阪神ジュベナイルフィリーズ2020結果・優勝はソダシ

 

激戦。

 

近年勝ち鞍のない3枠の

6番スタートから前につけて

他馬の目標にされながら駆けた

1番人気の本命馬ソダシ。

 

神々しい白さを身にまとって

パドックでも目立つ姿でしたが

ライバルにマークされる展開も

跳ね除けて連勝を飾りました。

 

デビューから4戦全勝となる

無敗での戴冠となりましたが

阪神ジュベナイルフィリーズ2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<阪神ジュベナイルフィリーズ2020結果

優勝馬・・・ソダシ

2着馬・・・サトノレイナス

3着馬・・・ユーバーレーベン

 

<阪神ジュベナイルフィリーズ2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ソダシ

対抗○・・・サトノレイナス

単穴▲・・・インフィナイト

特注☆・・・オパールムーン

買い目・・・単勝◎100円、ワイド◎流し各100円、計400円。

(予想結果=的中:単勝320円・ワイド340円

阪神ジュベナイルフィリーズ2020予想・本命はソダシ

 

勝ちタイム=1分33秒1(曇り・良)

前半800m通過=46秒8

ペース=ミドルスローペース(0秒5差)

勝ち馬上がり3F=34秒2(8位)

レース上がり3F=34秒4

当日のクッション値(午前7時半)=10,1(やや硬め)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:白毛ということで注目された無敗の重賞馬ソダシだったが、そのレース振りや馬体面からも本命は不動の存在だった。ただあまりにも目立つ存在のために他馬が目標にしやすいので、好位で運べるセンスと勝負根性が何よりも頼りとなった。ノーザンファームの体幹に優れた馬づくりの成果を体現し、毛色はまったく無関係に強い2歳女王として輝いた。また、個人的には4着に来たメイケイエールも厳しい競馬で、大外枠から外を回っての好走には驚くばかりだった。パドックではやや冬毛も見られて距離もギリギリに感じて尚更。

・優勝馬ソダシはGⅠ初制覇

・白毛馬のGⅠ制覇は史上初の記録

・吉田隼人騎手は中央GⅠ2勝目(2015有馬記念ゴールドアクター)

・須貝尚介調教師は当レース3勝目でGⅠは12勝目

・ソダシの生産は安平町のノーザンファーム

・馬主は金子真人ホールディングス(株)

・吉田隼人騎手のコメント「ほっとして…結果出せて良かったです。1番人気で迎えるGⅠだったんで、僕がこの馬を負けさせちゃいけないっていうプレッシャーもありましたし…本当に感謝です。返し馬した時からゲートに寄り付かないような、イヤだっていう素振り見せたんで、その時はちょっと僕の方もオドオドしちゃった部分あったんで。なんとか入ってゲート出て、レースこなせたんで良かったです。今日の前半の競馬をして、このくらいの位置で壁作れたらいいなと思ってたんで、本当イメージ通り行けました。最後が馬場が悪かったのか、思ったより弾けてくれなかったですけど、両サイドの有力馬も見えてましたし、なんとか凌いでくれって思って必死に追いました。馬に助けられました。まだ課題が有るので、今回無事にレースを終えられたのは良かったんですけど、次来年クラシックがあるので、もっと鍛えないといけないですし、人馬との信頼関係を築いていけたらなと思います。またこうやってGⅠの舞台に連れてきてもらえるのも、ソダシのおかげだと思ってますし、ソダシに関わった馬主さんをはじめ、先生、スタッフ、牧場の人たちにも感謝したいです。今回は僕の手で勝たせていただきました。まだ先がある馬なので応援よろしくお願いします。

・優勝馬ソダシは5分のスタートで道中は先団馬群の内目に。折り合いをつけるために抑え気味の走りで4コーナーまで進んで、直線では開いたところを一気に突いて抜け出し追撃を振り切った。2着に来たサトノレイナスはソダシの開けた進路を内に進んで、最内を強襲する競馬で最後まで激戦を演じて見せた

・走破タイム1分33秒1は過去2番目の時計となり、昨年のレコードタイムにコンマ4秒差までに迫る好時計

・2着以下の騎手コメントは取得できず

・上位3頭の4コーナー通過順は4→8→14番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

◎1着→○2着→☆6着→▲14着

本線ワンツーとなりました。

 

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬ソダシです。

 

同馬は週中から伝えている

期待馬体のコラムにある通り

阪神向きのパワーやスタミナを

感じさせる筋肉をしています

阪神ジュベナイルフィリーズ2020今週の期待馬体

 

白毛でハレーションを起こすほどの

神々しい光を放ちますが

その状態で相馬に臨んでも

自信の持てる仕上げにありました。

 

それはなんと言っても体幹よく

器量の大きい骨格のためで

筋肉質でありながら馬体の

バランスも崩れていないからです。

 

現状オークスの距離は正直

未知の領域とはなりそうですが

垢抜けた馬体と筋肉の質

体幹ともに抜けた仕上げでした。

 

 

2着馬はサトノレイナスです。

 

同馬は今週のブログ予想時

その記事にも記載いたしましたが

垢抜けた馬体を誇る素質の

非常に高い馬体を見せました。

 

さすが国枝栄調教師の

元で仕上げられている馬だなと

ふっくらとした仕上がりにうっとり

気分が高揚した仕上げでした。

 

非常に馬体自体に張りがあり

最後も果敢にインを突くなどの

騎手に対して素直な反応も

実力発揮の一助になります。

 

全体的にゆったりとしている

大物感たっぷりのバランスで

距離が伸びても走れそうですから

ソダシの強敵となることでしょう。

 

 

3着馬はユーバーレーベンです。

 

同馬は今回前走時からの

変化が最もあった一頭で

下腹部の垂れたところが消え失せ

走れる仕上がりになっていました。

 

元々絞れたぴっちりしている

ツヤの良い馬体が売りのタイプで

今回はこれに倣っていたので

好仕上がりにあると思いました。

 

前走の敗戦はこれによって

明確化された感もありますし

札幌2歳ステークス2着は

伊達ではなかったということでしょう。

 

上り最速をマークしましたし

非常にスタミナがある馬なので

今後も楽しみな一頭ですし

ハイレベルな一戦となりました。

 

ということで・・・

 

今回の2歳女王決定戦は

史上初の白毛馬の優勝で

歴史的にも2番目のタイムで

駆けたソダシの強い競馬でした。

 

今年は無敗での牡牝3冠

そして2歳女王の誕生など

忘れられない年になりましたが

この世代もまたハイレベルでした。

 

ブログ予想とパドックの一致は

ジャパンカップ以来となりましたが

やはり複合的にも良い時は

素晴らしいレースが期待できます。

 

パドックロードの会員様や

今ご覧下さっているあなたへ

心よりの感謝を重ねながら

的中を目指したいと思います。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

週中のコラムや競馬ノウハウ

予想や配信でまたお会いしましょう。

 

*4週連続GⅠ戦でのワンツー入着馬を選出中。秋GⅠ◎7-0-1-1

*相馬のプロ・はしくれの見方は―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です