朝日杯フューチュリティステークス2020結果・優勝はグレナディアガーズ

 

距離延長。

 

前走で1400mを

快勝したグレナディアガーズが

川田騎手を背に直線抜け出し

迫る人気馬を見事に完封。

 

レコードタイムの優勝となって

強さが際立った一戦ですが

1ハロン延長を克服した

チーム力を感じる走りでした。

 

川田騎手も今年初GⅠを

7番人気で勝利しましたが

朝日杯フューチュリティステークス2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<朝日杯フューチュリティステークス2020結果

優勝馬・・・グレナディアガーズ

2着馬・・・ステラヴェローチェ

3着馬・・・レッドベルオーブ

 

<朝日杯フューチュリティステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・レッドベルオーブ

対抗○・・・ステラヴェローチェ

単穴▲・・・モントライゼ

特注☆・・・ロードマックス

買い目・・・単勝◎100円、ワイド◎流し各100円、計400円。

(予想結果=的中:ワイド380円。トリガミ)

朝日杯フューチュリティステークス2020予想・本命はレッドベルオーブ

 

勝ちタイム=1分32秒3レコード(晴れ・良)

前半800m通過=45秒2

ペース=ハイペース(1秒9差)

勝ち馬上がり3F=34秒5(7位)

レース上がり3F=35秒4

クッション値(当日午前7時半)=10,2

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:モントライゼのルメール騎手が内の芝が良いため出して行ったが、さすがにペースが速すぎたために最後は失速してしまった。後続を離す逃げを打ったため2番手集団には良い流れで、内枠2番のグレナディアガーズにとっては追い風に感じられた。これを川田騎手が折り合いをつけ仕掛けどころも完璧なために、枠と騎手の判断が大きく影響した一戦になったと思える。スピード勝負でグレナディアガーズの高い素質を十分感じた

・優勝馬グレナディアガーズはGⅠ初制覇

・川田将雅騎手は当レース2勝目(2017ダノンプレミアム)

・中内田充正調教師は当レース2勝目(同上)

・グレナディアガーズの生産は安平町のノーザンファームで、これで天皇賞秋からGⅠ7連勝を達成

・馬主は(有)サンデーレーシング

・ノーザンファーム空港・宮本俊彦氏「上位1~3着となり感謝しております。(この世代は)育成時代からしっかりした馬が多かった印象があります。(グレナディアガーズは)繁殖部門のスタッフからも動きがよく元気一杯と報告を受けていました。兄弟の活躍も楽しみにしています。(フランケル産駒については)結果が出てきたなと思っております」

・川田将雅騎手のコメント新馬前から素質を感じていた馬なので、こうして結果が出る事が何より嬉しく思います。性格が難しい馬なので、気分を害さないように気持ちよく走れる競馬をとイメージしました。とてもリズムよく我慢して走ってくれていて、良い内容で走ってくれたと思います。後ろを待つよりは捉まえに行き過ぎずに捉まえに行こうと選択したんですけど、最後までしっかりと自分の能力を出し切ってくれたなと思います。そもそもの能力値が高い馬なんですけど、2戦目で暴走気味になってしまって、そこをコントロールしながらここまで来れて。ポテンシャルの高さは間違いないです。」

・優勝馬グレナディアガーズは5分のスタートから3番手に付けると、内目で脚を溜めながら進んで直線で前を捉えて先頭。最後もインを抜けてきたステラヴェローチェの猛追を振り切った

・走破タイム1分32秒3はレコードタイム

・2着横山典弘騎手「ゲートの中でテンションが危ないところがありましたが、よく出てくれましたし、レースも良く頑張ってくれました。」

・3着福永祐一騎手「馬は落ち着いていて雰囲気は良かったです。3コーナーで勝ち馬の後ろを取れるチャンスはありましたが、そこで選択ミスをしたことが響きました。勝ち馬の後ろを取るべきでした。最後まで伸びてくれましたが、判断がまずかったです。」

・上位3頭の4コーナー通過順は2→9→7番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

▲2着→◎3着→○9着→☆16着でした。

 

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬グレナディアガーズです。

 

同馬はまだ少し胴が詰まった

短距離体型に見えたのですが

バランスも良く筋肉も豊富で

張りの良さも目立つ仕上がりでした。

 

はしくれも好きな仕上がりでしたが

選択しなかった理由としては

1600mでは少々

距離が長いと思われたからです。

 

結果的にレコードでの走破や

内枠馬しか来ない着順から

距離延長による不利な部分が

大分薄まっていたと思います。

 

これが1ハロン短い距離なら

迷わず選んでいたところですが

マイル戦もこれだけ走れるので

今後は評価すべきところでしょう。

 

 

2着馬はステラヴェローチェです。

 

同馬はいかにも阪神に向いた

幅のある馬体をしていましたが

こういうふっくらとした仕上がりは

非凡なスピードを感じさせます。

 

動き自体も柔らかい動きで

柔軟性に優れた馬なので

タイムの出る馬場でも問題なく

走ってくるだろうと思いました。

 

ただ3番手評価となったのは

まだ筋肉に張りが出そうなため

ピークではないとの判断からも

妥当なところかなと思いました。

 

横山騎手の判断にしたがい

進路を探して抜けてきましたし

落ち着いた雰囲気を持つタイプで

気性面も武器になる馬でしょう。

 

 

3着馬はレッドベルオーブです。

 

同馬はトモがかっちりとはまった

スピードに秀でた骨格ですが

スラっと切れ長で瞬発力を

感じさせるところが特徴です。

 

前肢のボリュームは相対的に

やや後肢より弱くは見えますが

全体が流線形の馬体で

これが決め手になった仕上げでした。

 

今回もレコード決着となり

そこから僅かコンマ4秒差で

やはりスピード能力の点では

相当高い馬だと思います。

 

前走時よりも更に全体の

ボリューム感も強化されましたし

短期間で成長しましたから

今後も楽しみな逸材でしょう。

 

ということで・・・

 

今回の結果は7番人気

グレナディアガーズの勝利でしたが

週中の調教診断中で

上位選出馬の優勝でした。

朝日杯フューチュリティステークス2020調教診断・上位3頭を選出

 

役に立つまでは温存しようと

修行を重ねてきた技術ですが

公開してからご支持をいただき

心より感謝を申し上げます。

 

競馬予想は複眼的であり

総合力が勝負のものなので

これからも様々な眼を鍛えて

ご支持いただけるよう頑張ります。

 

パドックロードの会員様や

今ご覧下さっているあなたへ

少しでも多くの幸せになる

情報を届けたいと思います。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

来週末のGⅠ3連戦も

心から楽しんで参りましょう☆

 

*秋GⅠ本命◎7-0-2-1(複勝圏内90%)来週はついに有馬記念

*そのはしくれの相馬眼の秘密は―

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です