チャンピオンズカップ2020調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週はダート王決定戦

チャンピオンズカップ開催ですが

ダート馬は冬季がシーズンのため

ローテ的な思惑が生まれがち。

 

そこでここを緒戦と臨む馬か

狙いの一戦としているのかが

調教評価を下す上でも

ひとつの判断基準になります。

 

当コラムは菊花賞から始め

GⅠ1位指名馬が全勝。

新ジャンルとしてこれ以上はない

スタートを切る事が叶いました。

 

そのため皆様に感謝をしつつ

取り組んだ診断となりましたが

クリソベリルを除いた3頭の

指名という結果になりました。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

チャンピオンズカップ2020調教1位:ゴールドドリーム

(栗東 坂路 良 51.7-37.7-24.5-12.1 強め)

 

今回1位に選出したのは

古豪ゴールドドリームですが

同馬は坂路51秒7と

素晴らしいタイムを記録しました。

 

1週前も強めの調教を

長めから時計を出していますが

その際に馬体は仕上がっており

直前は軽めかと思いました。

 

それが2週連続で調教を

しっかりとやって負荷をかけてきて

しかも豪快なフォームをそのまま

現すかの好時計ときました。

 

元々ここは勝っている舞台で

左回りは滅法強いので

8番人気で1着に駆けた

3年前の走りに期待です。

 

 

チャンピオンズカップ2020調教2位:チュウワウィザード

(栗東 坂路 良 52.4-38.0-24.8-12.4 やや強め)

 

同馬は1週前も調教で

強めに追われて鍛えていますが

追い切りも軽く押して前に出て

スピード感あふれる動きでした。

 

元々引き締まった馬体を見せ

スタミナを感じさせる馬ですが

今回は切れを感じる動きで

瞬発力もついているようです。

 

昨年こそ4着とあと一歩

馬券内には足りませんでしたが

今年はまだ3戦で状態が

フレッシュなのも好感が持てます。

 

冬季はここを緒戦に何戦か

挑戦する構えと思いますが

一戦一戦が勝負の馬で

経験を活かして勝負でしょう。

 

 

チャンピオンズカップ2020調教3位:アルクトス

(美浦 坂路 良 51.1-37.0-24.5-12.4 やや強め)

 

同馬は1週前の調教も

坂路調整されてきましたが

2週連続4ハロン計時が

51秒台のタイムでした。

 

美浦の坂路は栗東のそれより

速いタイムが出やすくなりますが

とはいえ好タイムと言えるもので

状態の良さは明らかでしょう。

 

動き自体も躍動感があり

追われると重心低く加速し

相変わらずパワフルさもあるので

南部杯後も好調キープです。

 

この南部杯ではレコード勝ちと

充実著しいところなので

その状態をしっかりと感じた

追い切りは評価が必要でしょう。

 

ということで・・・

 

無敗のダート王に君臨する

クリソベリルを除いた今回は

昨年2着の上位常連馬

ゴールドドリーム1位指名です。

 

その昨年2着も僅差ですし

舞台適性に疑いないので

昨年1番人気に推された

真価の発揮も期待できましょう。

 

あとは馬格がある馬が多数の

ダートGⅠ戦となりますから

大きさだけではない馬体面の

仕上がりの見極めに注力です。

 

*秋GⅠ本命◎6-0-1-0。ジャパンカップパーフェクト的中―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です