はしくれの血統論。競馬は馬体で決まる。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競馬と言えば「ブラッドスポーツ」とも呼ばれ、

サラブレッドが血統を操作されながら進化し続けてきた事は

多くの人が知るところですが、

皆さんはこの「血統」というものをどのようにお考えですか?




はしくれが競馬の入門編としてプレイした

「ダービースタリオン」

などに代表される競馬ゲームは、

血統を掛け合わせて強い馬を作り出す

という事がプレイの王道でした。

 

現実もまさにこの通りで、

強い馬を作るために、様々な配合が試され

その中で効果の高いものだけが

淘汰を耐え抜いていく、

という非常に厳しい世界です。

 

そこで今日はこの「血統」に照準を合わせて

はしくれの血統論

を披露したいと思います。

 

そもそもサラブレッドとは、

Thorough(完璧な)+bred(育てられた)という

言葉の組み合わせからくるもので、

読んで字の如く、

完璧に育成された、作られた存在である事が分かります。

 

元をただせば殆ど一頭(或は3頭)の馬に行き着くような、膨大な系図がありますが、

簡単に言ってしまえば、

速く走るのが得意な馬の血が、今に残っている

という事です。

 

細かい事の成り行きは ウィキペディア をご参照頂くとして、

とにかく血統を簡単に考えると

速い走りができた父に、似た子ども(もしくはそれを超える子ども)を残す事を優先する

というのがサラブレッドの基本です。

 

 

よく、○○産駒は東京が得意

とか、

△△産駒は短距離しか走らない

とか色々な事を言われます。

 

皆さんもはしくれも、

こういう知識が実際に馬券に活かされれば良いのですが、

新馬戦にしろGⅠにしろ、

これだけを決め手に買うには、かなりの研究が必要になる事でしょう。

 

当コラムの真髄は「馬券の収支改善」にありますから、

これらの血統ばかりを追いかけるよりも、

競馬の全体を知る事の方が、余程大事だと思います。

 

そして実際に収支改善に繋がる考え方の一つとしては、

血統<馬体

という考えをはしくれは掲げています。

 

これはどういう事かと申しますと、

例えば、

東京ダートマイルはゴールドアリュール産駒が走る

というデータが有るとします。

 

このコースで行われるレースのメンバーに、

この産駒が一頭だけだとします。

すると当然、この馬には注目が集まります。

 

実際、今年のユニコーンステークスでも、

この血統のサンライズノヴァが優勝、

血統の力をまざまざと見せ付けたわけですが、

実は同馬の激走は、パドックからも読み取れました。

 

 

先述のとおり、そもそも血統の配合というものは、

優秀だった父(或は母)に似た馬を作るための行為

です。

 

ですから、

父と特徴が似通った馬体になれば、得意な舞台も似る

と言えはしないでしょうか。

 

血統の重要性は疑うべくもありませんが、

これだけを決め手にするのはかなりのリスクが伴うと思います。

ですから実際には、

相馬眼を鍛える方が早いし実利があります。

 

またなぜ、血統論だけに終始すべきではないのか、というと・・・

それは、先入観が生じるためです。

 

競馬予想において、まず一番怖ろしいのは、

この先入観に支配されてしまう事です。

これは先日のコラムでも触れましたが、

結論を出すまでの自由を、最初から奪ってしまう行為

は極力避けなければなりません。

 

それに、よく囁かれる競走馬の距離不安も、

殆どがこの血統を理由に挙げられています。

ですが、

余程詳しい方ならまだしも、

素人が付け焼刃で距離不安に確信が持てるほど、

この血統の世界は生優しくありません。

 

丁度現在人気のキタサンブラックも、

母父にサクラバクシンオーという短距離馬の名前がある為に、

菊花賞前には距離不安が何度も囁かれていました。

ですが馬体は短距離馬のそれではありませんでしたし、

はしくれは何も気にせず馬券も取らせてもらっています。

 

こう言うと、

「馬体を見る方が難しい」

という意見も有るのですが、

はっきり言って

馬体の方が目に見える分、分かりやすいです。

 

それに、競馬予想をする際は、

いっそ簡単に決め付けるよりは、

「分からない」

と思っていたほうが、

予想力が上がります。

 

ですから、血統を云々して予想を立てるよりも、

それはあくまで予備的なアプローチの手段として、

馬体を見る目を養う事の方が先決だと思います。

 

相馬眼はパドックで実践的に鍛えられる上、

一度身に付いてしまえば、どんな血統かも気にならなくなります。

本当の意味でその馬を見抜くには、

どんな親から生まれたかよりも、その馬自身を自分の目で確かめる事が大事です。

それは、人間にも言える事ではないでしょうか。

 

