ファルコンステークス2021調教診断・上位3頭を選出

こんにちは、はしくれです。

今週末は中京競馬場でファルコンステークスが開催されますが、予想は既にファルコンステークス2021予想・本命はグレナディアガーズで公開しました。

ここはGⅠ馬が始動しますし、予想では本命馬にしましたが、調教の結果はまだだったのでお伝えしていきたいと思います。今週も変わらず上位3頭の選出をしたいと思いますが、先週は3頭選出中で2頭が馬券内に入りました。金鯱賞2021調教診断・上位3頭を選出

現在有料化も検討中のこの調教診断なのですが、このところご覧下さる読者の方が着実に増えてきています。それだけに一層技術を磨き上を目指したいと思いますので、これからもお楽しみいただければこれ以上ない幸いです。

それでは快速3歳馬の集う調教診断に参りましょう。

ファルコンステークス2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:グレナディアガーズ

<栗東 坂路 良 55.7-40.9-26.4-12.6 馬なり>

今回1位に選出したのはグレナディアガーズと致しました。

同馬は1週前の調教で栗東CWを使いながら、6ハロンから時計を掲示して81秒6の好時計。一流古馬並みのタイムを馬なりで計時するパフォーマンスを見せ、圧倒的なスピード能力を感じさせる内容となりました。

今週は朝日杯時と同じく栗東坂路で追い切りましたが、抑えるような馬なりでタイムは55秒7と平凡でした。朝日杯時は馬なりで坂路を51秒4としていますから、これだけを見れば今回の方が遥かに時計面は遅いでしょう。

しかし注目すべきは最終の1ハロン12秒6にあって、これは朝日杯時と全く同じタイムでのフィニッシュとしています。自らを鍛えるように馬なりで好タイムを出す同馬ですから、やや抑え気味で敢えての時計が今後を見据えていると思います。

また馬体面が絞れていますし基本的に一杯に追うよりは、直前軽めも好ましく思え、1位評価が妥当と思います。

調教2位:モントライゼ

<栗東 CW 良 95.7-80.7-66.5-53.1-40.0-13.1 ほぼ馬なり>

今回2位はモントライゼです。

同馬は1週前の調教も7ハロンから時計を掲示して、95秒5という時計からラストも12秒6としました。強めに追われて豪快に伸びて馬体面も充実していますし、幅のあるボリューム感たっぷりの筋肉が浮き出たのも魅力です。

この調教後も今週同じく栗東CWで追い切られ、今度はやや内容を軽くして全体を整える仕上げでした。ダメージを感じさせない仕上げで、多少最後はもたついていますが、ここで鞍上がグイっと押し出し気を抜かせない処理をしています。

こういう調教は実戦に出て最後の粘りに繋がりますから、逃げ脚質の同馬にとって良い内容のフィニッシュと言えそうです。また長めから2週乗ったこともスタミナ面でプラスになりますし、個性を引き出すための調教で良い内容だなと思っています。

調教3位:ヴィジュネル

<栗東 坂路 良 51.6-38.2-24.8-12.2 強め>

最後は強めの追い切りとなったヴィジュネルを指名したいところです。

同馬は今週坂路で51秒6という快速時計で、一杯と言っても良いくらいの強めで追い切られての出走です。直前に一杯で追われるのは個人的に懸念もあるのですが、同馬を見る限りでは細化した馬体にはないと判断しました。

きちんと鞍上の指示に従い、追えば追うほど加速する走りで、最後も12秒2でまとめると勢いよくフィニッシュしていました。加速ラップを刻んでいることや、豪快なフットワークに加えて、見た目と時計面の相違がない非常に気持ちのよい調教です。

ここで勝負だと言わんばかりの迫力ある追い切りをしましたし、勝負気配が漂っているので上位評価したい一頭でした。調教がレースに直結するか、この一点だけが気がかりですが、通用すれば意外とあっさりと上位に来ても不思議はないでしょう。

ファルコンステークス2021調教診断・おわりに

毎度有料化を検討しつつ公開中の当コラムでしたが、パドックロード会員様向けにもう1レース公開しています。GⅡ阪神大賞典を現在公開中ですから、ご登録された方は診断をぜひ改めてご確認下さい。

先週のGⅢ中山牝馬ステークスでは1位に選出した、ランブリングアレーが見事7番人気で優勝を果たしました。馬体面も見て判断できることがはしくれの強みでありますし、この点を更に活かしてこれからも取り組んでいきたいと思います。

それでは今週の重賞戦もあなたに幸運がありますように。パドックロードも頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です