競馬小説「アーサーの奇跡」第23話 馬場入場

前回までのあらすじ

 

突然の武内との再会で競馬談義に花が咲く3人。

そのあと結衣と二人きりになると、再び意識をする匠でした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第22話 パドックにて

競馬小説「アーサーの奇跡」第23話

第23話 馬場入場

 

「結衣さんは馬券、買ってるんですか?」

 

二人連れ立ってスタンドへ向かう通路で匠が結衣に問いかけた。

「…知りたいですか?」

結衣が目を見つめる。

「いや…あの、嫌だったらいいです」

「そうですか。じゃ、教えてあげません」

「え~と、あの、やっぱり知りたいです…」

惚れた弱みに気がついた匠は、その気持ちをまだ持て余していた。

 

「買いました。ほんの少しですけど…」

そんな匠に結衣が受け応える。

「やっぱりアーサーの単勝馬券?」

「はい。あまり詳しくありませんから…」

そう言うと結衣は財布の中から一枚の馬券を匠に見せた。

 

「単勝100円」

「はい、100円です」

そう言うと結衣はかすかに笑った。

 

「匠さんは何を買ったんですか?」

「あ、はい、この馬券になるんですが…」

そう言うと匠は善男の分と自分の分を一緒に取り出した。

「こっちのアーサーの単勝馬券千円分がおれの買った方で、こっちの3万円分の方が父さんから頼まれた馬券です」

 

それを見た結衣は

「お父様の分も買ったんですね。それにしてもこんな大きなお金、男の人って使うものなんだ…」

驚いた口調でつぶやいた。

 

そんな結衣を見て

「いや、あの、父さんも別に毎回こんなに使う訳じゃないんですよ。佐賀でアーサーで勝ったのがあって、出る時は奮発しているんです。それにおれも千円だけですから」

そう言った匠の顔を見上げて

「そうですよね。あの可愛いお店と、この馬券が結び付かないですし」

頷きながら結衣が答えた。

 

「可愛いお店って…うちのことです?」

「はい、レトロモダンの素敵なお店…ああいうお店が大好きなんです。それからパン屋さんも可愛かった…」

結衣が嬉しそうにつぶやいた。

 

「そう言ってもらえると嬉しいです。おじいちゃんが建てた家なんですよ、おじいちゃんが生きてたら喜ぶな。僕がまだかなり小さかった頃、車の事故で死んじゃったんですが…」

「すみません、そんなお話しをさせて」

「ああ、すみません。つい口が滑って。褒めてもらえたのが嬉しくてつい…」

匠は好意を持つ相手からの言葉がこんなに嬉しいものかと、自分でも初めて知った気持ちに口元が緩むのを感じていた。

 

「匠さんもお店、好きなんですね」

「ええ、そうみたいです。分からないけど…」

「ふふ、分からないって、なんなんですか」

そう言うと結衣はくすっと笑って、スタンドの外を真っすぐ見つめた。

 

「あ、匠さん。みんな出てきますよ。写真撮らなきゃいけないんですよね」

「本当だ、ちょっと前に行きますね」

そこには鎌倉記念の時より多くの人が壁を作っていた。

そうして鎌倉記念の時にも見かけた二人組の競馬ファンも、何やらお目当ての馬を目がけて声援を送っているようだった。

 

「お~い、沖!頑張れよ~!この前はちょっと悔しかったけど、今度はきっと逆転できるからー!」

「そうそう、今日は競る相手もいるし、アーサーも楽はできないからなー!」

そんな声が聞こえたかと思えば

「ハイライト記念でのぶっちぎりな、あれを再現できれば勝てるからー!頼むぜ的山―!」

ノースペガサスの応援の後はホワイトタイガーの応援になり

「中央馬の強さを見せてくれよ~!頼むぜ玉城―!」

との声もする。

その突き上げられた声援の手を影になるように写し取りながら、匠はアーサーの出番を待って一瞬のシルエットを捉まえた。

 

「アーサー!」

 

透き通る女性の声が一瞬隣から聞こえてふと振り向くと、そこには両手を添えてアーサーに声援を送る結衣が立っていた。

「結衣さん…?」

匠が目を丸くして見つめると

「…いつも一人だし、たまにはこうして声を出してみたいなって思って」

匠の反応に照れた様子で結衣が頬を赤らめて振り向くと、目が合った匠は急に体が熱くなってくるのを感じていた。

 

「あ、いや…その、すみませんでした。突然のことで驚いただけで…。こうして声援を送ることって、一体感があっていいですよね。よしおれも…鮫浜さん、頑張れー!」

匠もすかさず声援を投げた。

 

「匠さんは鮫浜騎手のことも応援したいって思うんですね」

「ええ、この前の鎌倉記念での、インタビューの姿が浮かんできて…」

「勝てるといいですね…」

「そうですね…」

胸の高鳴りを抑え込むように声援を送った匠だったが、鮫浜がぐっと手綱を絞ると、アーサーは軽やかに駆けて行った。

 

そのまま二人はアーサーを見つめ無言でスタートの時を待ったが

「締め切り5分前です」

の言葉にはっとして匠が口を開いた。

 

「あの、結衣さん。この場所で良いですか?今からだと上も混んでそうだし…おれに付き合わせちゃってごめんなさい。立ち見になってしまいそうですけど…」

「いいんです。いつも女性一人だとなんとなく前には居づらいですし…今は匠さんが居てくれるから、こうしていても不自然じゃないので…」

そう言って結衣は匠を見た。

 

「あ、はい。なんだか緊張しますが…いえ、そのスタートが近づいたので…」

結衣の瞳を真っすぐ見られずに大型ビジョンを見つめた匠に

「はい」

と頷く結衣に心臓が再び高鳴った匠であった。

 

締め切りのベルが鳴って場内にファンファーレが大きく響き渡る。

ライヴ演奏によるファンファーレはライトアップされて華やいでいた。

各馬がゲートへと吸い込まれると場内も息をのむ空気になり、匠も結衣も無言でアーサーのスタートを祈るように待っていた。

 

次回予告

 

ついに決戦の火ぶたが切られた全日本2歳優駿の舞台。

好スタートを決めたアーサーにはホワイトタイガーが並んで行って…

 

次回競馬小説「アーサーの奇跡」第24話 強豪激突

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第22話 パドックにて

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。