ターコイズステークス2020結果・優勝はスマイルカナ

 

ハナ差。

 

速い流れが想定されていた

メンバー構成の一戦ですが

大外のトロワゼトワルが逃げて

3番手に控えたスマイルカナ。

 

想定通り速い流れになり

1秒5差のハイペースでしたが

直線では真っ先に抜け出すと

ぎりぎりライバルを退けました。

 

柴田大知騎手との絆による

奮闘が実った一戦ですが

そんなターコイズステークス2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<ターコイズステークス2020結果

優勝馬・・・スマイルカナ

2着馬・・・アンドラステ

3着馬・・・フェアリーポルカ

 

<ターコイズステークス2020予想・印&買い目>

本命◎・・・アンドラステ

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎200円、計300円。

(予想結果=的中・複勝230円×2)

ターコイズステークス2020予想・本命はアンドラステ

 

勝ちタイム=1分34秒6(曇り・良)

前半800m通過=46秒5

ペース=ハイペース(1秒5差)

勝ち馬上がり3F=35秒7(5位タイ)

レース上がり3F=36秒3

クッション値(当日午前7時)=10,4(やや硬め)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:抜け出したスマイルカナを目がけてインから競りかけたアンドラステに、直線祈るような気持ちで応援したターコイズステークス。結果2着とハナ差及ばずも、素晴らしい走りを披露してくれ感謝。データ・パドック共本命のためどうしてもアンドラステ贔屓で、ルメール騎手が捌けなかった3枠5番を捌いた岩田騎手にも感謝。それにしてもスマイルカナ&柴田大知騎手のコンビは強かった…。

・優勝馬スマイルカナは重賞2勝目(2020フェアリーステークス)

・柴田大知騎手は当レース初勝利

・高橋祥泰調教師は当レース初勝利で重賞は11勝目

・スマイルカナの生産は新ひだか町の木田牧場

・馬主は岡田繁幸さん(マイネル軍団総帥)

・柴田大知騎手のコメント「凄く嬉しいです。このところ調教でも落ち着いて走るようになってきて、すごく折り合いも良かったので、今日は満点ですね。100点の競馬してます。最後内からあんだけ迫られたんで凄くヒヤッとしましたけど、本当に偉い馬です、良かったです。長く使われてるんですけど、使われるたびにパワーアップして、凄く元気でこちらが頭が下がる感じですね。こないだの中山でハナ差で負けたのが頭にちらついて、大丈夫かなと不安になりましたけど、本当ハナ差で勝てて良かったです。これで賞金が加算できますし、この後が楽しみですね。中々勝てそうで勝てないレースが続いてて、人気を裏切ってしまってたんですけど、ここで勝ててホッとしました。これからも頑張ってくれると思いますので、応援してください。よろしくお願いします。」

・優勝馬スマイルカナは5分のスタートから一旦はハナに立とうとしたが、大外からトロワゼトワルが来て、更にクリスティが前へ位置を上げると、柴田大知騎手が手綱を引いて3番手の内で控えることに。4コーナーを回って坂下から一気に先頭に立つ競馬をし、その内を突いたアンドラステの猛追をハナ差凌いで優勝した

・走破タイム1分34秒6は過去10年で9番目の時計で、昨年とは2秒4差のタイム

・上位3頭の4コーナー通過順は3→5→8番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎2着→○7着→▲9着→☆14着でした。

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬スマイルカナです。

 

同馬は弾むような歩様により

元気一杯の様相でしたが

プラス8kgの発表通りに

多少太いかなと思われました。

 

このあたり画像を再見すると

丁度良いくらいに見えるのですが

筋肉も柔らかく仕上げており

判断を反省する次第です。

 

一目見て良く見えた点としては

丸みを帯びて発達したトモで

430kg台の馬と

思えないくらいに張っていました。

 

今回ハンデも増えていましたし

それでいてしっかり勝ち切れたので

プラス8kgも成長分だと

解釈して良い仕上がりでしょう。

 

 

2着馬はアンドラステです。

 

同馬もパドックの登場時から

ぴょこぴょこと弾む足取りでしたが

画像の通り無駄がなく絞れて

十分に好走が可能でした。

 

ツヤもよく全体のバランスから

1位指名馬に選んだのですが

こうしてきっちり仕上げてくるのが

中内田調教師の手腕です。

 

元々やや線が細く見えたり

大きく見せない体型でしたが

今回は堂々と映っており

質の高さが目立つ仕上げでした。

 

前後肢ともに筋肉が付いて

体幹が真っすぐな馬体なので

急坂も末脚が切れましたし

中山は合っていると思います。

 

 

3着馬はフェアリーポルカです。

 

同馬はやや腹目が太く見えて

厳しいかなと思っていましたが

全体の幅は相対的にも

上位評価できる仕上がりでした。

 

ややお尻のラインに角がついた

パワータイプの輪郭なのですが

タイムがかかったことやペースから

急坂で一気に伸びてきました。

 

また筋肉量が多く牝馬の

線の細さも見られない馬体で

今回くらい多少太く見せる

仕上げが丁度良いかもしれません。

 

このあたりは今後を見据えながら

把握していきたいと思いますし

配信での印に活かせるよう

精進していきたいと思います。

 

ということで・・・

 

データ予想時もうんうん唸って

パドックでも唸ったレースですが

奇しくも本命馬が同じになり

その点は嬉しい一戦でした。

 

やはりパドックを見たら仕上がりが

今一だったという状況より

レース観戦が楽しくなるので

なるべくこうありたいと思います。

 

また買い目的に複勝を厚く

買ったおかげでプラスが出ましたが

このあたり先週の悔しさから

糧を得られたと思っています。

中日新聞杯2020結果・優勝はボッケリーニ

 

人気の割れたレースではこうした

配当妙味が生まれやすいので

的確な馬券購入を踏まえ

取り組んで参りたいと思います。

 

パドックロードの会員様や

今ご覧下さっているあなたへ

よりお楽しみいただけますように

これからも努力して参ります。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

明日の朝日杯もパドックから

たっぷりと楽しんで参りましょう。

 

*はしくれの相馬眼の秘密は―

*秋GⅠ本命◎7-0-1-1。プロの相馬は

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です