金鯱賞2021予想・本命はデアリングタクト

こんにちは、はしくれです。

今週は中京競馬場にて金鯱賞2021が発走です。

当レースの有力出走馬はデアリングタクトが挙げられますが、同馬は伝説のジャパンカップ以来の休養明けとなっています。

しかし当レースは傾向的に休養明けの馬が強くもあり、ハンデが2kg増えたくらいでは同馬の優位は揺るがないと見ます。そこで今回は本命◎デアリングタクト複勝600円で、先週同様人気馬の応援に全力を尽くして参ります。

金鯱賞2021予想・印&買い目

本命◎デアリングタクト

買い目◎複勝600円。

中山記念◎▲〇&チューリップ賞◎〇▲パーフェクト的中。相馬師はしくれのオリジナルコンテンツ・パドック速報パドックロードは。

パドックロード(2021)3月度会員募集

また当レースでのデアリングタクト以外の期待馬体の選出は。

金鯱賞2021・今週の期待馬体

金鯱賞2021も頑張ります。

金鯱賞2021予想

本命◎デアリングタクト

本命◎はデアリングタクトです。

同馬は3歳の牝馬ながらも伝説のメンバーが集結した、ジャパンカップ2021の舞台でも3着を確保しました。体型的にトモが勝っていて大きく見えるのが特徴ですが、走る牝馬にはこういう見た目になりやすいことが分かっています。馬体の見方を伝説のジャパンカップ出走馬から解説

同世代では阪急杯を勝ちレコードタイムを記録している、レシステンシアもこの部類ですがこの強敵にも勝利しています。今回は放牧に出されたためこの点がどう出るかが鍵ですが、休養明け自体は秋華賞で全く問題にしませんでした。

デアリングタクトを管理している杉山晴紀調教師の馬は、基本的にタイトにつくってくる仕上がりの馬が多く見られます。ちょうど先の同馬の画像からもご覧いただけると思いますが、こういうつくりははしくれとしては重馬場も苦にしない仕上がりです。

このあたりは「シークレットオブパドック」に詳細を記述しましたが、20年相馬眼を培って到達した事実のひとつです。つまり天気予報に左右されず予想を展開できる馬なので、今回早々に予想の記事を公開するに至ったと言えます。

春は天気がうつろいやすいので直前まで待って予想をしても、上手く織り込めずに結果的に予想が変わらないことも多いです。1週前時点では週末は不安定な天気予報ですから、同馬に至っては逆に他馬より信頼しやすいことと言えましょう。

また超人気馬の同馬ですから言わずと知れたことでもありますが、同馬はこれまでデビュー戦以来上がり2位以内しかありません。これはいかにもトモを広く見せる牝馬らしい成績と言えますが、絞れた腹周りで可動域が広がって踏み込みが強いのです。

しかも近年は500kg超の大型牝馬も増えてきましたが、同馬は全体重がこれまでは480kg前後でした。休養明けで馬体が絞れずに太目で出る可能性はあっても、結局パドックを見るまで実際に判断できない要素です。そのため予想としてはこれまでの同馬を信頼するべきでしょう。

またトモが大きい割に全体重がそう重すぎないことにより、酸素効率がよくなりスタミナを問われる展開も走るのです。デアリングタクトはその馬体から好走を予感できる体型で、春の天気にも本命馬として申し分のない予想が立ちます。

 

*中山記念◎▲〇&チューリップ賞◎〇▲制圧

*相馬師・はしくれの相馬眼の秘密は―

予想の根拠①過去の傾向

今回の金鯱賞2021の予想の根拠で大きいのは、過去3年で3か月以上の休み明け馬が強い事実でしょう。当レースは中距離の重賞で関西圏の古馬が集いやすく、春の大レースを目指す馬には丁度良いステップになっています。

休み明けで出る事を踏まえると輸送距離が長い関東よりは、栗東に近いことも良いですし、コンディションを整えやすいでしょう。この点はデアリングタクトが牝馬であることからもより繊細で、注意を払うことには越したことがない点からも良いと思います。

