目黒記念2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

日本ダービーが終わり興奮冷めやらぬ東京競馬場にて、ダービーデーのトリを飾るために用意されているこの目黒記念

毎年一筋縄ではいかない重賞としても知られていますが、今年も長距離得意の各馬が意気揚々と参戦しています。

さすがは古馬という追い切りを見せ、上昇を見せた馬が多かった、目黒記念2021の調教診断を実施致します。

目黒記念2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ヒートオンビート

<栗東 芝 良 81.9-66.2-51.8-38.2-12.1 馬なり>

今回1位に選出したのはヒートオンビートと致しました。

同馬は友道厩舎の所属で芝の追い切りをこなしていますが、同厩舎ではレース前こうした内容が良く見られるところです。芝は他のトラックと比べてもタイムが伸びやすいとは言えますが、馬なりでラスト12秒1は上々のタイムと見て良いでしょう。

同馬に関しては週の始めに傾向でも紹介をしましたが、安定感のある成績を見せ、出れば着実な競馬を見せます。今回も馬体を見る限りでは全く無駄な肉がありませんし、距離への対応も済んでいるので実力発揮に支障ないでしょう。安田記念2021過去10年の傾向とイチオシ

少々首の動きは硬いのか、持ち前のものかは分かりませんが、そうしたなかでも違和感は持たずバネを感じる走りをしています。小気味よいフットワークもレースで軽快にギアを上げそうですから、タイム・見た目の実感両面で1位指名にしたいと思います。

調教2位:ミスマンマミーア

<栗東 CW 良 81.9-66.0-51.7-37.4-11.7 強め>

調教2位はミスマンマミーアです。

同馬は前出のヒートオンビートを前走で差し切っていますが、ハンデ差があったとはいえ最後の加速力には驚かされました。牝馬は胴が切れ長で後肢の踏み込みが強い馬も多いので、可動域の広さゆえにスパッと切れる馬が多いのも理由です。

同馬も伸びやかなフットワークで追われるほどに伸びて見せましたし、胸前が深い割には後肢の可動域も広い馬体面です。坂も苦にしない体型でもあり前走で差し切りを見せたことは、この影響も大きいと感じる馬体面を維持できて見えました。

1週前も外々を回って好タイムを計時していましたが、今週の最終追い切りにしろ外々から弾ける走りでした。全体時計の81秒9も優秀な時計面ですし、こちらも時計・馬体の両方で注目が必要な存在です。

調教3位:ムイトオブリガード

<栗東 CW 良 81.3-64.9-50.3-36.9-11.5 ムイトオブリガード>

最後はムイトオブリガードです。

同馬は同じコースで有名なアルゼンチン共和国杯では、2年連続で連対している実績を持つコース巧者です。このレースとの連動性が少ないのが意外な当レースですが、同馬の調教自体はスピード感のあふれる良い内容でした。

一杯に近い強めに追われてムチこそ使われていないのですが、4ハロン50秒3を出して11秒5というフィニッシュです。前走新潟で最後直線一気に追い出されたこともあって、末脚はかなりエンジンがかかりやすくなった印象も受けました。

個人的には最終追い切りは馬なりの方が好みなのですが、今回くらい内容も良ければ選出しないわけには行きません。多少馬体のバランスは整いにくい大柄なタイプなのですが、この追い切りからは仕上がりもよく、当日も期待感があるでしょう。

目黒記念2021調教診断・おわりに

はしくれ

先日目黒の方に行ったけど、オシャレな喫茶店とか多いよね
それを横目で見ながらも結局、何も買わずに帰ったようですが…

のりしお

はしくれ

だって少しでも節約しといて、ダービーデーに挑戦したいじゃん?
パドックロードの配信も既に、最終までと決まっていますしね

のりしお

はしくれ

最後に重賞レースがあるんじゃ、資金不足になるわけにいかない
配信レースは一切ケンせず、毎回馬券買っていますからね

のりしお

はしくれ

だから本気度も最高潮だよ

*目黒記念2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

また目黒記念2021の関連記事はこちらから―

目黒記念2021予想・本命はヒートオンビート

目黒記念2021・今週の期待馬体

目黒記念2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です