ニュージーランドトロフィー2021予想・本命はバスラットレオン

実績。

今回本命のバスラットレオンは朝日杯で4着に入り、マイル戦での実績比較ではメンバー中最上位と言えます。

重賞を制した馬が不在で混戦模様にも映るのですが、GⅠでの走破タイムが速くここでも力を発揮するでしょう。

マイル路線はダービーを狙うに距離が短い路線になりますが、NHKマイルカップ経由でダービーを制した名馬もいます。

上昇を期す3歳世代馬の試金石とも言える一戦から、今後のスター誕生を睨んだ予想をしていきたいと思います。

はしくれ

それでは参りましょう

ニュージーランドトロフィー2021予想・印&買い目

本命◎バスラットレオン

対抗〇ヴィジュネル

単穴▲アヴェラーレ

特注☆タイムトゥヘヴン

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

はしくれ

桜花賞2021の予想も公開中です

桜花賞2021予想・本命はソダシ

好きですねえ、ソダシ

のりしお

はしくれ

うん

*高松宮記念、ダービー卿、大阪杯◎〇本線馬券内。

相馬師はしくれのオリジナルコンテンツ・パドック速報パドックロードは―

ニュージーランドトロフィー2021予想

本命◎バスラットレオン

本命◎はバスラットレオンです。

同馬は週中のコラムのなかで既に伝えた通りなのですが、腹袋があり重心の低い坂に強い体型をしています。前走は新人騎手の古川奈穂騎手で勝利を飾りましたが、果敢に前に行っても後続をきっちり封じる脚がありました。ニュージーランドトロフィー2021・今週の期待馬体

朝日杯で4着していますし当然力は上位なのですが、反面勝ち切れないところもあり前走までは1勝の身でした。阪神マイルで1分32秒8という持ち時計もあり、時計勝負になれば間違いなく優位に立つ一頭となるでしょう。

そこで今回は本命視ですが実際に予想を進めてみると、単純な時計勝負というより立ち回り勝負にもなりそうです。それというのも逃げ馬が不在で誰もハナに立つタイプでないので、こうなると最早同馬が先手を切っていくことが濃厚でしょう。

そうなると人気馬が前ですから後続も仕掛けが早まってきて、結果的に差し馬の台頭もまったくないとは言い切れません。とはいえペースが速くなるほどのメンバー構成でもありませんし、4コーナー手前から進出が激しくなる様相となりましょう。

すると結局は序盤で悠々走れそうな同馬が有利になり、結果的に最後まで粘るかと予想が進む結果ともなります。実績も上位ですし今回は当たりの柔らかい藤岡騎手で、更に気持ちよく先行するのも可能と見て本命抜擢です。

対抗〇ヴィジュネル

対抗〇にはヴィジュネルです。

同馬もバスラットレオン同様週中コラムで紹介の通り、傾向を味方につける走りが期待される一頭となるでしょう。特に前走でファルコンステークスを経由しているのは好感で、あまり目立った傾向を持たない当レースでは目立つ傾向です。ニュージーランドトロフィー2021過去10年の傾向とイチオシ

戦ってきた相手も強力で同馬が敗戦時に屈したのは、アールドヴィーヴルやエンスージアズムという桜花賞出走馬です。この時期の牝馬は桜花賞へと出走できる馬が強い馬で、しかもこの2頭は共に重賞2着という実績も挙げました。

ハンデ差も加味すればこの結果は同馬が重賞で劣らないほど、ポテンシャルを持っていると証明と考えて差し支えはないでしょう。また同馬に騎乗する内田騎手は当レースで過去10年2勝、桜花賞では乗る馬がないためここは勝負をかけてくるはずです。

調教はあまりぱっとしませんが実績的にもレースに臨んで、そこで覚醒するタイプに思えその点は心配はしていません。速い時計を前走経験し良馬場でも末脚は伸びたので、2-1-0-0のマイル戦なら十分戦えると考えます。

渡辺調教師も桜花賞の前哨戦のフィリーズレビューでは、シゲルピンクルビーを勝たせたので前哨戦で怖い一頭です。軽め調教で減った体重が戻れば更に良化期待ですし、坂も苦にしない走りをするので対抗評価に推したい馬です。

