フィリーズレビュー2021予想・本命はオパールムーン

オパール。

隠れた才能を引き出す力を持つとされている石なのですが、この名を冠するオパールムーンも秘めたる力を保持しています。

それが爆発力ある末脚で、これは同馬の武器でもありますが、フィリーズレビューの舞台は差し馬が傾向的に強いレースです。

そこで本命は冒頭画像のオパールムーンに決まったのですが、同馬の買い目をどのようにするか週中は少し迷っていました。結果的には同馬を一点で、トリガミの憂いを遮断したうえ、本番に向けたレース展開に刮目していきたいと思います。

それでは早速予想印と買い目の公開をして参りましょう。

フィリーズレビュー2021予想・印&買い目

本命◎オパールムーン

買い目◎複勝600円。

中山記念◎▲〇&チューリップ賞◎〇▲パーフェクト的中。相馬師はしくれのオリジナルコンテンツ・パドック速報パドックロードは。

パドックロード(2021)3月度会員募集

フィリーズレビュー2021も頑張ります。

フィリーズレビュー2021予想

本命◎オパールムーン

本命◎はオパールムーンです。

同馬は傾向的にも優勢である差し脚質にあるのですが、これまで記録した上りタイムは3戦全てで3位以内です。レースレベルが高かった前走・阪神ジュベナイルフィリーズ時にも、スタートで遅れながら後方2番手で待機して競馬を運び、4コーナーでも外を回しつつ一気に差して6着としました。

末脚を伸ばしながら伸び切れず最後6着となった原因は、同馬がマイルの距離がギリギリで、ロスの多いレースだったからです。緩い流れの立ち回り勝負でソダシなどはかなり粘りましたが、オパールムーンにはあまりそういうレースは向いていないと思います。

それというのも馬体の特徴がいかにも末が切れる牝馬であり、胴も詰まって距離的には1400mがベストだからです。また距離が短い方が自然とレースの流れも速くなりますし、ハイペースで豪脚を発揮して上位を狙う形がつくれます。

つまり前走の敗戦時よりもメンバーレベルが下がるだけでなく、より自身のテリトリーで競馬を戦えることになるわけなのです。こうなるといかに休養明けでも印を下げることはできませんし、そもそも同馬は休養明けでもきちんと実績を残しています。

それが2走前ファンタジーステークスで2着に来たときの競馬で、この時はフィリーズレビューの過去10年を上回ったタイムでした。それだけの時計で走破するのを休養明けでやったわけですから、休み明けはマイナスどころか、むしろプラスになるとも捉えられます。

またこのファンタジーステークスには先日チューリップ賞馬となった、メイケイエールとも僅差でしたしスピードを十分披露しました。しかも上がり3ハロンのタイムは最速の33秒5で、このタイムは2位以下をコンマ7秒以上突き放す時計でした。

このときと同じコースでライバルのメイケイエールの姿は見えず、持ちタイムがありペースも流れて末脚が生きる展開が見える。これだけ条件がそろっていれば予想家として同馬の本命は、疑いようのないところかなあと溜め息が出るほどの予想でした。

それだけに今回の一戦では単勝のみの手もよぎりましたが、何分はしくれはつい2週前スランプに苦しんでいた身です。それだけにまだ的中を狙った馬券を買いたいとも思いますし、このレースは1勝クラスの馬が強い傾向も感じています。

そのうえ当レースは荒れることで有名な重賞でもありますし、一筋縄では計れない点があるクセの強いレースであります。その点を踏まえて予想するなら複勝がベストと思いましたし、代わりに一点集中突破で応援していきたいと思います。

予想の根拠①傾向

先ほども述べたようにフィリーズレビュー2021のペース予想は、1400m戦でもあり、速くなることが考えられます。そのうえこの時期の馬たちなので行くとなったら飛ばしていきますし、3歳世代の短距離走者にとってこのレースは貴重なのです。

桜花賞のための前哨戦と位置づけられている一戦ですが、中身としてはスピード優勢でマイルがもたない馬も多いです。まして3歳限定GⅠは距離的にもマイルが最短で、GⅡ以上のレースともなるとここが目標になりやすいのです。

このことからペースアップするのは基本的に当たり前の事態で、過去10年でもスローペースなどただの一度たりとてありません。そうなると速い流れを利しての末脚が切れるキャラが優勢で、それこそまさにオパールムーンだと疑いの余地がないところでしょう。

このレースには九州産馬のヨカヨカも出走予定なのですが、このライバルより差し脚を伸ばすキャラクターがより有利に見えます。ましてこれまでで一番上がりを速くまとめたコースになりますし、荒れやすい重賞レースとはいえ、買っていきたい馬と言えるでしょう。

予想の根拠②馬場状態

フィリーズレビュー2021は阪神競馬の3週目になり、前週稍重で行われたことの影響を加味したいものです。

JRAの芝生は年々素晴らしい時計を生んでいますが、クッション性がない馬場かと言えばこれもまたそうとは言い切れません。それはクッション値が硬い数値を滅多に記録していないことから、十分察せられるところですが怪我する馬も増えていないのです。

つまりは脚に負担をかけないで速い時計が出る芝生なわけで、技術の進歩や芝生の管理に情熱を注いだ結果なのです。このあたりは芝状態と芝適性。知らないと損をする?に記しましたが、高速馬場だから差し馬が届かないというわけでもないのです。

基本的に阪神の芝は3年前からかなり変わりましたが、稍重開催後ですし3週目で週末も天気は不明です。そこで多少馬場が重くなっても差し脚が殺がれるかどうかですが、ハイペースになると前が潰れて後ろが差す競馬も起こり得ます。

