チャンピオンズカップ2020結果・優勝はチュウワウィザード

 

逆転。

 

昨年4着から巻き返して

無敗のライバルを凌いで見せた

チュウワウィザードが戸崎騎手を背に

鮮やかに駆けたチャンピオンズカップ。

 

調教から好内容を見せて

上昇気配が伝わりましたが

絞り切れた馬体で差してくると

2馬身半差で完勝しました。

 

昨年4着以内馬が全て

4着以内に収まりましたが

そんなチャンピオンズカップ2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<チャンピオンズカップ2020結果

優勝馬・・・チュウワウィザード

2着馬・・・ゴールドドリーム

3着馬・・・インティ

 

<チャンピオンズカップ2020予想・印&買い目>

本命◎・・・クリソベリル

対抗〇・・・クリンチャー

単穴▲・・・カフェファラオ

特注☆・・・ゴールドドリーム

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

(予想結果=不的中)

チャンピオンズカップ2020予想・本命はクリソベリル

 

勝ちタイム=1分49秒3(晴れ・良)

前半800m通過=48秒5

ペース=ミドルハイペース(0秒5差)

勝ち馬上がり3F=36秒4(1位タイ)

レース上がり3F=37秒0

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:断然1番人気に推されたクリソベリルは大外枠からで、やはりこれが影響して僅かに3着には及ばなかったと見る。馬体面ではゴールドドリームと双璧の好馬体だったが、調教で動けていなかった点がレース結果と関連している。逆に昨年4着のリピーターで調教も動け馬体も良かった、チュウワウィザードと昨年2着のゴールドドリームのワンツーは納得。この中で4着のクリソベリルは地力の高さだけで走っていた

・優勝馬チュウワウィザードはJpnⅠ&GⅠ3勝目。中央GⅠは初勝利

・戸崎圭太騎手は中央GⅠ8勝目でダートGⅠは初勝利

・大久保龍志調教師は当レース初勝利

・チュウワウィザードの生産は安平町のノーザンファーム

・馬主は中西忍さん

・ノーザンファーム並木芳和氏「牧場時代から良い馬で、一戦一戦使いながら階段を上がって来てくれたなと」(通信不安定のため確認できたところのみ記載)

・戸崎圭太騎手のコメント「非常に嬉しいですね。馬の状態は非常によくて、雰囲気いいなあという形で、あとは先生とレースのプランを組み立てながら、作戦を練りました。目標にするクリソベリルが前にいてマーク出来たんで、その手応えを見ながらでしたけど。チュウワウィザードも追ってしぶとい馬なので、こちらから外を回して踏んで行きました。本当に力を出してくれて、僕も馬の力で勝たせていただいたなという感じです」

・優勝馬チュウワウィザードは5分のスタートから道中は中団のやや外を回った。前にクリソベリルを見る形で4コーナーの終わりから追い出し、伸びあぐねるクリソベリルを尻目に前にいたインティを追いかけた。直線半ばで捉えると脚色は衰えずそのままゴール。2着ゴールドドリームにつけた着差は2馬身半と快勝だった

・走破タイム1分49秒3は過去10年で3番目の時計(中京開催では2番目)

・2着以下の騎手コメントは取得できず

・上位3頭の4コーナー通過順は4→7→2番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

▲1着→○2着→◎4着→☆7着でした。

 

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬チュウワウィザードです。

 

同馬は相変わらずバランスよく

引き締まった馬体が好感で

いかにもスタミナに勝るタイプで

無駄のない隙のない仕上げでした。

 

このあたりかなり調教タイムも

伸ばしていた調整過程ですが

調教診断の上位2頭で

ワンツーという結果となりました。

チャンピオンズカップ2020調教診断・上位3頭を選出

 

乗り手に素直に従う気性で

折り合いがついて運べることから

安心して見ていられる感じで

見れば見るほど強い競馬でした。

 

ツヤもよく張りもあり歩様もよく

非常にレベルの高いパドックで

4番手以下を引き離していた

好仕上がりにある一頭でした。

 

 

2着馬はゴールドドリームです。

 

同馬は最初本命にしようか

迷うくらい仕上がっていましたが

筋肉量はクリソベリルなので

2番手という評価になりました。

 

近走では確実に今回が

最もバランスよく仕上げていて

前後肢ともに申し分のない

筋肉の張りが目立っていました。

 

しかも今回は以前より更に

筋肉をふっくらと見せてもいて

一段成長を感じるほどの

仕上がりにあったと思っています。

 

一向に衰えを見せぬ馬で

これだけ見事な馬体があるので

まだまだダート王の復権にも

十分可能性があるでしょう。

 

 

3着馬はインティです。

 

同馬は元々腹袋があり

多少垂れた感じがするのですが

プラス7kgの影響も見られ

これが不選出の理由でした。

 

ただ中京競馬場のコースは

こういった馬が走る形態で

それも加味すればギリギリ最後の

☆は付けられたかもしれません。

 

筋肉のボリューム感や張りでは

相当回復傾向にあって

皮膚も突っ張ってぴちっとしていて

ツヤも良く非常に好感でした。

 

最後3着に凌いでいますし

2番手から折り合いもついたので

次戦以降も非常に楽しみな

一戦になったと言えるでしょう。

 

ということで・・・

 

チャンピオンズカップ2020の結果は

昨年の上位馬で決まるという

ダート界らしい層の厚さには

納得する一戦となりました。

 

国内無敗から負けを喫した

クリソベリルも良く走りましたし

馬体自体は良いものだったので

流れひとつで変わってくるでしょう。

 

不的中なのは残念でしたが

収穫の多い一戦でしたし

パドックもあと少しでGⅠの

3週連続の独占でした。

 

パドックロードの会員様や

今ご覧下さっているあなたへ

心よりの感謝を重ねながら

頑張って参りたいと思います。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

好調の調教やパドックでも

お会いできることを願っています。

 

*3週連続重賞で3着以内独占を継続。パドック予想は―

*はしくれの相馬眼の秘密は―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です