宝塚記念2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週の阪神競馬場では宝塚記念が開催ですが、ここは名牝対決と名打たれ、その調子が注目されています。

海外帰りのクロノジェネシスは特に状態が気にかかりますが、GⅠ出走馬のなかにあって、どのような追い切りをしたでしょうか。

曇天予報で馬場が読みにくい日曜日までの空模様ですが、宝塚記念2021の調教診断を実施致します。

宝塚記念2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:クロノジェネシス

<栗東 CW 良 85.2-67.7-52.3-38.7-11.9 やや強め>

今回1位に選出したのはクロノジェネシスと致しました。

同馬は前走ドバイシーマクラシックで2着としているのですが、海外帰りは初の経験で、この反動が気になっていました。国際GⅠ戦を善戦で消耗も考えていましたから、それだけに今週までの動きは注目に値するところでした。

結論から言って今週ラスト11秒9と伸ばしたことや、先週時点で重馬場のなかで好タイムを出し不安はないです。管理する斉藤調教師から太鼓判も押された仕上げですし、無駄な動きをせずに追っただけの反応がある良い追い切りでした。

そして何よりも特筆すべきは、調教時点でのトモの張りでは、現在絶好調を思わせる旬の張り方を見せるものでした。実際は当日のパドックにて確認が必要なところですが、この外側部の輪郭的にも仕上がったと見て良いと思います。

調教2位:アリストテレス

<栗東 坂路 良 53.0-38.6-25.1-12.5 馬なり>

調教2位はアリストテレスです。

同馬はここ2戦敗れたことで評価が落ち着いてしまいましたが、天皇賞で馬体も上昇し、浮上のきっかけは見せていました。ローテーション的に優勢である天皇賞春の経由馬のため、これより状態が良さそうならば上位も狙える実績馬でしょう。

そんな同馬の追い切り診断は栗東坂路を馬なりで追われ、全体時計53秒0、ラスト12秒5が好感です。この日の追い切りは追わない限りそう時計は出ていないようですし、これを馬なりでさらっと出すのは上昇を感じる内容でした。

同馬はこれまで最終追いには栗東CWコースを追い、坂路では追い切っていませんので、現状打破を見据えてきています。音無厩舎はこうした坂路の調整も得意な厩舎ですから、これが当たれば最後の末脚にプラスになるのではと思われます。

調教3位:レイパパレ

<栗東 坂路 良 51.6-37.9-24.9-12.3 ゴール前強め>

最後はレイパパレです。

同馬は前走で大阪杯を無敗で制す偉業を成し遂げて、今や世代の牝馬に留まらず、現役最強もかかっています。その細身からスピード勝負には本来分が悪いところでしょうが、立ち回りの上手さやトモの張りで他馬を凌駕するレースを見せます。

そんな同馬は今週追い切りで坂路を51秒6として、ラストも12秒3と出色の好時計を記録した攻めでした。あまり積極的に時計を出すタイプではない方でもありますし、この時計自体は相当速い時計を刻んできたと思います。

調教内容も大阪杯でやや強めに追い切っていましたし、1週前のタイムが遅いのも非常に似通ったものがあります。今回の方がやや強く見える追い方に見えることはありますが、その分タイムも伸びていますから、平行線以上かと見ています。

宝塚記念2021調教診断・おわりに

人気2頭の間にはアリストテレスの名が挙がる診断でした

のりしお

はしくれ

ルメール騎手は中距離が良いとも話しているし一発があるかも
そのルメール騎手はクロノジェネシスに騎乗予定となっていますね

のりしお

はしくれ

この比較からも相当クロノジェネシスには期待しているだろうね
そのあたりの決断も踏まえての予想が楽しみな一戦ですね

のりしお

はしくれ

あとはかな。外が強いからね…

*宝塚記念2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また宝塚記念2021の関連記事はこちらから―

宝塚記念2021予想・本命はレイパパレ

宝塚記念2021・今週の期待馬体

宝塚記念2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です