マイルチャンピオンシップ2020今週の期待馬体

 

阪神マイル。

 

先週のエリザベス女王杯は

阪神開催のGⅠとなり

京都開催との違いについて

考えさせられた一戦でした。

 

特に面白いと思えたことは

リピーターが2頭出ていたことで

開催場が替わったことよりも

距離やローテが大事と見えました。

 

そういう意味ではマイラーにとって

距離は心配にはならないですが

馬体的な角度から見てみると

坂の影響が感じられました。

 

このあたりラヴズオンリーユーには

坂で止まったとのコメントもあり

適性面ではやはり坂越えの

パワーが必要になるコースです。

 

先週当欄はこの点につき

影響を加味して選んだ結果

見事ラッキーライラック指名で

優勝を果たすことができました。

 

そんな的中の波に乗っている

今週の当コラムとなりますが

それでは早速期待馬について

取り上げていきたいと思います。

 

☆マイルチャンピオンシップ2020「今週の期待馬体」は…

 

 

サリオスです。

 

同馬はこれまでもコントレイルに

直接対決で敗れた以外

一度も敗戦を喫していない

3歳世代のナンバーツーです。

 

それもライバルの土俵で競馬し

自身のテリトリーであるマイルは

直接対決してはいないので

どちらが上か分からないほどです。

 

無敗で3冠達成となった

コントレイルと最も違うのは

骨量豊富で筋肉隆々

重戦車のような体つきです。

 

元々2歳戦ではバランスが

まだ出来上がっていない体型で

レコード勝ちを披露できるほどの

スピードを備えた逸材でした。

 

マイル戦は3戦して3勝

無敵の進軍を継続中で

例え相手が強化されてきても

五分に渡り合えると思います。

 

特にそれを可能にしているのが

全体の幅とトモの面積で

538kgの前走

毎日王冠も秀逸でした。

サリオス―馬体の殿堂(17)

 

一頭だけ次元が違うほどの

マイラーっぷりを誇示していますし

得意距離にぶつけてきた以上は

相当意気も高いところでしょう。

 

更に追い風になるのが先週

ラッキーライラックが勝ったことで

阪神向きの前肢が強力な

馬体は強いという事実です。

 

おそらく全出走馬の中でも

サリオスほど筋肉量豊富な

出走馬は他にありませんので

適性一番手は揺るぎません。

 

阪神コースも勝っていますから

この点も問題はありませんし

スピードとパワーを兼備している

同馬に期待したいと思います。

 

ということで・・・

 

今週の期待馬体一押しは

3歳馬のサリオスとなりました。

当日も仕上がって出てくるのを

楽しみに待ちたいところですね。

 

そしてその気になる勝負仕上げは

で予想を配信致します。

全力でお伝えする情報を

ぜひお楽しみになさってください。

 

*こちらも好評☆はしくれの相馬眼の秘密は―