ジャパンカップ2020過去10年の傾向まとめ

 

こんにちは、はしくれです。

 

今週末のGⅠは歴史を

左右する一戦ともなりそうな

スターホース3頭一度きりの

激突となるジャパンカップです。

 

無敗の牡牝3冠馬に加え

史上初の8冠馬が対決

空前絶後のレースとはまさに

今回の為にある言葉でしょう。

 

全ての競馬ファンが浮き立つほど

強力な顔ぶれになりましたが

傾向的に有利な存在は

一体どの馬になるのでしょうか。

 

それでは早速参りましょう。

 

☆ジャパンカップ2020・過去10年3着以内傾向

 

①好走枠:1枠=10頭(全30頭中・4勝)

➁苦戦枠:6枠(黄)=1頭(2016サウンズオブアース2着のみ)

前年3着以内リピーター:5頭(トーセンジョーダンは2011→2013と隔年での2→3着)

④牝馬:8頭(4勝)

⑤3歳馬:8番人気以内で8頭(近3年で2勝)

⑥人気:1番人気6頭・2番人気5頭・3番人気3頭・4番人気4頭・以下10頭

⑦好走騎手:武豊騎手3回(2勝)・川田将雅騎手3回(0勝)

⑧ハンデ:定量

⑨走破タイム:良=2分20秒6~2分26秒1・重2分25秒9(2019)

⑩好走厩舎:角居勝彦厩舎4年(4頭1勝)・池江泰寿厩舎4年(3頭0勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:計5年5頭で近5年では1頭のみ

⑫馬体重:434~542kg

⑬4角5番手以内:16頭(7勝。逃げ馬は3年2頭が馬券圏内で2016~17キタサンブラック、2018キセキが該当。2016は優勝)

⑭好調種牡馬:ディープインパクト8頭(計3勝。2012~13ジェンティルドンナ連覇)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):全馬重賞経由(うちGⅠ経由25頭で8勝)。主な前走:天皇賞秋17頭(5勝)、秋華賞3頭(2勝)、GⅠ以外では京都大賞典3頭(2勝)、外国馬の3着以内なし

⑯前走後間隔:中2週~中8週(凱旋門賞経由2頭含む)

前走人気:10番人気以内

⑱前走最低着順馬:2010ジャガーメイル=天皇賞秋18着

⑲ペース:スロー7、ミドル1、ハイ2。スローペース時は0秒9~4秒3差で、昨年の重馬場を除くと近3年連続でスロー。昨年以外全て良馬場で2015年ハイペース時はカレンミロティックが単騎逃げ

 

ジャパンカップ2020過去10年の傾向から

枠順確定前の最上位馬は…

 

 

アーモンドアイ

 

昨年は未出走だったがトーセンジョーダンの例もあるように、隔年とはいえリピーターの可能性もあることが強みに。世界レコードを記録した一昨年は2番手から進んで、上り2位を記録するなど無類の強さを見せつけた。

コース適性もさることながらデータ優勢の牝馬でもあり、国枝調教師が2年連続で連対馬を出していることも注目。前走優勢の天皇賞秋経由(優勝)と後押しもあり、C.ルメール騎手も近3年で2度の馬券内なら。

 

2位は…

 

 

デアリングタクト

 

データ優勢の牝馬でハンデも軽い3歳馬なのも有利。3冠牝馬はジェンティルドンナが優勝しており心強い前例。

父エピファネイアも優勝馬に名を連ねており血統も後押し、秋華賞経由馬が4頭で2勝とローテーションも好感。

 

以上、ジャパンカップ2020過去10年の傾向まとめでした。枠順発表前ですので、その点は確定後に精査しましょう。

各馬順調に仕上がってくることに期待したいですね(^^)

 

*GⅠマイルCSも3着独占。歴史的一戦も見抜く