金鯱賞2021結果&馬体診断・優勝はギベオン

大金星。

牝馬3冠を達成していたデアリングタクトが人気を集め、その勝ち方に注目の集まる一戦となった今回のレース。馬場が重になり先行馬に向く開幕週の馬場となりましたが、「逃げて行こう」と思い切って出したギベオンが見事に逃げ切りました。

波乱の立役者となったギベオンの影響でWIN5は、5億円を超える配当になる最低人気での優勝でした。各馬スローペースを捌きながらしのぎを削った一戦でしたが、そんな金鯱賞2021の結果を振り返っていきましょう。

金鯱賞2021着順

優勝馬ギベオン

2着馬デアリングタクト

3着馬ポタジェ

金鯱賞2021予想&予想結果

本命◎デアリングタクト

買い目◎複勝600円。

予想結果=的中・複勝110円×6

金鯱賞2021予想・本命はデアリングタクト

パドックロード配信結果

◎2着→▲3着→〇5着→☆7着馬券圏内に2頭入着でした。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではまず馬体診断から行って参りましょう。

金鯱賞2021結果・馬体診断

優勝馬ギベオン

まず優勝馬ギベオンです。

同馬は今回いつも通り非常に良い状態で出てきましたが、パドックロードでは選出できず、非常に残念な一戦でした。ご覧の通り幅のある馬体でパンパンに張っていた仕上げですし、選べなかったのはこれまで選びながら来なかったことにもよります。

はしくれは通常縦の比較をそんなに重視してはおりませんが、同馬に関しては「ここで来たか」と衝撃を受けることとなりました。

腹袋がある体型ですから中京競馬場は合うでしょうし、実際中日新聞杯でも本命にしたほどの馬体です。

ここから繰り返し使われながら何度も好馬体を披露しつつ、勝てないレースが続いたのですが、まさに今日は輝いて見せました。

さすがに11戦連続して馬券圏外ということもあって、選出には至りませんでしたが、これまでも馬体は良い馬でした。トモを大きく見せる仕上がりや全体の引き締まった皮膚とツヤ、藤原調教師のプロの矜持を感じた素晴らしい仕上げでした。

2着馬デアリングタクト

2着馬はデアリングタクトです。

同馬は中継で角度がついて多少見辛さも感じたのですが、最初の周回がアップで映り、良い判断材料になりました。この点は人気のおかげでもあり見切れて良かったなと思いますが、マイナス4kgも適度に絞れ、好感の持てる好馬体でした。

本当にスッキリと牝馬らしく優美さを備えている全体で、引き締まった皮膚がツヤを弾いてピカピカに光って見せていました。相変わらず背中もしっかりしてトモの大きさが目立ちましたし、バランスも非常に真っすぐである体幹が良く見える仕上がりです。

今日は展開面に泣きましたが、松山騎手も上手く乗りましたし、余程地力がない限り2着も怪しいくらいだったと思います。この2着確保は馬体面での良さも後押ししてくれていますし、この先も十分期待が持てる年明け初戦だったと思います。

3着馬ポタジェ

3着馬はポタジェです。

同馬は一戦ごとに良化して確実に強豪として育って、馬体面では今が旬だろうと感じられる仕上げにありました。

ギベオンと似てやや腹袋が下に向かって出た感もありますが、全く太め感はありませんし、低重心な良い仕上がりでした。こういうぷっくりとした全体の馬を仕上げるのに覚えがあって、全体の丸みを大事にできる友道調教師はさすがです。

中京コースは合う舞台ですし今回は3着となりましたが、これからも十分期待が持てる好仕上がりだったと思います。

ということで。

中山記念・チューリップ賞ではパーフェクトを達成できましたが、今週は中山牝馬ワンツー、金鯱賞ツースリーとなりました。(パドックロード(2021)3月度会員募集)それでも馬券内に複数頭入着する競馬となりましたし、ギベオンの結果からも学びつつ、上昇していきたいと思います。

そしてこれからも相馬を磨いてご一緒に的中していけるよう、感動と結果を常に求めて配信していきたいと思います。

金鯱賞2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回は馬場も開幕週で逃げるかと思われたキセキが逃げず、変わって「行こうと思っていた」というギベオンが先頭を切りました。同じ中京で重賞勝ちもある同馬が最内を立ち回って、直線でも真っすぐ走ったため他馬には一歩及びませんでした。しかしデアリングタクトは外からよく追い込んでタイム差なしですし、自分より後ろにいた馬たちにはやはり一歩も譲ってはいません。十分強い競馬を披露して2着という結果になりましたが、展開が苦しかったことからも非常に価値のある2着でしょう。またギベオンは人気薄でしたが馬体の仕上がりは良かったですし、全くフロックではないところで堂々とした勝利と言えましょう。

騎手のコメント

1着西村淳也騎手(初重賞制覇)・・・「凄く追い切りの時から状態も良かったですし、自信もって乗りました。藤原先生と枠順決まってからも相談して、このメンバーならハナに行こうかという話もありましたし、ゲート出てからじゃないと分からないこともありましたけど、ゲートもスムーズに出てくれて、ハナに行こうと思いました。ちょっと3~4コーナーで手応えが悪くなりましたけど、直線向かってからはまた伸びてくれたので、あとはなんとか凌いでくれって思いで乗ってました。内外離れてたんで分からなかったんですけど、あとは祈るだけでした。勝てて嬉しいですね」

2着松山弘平騎手・・・「今は前残りの馬場なのでできれば逃げ馬の後ろが欲しかったのですが、ポジションが取れず、それでも2列目で折り合いも付きましたし、いい形かなと思いました。しっかり脚も溜まっていました。ただ、思った以上に馬場が悪く3~4コナーで少し苦しくなってしまいました。それでも最後は詰めてくれましたし、これだけ強いメンバー相手に力があるところは見せてくれました。ただ、人気に支持していただいたので結果として申し訳ありませんでした」

3着北村友一騎手・・・「レース前は本当に落ち着きがありますし、ずっと優等生という感じでした。少しまだ頼りなさがあるせいか直線も手前を替えるときや、向こう正面で手前を替えるときも、ふらつく面がありました。そういったところが解消してきたらいいと思います。ラストまで頑張ってくれました。」

金鯱賞2021結果データ

勝ちタイム=2分1秒8(重)(過去10年で2番目に遅いタイムで、2011年不良馬場時より0秒6速い時計)

前半1000m通過=61秒4

ペース=スローペース(1秒0差・1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=36秒8(6位)

レース上がり3ハロン=36秒8

4角通過順=1→6→3番手

当日のクッション値(午前6時半)=8.2(標準)

おわりに

今回は週明けの月曜日に真っ先に予想を出したのですが、複勝にしたことも功を奏し、的中させることが叶いました。やはり断然人気馬は単勝のオッズが低くリスキーですから、まとめていくならプラス10のある複勝が理想的に映ります。

また週末が豪雨に見舞われて、馬場も回復していないことから、いかにデアリングタクトの安定感がずば抜けているか分かります。晴雨兼用で末脚があり、最内からでも上手く立ち回る・・・改めて凄いと思います。

またパドックではギベオンを狙うことができなかったのが後悔で、やはり敗戦が続いたとしても、横の比較をしたいところでした。このあたりはプロとして研鑽を着実に積みたいと思います。

そしてパドックロード会員様、今ご覧下さっているあなたへ、心よりの感謝を申し上げて決意を改めたいと思います。

今週もブログにお越し下さり、誠にありがとうございました。また来週の当ブログ予想でお会いできることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です