競馬小説「アーサーの奇跡」第39話 人気の差

登場人物紹介

上山 匠(かみやま たくみ)

当物語の主人公。20歳。アーサーをきっかけに競馬を知る

上山 善男(かみやま よしお)

匠の父。53歳。上山写真館2代目当主。競馬歴33年

三条 結衣(さんじょう ゆい)

匠の憧れ。年齢不詳。佐賀競馬場でアーサーと出会う

福山 奏(ふくやま かなで)

匠の幼馴染。18歳。近所の名店「ブラン」の一人娘

競馬小説「アーサーの奇跡」登場人物紹介

前回までのあらすじ

 

パドックに詳しそうな男から、縦と横について覚えた匠。

アーサーの仕上がりからは前走・川崎を凌ぐと感じましたが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第38話 縦と横

競馬小説「アーサーの奇跡」第39話

第39話 人気の差

 

パドックからスタンドを通り抜け、返し馬へ歩を進めた匠は、いつもとは違う風景のなかで改めてその「差」を意識していた。

 

「(これはかなり、すごい人混みだな…)」

ビッグツリーが出走することを待ち詫びているファンのファッションには、騎手の滝沢と同じ柄色の、レプリカを着る人も見つけられた。

 

「(これほどの人気馬が出てくるのを、何も知らずにおれは見に来たのか…)」

アーサーが地方の所属馬で認知度が低いとは知っていたが、匠にとってはいつも通り、アーサーを撮りに来ただけであった。

それが中央の舞台に移って人気馬と対戦する状況は、アーサーにとってアウェーなのを、意識せずにはいられないのだった。

 

―さあいまビッグツリーが滝沢と、いよいよ本馬場に現れました!世代の王者の力を発揮し、無敗の4連勝なるでしょうかー!―

実況がアナウンスをするとターフビジョンにも大映しになり、それを見ていたファンから一斉に

「ワアアアアッ!」

と歓声が上がった。

 

「(なんてすごい、ファンの数なんだろう…)」

ビッグツリーは馬場入りしてくるとファンの目の前を悠然と歩き、乱れる素振りなども見せないまま、ただただ平然と闊歩(かっぽ)していた。

そのあとに続いてくる馬たちは乱れた歩様の馬も見られたが、ビッグツリーと滝沢の姿に、何の不安も感じられなかった。

 

「(なんかすごい、大きく見えてきたな…)」

匠はただ落ち着き払っているビッグツリーと滝沢を見つめて、鮫浜や村口の顔がまるで緩まなかったのが分かる気がした。

 

「頼むぜ駿、今日も稼がせてくれー!」

「まあ楽勝だろうけど、頑張れよー!」

応援するファンもどこか安堵の、信頼した声で出迎えている。

 

そこに

―さあ挑戦者の登場だ!ダート王・アーサーの出陣です!佐賀所属のまま中央勢から金星を挙げることができるのかー!―

実況の声が聞こえてきた。

 

「(…アーサーはいま「挑戦者」なんだな…)」

匠は不思議な気がしていた。

 

「(確かにアーサーは地方所属で中央のレースは二回目だけど、前にも芝を勝っている馬だし、ダートでは2歳の王者じゃないか。金星を挙げるなんていうことは格の違いがあればこそだろうし、王者に対してそういうセリフは失礼にあたる言葉じゃないのか…)」

匠は初めて人気の差に、悔しい思いを感じ取っていた。

 

「おい、鮫浜―!聞こえているんだろー!?2着はお前を買っているからなー!ビッグツリーの入線の後なら、十分先頭で入れるからなー!」

近くで大きな声が聞こえ、その声に匠は顔を向けると、そこにはパドック論を打っていたカップルの男の姿があった。

 

「さすがに勝つまでは厳しいがなー!お前だってかなりの好馬体だー!馬の耳に念仏ったって、こんだけ声でかきゃ聞こえてるだろー!おいアーサー!聞こえているんならヒヒーンとか言って返事くらいしろ~!」

応援なのか罵声なのかも匠は分からず目を丸くしたが

「わははっ」

と周囲が沸き立ったので、匠は唇を噛みしめていた。

 

「(…アーサーがまるでもう負けるような、あんな言い方もないもんじゃないか。どんな馬だって一生懸命、1着を目指して走ってるのに…)」

気がつくと睨むような顔で、匠は男をじいっと見ていた。

 

「もうケイちゃん、ちょっとやめてってばあ!みんながこっちを見ちゃってるじゃない!品の無い男なんて大嫌い!」

彼女の諭す声も大きい。

 

「ええ!嫌いなのか?このイケメンが?こんないい男、捉まえといて?」

周囲から笑いが漏れていた。

 

「あーもう、ほんと何を言ってるのよ!ほんとバカ、もう早くこっちに来て!」

彼女が顔を真っ赤にさせながら、腕を取ってどこかへと連れて行く。

 

「いてててて!力が強すぎる!マッチョかおい、優しくしてくれよお…!」

男の声もまたどこかへ消えた。

匠はそれに溜め息を漏らすと、改めて馬場を見返してみたが、アーサーは坂下へ走っていて、いつの間にか馬体も隠れていた。

 

「(どうも雰囲気がいつもと違うな…。アーサーが無事、勝てますように…)」

祈っている匠のそばでは周囲のファンの声が聞こえてきて、ビッグツリーのこれまでの強さや、今後の展望が語られていた。

 

「絶対ビッグツリーが優勝さ。ホープフルステークスのときだって2歳レコードで走ってるもんな」

「ああ、上(あが)り最速の脚だったな。あれを2番手から繰り出せるうえ、デビューから三連勝してるしな。それに飛ぶように走っているから、三冠だって有り得るんじゃないか」

周囲のそんな声が耳に入り、匠は一瞬不安になったが

「(それでも今おれがやるべきことは…)」

匠はカメラを構えていた。

 

発走が近づいてきて匠は、芝コースにレンズを振り向けると、段々と高まる胸の鼓動で周囲が静まったような気がした。

 

カメラを握った右手ががっちり、いつも通り固まって動かない。

風が鳴り、急坂を吹き上がると、スターターが旗をなびかせていた―

 

次回予告

 

匠の代役に入った結衣が、休憩時間に訪れたブラン。

本心で話す奏の言葉に、結衣の心は揺れ動くのでした…

 

次回:競馬小説「アーサーの奇跡」第40話 ライバル

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第38話 縦と横

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。