血統=親に似た馬作り

 

これはどちらかと言えば、

生産者にとって重要な問題なのであり、

馬券を買う私たちにとっては、

必ずしも重要とは言えません。

 

血統は確かに重要な意味を持っていますが、

相馬眼がなければ、どうして親に似ているのかの判断が出来ましょう。

似ても似つかない馬が現れる事も珍しくはありません。

ですから、まずは相馬眼を鍛える事をはしくれはお奨めします。

(相馬眼を鍛える為の実践的な方法は こちら の過去記事をご参照下さい。)

 

いかがでしたか。

 

今回ははしくれの血統論について述べてまいりました。

ここで誤解して欲しくないのは、

決してはしくれは血統を軽視しているのではなく、

馬体を重視しているだけです。

 

血統とは、そもそも馬体を作り、繋げて行くことです。

それを忘れた血統論に、惑わされないようにしましょう。

そしてその馬自身の適性を見極めて、

馬券の収支改善に繋げていきましょう。

 

それでは、今回はこの辺で。

ご精読下さいまして、誠にありがとうございました。




「競馬で生活する僕は」第100回記念・収支報告

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日で当ブログは3月1日のスタートから、

第100回の節目を迎える事ができました。

これも皆さんの応援があればこそ、

お読み下さっている皆さんに、

改めて深く感謝申し上げます(*><*)

 

さて、当ブログの予想は最初

キタサンブラックの優勝した大阪杯に始まり、

上半期の総決算である宝塚記念までを通過しました。

この間、掲載したレース数、28レース。

春競馬の締めくくりとして、

これまでのはしくれの予想がどういう成績を残してきたか

ここで報告をさせて頂きたいと思います。

 

それでは早速、成績の発表です。




<第100回までの収支>

馬券購入金額16,600円 回収額18,460円 収支+1,860円

回収率111,2%

的中レース数:10レース(28レース中)

最高配当:馬連6,500円(夏至ステークス)

本命◎成績 1着7回、2着1回、3着9回、着外11回

単勝率25% 複勝率60,7%

 

以上のような結果となりました。

 

このところの2戦連続的中で、一気に息を吹き返した

という感じが強いですが、

それだけではなくコツコツと、

単複やワイドで繋いで来た分がここに来て活きて来ました。

 

当ブログは初めから「競馬でがっつり儲けたい人」向けではなく、

「お小遣いで競馬を楽しんでやっている人向け」でありますから、

まずは回収率を80%程度に持ってくる事に主眼を置いています。

 

その点を踏まえると、現時点での数字としては

中々満足できる数字と言えるのではないでしょうか。

 

 

ところで競馬の良いところは、

趣味でやっているにもかかわらず、儲かる事がある

という事です。

これは他の趣味では中々無い事と言えるでしょう。

 

考えてみれば、

趣味に使ったお金が返ってくるという事は、

それはそのまま貯金や生活費に転化できるという事でもあります。

はしくれは一生競馬をやり続けますから、

この返ってくるお金を大事にしています。

 

ですからこれからも当ブログは、

外れても損失の少ない

買い目は6点以内

これを守って行きたいと思います。

 

それと、

以前 こちら の記事でも紹介致しましたが、

予想家というものは、皆さんに上手に使っていただき、

皆さんの的中の踏み台にして下さればそれで構いません。

 

はしくれの予想は、

プロの予想であると同時に、

はしくれ個人が実際に買う馬券の提示

でもあります。

 

プロの予想は有料で買う事もできますが、

当ブログではこれからも無料で公開していく所存です。

どうぞ皆さんの馬券の収支改善の一考になさって下さい。

 

春競馬は終わりましたが、

これからも競馬は続きます。

夏の暑い日差しの中で、

力走する各馬に声援を送りましょう。

 

それでは、

これからも皆さんの楽しい競馬生活が続く事を願って。

今回はこの辺で、失礼致します。




競馬を一生続けるために

 

競馬をやめたい

競馬が分からない

何のために競馬をやっているのだろう

 

プロの競馬ライターであるはしくれにも、

何度もこういう葛藤の時期がありました。

競馬をやり続けていく中で、

競馬をやる事の意義や喜びは、

各人が自分で見つけるものです。

 

目標を失った状態で競馬をするのは、

無謀でしかありません。

もし今、競馬をやめたいと思っている方がご覧であれば

どうぞ躊躇無くおやめになって下さい。

競馬の他にもあなたの目を輝かせるものは、

必ずどこかにあります。

 

今回、こんな事をお話するのも、

表題の通り「競馬を一生続けるために」

はしくれが肝に銘じているいくつかのお話をしたいからです。

もし、あなたが競馬をやめたいと思っているなら、

全く無関係な話ですから、すぐさまページを閉じてください。

これは競馬を一生続けたい人に向けてするお話になります。




それでは競馬を本当に続けて行きたい、

という方に向けて、ここからは本気でお話していきたいと思います。

 

 

まず、皆さんに質問ですが、

競馬を一生続けていく気がありますか?

