ホープフルステークス2021結果&馬体診断・優勝はキラーアビリティ

台頭。

今回のホープフルステークスは1番人気の連勝が止まり、変わって2番人気へと推されたキラーアビリティの優勝でした。

前走の萩ステークスの際は坂で多少脚を取られましたが、今回は更なる急坂となる中山で見事な逆転でした。

現状100%仕上がった馬体も目立った一戦でしたが、そんなホープフルステークス2021の結果を回顧します。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

ホープフルステークス2021着順

優勝馬キラーアビリティ

2着馬ジャスティンパレス

3着馬ラーグルフ

ホープフルステークス2021予想結果

本命◎ボーンディスウェイ

対抗〇サトノヘリオス

買い目=単勝&複勝◎〇各100円、馬連&ワイド◎〇各100円、計600円

予想結果=不的中

ホープフルステークス2021予想・本命はボーンディスウェイ

パドックロード配信結果

◎1着→☆4着→▲12着→〇13着でした。

パドックロード(2021)12月度会員募集&前月度実績

これで11週連続となる重賞本命馬3着以内。おめでとうございます!

のりしお

はしくれ

ありがとう。凄く仕上がっていた
最後のGⅠも1着で締め、相馬師としてはほっとしたのでは?

のりしお

はしくれ

そうだね。でもラーグルフがフィデルと迷って上位に入っているから…まだまだもっと上を目指さなくちゃ
それでは診断もお願いします

のりしお

はしくれ

うん。しっかりと復習していこう

◎1着→☆3着→〇4着→▲13着

有馬記念でも本命1着。プロの相馬師による馬体予想

ホープフルステークス2021結果・馬体診断

優勝馬キラーアビリティ

まず優勝馬キラーアビリティです。

同馬は今回毛ヅヤがピカピカ、柔らかい馬体も目立ちましたが、懐も深く心肺機能に良さを感じる馬体にありました。まだ前肢が発達途上なので急坂がどうかと思いましたが、非力ではなく力感はあるので本命抜擢と相成りました。

このような皮膚の柔らかい馬は中々現れないところですが、ノーザンファームと斉藤厩舎のコンビによる仕上げが光りました。クロノジェネシスは引退レースで3着の結末となりましたが、代わりに同馬でGⅠを勝って、厩舎力を感じる結果でした。

2着馬ジャスティンパレス

2着馬はジャスティンパレスです。

同馬はバランスが良く全体をコンパクトに見せるタイプでもあり、無駄がなく高次元な仕上がりで選出に迷う馬と言えました。非選出なのは単純に他馬も良かったからに他ならないですが、ハイレベルなメンバーに混じっても目立つ馬体は好感を得ました。

まだ毛ヅヤは良くなると見えますし、緩さも多少残っていますので、来春これがどれほど引き締まり、上昇してくるかが楽しみです。クリスチャン・デムーロ騎手もこうした素軽いタイプが上手い騎手なので、鞍上が今後どうなっていくか、この点も鍵になると思います。

3着馬ラーグルフ

3着馬はラーグルフです。

同馬は中山に向いた馬体で非常に懐の深さがあって、もう一段毛ヅヤが良く見えれば4番手抜擢も可能でした。前肢のボリュームはメンバー中で1~2を争う仕上がりでしたし、バランスも良くトモも発達した好馬体と言える状態でした。

2人引きですが落ち着き払ってパドックを周回していましたし、レースの流れも向いた展開で最後の伸び脚も目立っています。シルエットとしては現時点ではほぼ100%できていたので、+14kgも全て馬の成長分と思って良いでしょう。

ボーンディスウェイは無印でした

のりしお

はしくれ

トモ高でバランスが気になった
とはいえ見せ場もある5着でした

のりしお

はしくれ

もっと上昇が狙える馬だね

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

ホープフルステークス2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回はグランドラインが逃げてボーンディスウェイが行けなかったので、展開的にはこれが残念な流れになったなと思っています。そのうえ仕上がりが8割なのでこの点で無印としたのですが、レースでは直線かなり粘って見せ場があり、とても楽しめました。

とはいえ予想家としてはきっちり的中したかったところでしたが、こうして一戦ずつ鍛えながら、自身を伸ばしたいと考えます。パドックは本命馬が1着で仕上がりの差が出た一戦ですが、データ・パドック両面で結果を上げ続けていきたいと思います。

今秋は本命馬大活躍。ブログでは6-2-1-3でした

のりしお

はしくれ

とにかく的中を目指したいよね

騎手のコメント

1着横山武史騎手・・・「2週連続で調教に乗って、走る馬だと感じていました。気性面は心配したのですが、リラックスして走ってくれました。1~2コーナー噛んでしまいましたが、向こう正面で抜けてくれたので、これなら大丈夫と思いました。まだまだ子供で、後ろ脚の力が弱く気で走っている馬ですが、もっと良くなっていくと思います

1着ノーザンファーム空港(犬伏健太氏)・・・「この馬は走りに関して真面目過ぎるところがあるので、折り合いを懸念していたのですが、横山騎手も力を引き出してくれて嬉しかったです。牧場時代から品があって、柔らかく、いい動きをする馬ではあったんですが、真面目過ぎるところがあるので、スタッフがその辺りを上手く仕上げてくれたと思います。気性面が更に成長すればより楽しみにできると思います。父馬がディープインパクトなので、特別な目で見てしまう馬です」

2着C.デムーロ騎手・・・「レース前からチャカチャカしていましたが、レースでは折り合いました。2着確保は能力があります」

3着丸田恭介騎手・・・「テンションの高い馬ですがいい状態でした。いいスタートが切れて、これまでで一番良かったと思います」

横山武史騎手イヤーでした

のりしお

はしくれ

本当に。凄くセンスが高くて、天才騎手と言って良さそうだよ。ちなみに昨年コラム書いたけど、やはり只者ではない騎手だよね(魅せた!横山武史騎手、父譲りの会心騎乗

ホープフルステークス2021結果データ

勝ちタイム=2分0秒6(良)

前半1000m通過=60秒1

ペース=ミドルハイペース(0秒4差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒8

レース上がり3ハロン=36秒3

4角通過順=3→5→3番手

クッション値(AM8時)=9,1(標準)

おわりに

今回は馬場が乾いてタイムも速まることは読めていたのですが、いかんせんボーンディスウェイが逃げる展開にならずに残念でした。走破タイムも例年より早く、位置も前にいた馬で決着と、中山適性がかなり要求された一戦だったと思います。

1番人気のコマンドラインは出遅れた上に持ち時計もなく、後ろからで経験から苦しいレースになるのは仕方ありません。それでも馬体はやはり良い馬で中山も合わないことはないので、もう一段絞れたら上昇を果たしておかしくないと思います。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。来年も誠心誠意予想し、ご一緒に楽しんでいきたいです。

はしくれ

本年もありがとうございました
誠にありがとうございました

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です