穴を開けた馬たちには先行馬が多く、

この点を考慮すれば自ずと本命は同馬に行き着きます。

過去10年以内では2011年がやや重馬場でしたが、

この時優勝のアヴェンチュラは同馬とローテが同じです。

距離延長は馬体的にも問題ないと思います。

 

対抗○はカワキタエンカです。

同馬はローズステークス時も当ブログで推奨しましたが、

今回も単騎逃げが叶いそうなメンバー構成です。

 

というのも、内枠のアエロリットは、

同馬を壁にして溜めたいところで、

それだけに同馬がペースを落として逃げる事も可能です。

 

その上同馬はミドルペースで逃げ粘れるスタミナもあり、

前走・ローズステークスの走破タイムも優秀。

多少のペースアップは特に、気にならないと思います。

重馬場も1-0-1-0と得意分野と言えるでしょう。

 

▲にはディアドラです。

同馬は前哨戦の紫苑ステークスを勝利しましたが、

近年このレース経由の活躍馬が目立ってきています。

 

他馬の多くが距離実績に乏しいメンバー構成の中で、

同馬は唯一頭だけの2000m2戦2勝です。

京都競馬場も1-1-2-0で馬券圏外は一度も無く、

コース適性を考えると無警戒にはできません。

 

鞍上には名手・ルメール騎手が騎乗で、

外枠7番もデータ優勢の好枠です。

期待が持てる一戦でしょう。

 

☆はリスグラシューです。

同馬はこれまで3歳戦では一度も勝ち星が有りませんが、

3冠路線で2→5着と大きく負けた事はありません。

 

特にやや重馬場の桜花賞は、

レーヌミノルにコンマ1秒差、

オークスに至っては、

出遅れて後方から追い込んでいます。

 

叩き2戦目で型どおりに良化が報じられており、

ここ一番で大仕事をする武豊騎手が騎乗です。

京都を走らせたら日本一上手い、

同騎手とのコンビが脅威です。

 

最後に△はこの馬にしました。

今回△を追加するのは、

同馬が魅力ある穴馬だからで、

気楽な立場で乗れる事がとにかく怖い一頭です。

 

現在3連勝中で勢いも一番ですが、

夏前に既に古馬1000万下クラスを突破したのは驚きでした。

無駄のない体つきでバランスの良いタイプで、

坂を駆け上がるパワーも有り、重馬場もこなせそうです。

 

気になるのはローテーションですが、

人気薄なのはその為でもあり、

狙って行くなら今回しか妙味が有りそうにありません。

その為追加の印を用意し、

最後の一頭に選出しました。

 

買い目は本命◎からの式別に絞って勝負です。

 

さて、今回は生憎の空模様となりましたが、

牝馬が強い世代と言われた、牝馬3冠路線も最終戦です。

どんなドラマが待ち受けているのか、とても楽しみですね。

 

私たちもまずはこの一戦をものにして、

これからのGⅠ戦線に弾みをつけたいところです。

◎には頑張ってほしいですね。

 

それでは、雨の中での大一番となりそうですが・・・。

この日曜日が皆さんにとっても、

素敵なものになりますように。

 

秋華賞も、グッドラック☆☆



2017府中牝馬ステークス予想・ヴィブロスの取捨は・・・?

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に東京競馬場で開催される、

GⅡ府中牝馬ステークスの予想

をお伝え致します。

 

降雨の影響が心配されますが、

当日未明の天気予報では、

雨は上がって曇りの予報。

今の東京の芝状態なら、良~やや重で行われそうです。

 

馬場状態の心配はそれほどないと見ています。

各馬能力の発揮に大きな影響はなさそうです。

 

それでは早速出馬表と、

はしくれの予想をご覧下さい。

 

 

<2017 府中牝馬ステークス予想 印&買い目>

◎ヴィブロス

○クロコスミア

▲アドマイヤリード

☆クインズミラーグロ

買い目・・・◎&○単勝各100円、◎~▲ワイドボックス各100円、◎ー☆ワイド100円、計600円。




本命◎はこの馬にしました。

この馬は今年に入ってまだ3戦目と、

他馬に比べてかなりフレッシュな状態です。

 

今回は休み明けとなりますが、

その成績は1-0-0-2で、

馬券圏外の2回にしても、はっきり理由があります。

 

その2回の内1回は未勝利脱出直後の重賞挑戦、

もう1回は強豪牡馬との一戦で5着と明白で、

メンバーレベルの下がるここなら、

このデータは当てはまらないと見ます。

 

鞍上にも名手を確保し、万全の態勢で臨む今回。

調教も動けていますし、状態の良さが伝えられています。

左芝も2戦2勝で、更なる上昇に期待です。

 

対抗○にはクロコスミアです。

同馬は前走・WASJで、

後続を突き放す快勝劇を演じてきました。

 

その中身も逃げて上がり最速、

2着に下したゲッカコウも次走で勝ち上がるなど、

メンバーレベルも高い中での2馬身半差は強い競馬でした。

 

今回も同馬が逃げてペースを作れそうで、

自分の競馬に徹する事ができそうなのが好感です。

岩田騎手はあまり逃げのイメージがありませんが、

実際は上手です。

直線では多いに観衆を沸かせてくれるでしょう。

 

▲にはアドマイヤリードです。

同馬は前走・クイーンステークスで1番人気を背負って6着。

やや負け過ぎの感もありますが、

コース形態が向かなかった事も否めません。

 

実際ここ5戦の内、

馬場の広い京都と東京では3連勝中と勢いもあり、

ヴィクトリアマイルを勝った東京なら、

巻き返す可能性は高いと思います。

 

1800mの距離も6戦して4連対と相性の良い方で、

例え馬場が渋っても重馬場も得意です。

乗り替わりも気にならないタイプで、

最後の末脚が脅威です。

 

最後に☆はこの馬です。

同馬は今年、全てのレースで3着以内を確保していますが、

そのどれもが惜敗で、勝ち星に恵まれていません。

 

ですがそのレース振りは、

時に先行、時に追い込みと、

違う戦法でレースをしても最後は必ず追い込んでいます。

 

こういう事が可能なのは同馬が充実している証拠で、

出遅れなければ名手の騎乗で、

見せ場以上も有り得るでしょう。

前走からのハンデ減もポイントです。

 

買い目は先週の反省を生かして単勝の2点買いと、人気が割れている事を考え、ワイドで的中を狙います。

 

雨が降ると気温がぐっと下がってくるこの季節ですが、

皆さんも観戦する際には、風邪など引かぬようお気をつけ下さい。

次回はGⅠ秋華賞の予想をお届けする予定です、

そちらもどうぞお楽しみになさって下さい。

 

それでは皆さんの土曜競馬が楽しいものになりますように・・・

グッドラック☆