 

はしくれはYESです。

これは即答できなければなりません。

というのも、競馬は考えてやるようなものではないからです。

 

こういうと語弊があるかも知れませんが、

これは予想の事ではなくて、

競馬をやるかやらないかにおいてです。

 

競馬は、なんとなくやる、なんて

曖昧な精神で勝てるものではありません

 

現在のはしくれは、

馬券が買えるようになってから15年の歳月が経ちましたが、

馬券が買えずに応援していただけの未成年時代も含めると、

かれこれ競馬を見始めて、

早19年の歳月が経過している事になります。

 

競馬歴19年。

その中で戦ってきたレース数、およそ2万戦。

少なめに見てこの数字ですが、

未だに通算回収率は100%を超えてきません。

 

もちろん、はしくれは凡才ですから、

そうでない頭脳や特殊な才能をお持ちの方なら、

とっくに勝てているのかも知れません。

 

それでも凡才ながらに競馬をここまでやってきて、

今はっきりと言える事は、

回収率が100%を超えるのは非常に難しい事と、

競馬をやって当たり前という状況でなくては、

勝つ為に考えることも、

その為の算段も、

全て中途半端なまま、その気持ちが馬券に現れる

危険な状況に陥ってしまう、という事です。

 

ですから、最初に皆さんに質問させて頂きましたが、

 

本当に収支を改善させたいと思うなら

まずは競馬を一生やり続ける気が有るのかを、自分自身に問うて下さい。

それが済んでいないのならば、「競馬のいろは」も無意味です。

一生続けていく覚悟があればこそ、改善の道も本気になれます。

 

 

ところで皆さんは、馬券の収支を付けていますか?

もしまだやっていないという方は、是非そこから始めてください。

だって、勝っているか負けているかも分からない状況では、

収支をどう改善すべきかも分からないですから・・・。

 

また、使っている額が家計にどれだけ影響を及ぼしているかも、

きちんと計算しなくてはなりません。

はしくれは実際に家計簿に記録していますが、

馬券で外れたお金で何が買えたはずだとか、

そういう計算も何度もしてきました。

 

競馬に使うお金だけが家計と切り離されているなんて事、

庶民生活の範囲内では絶対にありません。

地に足の着いたお金でなければ、

勝ったとしてもまたなくなるのがオチでしょう。

 

とはいえ、かく言うはしくれも最初の頃は、

全く収支を付けていませんでした。

それは完全に遊びの域を出なかったからなのですが

やはりこの頃は競馬の知識も中途半端で、

ただ好き嫌いの問題のみが頭を支配していました。

 

この好き嫌いは競馬をやる上で非常に重要な要素ですが、

それだけでは競馬は当たるようにはなりません。

その事に意識が向いた時から、勝率が上がるようになりました。

そして勝率が上がった時、ふと思ったのです。

 

もっと本気で競馬に取り組んでいれば、

もっと負けずに済んだのに

と。

 

競馬からはしくれは、今まで沢山の事を学んできました。

勝つための考え方や、負けないための考え方、

お金というものの存在や、

競馬という存在そのものについて・・・。

 

皆さんは、競馬を一生続けていく気がありますか?

もしそうなら、勝ち逃げなんて死ぬまで出来ない事はお分かり頂けると思います。

ですから、勝ち続ける事が出来なくても

負けない競馬をしていく事ができなければなりません。

 

はしくれの競馬とは、そういう競馬です。

ギャンブルとも、投資とも形の違う競馬・・・。

「競馬を一生続けるための競馬」なんです。

 

ですから、これからも当ブログをお読み下さる皆さんには、

こういった観点ではしくれが実践してきた事を

事実に基づいて紹介している、

という事を念頭においてお読み下されば幸いです。

 

それでは今回のコラムの最後に、

はしくれの競馬観に最も近い言葉として

作家の寺山修司さんの残した言葉を紹介したいと思います。

 

「競馬が人生の比喩なのではない。人生が競馬の比喩なんだ」

 

今週のダービー、寺山さんならどの馬を選んだのでしょうか。