新潟大賞典2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週日曜はNHKマイルカップが開催されるのですが、新潟競馬場では新潟大賞典の発走が待たれます。

例年以上にメンバーが揃いGⅡ並みのメンバーとなるなか、金鯱賞3着のポタジェや小倉大賞典2着と善戦の、ボッケリーニらの姿も見られる楽しみな一戦となっています。

有力馬も好調教をこなし期待の高まる追い切りでしたが、新潟大賞典2021の調教診断に参りましょう。

新潟大賞典2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:サトノソルタス

<美浦 南W 良 66.2-52.1-38.0-12.1 馬なり>

今回1位に選出したのはサトノソルタスと致しました。

同馬はあまりガンガンに攻めない堀厩舎所属の一頭ですが、今回の最終追い切りも馬なりで抑える走りとなりました。とはいえ動きはかなり軽快で常に併せ馬で手応えも良く、いつでも追い抜ける手応えのなか折り合い重視に成功しました。

前走の日経新春杯でGⅡを5着としてきましたが、地力強化が顕著な一頭でそれが調教にも現れました。抑えながらのこのタイムでもあり、馬体もトモが張っていましたから、好調にあることは馬体からも窺えるところだと思われます。

そして同馬は今週だけでなく、先週も好調教を消化し、ここでは一杯に追われ美浦ウッドで4ハロン51秒3です。ラストも11秒8と伸ばし稍重のなかタイムは出てましたし、型通りの良化と言えますから調教1位は同馬とします。

調教2位:ポタジェ

<栗東 芝 良 83.1-67.0-51.9-38.2-12.1 ほぼ馬なり>

調教2位はポタジェです。

同馬は前走金鯱賞3着からの参戦となっていますが、このレースではデアリングタクトやギベオンら強敵と走りました。中距離が得意でこれまで全て馬券内と優秀な馬ですが、馬体もふっくらと充実感を窺わせる状態に来ています。

今週の追い切りでは馬なりで併せられて相手なりに伸ばして、4ハロン51秒9から12秒1でのフィニッシュでした。芝コースなのでタイムはウッドや坂路より伸ばしやすいと言っても、動き自体の軽快さはやはり目立つものを感じる走りでした。

いつでもスパートを切れる走りで余力を持ってつくられていますし、先週ワールドプレミアで勝った友道厩舎らしい仕上がりです。調教は強く攻めればそれだけ結果が出るわけではありませんし、適度な負荷をかけた余裕のある好調教で2位に選出です。

調教3位:サトノエルドール

<美浦 南W 良 65.3-50.3-37.1-12.0 馬なり>

最後はサトノエルドールです。

同馬はいかにも国枝厩舎の白いシャドーロールが目立ちますが、前走では一変して勝利し、地力の高さをアピールしました。やや内側を回るコース取りでタイムも速いものとなりましたが、殆んど追われることなく最後も鋭く伸びてフィニッシュしています。

かなり軽快な動きが目立って4ハロン50秒3を計時、動きもタイムもかなり上々で上位にランクインする走りです。特にラストの12秒0でも最後まで伸びていることが分かり、安定感ある納得のできる調教を消化できたことでしょう。

ハンデ戦のため54kgと前回より3kg軽いですし、前走勝利後のこの調教はかなりの上昇を感じられます。昨年は一頓挫ありましたが、いよいよ態勢も立て直されて、好調教もこなした今回はかなり怖い一頭と言えましょう。

新潟大賞典2021調教診断・おわりに

はしくれ

今回はまたメンバーも良いけど、好調教の馬も多かった
ちなみにはしくれさんはサトノエルドールを買った方が良さそうです

のりしお

はしくれ

え?なんでまた…まだ迷ってるけど
この前、レッドブル飲んでましたね?翼を授けるっていうアレです

のりしお

はしくれ

うん。それと何か関係があるの?
エルドールはフランス語で「金色の翼」を意味する言葉なんです。レッドブルも金色の飲み物でしょう?

のりしお

はしくれ

余計に悩む…翼がほしい

*新潟大賞典2021関連記事は

新潟大賞典2021予想・本命はポタジェ

新潟大賞典2021・今週の期待馬体

新潟大賞典2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です