アーリントンカップ2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週日曜日は皐月賞の開催が予定されていますが、土曜日阪神競馬場ではアーリントンカップが発走です。

水曜の馬場は時計が出にくい稍重馬場が多くなりましたが、その中でもきっちり時計を出し好調教の馬も見られました。

伸び盛りの3歳の春ですし、これからを担う馬たちが集う、アーリントンカップ2021の調教診断を致します。

アーリントンカップ2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ジャスティンカフェ

<栗東 CW やや重 81.9-64.9-50.1-37.2-12.0 馬なり>

今回1位に選出したのはジャスティンカフェと致しました。

同馬はやや胴長な体型でマイル専門には見えないですが、そのスタミナのありそうな馬体で切れの良い動きを披露しました。馬なりでコーナーを曲がる際も一旦前に壁をつくりながら、追い出しのタイミングを計るなどかなりの余裕を感じられました。

その後も特段追われることなく自身で前に立って走りだすと、素晴らしい伸びを見せてラストまで加速ラップを刻む時計でした。やや重馬場でラスト12秒0というだけでも好感でしたが、全体時計も速く隙の無い調教ができたように思えます。

馬体もふっくらと見せていますしトモのボリュームも目立っていたので、推進力ある状態を維持し、レースに臨むことができそうです。時計の割にずっと馬なりでの調教でダメージもありませんし、十分勝負になって不思議ない好調教で1位選出です。

調教2位:ショウリュウレーヴ

<栗東 坂路 やや重 51.5-37.2-23.9-11.9 やや強め>

調教2位はショウリュウレーヴです。

同馬は坂路に入ってくるまで馬なりで手応えを残しておき、直線で軽く仕掛けて伸ばすとやや強めに追いこのタイムでした。水曜の馬場はやや重のために時計が伸びにくい坂路でしたが、ラストも11秒9で走り鋭く伸びたのが好感でした。

単走で追われ併せる相手がいない中でもしっかり駆け抜けて、馬体面も特に問題はなく、調教は合格点にあります。4ハロンタイムも速い時計で51秒5を計時しており、実績馬のピクシーナイトよりも時計面で上回ってきました。

あまり派手に追われるシーンもなく坦々と好タイムを出していて、馬自身のやる気も垣間見えるスピード感あふれる内容です。やり過ぎた感じも受けないですし、休み明け2戦目の上昇から、型通りに良化したと思われ2位評価に抜擢致します。

調教3位:ジュリオ

<美浦 南W やや重 68.9-53.4-39.0-11.9 馬なり>

最後は馬なりで整えられたジュリオを指名致します。

同馬は美浦の南ウッドを駆け最終調整に臨みましたが、特段追われるところも見せずに併走馬を煽る手応えでした。コーナーではやや内を突いたため全体時計も速くなりますが、それにしても抜群の手応えで抑えが利いたのも好感でした。

500kg超の大型馬ですが馬体面もすっきりと見せていて、少しだけ見えていた腹周りも太め感はないものに見えました。また毛ヅヤが冴えて光を弾きフワフワに見せている馬体ですし、当日このまま出走できたらかなり期待できる馬体面です。

馬なり調教で余力を残し、かつ好調教を積めましたので、レースでも余裕を持って騎乗が可能になることだと思われます。やや重馬場でラスト11秒9は決め手があると思いますし、我慢できる気性からこの脚がレースで活きれば面白いでしょう。

アーリントンカップ2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開します。GⅢアンタレスステークスを配信させていただきますので、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

このレースにはマーチステークスの経由馬が多く出走しますが、その一戦では2・3位に推した2頭が馬券内に入りました。パドック同様良いと思ったら人気に関係なく推しますので、ご登録された方はこちらにもご注目下されば幸いです。

それでは今週のアーリントンカップでもあなたに幸運がありますように。パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

*アーリントンカップ2021関連記事は

アーリントンカップ2021予想・本命はピクシーナイト

アーリントンカップ2021過去10年の傾向とイチオシ

アーリントンカップ2021・今週の期待馬体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です