中日新聞杯2020結果・優勝はボッケリーニ

 

接戦。

 

直線に入って抜け出していた

シゲルピンクダイヤを目がけて追い

インから一気に差し切って見せた

松山騎手騎乗のボッケリーニ。

 

混戦模様の下馬評でしたが

1~2番人気が複勝圏で

上がり最速を計時して見せた

ボッケリーニの脚が光りました。

 

成長を感じる馬体を見せた

今回の一戦となりましたが

中日新聞杯2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<中日新聞杯2020結果

優勝馬・・・ボッケリーニ

2着馬・・・シゲルピンクダイヤ

3着馬・・・ヴェロックス

 

<中日新聞杯2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ヴェロックス

買い目・・・単勝&複勝各100円、計200円。

(予想結果=的中・複勝170円:トリガミ)

中日新聞杯2020予想・本命はヴェロックス

 

勝ちタイム=2分0秒1(晴れ・良)

前半1000m通過=61秒5

ペース=スローペース(1秒9差)

勝ち馬上がり3F=33秒5(最速)

レース上がり3F=34秒4

クッション値(当日午前7時)=9,6(標準)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:久々に始動するヴェロックスの仕上がりが気になるところだったが、少し太目も相変わらず、トモの張りには目を見張るパドックに。ただ毛ヅヤピカピカで柔軟性の高い仕上がりを披露していた、8番人気のショウナンバルディをパドックでは1番手に推奨。直線での大絶叫を超えて4着した瞬間の衝撃と、「あ、ヴェロックス??」という3着の入れ替わりには複雑な気分になる。嬉しいような残念なような、ワクワクする中日新聞杯だった。あ~複勝200円買ってればなあ…久々にガミリましたよこれは…

・優勝馬ボッケリーニは重賞初制覇

・松山弘平騎手は当レース2勝目(2012スマートギア)で今年重賞9勝目

・池江泰寿調教師は当レース2勝目(2016サトノノブレス)

・ボッケリーニの生産は安平町のノーザンファーム

・馬主は金子真人ホールディングス(株)

・松山弘平騎手のコメント「ゲートを上手に出てリズムよく行って、道中脚を溜めることができました。前が狭かったのですが、開いたところをしっかりと伸びてくれました。いいものを持っている馬で、ひとつタイトルを取ることができて良かったです。まだ4歳でこれからの馬で、兄のラブリーデイのように活躍してほしいと思います。」

・優勝馬ボッケリーニは好スタートのあと馬なりで位置を取り、折り合いも付いて最内の7番手あたりをゆったりと追走。4コーナーまでそのまま流れて直線坂下で外へと出すと、外を固めるヴェロックスを避けてシゲルピンクダイヤの内側へ。余力たっぷりに回ってきたので一気に弾けて快勝を決めた。松山騎手の手腕も非常に冴えていた一戦だと思われる。

・走破タイム2分0秒1は過去10年で7番目の時計で、大体例年並みの時計

・2着和田竜二騎手「道中で揉まれる競馬をしたくないと思っていました。いいところにつけてプレッシャーなく行けました。この2000mの距離を正攻法で走り切ることができました。」

・3着川田将雅騎手「ゲートの中でうるさいところがありましたが、レースはスムーズで4コーナーの手応えは抜群でした。そこから伸び切れませんでしたが、これでまた変わってくれたらいいと思います。」

・上位3頭の4コーナー通過順は7→3→6番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

○1着→▲3着→◎4着→☆7着でした。

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬ボッケリーニです。

 

同馬は非常にバランスがよくて

一目見て気に入った仕上げですが

もう少し締められるかなと思い

2番手評価と致しました。

 

優れた柔軟性を持っていて

ふっくらしたトモが良かったですが

何分カメラワークが雑なので

見辛かったところが悔やまれます。

 

この点もう少しカメラワークを

改善してほしいと思いますが

それでさえ仕上げが良く見えたので

充実した状態と言えました。

 

これだけ末脚も切れているので

惜敗続きにピリオドを打った

今回のような追い出しをすれば

これからも好勝負になるでしょう。

 

 

2着馬はシゲルピンクダイヤです。

 

同馬は前走が府中牝馬で

珍しいローテで臨みましたが

バランスはしっかり整っており

走れる態勢になっていました。

 

牝馬らしい切れのあるお腹から

後肢の踏み込みも深くなるため

今回選出に迷うくらいの

高いデキにあると思われました。

 

ハンデも手頃な54kgで

この点も良かったと思いますが

以前より馬体に幅も出てきて

和田騎手との絆も強いです。

 

このあたりオペラオーから繋がる

渡辺調教師との縁ですし

かつてのライバル騎手との絆も

感じられる気迫の2着でした。

 

 

3着馬はヴェロックスです。

 

同馬はデータ的には例外な

10か月ぶりで3着するなど

やはり自力の高さが窺える

張りのあるトモを見せてくれました。

 

ジャスタウェイ産駒に特有である

やや間延びしたような腹袋は

画像で見るよりも太目仕上げで

+8kgがはっきり出ました。

 

それでも中京競馬場ならば

この仕上げが良いことも多いので

筋肉量と合わせて単穴の

3番手以下にできませんでした。

 

この一戦で叩かれた以上は

上昇も期待できることですし

実績馬らしい地力の高さを

感じられたパドックとなりました。

 

ということで・・・

 

どこから入ろうか非常に悩み

ヴェロックスにした今回でしたが

スローペースになったことに加え

枠も内目の方が有利でした。

 

過去の傾向でも5番枠から

3年連続上位があるので

枠順を見てから予想したのが

功を奏したかなと思います。

 

ぎりぎり配当が複勝にしろ

200円行くかと思いましたが

さすがにヴェロックスは人気があり

読みが浅かったなと思います。

 

このあたりガミリつつ運を上げて

年末へ向かいたいところですし

なるべくきっちりプラスが出るよう

努めて参りたいと思います。

 

パドックロードの会員様や

今ご覧下さっているあなたへ

よりお楽しみいただけますように

専心努力して参ります。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

明日の日曜日も競馬時間を

たっぷりと楽しんで参りましょう。

 

*はしくれの相馬眼の秘密は―

*毎週重賞で4頭中2頭以上の選出を継続。プロの相馬は

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です