中日新聞杯2021結果&馬体診断・優勝はショウナンバルディ

逃走。

中京競馬場を得意にして重賞でも2着の実績ある、ショウナンバルディが中日新聞杯の今回は逃げて完勝。

道中スローペースを溜めながらイン有利の馬場を活かしましたが、馬連配当10万を超える大波乱の結末となりました。

2着のアフリカンゴールドにしろ人気薄の結果となりましたが、中日新聞杯2021の結果を回顧致しましょう。

はしくれ

それではどうぞご覧ください

中日新聞杯2021着順

優勝馬ショウナンバルディ

2着馬アフリカンゴールド

3着馬シゲルピンクダイヤ

中日新聞杯2021予想&予想結果

本命◎ボッケリーニ

対抗〇アドマイヤビルゴ

単穴▲ショウナンバルディ

特注☆レイエンダ

買い目=ワイドボックス各100円、計600円。

予想結果=不的中

中日新聞杯2021予想・本命はボッケリーニ

パドックロード配信結果

◎4着→〇10着→☆12着→▲13着でした。

パドックロード(2021)12月度会員募集&前月度実績

まったくいいところがなかったです

のりしお

はしくれ

申し訳ございませんでした
かなり驚く結果になりました

のりしお

はしくれ

でも、ワクワクする部分もあった

◎1着→〇2着→▲3着→☆4着

先週土曜日チャレンジカップはパーフェクト的中

中日新聞杯2021結果・馬体診断

優勝馬ショウナンバルディ

まず優勝馬ショウナンバルディです。

同馬は今回キッチリ絞れた好馬体を披露していましたが、他の馬の方がボリュームがあり、選出から漏れた一頭でした。正直展開を加味するならば十分あり得る仕上がりでしたが、はしくれはパドックの際データを無視するので非選出としました。

同馬は昨秋から馬体が良く夏過ぎに一度は崩れましたが、あっさり回復したところからも今が旬と見て良いタイプでしょう。本当に良いと毛ヅヤが一段ビカビカになってくる馬ですから、重賞を勝って更に上昇も狙える好仕上がりと言えました。

2着馬アフリカンゴールド

2着馬はアフリカンゴールドです。

同馬は今回ブービー人気で馬体面も好調には感じず、むしろ皮膚感も張りがなく思い、苦しい戦いかと思いました。相変わらずバランスは良いですが、毛ヅヤもいつももっと良いタイプで、トモも張りが足りなく感じたためパドックでは選べない馬でした。

上位選出の2頭が取り分け仕上がりに疑問がなかったために、比較でもまず厳しいところかと思っていたので驚かされます。緩さが抜けてバランスを保って毛ヅヤが冴えれば狙いも立つので、今度はそうした仕上がりの中で好走してくれたらと思います。

3着馬シゲルピンクダイヤ

3着馬はシゲルピンクダイヤです。

同馬は今回非選出馬では最も選出に迷いましたが、いかんせん腰がもうひとつ弱く、バランスを懸念し無印でした。結果的にハンデ差も影響し3着に粘り抜いていましたが、トモも大きく毛ヅヤも良好で、良い時の出来にあると見えました。

少なくともこのところの競馬で見た中では一番良い馬体で、頼みの綱のトモが出てきたのは何より安心できることでしょう。今回は枠や展開面など後押しがあったのも確かですが、持てる実力さえ出し切れたならやはり強い馬だなと思います。

意外と楽しめた感じでしたね

のりしお

はしくれ

アフリカンゴールドは驚いたけど
相馬眼の修正はかけますか?

のりしお

はしくれ

今回は展開が主だからね、極端な修正はせずに行く

当レースでもご期待をくださり、誠にありがとうございました。人気・不人気に構わずとことん、選び抜いていきたいと思います

中日新聞杯2021結果・回顧

レース動画

レース後の感想

今回のアフリカンゴールドには度肝を抜かれたゴール前ですが、これは国分騎手がかなり上手く立ち回ったことによるものでした。同騎手はスタート直後一旦、逃げを打っていくように見せかけて、あっさり引いてショウナンバルディを見ながらスローで溜めて行きました。

馬体面もいまひとつでしたから流れに乗れたことが大事ですし、岩田騎手のコメントにある通りやや渋った馬場も味方しました。この馬場を読み切るのは相当に難しい一戦と言えましたし、スローでイン前有利の小回り、先行馬が怖いと思いました。

重馬場のような配当でしたね

のりしお

はしくれ

これが特殊馬場の影響だよね
ワイド1~4着惜しかったです

のりしお

はしくれ

また狙いつつ当てていきたいよね

騎手のコメント

1着岩田康誠騎手・・・「(JRA重賞通算100勝は)素直に嬉しかったんで、ガッツポーズが出ました。この馬自身はしぶとい脚もありますし、馬場状態もちょっと渋ってる状態でしたし、内を考えた結果でしたし、枠を活かして進めました。バルディは素晴らしい走りをしてくれたと思います。今はレースの大小に限らず最高のパフォーマンスをするって心がけています。僕は気持ちが強いんで、見苦しいかもしれないですけど、ガッツポーズは見逃してください。息子も活躍していますんで、息子にも負けないように頑張りますので応援よろしくお願いします」

2着国分恭介騎手・・・「前走は思いのほかハミを取らず行きませんでした。今回のように自分からふかしていく方が良い馬のようです

ガッツポーズがトレードマークです

のりしお

はしくれ

素晴らしい好騎乗だったもんね

中日新聞杯2021結果データ

勝ちタイム=1分59秒8(良)

前半1000m通過=61秒1

ペース=スローペース(2秒4差:前後半1000m比較)

勝ち馬上がり3ハロン=35秒0

レース上がり3ハロン=35秒0

4角通過順=1→2→5番手

クッション値(当日午前7時)=9.9

おわりに

今回は人気馬が差しばかりでスロー予想はできていたのですが、瞬発力勝負になると思い、組み立てたことが裏目に出ました。馬場状態がやや渋ったという岩田騎手のコメントは重要で、これで切れ味が殺がれていたのが非常に頷ける結末でした。

良馬場で開幕2週目なのにこのような状況にあったことは、振り返ってもあまりありませんし、大穴が開くのも納得でしょう。データを精査してもイレギュラーな結果は常につきまとうのですが、こうした部分もあるのが競馬の面白さだなと実感しました。

またパドックロード会員の皆様、ご声援ありがとうございました。明日も誠心誠意の予想を鋭意配信致して参ります。

はしくれ

明日も頑張ります
よろしくお願い申し上げます

のりしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。