フィリーズレビュー2021結果&馬体診断・優勝はシゲルピンクルビー

期待以上。

姉にシゲルピンクダイヤを持つ血統馬のシゲルピンクルビーが、混戦から抜け出して差し切ったフィリーズレビュー2021。縦長の隊列をインで運び開いた進路を突き抜けた姿は、とても前走でブービー負けを喫した馬とは思えないものでした。

昔しのぎを削った和田騎手と渡辺調教師の二人ですが、今度は互いを引き立てるように手に入れた重賞の勝利でした。

そんなドラマが生まれた一戦のフィリーズレビュー2021の、着順と予想結果からまずは振り返っていきたいと思います。

フィリーズレビュー2021着順

優勝馬シゲルピンクルビー

2着馬ヨカヨカ

3着馬ミニーアイル

フィリーズレビュー2021予想&予想結果

本命◎オパールムーン

買い目◎複勝600円。

予想結果=不的中

フィリーズレビュー2021予想・本命はオパールムーン

パドックロード配信結果

☆2着→◎5着→▲7着→〇9着でした。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではまず馬体診断から行って参りましょう。

フィリーズレビュー2021結果・馬体診断

優勝馬シゲルピンクルビー

まず優勝馬シゲルピンクルビーです。

同馬は今回も仕上がりはよく十分走れる仕上がりでしたが、特に良かった点は幅があってふっくらと見せていたことでしょう。ギリギリ絞り切れていないかなと危惧したのが裏目に出たのですが、この点は会員様のお役に立てず申し訳ございませんでした。

歩様もきびきびと素軽いもので集中力のある周回であり、レース振りも落ち着いていましたし、気性の良い馬だなと思います。ただ前走時にも敗れたように、やや胴が詰まった体型のため、阪神外回りのマイル戦はやや長いかなと思うところです。

それでもセンスが光った走りで良い馬だなあと思わせましたし、姉のシゲルピンクダイヤと比べ細化しにくそうな馬体面です。トモも張っていて丸み十分でまだ大きくなる余地もありますし、これからの成長次第では距離もこなすようになるかもしれません。

2着馬ヨカヨカ

2着馬はヨカヨカです。

同馬は九州産馬で非常にスピードの出る素質馬なのですが、徐々に線の細さが解消して成長を感じる仕上がりでした。この点をはじめ危惧したのですがパドックで姿が見えた途端に、杞憂だったなと思わせるくらい充実した仕上がりにありました。

相変わらずバランスが優秀で背中が真っすぐに見える馬体で、体幹の良さが一目で伝わる好馬体をしていると思います。

今日は張っていてツヤもピカピカで横の比較からも見劣りはせず、前走時よりも良かったですから2着の好走には納得です。あとは全体に筋肉が増えてもう少しふっくらとしてきたなら、更にスピードの出せる仕上がりが実現するだろうと思います。

3着馬ミニーアイル

3着馬はミニーアイルです。

同馬はデータ予想をする際にかなり気になった一頭でしたが、パドックでは無印評価ですし、正直緩いかなと思いました。

マイナス8kgという体重がどう出るか知りたいところでしたが、最後も上がり2位の脚を使い、追い込んできたのは驚きでした。このあたり武幸四郎調教師が藤沢厩舎で学び取った、「仕上げ過ぎない仕上げ」の良い部分を活かせているようにも思えます。

馬格的にはフリードに続いて2番目に大きい骨格ですし、阪神は合うとも思いますから、今後注目したい存在です。

ということで。

中山記念・チューリップ賞ではパーフェクトを達成できましたが、今週は中山牝馬ワンツー、金鯱賞ツースリーとなりました。メイン重賞でバシッと決まらず「それでも」と気持ちを立て直しつつ、最後中山を見届けましたが、ここでは本命で1着でした。

この日ラストレースとなるアネモネステークスは◎☆でワンツー、3→6番人気で馬連では42,5倍つきました。最後まで全力を懸けますのでまだまだ続いていく3月度の、配信にご期待をお寄せいただければこれ以上ない幸いです。(パドックロード(2021)3月度会員募集

そしてこれからも相馬を磨いてご一緒に的中していけるよう、感動と結果を常に求めて配信していきたいと思います。

フィリーズレビュー2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回の一戦は昨日から急速に馬場が回復してきて、一気に良馬場での施行となり、時間が経つほどに良くなりました。良くも悪くも予想を出したのが水曜日と速い段階ですが、もしギリギリまで待って考慮をしても、本命は変わらないところでした。さすがにオパールムーンはスタートからかなり離されてしまったうえ、距離も1400mがギリギリなので厳しい展開でした。勝ったシゲルピンクルビーやヨカヨカやミニーアイルが強かったなと、当レースは完敗の内容で、それを受け止めたいと思います。

騎手のコメント

1着和田竜二騎手・・・「調子が良かったので、もうひと踏ん張り頑張れたと思います。まだ2戦しかしてませんしね、ちょっとノドの不安があるって言ってたんで、新馬のイメージから好位で競馬できたらって思ってましたし、スタートも速かったですし、枠も良かったので、割とイメージ通り行けましたね。ちょっと届かないかなとも思ったんですけど、坂上ってからもうひと踏ん張りしてくれましたんでね、期待していた以上に頑張ったと思います。走る血統ですし、姉妹でね、いい競馬できたと思います。しっかり調整して本番を迎えたいと思います」

2着幸英明騎手・・・「惜しかったです、この馬なりに頑張ってくれています。勝ち馬は凄い切れ味でした。ただこの馬も走りますね

3着藤岡康太騎手・・・「テンションも使うごとに落ち着いてきて、今日もいい雰囲気でした。その分ゲートも前走より出てくれました。この馬のリズムで行かせて、直線も一瞬突き抜けそうな雰囲気がありました。このメンバーの中でよく頑張ってくれています」

1着渡辺薫彦調教師・・・「競馬が上手でお姉さんに比べて操縦性がいい馬です。馬はしっかり休ませてもらい、良くなっていました。本番は距離が伸びることがポイントでしょうが、行けると思います。まだまだ緩くて前のめりなので、もう少しトモがしっかりしてくれたらと思います

フィリーズレビュー2021結果データ

勝ちタイム=1分20秒7(良)(過去10年で最も速い時計)

前半600m通過=33秒7

ペース=ハイペース(1秒8差・600m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒1(4位)

レース上がり3ハロン=35秒5

4角通過順=7→4→15番手

当日のクッション値(午前7時半)=9.4(標準)

おわりに

今週はかなり久々となった週末3レース予想でしたが、結果的には3戦2勝と内容的には良い週末でした。個人的にはデアリングタクトを複勝に抑えたのが正解で、先週のダノンザキッド同様、非常にハラハラしたレースでした。

そして当レースは馬場が読めてもオパールムーン本命が揺らがず、結局外してしまっただろうと振り返っても思うばかりでした。それでもレースは楽しめましたし、まだまだ上手く予想がしたいので、上を目指してこれからも予想の力を上げて行きたく思います。

またパドックでは牝馬限定でこのところ良く当たっていましたが、この日最後の配信のレースのアネモネステークスも当たりました。このレースも桜花賞へ向けてのトライアルレースとなっていますし、勝ち馬のアナザーリリックも非常に見どころのある仕上がりでした。

本番に向けて更に楽しみが広がるところとなってきましたし、ソダシやサトノレイナスも含めて桜花賞を楽しみにしています。

そしてパドックロード会員様、今ご覧下さっているあなたへ、心よりの感謝を申し上げて精進していきたいと思います。

今週もブログにお越し下さり、誠にありがとうございました。また来週の当ブログ予想でお会いできることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です