日本ダービー2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

いよいよ日本ダービーに向けて各馬の追い切りが終わりましたが、さすがに頂上決戦だけあり、各馬良好な調教内容。

選出に悩む嬉しい悲鳴が心の中に沸き起こりましたが、その中で上位3頭を選び、掲載していきたいと思います。

この世代の全ての代表へと駆け上がる優駿たちの追い切り、日本ダービー2021の調教診断を実施します。

日本ダービー2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ステラヴェローチェ

<栗東 坂路 良 52.7-38.2-24.9-12.2 馬なり>

今回1位に選出したのはステラヴェローチェと致しました。

同馬は前走の皐月賞ではインを突いて3着に入着と、さすがの末脚で他馬を追い抜き器用さのあるところを見せました。デビュー以来、一度も掲示板を外していない安定勢力で、出世レースとなった共同通信杯では1番人気でした。

湿った馬場が得意で3戦し、稍重以下では2-0-1-0、一介のマイラーと決めるのには少々スタミナが目立っています。そんな同馬は最終追い切りで栗東坂路を52秒7、これを馬なりでマークと相当好調にあると見て良さそうです。

動きも軽快で1週前も好調教を消化していますし、今週のラストの伸びは併走馬を馬なりで煽る走りでした。無理なくこれだけ動けていますし、馬体も毛ヅヤは冴えていますので、腹目のラインが太目でないなら数字通り伸びてきて良いでしょう。

調教2位:ヨーホーレイク

<栗東 芝 良 78.4-63.4-49.7-37.0-12.4 馬なり>

調教2位はヨーホーレイクです。

同馬は皐月賞に出て5着と、2着馬とはコンマ1秒の差で、安定的に差し込める脚には光るものを持っていると言えます。重賞は未勝利ですが毎回勝ち馬にかなり食い下がっていて、2走前のきさらぎ賞にしても、展開に泣かされた2着でした。

1週前の調教でびっしり一杯に追って栗東ウッドを、6ハロン80秒5の計時なら古馬並みの高水準と言えます。このあと今週の追い切り時には芝馬場を使って走りましたが、馬なりで無理をさせずに6ハロン78秒4が出ました。

時計の素晴らしさも見られますが、何より馬体がピカピカに光り、トモも全身も張って今までで一番好調に見えるほどです。元々500kgを超える馬で、馬格的に引けを取りませんから、輸送さえ無事にクリアできたならかなり怖い一頭になるでしょう。

調教3位:エフフォーリア

<美浦 南W 良 66.3-51.2-38.3-11.9 ゴール前やや強め>

最後はエフフォーリアです。

同馬は皐月賞を無敗で勝ち、注目されている存在ですが、その追い切りも高次元なもので3番手以下にできませんでした。大目標でありながら最後もゴール前のみ追うだけにとどまり、時計を伸ばしながらのフィニッシュはレースを意識するイメージでした。

1週前に稍重でサラッと追い切った効果か毛ヅヤも光り、変わらぬ迫力で3頭併せの真ん中を抜け出して見せました。今週は良馬場になったために全体のタイムも伸ばしましたし、大した負荷が必要にならない状態にあるのだと思われます。

マークされることを考えるとき、挟まれる形で追い切ったのは、かなり実戦に近いイメージで本番で生きてくると思います。終い重点の追い切りしても直線我慢が利いていましたし、タイムもきちんと伸びていますから態勢は整ったと思います。

日本ダービー2021調教診断・おわりに

はしくれ

エフフォーリアを凌ぐ挑戦者の追い切りを上位2頭にとったよ
京王杯では上位選出の2頭が波乱を演出しました(京王杯スプリングカップ2021調教診断・上位3頭を選出)。ここも期待は大きいところです

のりしお

はしくれ

上位2頭は伏兵馬だからね
サトノレイナスはどう見ていますか?

のりしお

はしくれ

これもかなり良い内容だったよ。1週前がかなり凄かったし…
楽しみが膨らんで来ますね

のりしお

はしくれ

やっぱりダービーは特別だよね

*日本ダービー2021のパドックロードも配信します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また日本ダービー2021の関連記事はこちらから―

日本ダービー2021予想・本命はエフフォーリア

日本ダービー2021・今週の期待馬体

日本ダービー2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です