ファルコンステークス2021予想・本命はグレナディアガーズ

こんにちは、はしくれです。

今週土曜の中京メインは3歳馬による限定重賞、ファルコンステークス2021が発走予定となっています。

当レースの有力出走馬はグレナディアガーズが挙げられますが、同馬は朝日杯フューチュリティステークス優勝のGⅠ馬です。

人気確実と見られていますが傾向的には1番人気が、過去10年で2度の馬券内と心許ないデータも出ています。しかしそれでも本命◎グレナディアガーズ複勝600円で、GⅠ馬の走りに期待しつつ応援していきたいと思います。

ファルコンステークス2021予想・印&買い目

本命◎グレナディアガーズ

買い目◎複勝600円。

中山記念&チューリップ賞3着以内独占、中山牝馬S&金鯱賞馬券圏内2頭入着。相馬師はしくれのオリジナルコンテンツ・パドック速報パドックロードは。

パドックロード(2021)3月度会員募集

阪神大賞典2021も頑張ります。

ファルコンステークス2021予想

本命◎グレナディアガーズ

本命◎はグレナディアガーズです。

同馬は前走の朝日杯では7番人気の伏兵でしたが、ハイペースのなか延長ローテも構わずGⅠを奪取しました。非常にスピードに秀でた馬で持ちタイムも優秀な馬ですが、驚くべきはハイペースのなかを2番手で軽々勝ったことです。

年末の阪神は時計の出るスピード勝負が多かったですが、それにしても距離を伸ばしながらの好位抜け出しは光っていました。さすがに最後は詰められましたがレース振りは完勝の内容で、まだ余裕があるのではないかなと思わせるほどのゴール前でした。

これを見る限り開幕2週目の芝の生きている中京芝は、相当重たくならない限りは他馬に捉まりそうにはありません。まして今回は距離も短縮でハイペースも得意にできる馬で、直線で坂があっても問題なく末脚を伸ばせるタイプです。

週末は降雨予報も出ていて馬場状態に疑問はありますが、単純に時計がかかるとしても、それだけで評価を下げられません。それは同馬がマイルを克服し、体型的にも短距離馬ながら、距離の融通が利くスタミナある馬体を持つからに他なりません。

朝日杯時は胴が詰まっている体型から距離が持つかどうかが、測りかねて選出できなかった後悔も残ったパドックでした。しかし状態の良さは明らかで、筋肉量も十分な馬体で、結果は納得という研鑽を積ませてくれた馬でもあるのです。朝日杯フューチュリティステークス2020結果・優勝はグレナディアガーズ

こういう経験を得られる馬はその後も活躍する馬が多く、実際まだ大きくなれるだけの骨格バランスの良さがあります。筋肉が増えても背中が落ちず今のバランスを保てそうですし、調教もしっかり積めるタイプで上昇の余地も残しています。

休み明けの仕上がりに好感の中内田厩舎の管理馬ですし、この点はむしろプラスと予想し本命グレナディアガーズにします。

 

*中山記念◎▲〇&チューリップ賞◎〇▲制圧。その他複数頭馬券内も多数。

*相馬師・はしくれの相馬眼の秘密は―

予想の根拠①馬体面

もう一度画像をご覧いただき、改めてお伝えしたいことには、同馬の体幹が真っすぐでありトモが大きく張っていることです。2歳戦でこれだけパワーのある馬体はそうそう出会えませんから、前走時も距離さえ短ければ確実に選んでいたところです。

この時はマイルが長く思えて非選出にしてしまったのですが、その最大の理由がやや胴の詰まり気味に見える体型でした。しかしこれも改めて見てみるとマイルは許容にも思われますし、内枠が良かったのもありますが、既に適性を得ていたのでしょう。

中内田調教師の仕上げには休み明けから殆どマックスな、パワフルでボリューム感の見られる馬体の馬が多く現れます。そのため本番になると仕上げが変わらないことも多いわけですが、同馬は連戦中に上昇し、ついにGⅠを上り詰めました。

この点は馬なりで調教した前走時の追い切りの状態が、好タイムでうまく調整されたことも影響があると思います。つまりは中内田調教師には新たな手応えがあると思われ、更に競走馬の管理の腕を上げられたのではと思っています。

元々師の管理する馬たちは絞れていてスタミナがありますし、重馬場でもこの点が生かされて上位を狙えることと思います。ファルコンステークス2021は1400mにもなり、ますます同馬の強さが目立っておかしくない舞台だと言えましょう。

予想の根拠②ペース

グレナディアガーズは朝日杯でも2番手から優勝したのですが、GⅠらしい馬場の良いマイルで速い時計で走破してきました。このレースは前半ハイペースでいかに内枠が良いとは言っても、距離延長で粘り切るためにはスタミナも問われたと思われます。

これを可能にしたのが先ほどもお伝えした馬体面なのですが、とにかく同馬は速いペースでもロスなく競馬できる馬なのです。これは馬場が重たくなった際に、基本的には有利な特質で、直線で上がりがかかる競馬を苦にせず走れることにもなります。

全体の時計も増してくるのでそうなるとスタミナが問われますが、これも前走から距離短縮でむしろ苦にはならないところでしょう。こうなると他馬より有利な点がはっきりと浮かび上がる馬ですし、脚質面では馬場が渋ってもむしろ懸念は少ないと言えます。

あとは実際にレースに出たとき滑りやすい馬場がどうかでしょうが、こればかりはやってみない以上は何とも言えないのが本音です。予想段階では考慮するほど適性はありそうに見えますから、ペースが上がる競馬は同馬には追い風になると見て本命です。