単穴▲アヴェラーレ

単穴▲はアヴェラーレです。

同馬は調教でも動きが良く追い切りでは南ウッドを追われ、4ハロン53秒0からラスト12秒2と伸びました。負荷をかけながら内容は軽く小柄な同馬には適度なもので、末を伸ばした調教内容も持ち味から好感が持てました。

これまで同馬は2戦2勝と負けずに来ているのも強みですが、その勝ち方も評価できるもので特に前走は強いものでした。5番手と好位追走しながら上がり最速を計時したことは、ルメール騎手にもかなり手応えを残す結果になったと思います。

母馬もアルビアーノを持つためマイルはお手の物となるでしょうし、父馬ドゥラメンテの価値を上げる走りが期待されている馬です。ノーザンファームとしても活躍を楽しみにしているところでしょうし、木村調教師の手腕があればきっちり仕上がって不思議ないです。

このあたりは母馬も春先に充実した馬体にありましたし、ルメール騎手が騎乗する以上は期待できる仕上がりにあるでしょう。出走頭数が少ないこともこれまで多頭数でも勝ってきた、同馬にとって走りやすいはずで抜け出す競馬はしやすいはずです。

展開的に好位~中団どこを走っても大丈夫なので、後続よりも切れる脚を出せる同馬は他馬にとって脅威でしょう。ここのところ重賞では中々噛み合わないルメール騎手なだけに、桜花賞前に上昇を期してパフォーマンスを上げると思います。

特注☆タイムトゥヘヴン

特注☆はタイムトゥヘヴンです。

同馬は2走前京成杯で2着と実績を残しましたが、その際も好馬体を見せていてかなり気になる仕上げにありました。実際配信でも印を入れ連対してくれたわけなのですが、万能タイプで距離に注文はあまりつかないタイプに映ります。

◎1着→▲2着→〇4着→☆10着

それだけにダービーを狙う上でデビューから中距離を選択して、王道を歩もうと狙ったのは全く不思議のない選択です。ここでマイルに切り替えてきたのは皐月賞出走が不確実で、且つ同馬が持つ血統面から狙いが立つと判断したでしょう。

実際同馬の母は桜花賞優勝のキストゥヘヴンでもあり、父はロードカナロアとマイラーな血統面はかなりの魅力です。ただどちらかと言えば体型では中距離の方が向いた体型で、そのため中距離路線をこれまで使ってきた経緯もあるのでしょう。

とはいえ先述のとおり基本は万能タイプに映る体型で、体幹がよく先々も非常に楽しみを持てる馬と思います。先物買いの意味でも前走で6着により人気が落ちるなら、オッズの妙味も狙えることからむしろ積極的に買いたいです。

調教も少しずつ強い負荷をかけてレースに臨めるようになり、高い素質に段々と体が追いついているようにも感じます。DMMドリームクラブ側も結果を出したい血統馬ですし、タイムを詰められるだけの素質は持っている存在だと思います。

買い目

当レースは意外とあまり堅く収まらない傾向もあるために、慢心を捨ててワイドボックスで的中を目指したいと思います。

人気はバスラットレオンが背負ってあとは割れそうな気配もあるので、組み合わせ次第では妙味もある買い目となってくれることでしょう。

過去の予想結果

またこちらからはニュージーランドトロフィーの過去の結果を掲載します。ご必要な方はリンクから結果をどうぞご覧になって下さい。

2020年優勝馬ルフトシュトローム

過去記事なし

2019年優勝馬ワイドファラオ

過去記事なし

2018年優勝馬カツジ

ニュージーランドトロフィー2018結果

2017年優勝馬ジョーストリクトリ

過去記事なし

当日のパドック予想

先週から開始した4月度も2重賞で本線が馬券内、相馬のプロとして力を発揮できたのではないかなと思います。

◎2着→〇3着→☆6着→▲12着

〇1着→◎3着→▲4着→☆5着

高松宮記念から本線の馬券内が継続中となり、今週も少しでも上を目指し奮戦していきたいと思います。

会員様と一緒に喜びを分かち合うことが叶いますように、全力を賭してパドックに臨み結果を提示したいと思います。

ニュージーランドトロフィー2021は4月10日(土曜日)、中山競馬場第11レース15時45分発走です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です