また同馬はジャパンカップ以外は無敗の経歴も持つ馬ですし、特に関西圏ではまだ無敗を保っていることも挙げられます。有馬記念のメンバーと比べてどちらが上かは分からないですが、暫定日本3位の実力を誇っているのは伊達ではないです。

またこの金鯱賞は例年スローペースになりやすいところですが、そうなると頭に浮かぶ事象が「上がり3ハロンのタイム」でしょう。これについては先述のとおりにこれまで同馬は2位以内ですし、オークスなどは後方の馬より速い上りで前を捉えました。

現在金鯱賞は2年連続上がり最速馬が勝利していて、今年それに該当しそうなデアリングタクトには追い風でしょう。

予想の根拠②馬場状態

金鯱賞2021は中京競馬の開幕週にあたり、2月初週までの開催から約1か月ぶりに使用されます。

この2月の中京開催でもさほど馬場は悪化していないため、温暖な気候や適度な降雨からも芝は育ってきたでしょう。こうなると開幕週らしいきれいな芝生が期待できるのですが、そうなると競走では紛れる要素がひとつ減ることにもなります。

デアリングタクトはこれまでも何度もビッグレースが開催される、時計の出やすい馬場で後ろから一気に勝ちをもぎとってきました。しかも多少上滑りする馬場もものともしないグリップ力があり、もし馬場の回復が今一でも不安要素の少ないタイプです。

こうなると馬場は問題にならず末脚もきちんと伸ばせますから、同馬が繰り返し記録しているタイムを信じて良いと思います。こうして馬場不問と言える馬は中々いるものではありませんし、同馬でダメなら致し方ないという見解で予想をしています。

また馬場に注文がつかないためこの点はクリアになりはしますが、もし厳しい競馬になるとすれば展開の問題と言えるでしょう。その点について予想の根拠の三つ目も伝えたいと思います。

予想の根拠③騎手

これは枠順確定前に予想を出すと引っかかるところですが、デアリングタクトは戦法的に前に行くことはあまりありません。これは馬体的な特徴からも理にかなった戦法と言えますが、溜めて弾けるキャラクターを捨てて前に行くのは楽ではないでしょう。

こうなると馬場が良いうえにスロー展開という後方の馬には、かなり厳しい流れになりますがこれも跳ね返せると踏んでいます。それが前走のジャパンカップで見せた進路取りから測れるのです。

このときデアリングタクトを含め有力馬はあまり内にはいれず、芝の荒れたところを避けるように直線で進路を取っていました。松山騎手も同様に最後も芝の良いところを狙いましたが、ライバルのコントレイルに進路を取られて内へと舵を切りました。

ここでワンテンポ追い出しが遅れ、しかも荒れた馬場の方へと寄って、ライバルに挟み撃ちにされながら最後もぐいとハナ差出たのです。類まれな瞬発力に加え非凡な根性を持っていますし、3冠牝馬はここまで強いのかと舌を巻くような走りでした。

またインの前が絶対と言える開幕週の馬場で考えても、展開面で助けになりそうな要素が3つ存在しています。そのひとつが同馬はこれまでにも松山騎手を信頼したことで、人馬の絆が半端でないほど固く結ばれていることでしょう。

現代競馬は再三にわたる乗り替わりが常となっていますが、同馬はまるで運命の絆で結ばれたように松山騎手です。この松山騎手が現在もリーディングを狙える位置にいるほどで、お互いがお互いを守るように引き立て合いつつここまできました。

騎手が手の内に入れていることは経験のないレースに臨んでも、結果を伸ばすために光となるこれ以上ない松明(たいまつ)となります。偶然にも「松」が繋がりますが信頼は何にも代えがたいです。この点はデアリングタクトにとり最も大きな優位点でしょう。

展開面ではどんな展開になっても動じずにいられることで、持てるポテンシャルを発揮するのに繋がってくるのだと思います。その点同馬には信頼できる経験あるパートナーが乗ります。他の騎手は背中を知りませんし、松山騎手だけの背中なのです。

