ニュージーランドトロフィー2021過去10年の傾向とイチオシ

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週土曜中山のメインはニュージーランドトロフィーなのですが、当レースには朝日杯4着バスラットレオンが出走予定。

重賞ウィナーのいないここでは混戦模様に感じられますが、それだけに傾向的にプラスな馬を選んでおきたいところです。

文末では傾向的に最も注目するイチオシ馬を、ピックアップして参りますのでどうぞごゆっくりとご覧ください。

ニュージーランドトロフィー2021過去10年の傾向

ニュージーランドトロフィー2021・過去10年3着以内傾向

①最多好走枠:2枠(黒)=7年9頭1勝(全30頭中)

➁苦戦枠(1頭以下):1枠(白)=2019ワイドファラオ1着のみ

前年3着以内リピーター:馬齢戦のためなし

④牝馬:4年4頭0勝

⑤3歳馬:限定戦

⑥人気:1番人気5頭・2番人気7頭・3番人気2頭・4番人気2頭・以下14頭

⑦好走騎手:戸崎圭太騎手3回(0勝)

⑧ハンデ:馬齢

⑨走破タイム:良=1分33秒0~1分34秒5、稍重=1分34秒8~1分36秒0

⑩好走厩舎:池添兼雄厩舎3頭(3年2勝)

⑪最速上がり3ハロン計時馬:5頭1勝

⑫馬体重:436~524kg

⑬4角5番手以内:16頭(6勝。うち逃げ馬は2頭1勝)

⑭好調種牡馬(3着以内入着回数):ダイワメジャー3頭(1勝)

⑮好走ローテ(前走。リピーターも単年計算):重賞経由18頭(主な前走=ファルコンステークス8頭、スプリングステークス2頭、アーリントンカップ2頭、京成杯・シンザン記念・きさらぎ賞・共同通信杯・チューリップ賞・フラワーカップ各1頭)クロッカスS・アネモネS各1頭、1勝クラス9頭、未勝利1頭

⑯前走後間隔:中1週~3か月=29頭、4か月以上=1頭(2019ワイドファラオ1着)

前走人気:12番人気以内

⑱前走最低着順馬:2018年3着デルタバローズ=京成杯13着

⑲ペース:ハイ3、ミドル5、スロー2

枠順確定前最注目馬

ニュージーランドトロフィー2021過去10年の傾向から、枠順確定前の最注目馬は…

ヴィジュネル

同馬は画像の通り2走前白梅賞を勝っているのですが、前走は距離短縮の競馬でスピードを要求されていました。そのファルコンステークスは過去10年で最速の時計を記録して、いわゆる高速馬場を大外の後ろから7着としてきました。

ハイペースで優勝馬とコンマ6秒差ならそう差はないところで、敗戦時の相手から重賞連対馬が2頭現れています。常にハイレベルな走りを披露し前走で時計を詰めてきたうえ、好走ローテのこの前走から出走馬が少なく追い風です。

鞍上も既に内田博幸騎手を確保していることに加えて、同騎手は過去10年で2勝と得意舞台といえる成績です。速い末脚より展開を見て持続力ある脚が問われるので、同馬には向いた舞台と思われ傾向イチオシ馬に抜擢です。

期待度はどれくらいですか?

のりしお

はしくれ

80点かな。無事に出走してほしいよ
馬券には?

のりしお

はしくれ

もちろん入れるつもりだよ
わたしも窒素が入れてありますよ。酸化を防いでおいしさを保ち、袋を膨らませて割れを防ぐ。

のりしお

はしくれ

へえ、そんなふうになってんだ
はしくれさんの中年腹とは違うんです

のりしお

はしくれ

一言多いよ

以上ニュージーランドトロフィー2021の過去傾向とイチオシでした。あとは枠順が確定してから精査することをおすすめします。またニュージーランドトロフィー2021のパドックロードも配信しますプロの相馬師による診断にもご注目下されば幸いです。

はしくれ

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です