朝日杯フューチュリティステークス2020調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週の阪神競馬場では

2歳マイル王を決める一戦

朝日杯フューチュリティステークスの

発走が予定されています。

 

先週は好調の当欄から

3位選出となったソダシ

ハナ差でサトノレイナスを制して

GⅠ初制覇を果たしました。

 

秋GⅠでは1位選出の

連続連対は途切れましたが

ギリギリ選出馬から勝ち馬が

現れてくれてホッとしました。

 

そしてまた今週も当欄へと

お越し下さった方へ改めて

心より御礼を申し上げて

精進致したいと思います。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

朝日杯フューチュリティステークス2020調教1位:ロードマックス

(栗東 CW 良 64.8-50.5-37.4-12.3 ほぼ馬なり)

 

今回1位に選出したのは

ロードマックスと致しましたが

同馬は2週連続でウッドを

好時計で駆け抜けていきました。

 

1週前で既に馬体的に

仕上がっていると思われましたが

その時より攻めを強化しないで

更にタイムも縮まってきました。

 

元々骨太な骨格を持ち

タフなタイプだとは思われますが

負荷のかかるウッドで4ハロンを

50秒5なら速い時計です。

 

これをほぼ馬なりで繰り出すほど

今の同馬は充実中なので

前走より1ハロン長くても

やれる状態と見て良いでしょう。

 

 

朝日杯フューチュリティステークス2020調教2位:レッドベルオーブ

(栗東 CW 良 65.9-51.2-37.4-12.5 馬なり)

 

同馬は1位に選出している

ロードマックスとも迷うくらいの

軽快なスピード感を感じる

切れのある動きを披露しました。

 

併せ馬で相手を煽るほどの

余力たっぷりの内容でしたし

それも馬なりでの手応えなので

相当調子は良いところでしょう。

 

また同馬は1週前時点で

あまり負荷をかけられていないのに

急上昇を見せてきたところも

無理がなく好感の追い切りです。

 

なまじ先週上位選出馬の

タイムを評価しすぎた点からも

タイム以上の価値を感じさせる

好内容からも2位評価です。

 

 

朝日杯フューチュリティステークス2020調教3位:グレナディアガーズ

(栗東 坂路 良 51.4-37.8-24.7-12.6 馬なり)

 

同馬は1週前の調教で

CWをしっかりと乗り込んで

馬なりで84秒0と

長めから時計を出してきました。

 

このときも馬なりで最後伸ばし

11秒8と切れたのですが

最終追い切りは坂路に変えて

51秒4の時計でした。

 

これほどの時計を出していながら

馬なりでまだ余力も十分で

ツヤもよく唸るほどの手応えで

一気に駆け上がった坂路でした。

 

栗東坂路の追い切り自体は

時計は出やすかったようでしたが

それにしても速いタイムですので

取り上げておきたいと思います。

 

ということで・・・

 

2歳馬の一戦とはなりますが

さすがにGⅠを目指す各馬の

高い素質にワクワクするような

楽しみが広がる調教でした。

 

またこの中から馬券内に来る

出走馬も出そうな気配なので

馬券の組み立てを考えながら

取り入れて参りたいと思います。

 

あとは馬体面の仕上がりですが

4戦連続ワンツー指名の

GⅠ得意のパドックロード

お楽しみ下されば幸いです。

 

*先週阪神JFも◎→○大本線でワンツー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です