有馬記念2020調教診断・上位3頭を選出

 

こんにちは、はしくれです。

 

先週当欄では3番手に

指名していた7番人気の

グレナディアガーズが勝利を果たし

3位のレッドベルオーブも指名。

朝日杯フューチュリティステークス2020調教診断・上位3頭を選出

 

菊花賞から始めた当欄も

毎週のように上位馬指名で

もっとうまく買えていればなあ…との

感慨に耽った結末でした。

朝日杯フューチュリティステークス2020結果・優勝はグレナディアガーズ

 

とはいえ3頭厳選の末に

複数頭上位に入着して

毎週のように上位に食い込む

馬が現れてほっとしています。

 

そしてまた今週も当欄へと

お越し下さった方へ改めて

心より御礼を申し上げつつ

精進致したいと思います。

 

それでは早速ご覧いただきましょう。

 

 

有馬記念2020調教1位:フィエールマン

(美浦 南W 良 68.2-52.6-39.3-12.7 馬なり)

 

今回1位に選出したのは

フィエールマンと致しましたが

同馬は2週連続でウッドを

同じような時計で走りました。

 

まだ若いところがあって途中で

舌を出した1週前からでも

追い切りではきっちりと仕上がって

馬体のボリュームも目を引きました。

 

同馬は元々体重よりかは

細身に映るタイプでありますが

好調時に見せるふっくらとした

柔らかい張りが見られていました。

 

やることは全てやっているしなと

そんな気概を感じる調教で

坦々と駆け抜けて行く同馬に

ビッグタイトルを予感しました。

 

 

有馬記念2020調教2位:カレンブーケドール

(美浦 坂路 良 51.6-37.4-24.6-12.5 馬なり)

 

同馬は1位に選出している

フィエールマンより時計の面では

優位に立っていると言えるほどの

好タイムを披露してくれました。

 

元々調教は走るとはいえ

51秒台をマークですし

馬なりでまっすぐ走れることも

充実ぶりを感じるところです。

 

1週前も調教の相手と

馬体が接しても熱くならずに

坦々と軽快に走れるほど

騎手に従順なのも好感です。

 

馬体も国枝調教師らしく

厚みがありふっくらと仕上がって

スピードとパワーを感じるもので

パドックが待ち遠しい仕上げです。

 

 

有馬記念2020調教3位:キセキ

(栗東 坂路 良 52.3-37.3-24.5-12.3 馬なり)

 

同馬は1週前の調教で

CWをしっかりと乗り込んで

折り合い重視の道中を運び

最後を伸ばす調教をしました。

 

これを見えるとジャパンカップ時よりも

控える可能性を感じますが

上手く気性を宥めて行けるなら

この調教が吉と出そうです。

 

そこから追い切りでは上昇して

前を走る馬をあっさり交わし

馬なりで52秒台となる

好時計も記録するものでした。

 

この調整過程や時計面は

秋3戦で記録したものより

好内容で距離も伸びますから

楽しみは広がると思います。

 

ということで・・・

 

今年は最後のGⅠともなる

有馬記念の大舞台ですが

さすがに古馬のGⅠだけあって

落ち着いた調教が見られました。

 

またこの中から馬券内に来る

出走馬が出る事を期待して

馬券を組み立てて参りますので

予想もどうぞお楽しみください。

 

また直前の馬体の仕上がりは

秋GⅠ本命◎7-0-2-1と

GⅠ得意のパドックロード

お楽しみ下されば幸いです。

 

それでは締めの有馬記念に向けて

期待を膨らませて参りましょう☆

 

*秋GⅠ本命◎7-0-2-1。プロの相馬は

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です