チャレンジカップ2020結果・優勝はレイパパレ

 

台頭。

 

秋華賞に出走できなかった

無念を晴らす快勝で臨んだ

3歳牝馬のレイパパレですが

見事古馬重賞の壁も突破。

 

前走大原ステークス勝ちの

鮮やかなインパクトもそのままに

2番手から直線で抜け出すと

危なげなく後ろを封じました。

 

さすがに馬格面では古馬勢に

混じると牝馬らしく見えましたが

そのチャレンジカップ2020の

結果を振り返って参りましょう。

 

<チャレンジカップ2020結果

優勝馬・・・レイパパレ

2着馬・・・ブラヴァス

3着馬・・・ヒンドゥタイムズ

 

<チャレンジカップ2020予想・印&買い目>

本命◎・・・レイパパレ

買い目・・・◎単勝300円。

(予想結果=的中。単勝160円×3)

チャレンジカップ2020予想・本命はレイパパレ

 

勝ちタイム=1分59秒9(晴れ・良)

前半1000m通過=62秒0

ペース=スローペース(4秒1差)

勝ち馬上がり3F=34秒4(3位タイ)

レース上がり3F=34秒4

クッション値(当日午前7時半)=9,6(標準)

 

☆レース後のまとめ

・はしくれの感想:レイパパレは川田騎手が宥めるのに非常に苦労したレースだったが、4秒1もの超スローペースが大きく影響したようだった。だが、ジェネラーレウーノがハナに立ちその2番手で壁を作れたため、結果的に末脚を溜めつつ53kgの軽量で弾けられた。インの芝もまだまだ伸びる馬場で早目の仕掛けも完璧なもので、全てが結果的に上手く流れたことも勝利を後押ししていた。馬券的には単勝160円の的中となったのだが、レース単独での回収率は160%と大きく、はしくれらしく当てられたことには嬉しい一戦ともなってくれた。

・優勝馬レイパパレは重賞初制覇

・川田将雅騎手は当レース2勝目(2009キャプテントゥーレ)

・高野友和調教師は当レース初勝利

・レイパパレの生産は安平町のノーザンファーム

・馬主は(株)キャロットファーム

・川田将雅騎手のコメント「返し馬から気持ちが入り過ぎてしまっていて、お兄さんやお母さんの血が騒ぎだしたなという雰囲気で競馬を迎えてましたので、なんとか我慢させようと言い聞かせながらの道中でした。能力が非常に高いのは間違いないと思いますが、レースにおいてのコントロールが非常に難しくなってきていますので、距離も2000mを勝てはしましたが、その辺の対応というのも非常に課題になってくると思います。もう少し穏やかに走れるように、そういう競馬を覚えていければと思うので、無事に一歩一歩コントロールが効いた中での競馬が出来ていければと思います。」

・優勝馬レイパパレはスタート後かかり気味で2番手インに入れ、4秒1差のスローペースの中をじっと我慢して脚を溜めた。4コーナーでは進路を確保しすぐに先頭に立つ走りをして、直線も坂でもたれることなくロングスパートを繰り出し快勝。これでデビューから5戦5勝という無敗での重賞初制覇に

・走破タイム1分59秒9は過去4年で4番目の時計で、昨年よりコンマ8秒遅い少々時計がかかった一戦

・上位3頭の4コーナー通過順は1→6→3番手

 

☆はしくれ個人配信「パドックロード」の結果

 

 

○1着→◎2着→▲3着→☆5着

3週連続重賞レースでの3着以内独占でした。

以下馬体診断を実施致します。

 

 

まず優勝馬レイパパレです。

 

同馬は前走時よりも相手が

一気に強化されたこともあって

さすがにやや華奢に見える馬体で

牝馬らしさが目立っていました。

 

バランスもややトモが上がってきて

前走使ったことが原因か

腰周りもきつくなっていたので

今回はギリギリの仕上げでした。

 

そのためか川田騎手のコメントで

テンションの高さが聞かれましたが

こうした仕上げだと精神的に

きつくなりやすいのも特徴です。

 

やはり古馬に混じると馬格面で

多少気後れもしてしまいますが

肌ツヤよくバランスも良い馬で

あとは今後の成長が鍵です。

 

 

2着馬はブラヴァスです。

 

同馬は2000mが得意で

坂の有るコースも追い風ですが

レイパパレよりも幅を持っていて

ボリューム感あふれる馬体でした。

 

相変わらず仕上がった時に出る

フワフワのツヤも光っていたうえ

柔軟性に優れた筋肉で

「勝ちに来た仕上げ」だと感じました。

 

正直上がり最速で追い込み

スローの後方待機でしたから

ハンデ差3kgも加味するならば

馬体的にはこちらが上でした。

 

ただそこは展開のアヤでもあり

結果には納得いくものなので

同馬の力自体は十分に

発揮できたと言える2着でしょう。

 

 

3着馬はヒンドゥタイムズです。

 

同馬は9月の中京2000mで

芝のケフェウスステークスを使い

3か月近く開いていましたが

非常に良く回復していました。

 

全体的にふっくらと仕上げた

斉藤崇史厩舎らしい馬で

その柔軟性は同じ厩舎の

クロノジェネシスにも似ていました。

 

斉藤調教師は免許を取り

僅か5年でGⅠ3勝と

柔軟性を保つのに優れた

若手の腕の有る調教師です。

 

これから沢山の名馬を集め

活躍されていく方でしょうから

仕上げの特徴を覚えておいて

損はない知識だと思います。

 

ということで・・・

 

今回は2着以下のコメントが

取れずに非常に残念でしたが

それぞれに仕上がりも良かったので

ハイレベルな一戦となりました。

 

返す返すも低配当という

単勝に一見、見えはしますが

資金集中で当てに行くことは

回収率の底上げになります。

 

このような考えにより今年も

100%を超えていますので

「回収率100%のカラクリ」

もぜひお役立てくださいませ。

 

それにしてもレイパパレの無敗は

見事という他ないところですが

同馬が更に高みに上るのが

楽しみになった好レースでした。

 

はしくれもブログ予想を通じて

パドックロードの会員様や

ご覧の皆様の競馬の夢に

貢献していきたいと思います。

 

それでは今回もご覧下さり

誠にありがとうございました。

次の的中へ向けてしっかりと

取り組んで参りたいと思います。

 

*はしくれの相馬眼の秘密は―

*好調の秋GⅠ戦線、ここまで◎6-0-1-0。3週連続重賞制圧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です