日本ダービー2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

いよいよ5月最後の日曜は、日本競馬最高の祭典、日本ダービー2021が開催される1週間です。

昨年ダービー後にデビュー戦を迎えた現3歳世代にとり、この舞台は全ての馬が歩む頂点へと繋がる道のりです。

様々な路線を通過してきた最優秀3歳馬への道を、共に夢見る競馬ファンとしても挑戦で迎えたいと思います。

文末では過去の傾向からも最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

日本ダービー2021過去10年の傾向

日本ダービー2021・過去10年3着以内傾向

①最多好走枠:1枠(白)=6年6頭3勝(全30頭中)

➁苦戦枠(1頭以下):なし

前年3着以内リピーター:限定戦のためなし

④牝馬:0頭

⑤3歳馬:限定戦

⑥人気:1番人気7頭・2番人気4頭・3番人気7頭・4番人気1頭・以下11頭

⑦好走騎手(3回以上):福永祐一騎手3回(2勝)・C.ルメール騎手3回(1勝)

⑧ハンデ:定量

⑨走破タイム:良=2分22秒6~2分26秒9、不良=2分30秒5(2011オルフェーヴルのみ)

⑩好走厩舎(3頭以上)池江泰寿厩舎5頭(1勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:5年5頭2勝

⑫馬体重:444~542kg

⑬4角5番手以内:14頭(6勝。うち逃げ馬は2頭0勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数)ディープインパクト12頭(6勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由29頭(主な前走=皐月賞20頭、青葉賞5頭、京都新聞杯4頭)他プリンシパルS1頭

⑯前走後間隔中2週~中5週=全頭、4か月以上なし

前走人気:9番人気以内

⑱前走最低着順馬:2011ベルシャザール3着=皐月賞11着

⑲ペース:ハイ2、ミドル3、スロー5

枠順確定前のイチオシ

日本ダービー2021過去10年の傾向から、枠順確定前のイチオシは…

ディープモンスター

同馬は前走皐月賞の際7着と敗戦した馬ですが、武豊騎手の戦線離脱で鞍上交替となっていました。ダービー5勝を誇る日本で一番ダービーを知る騎手である、武豊騎手の手に戻ることは最も追い風になることでしょう。

また厩舎も10年で馬券内5頭を送り込む池江厩舎で、前走京都新聞杯の際、回避で万全を期してきました。結果的に最有力ローテの皐月賞経由にもなりましたし、父ディープインパクト産駒からは10年で6頭の優勝です。

スローの上り勝負になるときは中団から差す馬が強いこと、皐月賞上位2頭が前目で運ぶため仕掛けは早まるでしょう。速い上りが繰り出せる同馬に向いた展開にもなりそうですし、馬体的にも向いた舞台なので逆転があっても不思議ないです。

*日本ダービーの最終予想は日本ダービー2021予想・本命はエフフォーリアをご覧下さい。

はしくれさんは前年ダービーで大本線ワンツーとなりました。コントレイルにコメント入りですね

のりしお

◎1着→〇2着→☆10着→▲16着

はしくれ

コントレイルは究極の仕上げで日本ダービーを獲りに来たよね。サリオスもまた素晴らしい仕上げで、パドックの時点で感動したよ
皐月賞の本命もエフフォーリアを抜擢して見事に1着。当コラムで推奨のディープモンスターはこの時に無印ですが

のりしお

◎1着→〇4着→☆8着→▲15着

はしくれ

皐月賞よりダービー向きだなと。パワータイプじゃないから中山の急坂は合わないと思ったんだ
適性を考慮した結果ですね。それだけに楽しみも膨らみます

のりしお

はしくれ

好仕上がりを期待する馬だよ

以上日本ダービー2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。また日本ダービー2021のパドックロードも配信しますプロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です