速いペースで差す経験があり、しかも前走から距離短縮で、スタミナはむしろ気にせずともよいオパールムーンには向く芝でしょう。更にそこでもうひとつ心強い要素が鞍上との絆です。

予想の根拠③騎手

フィリーズレビュー2021でオパールムーンに騎乗するのは、大ベテランでありファンタジストの横山典弘騎手でもあります。同騎手はアエロリットで近年GⅠレースでも勝っていますし、牝馬との相性も決して悪くない結果を残しているのです。

そして同騎手は先行が好きと以前名鑑に載っていましたが、イメージとしては差し脚が生きる馬が得意にも映るところです。ゴールドシップでの天皇賞もファンタジックな手綱捌きですし、馬の闘志に火をつける競馬は右に出るものがないくらいです。

フェブラリーステークスに出走のワンダーリーデルも内をすくって、同騎手も納得の3着なら記憶にも新しいことでしょう。とにかく横山騎手はその息子・武史騎手の活躍もさりながら、自身も父親としての威厳や秘めた才能を開かせています。

隠れた才能を引き出す力が「オパール」にあると伝えましたが、同騎手が持つ無限の才能を引き出せる馬なので楽しみです。

また単純に乗り替わらないまま重賞に出られるのも幸運で、これだけの騎手との巡り合わせは同馬の運がある証拠でしょう。他の騎手が背中を知りませんし、後方からでマークできないので、神出鬼没な騎手の判断は他馬の脅威に違いないはずです。

とにかく同騎手は前や後ろの極端な競馬が大得意です。「決め打ち」キャラの同馬の鞍上にこれ以上ない相棒と言えます。

予想の根拠④馬体

ここで改めて同馬の馬体を最後に取り上げて参りますが、同馬はやや胴詰まりの馬体でマイルはやや距離が長い馬です。馬体も絞れてそう見えるために距離限界があると思いますが、それでもロスの多い前走では強敵相手に6着しました。

この時はスローペースでもあって内を逃げられたヨカヨカと比べ、かなり展開も不利と思われた同馬はよく走ったと思います。発達したトモは瞬発力を物語る目立ったトモなのですが、これを引きたてるように腰つきもすっきりと邪魔しない体型です。

ツヤもピカピカの前走でしたがそのツヤもフワフワに見せる馬で、この点は同馬の筋肉の質が柔らかいことを伝えています。父親であるヴィクトワールピサは幅のある長躯短背でしたが、オパールムーンはやや小柄ながらこの幅をきちんと受け継ぎました。

直線急坂が控えてもいる阪神競馬場の芝コースは、単純なスピードだけで走れる軽めの馬では通用しません。それだけに同馬の持つ体型やトモの筋肉は優勢なのです。

この点はフィリーズレビュー2021・今週の期待馬体で述べましたが、名馬アストンマーチャンに通じる短距離馬の馬体をしています。この名馬が勝ったレースでもあり似通った馬体でもありますから、当該コースに適性があることは予想の重点となるのです。

買い目の根拠

このところ複勝馬券師状態となっているはしくれなのですが、元々最も好きな馬券がこの複勝馬券でもあるのです。複勝が最強の理由としては拙著で既に述べたわけですが(「回収率100%のカラクリ」)、先述の通り今回は初め単勝一点も意識しました。

それくらいオパールムーンにとって適性のあるレースに見えますが、とにかく波乱傾向が強いレースであることも間違いないです。しかもその要因が1勝クラスの馬によってもたらされるので、この部分が非常に掴みづらく、単勝に踏み切れないことでした。

更に現状は回収率の回復も考えている最中で、ガミること自体は怖くないものの、「総取り」を狙いたいところです。単複にしても複勝だけでも的中率には差がつきませんが、回収率を重視するとすればこの部分がおろそかにできません。

まだまだ波に乗っていくためには謙虚さが必要だとも思われ、まずは全力で「当てに行くこと」を大事にしていきたいと思います。

過去の予想結果

こちらでは過去のフィリーズレビューの予想結果とリンクを掲載します。ご必要でしたらご覧ください。

2020年優勝馬エーポス

フィリーズレビュー2020結果・優勝馬はエーポス

2019年優勝馬ノーワン

記事なし

2018年優勝馬リバティハイツ

金鯱賞2018結果&フィリーズレビュー2018結果

当日のパドック予想

中山記念では3着独占チューリップ賞ではパーフェクトと、現在2週連続重賞3着以内独占をしています。

パドックロードははしくれ自身が配信しているコンテンツですし、ご安心の上お役立ていただけるものだと信じてやみません。前回の予想記事でもきちんとプロであることを公言しながら、こうして結果を出していますので相馬眼に偽りはありません。

競馬ブログの中には自身では予想をしていないものがあったり、安全のほどがわからないものも多くはびこる現実があります。しかしはしくれは自身の最大の武器である相馬眼を開示し、ノウハウだけでなく実際の予想的中で証明してきました。

相馬眼は競馬予想の武器で、最もゴールに近い情報です。そのうえ正統派の予想ですし歴史的にも最古のものでしょう。この奥深さを知ってしまったら、もう後戻りなどはできませんし、ご一緒に結果を分かち合えたらこれ以上の幸せはありません。

フィリーズレビュー2021もパドックロードにて配信します。週末の楽しみのひとつとしてご注目下されば幸いです。

パドックロード(2021)3月度会員募集

それではあなたがこの週末、笑顔になれるよう心から祈って。桜花賞路線にその名を刻む牝馬の活躍に期待しましょう。

*フィリーズレビュー2021は3月14日(日曜日)阪神競馬場第11レース発走予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です