オークス2021予想・本命はソダシ

無敗。

昨年に続き牝馬二冠目に無敗で挑戦するソダシですが、同馬は白毛であることによって、いぶかしむ声も聞こえていました。

そして迎えた前走桜花賞、レコード勝利で一冠を制し、毛色に関係なく強いことを証明する一戦となりました。

強力なライバルに競り勝つなど名実ともに女王の風格の、ソダシ本命のオークス2021の予想を公開します。

はしくれ

ソダシ頑張れ!
応援してます!

のりしお

オークス2021予想・印&買い目

本命◎ソダシ

対抗〇ステラリア

単穴▲アカイトリノムスメ

特注☆ユーバーレーベン

買い目=馬連&ワイド◎流し各100円、計600円。

▲1着→☆2着→◎3着→〇13着

*土曜GⅢ平安ステークス3着以内独占

オークス2021予想

本命◎ソダシ

本命◎はソダシです。

同馬は先述のとおり無敗で桜花賞を勝利してきましたが、その勝ち方もレコード優勝で完璧な走りを見せつけました。ライバルのサトノレイナスは既にダービーでも人気の予想もあり、強敵相手に勝ち切ったことで訝(いぶか)しむ声を封殺しました。桜花賞2021結果&馬体診断・優勝はソダシ

白毛馬のために目立つ存在で懸念する声も聞かれたのですが、馬体を見ればそう思いませんし、内容も素晴らしいレースでした。マイルに限らず万能タイプでオークスも守備範囲に見えますし、バランスも良く柔軟性があり、完成度の高い馬体面です。オークス2021・今週の期待馬体

また桜花賞というレース柄も元来強い馬しか出られない、GⅠの中でも総合力が非常に問われやすい一戦です。走破タイムの優秀さに加え上がりタイムの双方が問われて、地力が直結しやすい紛れにくい結果が現れるレースです。

そうしたレースでもレース上がりをコンマ5秒上回っていますし、先行しながら切れる脚があり、スローなら更に優位に立てます。傾向的には差し馬が強いオークスの舞台ではあるのですが、展開面や総合力的に本命は不動の存在でしょう。

対抗〇ステラリア

対抗〇にはステラリアです。

今回ソダシ最大のネックは差し脚が活きる傾向でしたが、桜花賞上がり最速計時のサトノレイナスは出走しません。最大のライバルが不在の中、切れる脚を持つ差しタイプとして、急浮上する存在となるのがこのステラリアだと思っています。オークス2021過去10年の傾向とイチオシ

画像の通り調教もラストで切れ味のある12秒2を出し、馬なりで駆け抜けた同馬ですが、実戦も常に差し込んでいます。桜花賞当日に施行された忘れな草賞のゴール前でも、確かな末脚を上がり最速計時でしっかりと発揮しました。オークス2021調教診断・上位3頭を選出

同馬はこれで5戦連続での上がり最速を計時しましたが、デビュー戦も2位の時計でもあり、6戦全てで2位以内です。ポスト・サトノレイナスを思う時真っ先に浮かぶ存在とも言え、中距離志向の戦績的にも期待が膨らむことと言えましょう。

枠順的には大外枠から距離ロスも考慮が必要ですが、巻かれる心配がありませんので実力は発揮しやすいはずです。あとはどれだけ差し込めるかですが、東京は2回走っていますし、距離が延びるならスタミナを活かし台頭して不思議ない馬でしょう。

単穴▲アカイトリノムスメ

単穴▲はアカイトリノムスメです。

同馬は国枝厩舎の所属でダービーに向かう決断を見せた、サトノレイナスとは同じ厩舎で騎手はルメール騎手に替わりました。ルメール騎手の騎乗になることは厩舎サイドの配慮と見えますが、東京はクイーンカップを制し、長い直線は向いているでしょう。

溜めたら溜めただけ脚が使えて、上がり最速も2度計時ですし、東京2400mに強い陣営の力もあります。アーモンドアイで培った力、そして母アパパネの血統から、切れるディープインパクトの血筋もしっかり馬体に現れています。

デビュー戦から馬体は良好で、ここではやや後れをとりましたが、その後は3連勝で重賞を奪取して桜花賞4着です。遠征となった前走と比べ今回は関東の競馬ですし、馬格があまりないタイプですからこの恩恵は小さくないでしょう。

スローペースの予想となりますが自在に動ける騎手が乗りますし、追い切りの動きも上々のため臨戦態勢は整いました。あとは距離の問題となりますが馬体からも適性有りと見られ、ソダシとは同じオーナーですから、どちらにも負けてほしくないでしょう。

特注☆ユーバーレーベン

特注☆はユーバーレーベンです。

同馬はこれまでオークスに向けてレースをしてきた感がありますが、その最たる決断を見せたのが桜花賞を回避したことでしょう。阪神ジュベナイルフィリーズの際、上がり最速を計時したことで、本来阪神マイルも勝負になっておかしくない馬なのにです。

こうした背景はソダシとともにワンツーを飾った2歳重賞、札幌2歳ステークスのことが関わっているだろうと思います。同馬はこのときユルユルと伸びて長く脚を使う競馬を見せて、結果的に上がり最速を出しソダシにクビ差まで迫っています。

このことからも適性を思えば桜花賞よりオークス向きですし、ここを目指せばこその桜花賞の回避も可能だったレースでした。前走で2着に入着できずオークスが黄信号となるなかで、諦めないコメントを出していた陣営側のドラマも感じます。

今年に入り復調を感じるデムーロ騎手の手綱も継続で、ここ一戦にかける思いからは他陣営を凌ぐものがあります。上がり最速計時馬になるのは同馬の可能性も残りますし、ソダシとの着差を考えるとき、無印にはできない存在です。

オークス2021買い目

ここはたとえ的にされるとしても、ソダシなら凌ぎ切ると思います。単勝はオッズが低そうなので連軸として信頼しています。

本命◎ソダシから馬連・ワイド流しで600円です。

過去の予想結果

またここからはヴィクトリアマイルの過去の結果を掲載致します。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬デアリングタクト

オークス2020結果・優勝馬はデアリングタクト

2019年優勝馬ラヴズオンリーユー

オークス2019結果・優勝馬はラヴズオンリーユー

2018年優勝馬アーモンドアイ

オークス2018結果

2017年優勝馬ソウルスターリング

2017オークス結果・ソウルスターリングの結果は?

オークス2021当日のパドック予想

はしくれさんは桜花賞の際にソダシ本命でワンツーフィニッシュ。最終的に2番人気のなか、自信を持って本命にしました

のりしお

◎1着→☆2着→▲15着→〇18着

はしくれ

一番良い馬と思ったからね
馬体は良かった〇メイケイエール、のちにNHKマイルカップで2着のソングラインが▲でした

のりしお

はしくれ

メイケイエールは折り合いついたらもっと走る馬だと思うけどね…。ソングラインは「やっぱり」の結果に
それでもワンツーは的中でした。ここも期待してよろしいでしょうか?

のりしお

はしくれ

うん。全力でぶつかっていくから

オークス2021は5月23日(日曜日)、東京競馬場第11レース15時40分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です