予想の根拠④頭数

そして最後の根拠には出走頭数の少なさが挙げられます。中京競馬場は直線距離400mを超える長さで、瞬発力タイプにとり決して短い直線ではありません。

しかしコーナーは少々きつめで東京ほどゆったりしてはおらず、頭数が多いと勝負所でごちゃつく可能性も持っています。しかし今回は出走頭数が僅か10頭と少なめですし、精鋭が揃いましたがこの点、心配は少ないと言えるでしょう。

ジャパンカップでも追い出しが遅れ、それでも一気に3着ですから、直線で内にささりさえしなければまず末脚は伸びるはずです。枠は外なら良いと思いますし、内だとしても下げるだけですから、ライバルのマークを交わすことにはそう苦労はしないと思われます。

また、最後に展開面の予想ではキセキが逃げる可能性から、縦長の隊列が組まれる流れになることも予想することです。このライバルが先陣を切るならより馬群はばらけるはずでしょうし、縦長になればそれこそ枠にはあまり意味がないところとなります。

この最後の根拠は予想なのでレースが始まるまで不明ですが、有馬記念と違って前に行きたい要素が多くあるところです。それはキセキが転厩後初めてレースに臨む試金石でもあり、開幕週の馬場で先行馬に有利な条件が揃うからです。

それだけにデアリングタクトに追い風になる予想も立つことでしょう。

買い目の根拠

上記画像は弥生賞ディープインパクト記念2021の結果で、当ブログで予想した通りにはしくれが購入した内容です。このレースでは単勝を買うより複勝を勝った方が良さそうと、予想時に述べたことが的中しトリガミにもならず勝利しました。

おかげ様でうまい棒が6本買えると歓喜したところでしたが、利益を出し切る馬券というのは簡単に買えるものでありません。これはプロとして長年が経つと尚更実感するところですが、3着もハラハラした一戦で冷や汗ものの結果となりました。

馬券というのは何も無理くりに買って当てに行かなくても良いので、こうして予想を公開する立場でないのならケンも有効です。資金はとっておけば他のときにその分突っ込むこともできるので、少しだけ買って潰しておくとか、臨機応変に買えば良いでしょう。(ケンはするべき?しないべき?

そして今回も予想オッズでは単勝1倍台が濃厚で、それなら余程の事が無い限り「10円つく複勝」を狙います。馬券はこれで外れたら仕方ないという買い方を実践すると、次第に運気が向上してくるものだと個人的には思います。

これから波に乗っていくためにも手堅いところは手堅いと踏んで、デアリングタクトと松山騎手の金鯱賞2021を買います。

過去の予想結果

こちらでは過去の金鯱賞の予想結果とリンクを掲載します。ご必要でしたらご覧ください。

2020年優勝馬サートゥルナーリア

なし

2019年優勝馬ダノンプレミアム

金鯱賞2019結果・優勝馬はダノンプレミアム

2018年優勝馬スワーヴリチャード

金鯱賞2018結果&フィリーズレビュー2018結果

当日のパドック予想

ご覧のとおり中山記念では3着を制圧したわけですが、続くチューリップ賞ではパーフェクト予想を見事達成しました。

パドックロードははしくれ本人が配信をしているコンテンツで、ご安心の上でお役立ていただけるものと信じてやっています。前回の予想記事でもきちんとプロであることを公言しながら、こうして結果を出していますので嘘偽りは一切ありません。

競馬ブログの中には自身では予想をしていないものがあったり、安全のほどがわからないものも多くはびこる現実があります。しかしはしくれは自身の最大の武器である相馬眼を開示し、ノウハウだけでなく実際に的中することを証明しています。

相馬眼は競馬予想の武器で、最もゴールに近い予想です。そのうえ正統派の予想ですし歴史的にも最古のものでしょう。この奥深さを知ってしまったら、もう後戻りなどはできませんし、ご一緒に結果を分かち合えたらこれ以上の幸せはありません。

金鯱賞2021もパドックロードにて配信致します。週末の楽しみも増えますのでご注目下されば幸いです。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではあなたがこの週末、笑顔になれるよう心から祈って。名牝の刻む新たな走りを全力で目撃していきましょう。

*金鯱賞2021は3月14日(日曜日)中京競馬場第11レース発走予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です