ヴィクトリアマイル2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週はヴィクトリアマイル2021が発走となりますが、ここには大阪杯経由となるグランアレグリアが出走します。

牝馬限定は桜花賞以来久々の実戦となるのですが、牡馬に混じっても脅威の強さでマイル以下はGⅠ3連勝。

安田・SS・マイルCSと短距離界を席巻する同馬に、注目が集まるヴィクトリアマイル調教診断を行います。

ヴィクトリアマイル2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:レシステンシア

<栗東 坂路 良 52.9-38.1-24.4-11.7 ゴール前やや強め>

今回1位に選出したのはレシステンシアと致しました。

同馬は前走高松宮記念で2着に入着しましたが、初のスプリント戦を上手くこなし、重馬場でも末脚が伸びました。溜めて行ける柔軟性もあって、追うほどに伸びる手応えでしたし、タイム差なしですからほぼ勝利に手が届いたような内容でした。

体型的にマイラー体型でスプリントは忙しい体型で、それにもかかわらず幅の大きいトモから推進力を感じます。距離延長は骨格から見ればむしろ好都合と言えるところで、自身でもペースが作れますからこの点問題は少ないでしょう。

1週前のほぼ馬なりによる調教から今週はゴール前、やや強めに追い4ハロンタイム52秒9と好タイムです。追った部分でも無理をさせないでラスト11秒7の時計で、反応よく状態面はかなり良好と見られる追い切りでした。

調教2位:グランアレグリア

<美浦 南W 良 82.5-66.7-51.8-38.0-12.5 ゴール前やや強め>

調教2位はグランアレグリアです。

同馬は前走大阪杯では4着に敗れてしまいましたが、これは距離適性が響いたうえ、不運にも馬場が重くなりました。この反動が心配されますが内容的には前走とも似た、タイムや追い方となりましたから平行線以上にありそうです。

体型的にも短距離志向で筋肉が鋼のような馬体で、2歳時から既に古馬と見紛うばかりの骨格を持っていました。大阪杯ではボリュームがあって馬体が分厚いパワーを感じる、圧倒的な威圧感を持ったスピードタイプというつくりでした。

今回も追い切り動画を見ても幅のあるトモが目立つ仕上がりで、少し仕掛けられた程度にしても4ハロン51秒8です。調教では末脚を開放しやり過ぎることもない厩舎なので、かえってこの落ち着いた追い切りは良い方に出るのではと思います。

調教3位:マジックキャッスル

<美浦 南W 良 67.1-51.9-37.9-12.2 ほぼ馬なり>

最後はマジックキャッスルです。

同馬は前走阪神牝馬ステークスで2着惜敗でしたが、上がり最速の脚で追いこんで充実ぶりを披露していました。上記2頭と比べるとGⅠ成績では譲りはするのですが、代わりに秋華賞2着があって、スタミナには自信がある馬です。

そんな同馬の体型面からは今年初戦となった愛知杯で、まだ緩くこれから上を目指して調整されるだろうと見えました。そんな仕上がりでもきっちりと勝ち、型通り良化を見せていたので、今回3戦目でベストの仕上がりになるのではと想像します。

そして1週前の調教ではやや強めでもタイムが伸びており、今週の追い切りでは内容を軽めにしてもタイムを出しました。オークスでも5着に来ていますし、左回りが得意な馬なので、余力ある内容からも同馬を3番手評価に抜擢します。

ヴィクトリアマイル2021調教診断・おわりに

はしくれ

人気サイドの馬たちがこぞって好調教を消化してきたよね
デゼルなどはいかがでしたか

のりしお

はしくれ

1週前は凄く良かったけど、今週坂路55秒台が…
ラストも13秒2ですからね。ただ前走と似た感じではあります

のりしお

はしくれ

うん。悪くない内容だけど…
ここでもハイレベルで悩みますね

のりしお

*ヴィクトリアマイル2021もパドックロードを配信します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

またヴィクトリアマイル2021の関連記事はこちらから―

ヴィクトリアマイル2021予想・本命はテルツェット

ヴィクトリアマイル2021・今週の期待馬体

ヴィクトリアマイル2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です