天皇賞秋2020予想・本命はアーモンドアイ

 

未踏。

 

数々の名馬による挑戦も

厚い壁に跳ね返され続けた

GⅠ8勝という頂に

あと一歩と迫るアーモンドアイ。

 

相棒のルメール騎手を背中に

豪華メンバーが集結してくる

府中の直線で名を刻むべく

秋緒戦での偉業を見据えます。

 

調教も軽々とこなしており

馬体からも充実がうかがえる

天皇賞秋2020の

予想印と買い目から公開です。

 

<天皇賞秋2020予想・印&買い目>

本命◎・・・アーモンドアイ

対抗〇・・・クロノジェネシス

単穴▲・・・ダノンプレミアム

特注☆・・・フィエールマン

買い目・・・◎馬連流し各100円、計300円。

 

 

本命◎はアーモンドアイです。

 

同馬は言わずと知れた日本の

最強馬として君臨しますが

最も得意の舞台が府中で

始動戦にも不安はありません。

 

安田記念では充実一途の

グランアレグリアには及ばずも

後ろから差されてはいませんので

末脚にも陰りは見られません。

 

今週からBコースの使用で

インをつく馬には追い風ですが

スローペースは滅法強いので

直線爆発してくれるでしょう。

 

今後のレースを考えるならば

ここはまず勝っておきたいところで

ノーザンファームの威信にかけても

負けられない一戦となるでしょう。

 

 

対抗〇にはクロノジェネシスです。

 

同馬は宝塚記念の際に

驚くばかりの快勝でしたが

今回は良馬場見込みでもあり

この点では未知のものがあります。

 

目下の充実ぶりを踏まえれば

本命馬に匹敵する印が

必要なくらいの実績ですが

この点を考えて対抗です。

 

天皇賞秋はマイラー寄りの

スピードタイプが合う舞台なので

この傾向からも適性的に

少々疑問が残るところです。

 

とはいえマイルでも勝っていますし

リスグラシュー並みの上り調子で

ずっとコンビを組む北村騎手と

絆の力で伸びてくるでしょう。

 

 

単穴▲はダノンプレミアムです。

 

同馬は昨年も2着しており

適性に疑いはありませんが

近年連対馬が不在である

大外8番枠が鬼門です。

 

しかし今年は頭数が少なく

11番という馬番のため

例年であれば6枠程度と

捉えることもできると思います。

天皇賞秋2020過去10年の傾向まとめ

 

調教もかなり良い動きを見せ

傾向的にもリピーターとなる

前年2着からの参戦には

好感が持てるところと言えます。

天皇賞秋2020調教診断・上位3頭を選出

 

安田記念大敗後の競馬も

昨年と同じローテになるため

川田騎手が巧みに捌いたなら

最後まで粘り通すことでしょう。

 

 

最後特注☆にはフィエールマンです。

 

同馬は今年天皇賞春の

連覇に見事成功しましたが

元々中距離も得意な馬で

4着以下はただ一度きりです。

 

それもアーモンドアイが9着の

有馬記念での結果でしたから

広くていかにも走りやすそうな

東京競馬場は合うでしょう。

 

実際当地で競馬をするのは

デビュー戦以来となる今回は

鞍上に3冠を達成した

福永祐一騎手の騎乗です。

 

先週脅かされた鞍上に

借りを返すシーンも想定して

スタミナを活かす競馬で割り込む

余地は有ると見て指名致します。

 

ということで・・・

 

天皇賞秋2020は

11月1日(日曜日)

東京競馬場第11レース

15時40分発走予定です。

 

◎1着→☆2着→〇3着→▲9着。

*土曜アルテミスステークス3着以内独占。月初めでお得な

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です