ヴィクトリアマイル2021予想・本命はテルツェット

ハイペース。

絶対女王グランアレグリアが注目を集める一戦ですが、逃げ・先行馬が多くいるためにハイペースは避けられない様相。

前半3ハロン33秒台も辞さないラップ想定に、例年の速い馬場と逃げ馬の外枠入りが拍車をかけました。

外差しが決まりそうな状況で最も好枠を引き当ててきた、テルツェットを本命に指名して予想して参りたいと思います。

はしくれ

前走の再現を期待
それでは予想に参りましょう

のりしお

ヴィクトリアマイル2021予想・印&買い目

本命◎テルツェット

対抗〇グランアレグリア

単穴▲デゼル

特注☆マジックキャッスル

買い目=馬連&ワイド◎流し各100円、計600円。

☆1着→〇2着→▲12着→◎13着

*土曜京王杯ワンツー選出(対抗〇10人気)昨年VM3着以内独占

ヴィクトリアマイル2021予想

本命◎テルツェット

本命◎はテルツェットです。

同馬は前走のダービー卿チャレンジトロフィーで重賞を制し、マイル4戦全勝で一気にGⅠ制覇に挑んで来ました。小柄で大切に使われながら5ー0ー1ー0の成績ですが、一度の敗戦も中距離である2000mでの経験でした。ヴィクトリアマイル2021・今週の期待馬体

今回の予想の重点的にハイペースで差せるキャラクターから、よりローテーションに余裕があって枠が良い同馬を本命視です。このレースは安田記念と比べ馬場がよく速いタイムも出るので、前半がかなり速くなりやすく前の馬には厳しいところです。

レシステンシアはそうした競馬も耐えられる下地がある馬ですが、東京マイルはそれだけではなく、上りの速さも要求されます。こうなるとただでさえ的にされて、粘り切らなくてはなりませんから、リードを保ち続ける競馬では消耗も激しくなることでしょう。

それを見てグランアレグリアが出て、同馬はそこから動き出せるので、展開を利して直線一気に畳みかける競馬ができそうです。馬体も旬で東京向きですし、ハイペースが得意な馬ですから、2戦2勝の東京コースならタイムも更に詰められるでしょう。

対抗〇グランアレグリア

対抗〇にはグランアレグリアです。

同馬は牝馬離れした馬体で、非常にボリューム感がある馬で、その筋肉は2歳時から既に鎧のような見た目にありました。いかにも骨太で瞬発力やスピードに優れた体型であり、安田記念ではアーモンドアイを破って優勝を果たしています。

このことからも今回の競馬は人気確実なところなのですが、前半に33秒台が予想される点はやや不安です。このペースではNHKマイルカップでは5着に敗れていますし、先行してマークされることにも一抹の不安が浮かんできます。

休み明け2走目を昨年秋、克服したことは大きいですが、大阪杯の消耗の激しい馬場の反動も心配されます。追い切りを見る限り状態には不安は見られないところでしたが、距離の長いところを使ったのは個人的にプラスと思えません。ヴィクトリアマイル2021調教診断・上位3頭を選出

ただそれでも破格のレース振りと、連敗のない実績から見ると、同馬の激しい成長力には期待の方が大きいところです。ルメール騎手も騎乗していますし、藤沢厩舎の管理馬ですから、生半可な仕上げにはないと見て対抗以下にはできない馬です。

単穴▲デゼル

単穴▲はデゼルです。

同馬は前走阪神牝馬ステークスで1着となりましたが、外を回って差し脚を伸ばすと上がり2位の脚で差し切りました。これまでもスローの上り勝負は非常に得意にしてきたのですが、今回は前半がかなり速い競馬が想定されるところです。

この対応がどう出るかでしょうが、基本的に控えていくタイプで、枠も5番ならそこまで巻かれる心配はしなくても良さそうです。前走も上がりの3ハロンでは32秒5を出していますし、速いタイムが出る馬場は得意で東京も2勝を数えています。

1800m以下としては4戦4勝という成績で、前走タイムも1分32秒0の優秀な時計です。初のマイルを鮮やかにこなしてローテーションからも優勢ですし、川田騎手が連続で騎乗することもプラスと捉えて良いでしょう。

また馬体面も充実一途でデビューより更にしっかりしており、バランスの良さは変わらないままに筋肉の量は増やしてきました。全体に無駄のないタイプですし、万が一降雨があったとしても、実力発揮に支障なしと見て同馬を3番手に指名します。

特注☆マジックキャッスル

特注☆はマジックキャッスルです。

同馬はこれまでマイル4戦で0-3-0-1と勝ち星がなく、善戦しても勝利には届かず悔しい思いを重ねてきました。前走も進路を探す競馬で縫うようにインを突いてきましたが、あと一歩だけ及ばず勝利には手が届かず2着に終わりました。

しかしながらその前走にしても上がり最速の脚を繰り出して、デゼルを上回る上がり32秒4でファンを沸かせています。直線の長い東京に変わり前が速くなることも良いですし、ハイペースでの差しが得意なので今度こそはの雰囲気もあります。

ただこうした雰囲気にあるなかで今回は最内1番枠で、過去10年でも連対馬のない枠順を引き当ててしまいました。東京マイルは最後の直線、あまり内が開かないコースなので、この点を加味したポジショニングを考えねばならないところでしょう。

代わりにこのレースの巧者である戸崎騎手が手綱を捌きますし、この点は同馬にとって大きな優位点となってくれるはずです。スタミナはメンバー中随一で、国枝厩舎の所属馬ですから、遠征もなく消耗が少なく迎えられることも追い風でしょう。ヴィクトリアマイル2021過去10年の傾向とイチオシ

ヴィクトリアマイル2021買い目

ハイレベルなメンバーになりますが、枠順の良さと展開面から、テルツェットの馬券内確率は高いと見て予想を進めました。

そのため同馬を連軸に据えた馬券を展開していくことにし、馬連・ワイドで的中の幅を広げて買っていこうと思います。

本命◎テルツェットから各馬に流して600円です。

過去の予想結果

またここからはヴィクトリアマイルの過去の結果を掲載致します。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬アーモンドアイ

ヴィクトリアマイル2020結果・優勝馬はアーモンドアイ

2019年優勝馬ノームコア

ヴィクトリアマイル2019結果・優勝馬はノームコア

2018年優勝馬ジュールポレール

ヴィクトリアマイル2018結果

2017年優勝馬アドマイヤリード

2017ヴィクトリアマイル予想結果

ヴィクトリアマイル2021当日のパドック予想

はしくれさんは昨年当レース3着以内独占としました

のりしお

◎1着→☆2着→▲3着→〇9着

はしくれ

これは嬉しい結果だったね
牝馬特有の見方があるとか?

のりしお

はしくれ

うん。「シークレットオブパドック」にも書いたことなんだけどね。腰からトモにかけての仕上がりが、ボトムにTシャツをインしたような…
80年代のファッションですね

のりしお

はしくれ

違うわ!

ヴィクトリアマイル2021は5月16日(日曜日)、東京競馬場第11レース15時40分発走予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です