中日新聞杯2020予想・本命はヴェロックス

 

久々。

 

2月の小倉大賞典以来

約10か月ぶりの復帰戦に

左回りの中京の舞台を

選んできた実績馬ヴェロックス。

 

小倉記念では人気に推されて

9着と凡走となりましたが

馬体自体は非常に仕上がって

敗因が掴めないところでした。

 

仕切り直しの今回の一戦

休み明け馬は苦戦していますが

そんな中日新聞杯2020の

予想印と買い目を公開します。

 

<中日新聞杯2020予想・印&買い目>

本命◎・・・ヴェロックス

買い目・・・単勝&複勝各100円、計200円。

 

 

本命◎はヴェロックスです。

 

同馬はこれまで間隔的には

4か月が最長ローテですが

この時は神戸新聞杯での

2着という結果を残しました。

 

新馬戦でも優勝をしており

フレッシュな状態で臨めるのは

あまりマイナス要素ではないかと

個人的には察するところです。

 

ただデータ傾向から見てみると

半年以上の休み明けでは

過去10年で好走例なしと

厳しいデータが浮上してきます。

 

それでも本命を打った理由は

他の有力馬もハンデの加重や

枠の良し悪しなどが影響して

決め手に欠ける状態だからです。

 

特にこの枠順は近年では

圧倒的に中~外有利で

特に7~13番までの

枠が好走を果たしています。

 

その点ヴェロックスの入る枠は

5枠9番と好枠ですから

ラストを伸ばした調教も加え

自身の力は出し切れそうです。

 

持ちタイムも十分にありますし

2000mは2-1-0-0

一番勝ち鞍のある距離ですし

緒戦向きの中内田厩舎です。

 

川田騎手の信頼も厚い上

乗り替わりもありませんでしたから

これらを総合的に考えて

本命◎に抜擢です。

 

ということで・・・

 

中日新聞杯2020は

12月12日(土曜日)

中京競馬場第11レース

15時35分発走予定です。

 

*JC・マイルCS・チャレンジC。重賞での独占連発。

その、はしくれの相馬眼の秘密は―

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です