競馬小説「アーサーの奇跡」第46話 何も言えずに

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

アーサー転厩の報道を受け、様々な想いを巡らす二人。

相馬談義に花を咲かせながら、距離を縮める結衣と匠でした…

競馬小説「アーサーの奇跡」第45話 転厩

競馬小説「アーサーの奇跡」第46話

第46話 何も言えずに

 

「匠さん、ありがとうございました」

喫茶・欅を出るとすぐに結衣が匠に向かって一礼をしたが、そんな結衣を見て匠はすかさず

「いやその…おれのお金じゃないですし、結衣さんに対するお礼ですから…。店も売り上げが上がってるし、逆にこちらこそ何かすみません…」

慌てて結衣に頭を下げた。

 

「くすっ…」

そんな匠の方を見て、結衣が穏やかに微笑んでいると、その笑顔に匠は見とれたまま、言葉をなくして立ち尽くしていた。

街燈が照らし出す結衣の顔は柔らかな輪郭を作り出して、絵画や写真の中に描かれた幻のように縁取られていた。

 

「…」

「そういえば、アーサーはダービーでは、この競馬場を走るんですよね」

見とれている匠に気がつかずに、指し示しながらつぶやいた結衣に

「…そうですね…」

匠がそう返すと、ようやく時間も溶け出すのだった。

 

東京競馬場外周道路。

喫茶・欅を出るとそこからすぐ、東京競馬場の柵が見える。

 

匠は

「アーサーがこの府中で競馬をする日がやってくるなんて…。佐賀で見ていた時はまったく、想像できないことばかりでした…」

懐かしむような視線を馳せ、その柵を見ながらつぶやいていた。

 

「東京競馬場…きれいですね…」

結衣の香りが春風に舞い、匠は不意にまた止まっていたが

「匠さん?」

結衣が問いかける声に

「ああ…え~っと。その、これからあのう…本町の改札に送りますね」

我に返って返事を告げた。

 

結衣はそんな匠を見つめて、祈るように両手を胸に置くと

「…わたし、京王線でも帰れます。もうちょっとだけ、お散歩したいです…」

ポツリとつぶやくように言った。

 

「え…?」

驚いてつぶやく匠に

「だめ…ですか?」

結衣はその目を伏せて潤ませると、両手を強く胸に握っていた。

 

「あ、いや全然、だめじゃないですよ…。え~っとそれじゃあ…こっち行きましょう…」

匠は結衣の声にそう返すと、耳を真っ赤にしたまま目を伏せて、右手で頭をポリポリと掻くと、ぎこちなく前へ歩き出していた。

 

「(え~っと…。こりゃまた何と言ったら…。こういうとき、どうしたらいいのやら…)」

頭が真っ白になりながら、ただ前へ一歩踏み出す匠に

「嬉しいです…」

結衣がポツリと言うと、いつの間にか隣を歩いていた。

 

「(…え~っと、おれ…何か話さなくちゃ…)」

匠はますます沈黙した。

 

「…」

「…」

喫茶店まで歩いていたときは、結衣も色々見て話していたが、今はただ黙ってうつむいたまま、何も言わずに肩を並べている。

匠も緊張のあまり黙って、何も言わずに歩くだけだったが、気づくと大邦(おおくに)神社の鳥居を、二人並んでくぐろうとしていた。

 

「…神様…」

結衣がささやいた声で、匠がふと視線を馳せてみると、結衣は目を瞑り、両手を合わせて、小さく鳥居にお辞儀をしていた。

 

「(…おれもやろう)」

匠も目を瞑って、一礼してふと顔を見上げると、結衣が真っすぐに匠を見つめて

「…ありがとうございました」

と言った。

 

「え?いやあの…。喫茶店のことなら、あくまで結衣さんへのお礼ですし…むしろ気を遣わせちゃったかと…。気の利いた話もできなくて、おれの方が何か申し訳ない…」

すまなそうに頭を掻きつつ、結衣の視線に目を伏せた匠に

「…」

結衣は黙ったままで、何か言いたげに立ち尽くしていた。

 

「…?」

結衣の気配に気づき、匠がふとまた視線を上げると

「…本当に、ありがとうございました…」

そう告げる結衣の頬にすっと、一筋の涙が流れていった。

 

「げ!すすす、すみません!おれが何か、失礼なこと、言っちゃってましたか…!?」

突然のことに匠はすぐ、慌てて結衣にそう尋ねていたが

「…いいえ、違います…」

肩を震わせて、かすれる声で結衣は答えていた。

 

「ゆ、結衣さん…?」

心配する匠に、結衣は涙をすぐに手で拭うと

「…わたし…その…」

両手を胸に当てて、落ち着かせるようにつぶやいていた。

 

「何かつらいことでも、ありましたか…?」

匠の声にうつむく結衣は

「いいえ…匠さん、優しくて…それで…」

思いつめた様子で答えた。

 

結衣の長い黒髪は気がつくとバイトをしていた時とは違って、きれいにほどけて夜の神社でも分かるくらい風に艶めいていた。

 

「…」

何も言えず匠は、ただ黙って様子をうかがったが

「…すみません、ここを出たら駅ですね…。あまり遅くなるとお父様にも、ご心配を掛けしてしまいますから…」

そう言って結衣は前を向いた。

 

「(こういうとき、おれは何て言ったら、結衣さんの力になれるんだろう…)」

答えが出ないままで匠は、結衣の背中を見て歩いていった。

 

次回予告

 

突然の結衣の涙に驚き、何も言えずに歩いて行く匠。

一方アーサーの新コンビには、荒尾真凛(あらおまりん)が選ばれるのでした…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第47話 荒尾真凛

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第45話 転厩

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。