競馬小説「アーサーの奇跡」第14話 鎌倉記念・決着

前回までのあらすじ

 

デビュー戦から連勝を飾って鎌倉記念に臨んだアーサー。

強敵ノースペガサスが追い込み、写真判定にもつれ込みますが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第13話 強敵・ノースペガサス

競馬小説「アーサーの奇跡」第14話

第14話 鎌倉記念・決着

 

ワアアアア!

 

大勢の観客が見守る中、2頭はもつれながら入線した。

ゴールを見守り続けた匠もその中で一人息をのんでいた。

 

「一体どちらが勝ったのだろう…」

これは誰にもよく分からなかった。

 

再来。

 

アーサーのデビュー戦のゴール前、写真判定が長かったように、今回は差し馬を凌ぎ切って僅かでも先着せねばならない。

それがたとえ僅か1cmでも、写真判定は判別可能だ。

そのことを匠は初観戦の佐賀競馬場で思い知っていた。

「(考えてみればたった1cm、それで勝敗が分かれるんだから…本当に厳しい世界なんだな…)」

そう感じた匠の脳裏にふと、善男のひと言が思い出された。

 

「おいおい、1cmも違ったらな、全然申請に通らないだろ」

 

善男は確かにそう話していた。

「(あれはパスポートの写真だったな、規定やサイズが厳しいんだって…。1cmなんて僅かな差なのに、海を渡ることにも響くんだな…)」

店を手伝った日を思い出して、競馬と結びつけている自分に

「(なんだかこういうこと考えるの、父さんに似てきちゃったみたいだな…)」

と匠は苦笑いした。

 

そうして結果が出るまでのあいだ、ぼんやりとしていた匠だったが、いよいよ確定の文字が出るのを緊張の面持ちで見つめていた。

 

「3、1、4…」

 

匠の眼が最初に捉えたのは、アーサーの「3番」の数字だった。それはあのデビュー戦とは違って、前が残った「ハナ」差の文字だった。

 

「やったー!」

 

匠は嬉しさのあまり一人で勝利の雄叫びを上げてしまった。

叫んでから

「(あ…)」

と周りを見たが、意外と誰も気にしていなかった。

 

「(…良かった…。やっぱりこういうのは、みんなもう慣れ切ってるんだろうな…)」

 

先の競馬に詳しいと見られる二人組の方をちらりと見ると

「前半、あれだけハイペースからの、ノースペガサスを封殺だからな。これは相当強いぞあの馬は…」

その内の一人がそう話し出す。

「ああ、なんとか馬複は獲ったがな。でも逆の着順なら惜しいなあ~」

ビールを片手に持っている方が、笑いながら悔しそうにしていた。

 

「(複雑な表情をしているなあ…)」

匠が気を取られていると不意に

ブーンッ

と携帯が音を鳴らして

「おめでとう」

とメールが届いていた。

 

「匠、良かったな。おめでとう」

 

短い文章だったが、仕事の合間に結果を見ていたのだろう。

父・善男のメールが勝ったことを、改めて匠に実感させた。

 

「ありがとう。馬券、持って帰るね」

それだけ短くメールを送ると、スタンドで少し休憩しようと、匠は2階席へ足を向けた。

 

「(ここは、全体が良く見えるなあ)」

 

川崎競馬場は2階席も自由に座れる席になっており、煌々と光る砂上の舞台を匠は確かめるように見つめた。

「(それにしても、大きいビジョンだなあ…真ん中に、なんか駐車場あるし…)」

そんな感心を寄せる匠に

―さあそれでは重賞初制覇の、アーサー号の表彰式を行いたいと思いますー

という、アナウンスが流れ込んできた。

 

「(へえ、表彰式とかあるんだなあ)」

匠はメインビジョンに目を向けた。

 

―それではまず、勝利ジョッキーである、鮫浜騎手にお願いをしましょう!―

アナウンサーも明るい表情だ。

 

―鮫浜騎手、おめでとうございます。今の感想をお聞かせください―

「はい、まず一番頑張ってくれた、アーサーにありがとうの気持ちです。それからこのような素晴らしい馬を任せて下さったオーナーさん、調教師の先生、厩舎スタッフ、応援して下さった皆さんに、心より感謝を申し上げます」

アナウンサーの明るい表情の意味が直ぐに分かるというくらいの、場慣れしたベテランらしい口調の渋みのある声が席に届いた。

 

―前半はかなりハイペースですが、あれは意識されていたのでしょうか―

「はい、アーサーはデビュー戦の時も、スタートでかなりヒヤッとしました。前走はポンと出てくれましたが、今回もスタートで出したいなと。スタミナはあると分かっていたので、距離延長も強気に行きました」

 

―前半スタミナを使い過ぎると、最後バテることは良くありますが、この馬に限っては鮫浜騎手、相当自信をお持ちであったと―

「はい。前走も持ったままでしたね。これは相当に走る馬だなと。それでも最後は詰められましたし、相手も相当強かったですが」

 

―着差はハナ差でしたがこのあたり、どのような印象を持ちましたか―

「そうですね、やはり走る馬だなと。普通なら粘れなかったでしょうし。ただ僕ももうちょっと余力のある、走りをしてあげたかったのですが」

 

―相当強いライバルであったと。我々も手に汗握りましたが、暮れにはこの川崎競馬場で、全日本2歳優駿があります。切符は既に手に入りましたが、ここに参戦予定はありますか―

「これはオーナーさんとお話しして、行ければぜひ行きたいところですね」

 

―これは力強いお言葉ですね、ありがとうございます。最後にファンの皆様にひとこと―

「応援、ありがとうございます。こうしてここに見に来ていただけて、身の引き締まる思いです。僕も歳ですし何年乗れるか、常に体と相談しています。ですがこのアーサーとはどこまでも、行ける限り行きたいと思います。これからもアーサーと僕ともども、応援お願い申し上げます」

 

―鮫浜騎手、ありがとうございました―

 

インタビューの終わりには周囲から温かい拍手が送られていた。

それは佐賀競馬の新馬戦では見ることのできない光景だった。

 

「(こうして大きなレースを勝つのは、やっぱり特別なことなんだな…。それにしてもあの鮫浜騎手って、いつも眉間にしわ寄せているのに、インタビューで話すときはなんだか、すごく優しそうな雰囲気だった。やっぱり馬に乗っている時とは、違った感じがするものなんだな…)」

そんなふうに匠は思った。

 

次回予告

 

アーサーの鼻差の勝利によって思わず叫び声を上げた匠。

続いていく表彰式のなかで驚きの光景に出会いますが…

 

次回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第15話 表彰式

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第13話 強敵・ノースペガサス

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です