有馬記念2020今週の期待馬体

 

長距離戦。

 

有馬記念はGⅠの中でも

長距離戦になる一戦ですが

それだけにスタミナが問われてくる

適性が必要な舞台です。

 

昨年優勝のリスグラシューは

近年稀に見るハイペースでの

差し切りを見せた一戦でしたが

スタミナを感じる仕上がりでした。

 

またこのコースはコーナー6回

短い直線に坂が有るなど

適性や機動力が必要な

ややトリッキーなコースと言えます。

 

これを踏まえて馬体の特徴が

高い適性を持つ馬を選ぶ

今週の期待馬体を早速

取り上げて参りたいと思います。

 

☆有馬記念2020「今週の期待馬体」は…

 

 

フィエールマンです。

 

同馬は昨年4着に入り

適性を感じた走りでしたが

初めての経験となるレースで

見所たっぷりの4着でした。

 

元々バランスが非常に優れ

体感の優れた一頭ですが

一見すると細く見えるくらい

牡馬としては締まった全体です。

 

ですがこれが天皇賞春でも

パドックで本命にした要素で

高い長距離走者の適性を

得られる無駄のない馬体なのです。

距離適性とは?見極め方法を伝授します!

 

一般的にマラソンランナーが

短距離走者とは体が違い

全体がすっきりとしてラインが

細身に見えるのと同じことです。

 

こういう体型は後天的に

作り出すことが難しいもので

それだけに適性が求められる

この舞台はより有利になります。

 

また有馬記念が長距離であり

スタミナが要求される他にも

直線に急坂が立ちはだかる

パワーが要ることもまた大事です。

 

こうなると無駄がないだけではなく

坂を上る筋肉も必要で

より高いレベルで完成された

馬体であることが求められます。

 

その点長期の休養明けでも

天皇賞秋で2着している

ローテーションから見ても今回は

上積みが期待できるところです。

 

特に同馬は細身でありながら

前後肢共に肉付きに優れ

無駄の無さとスピードの両立に

パワーを兼ね備えた逸材です。

 

中距離でもアーモンドアイを追い

僅差の2着に来る馬ですから

他馬より適性のある距離ならば

ハイパフォーマンスが見られるでしょう。

 

ということで・・・

 

今週の期待馬体一押しは

フィエールマンとなりました。

昨年4着からの上昇を

期待してパドックを見てみましょう。

 

また当日は

で配信を致します。

結果を出し続けるプロの技

ぜひ一度ご堪能くださいませ。

(秋GⅠ本命◎複勝圏確率90%)

 

*好評。はしくれの相馬眼の秘密は―

 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です