予想の根拠③騎手

ファルコンステークス2021で同馬に騎乗予定の騎手は、デビュー戦からコンビを組んでいる川田将雅騎手が予定されます。最早川田騎手は押しも押されぬトップジョッキーの一人なのですが、この騎手を確保し続けることができているのも好感が持てます。

そもそもはしくれは個人的には乗り替わりが好きではありませんし、基本的には手の内に入れつつ馬を育てるのが理想的です。その点グレナディアガーズはずっと川田騎手が乗ってくれていますし、朝日杯でも「難しい馬」だという発言も出ている馬でした。

それだけに性格を掴んでいる主戦騎手は信頼ができますし、川田騎手は先行が上手いのでこの点も推す材料になります。川田騎手と言えば初GⅠをキャプテントゥーレで勝ち取りましたし、逃げやダートでの追い込みと言った極端な競馬もよくありました。

しかしこのところはいかにあっさり勝つかというこだわりも感じられ、ド派手なパフォーマンスより玄人好みの競馬が多くなりました。つまりは派手なアクションが不要な展開利を重視していることで、同馬のような好位脚質での好走が目立ってきているのです。

こういった騎手の個性に加えてペースメーカーの可能性もある、モントライゼの背中を知ることも更に有利に思えてなりません。このライバルにはデビュー戦以来、3戦連続で乗っていますし、ルメール騎手としてもその背中を知られていることは脅威でしょう。

その点グレナディアガーズは誰も他の騎手が背中を知りませんし、人馬の信頼も出来ているので、これ以上ない相棒と言えます。

予想の根拠④ローテーション

そして最後の根拠にはローテーションが良いことを挙げたいのですが、朝日杯から出走する馬の好走数は多い傾向です。過去10年を紐解くと朝日杯経由馬は5頭馬券内で、他の重賞経由の馬よりもデータ優勢の数字もあります。

間隔は休み明けとなりますがやはり格の高いレースですから、ここに出られるだけでも相当な素質があるのは間違いないです。それがまして優勝していますし、タイムも素晴らしいタイムですから、この傾向も後押しすることは想像に難くないところでしょう。

またこれまでも述べてきた通りにファルコンステークス2021は、1400mの一戦で、距離短縮の舞台ともなります。スタミナの要求される競馬も予想できる状況にありますし、1ハロン長い距離で勝てるほどスタミナがあるのは追い風でしょう。

この経験を踏まえて上昇を期待できる馬体面もあるので、更に強い競馬を見せてくれる可能性も十分と思います。

買い目の根拠

上記画像は先週日曜日、金鯱賞2021の際、当ブログで予想した通りにはしくれが購入した馬券です。阪神大賞典2021の予想でもお伝えしましたが、断然人気馬となれば単勝オッズはリスクが大きいのです。

JRAがわざわざ施策で「プラス10」を実施していますから、無理な単勝狙いをするよりは複勝の方が良いと思います。そして連馬券を狙うとしても人気が軸だとガミリやすいので、結果的には当たりを積み上げる考えも必要になるのです。

このあたりは3年連続して回収率100%超えの、実績を残しているはしくれの実感なので間違いありません。当ブログはその考え方からお伝えすることとしていますから、こういう馬券もむしろ積極性の現れだと考えています。「競馬で生活する僕は」2020実績報告

はしくれは外れるよりトリガミがよっぽど上だと思っていますし、トリガミなく回収できたのならそれは素晴らしいと思っています。これについては面白味がないと思われる方も多いことなので、そういう方々はどうぞ無理せず他のブログを参照してください。

はしくれの信条は儲けるより楽しむ競馬が根本ですので、的中を目指しグレナディアガーズを全力で応援致します。

ファルコンステークス2021の買い目は以上の通りです。

過去の予想結果

こちらでは過去のファルコンステークスの予想結果を掲載しています。ご必要でしたらご覧ください。

2020年優勝馬シャインガーネット

記事なし

2019年優勝馬ハッピーアワー

記事なし

2018年優勝馬ミスターメロディ

ファルコンステークス2018結果・優勝はミスターメロディ

当日のパドック予想

ご覧のとおり中山記念では3着以内を制圧しており、続くチューリップ賞ではパーフェクト予想を見事達成しました。続く先週は重賞レースの独占こそ果たせませんでしたが、2頭以上の馬券圏内馬はしっかり選出致しております。

パドックロードははしくれ本人が配信をしているコンテンツで、ご安心の上でお役立ていただけるものと信じてやみません。前回の予想記事でもきちんとプロであることを公言しながら、こうして結果を出していますので嘘偽りは一切ありません。

競馬ブログの中には自身では予想をしていないものがあったり、安全のほどがわからないものも多くはびこる現実があります。しかしはしくれは自身の最大の武器である相馬眼を開示し、ノウハウだけでなく実際に的中することを証明しています。

相馬眼は競馬予想の武器で、最もゴールに近い情報です。そのうえ正統派の予想ですし歴史的にも最古のものでしょう。この奥深さを知ってしまったら、もう後戻りなどはできませんし、ご一緒に成果を分かち合えたらこれ以上の幸せはありません。

ファルコンステークス2021も配信予定となりますので、週末の楽しみにパドックロードをぜひ一度ご検討ください。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではあなたがこの週末、笑顔になれるよう心から祈って。快速3歳馬の競い合いに注目して発走を待ちましょう。

*ファルコンステークス2021は3月20日(土曜日)中京競馬場第11レース発走予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です