競馬小説「アーサーの奇跡」第12話 砂漠の月

前回までのあらすじ

 

初めて一人で競馬観戦をすることになった鎌倉記念で

いつも通りカメラを振り向けつつ写真撮影をする匠でした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第11話 馬主・武内

競馬小説「アーサーの奇跡」第12話

第12話 砂漠の月

 

「(今度は、気をつけなくちゃ)」

川崎競馬場のスタンド内。

その発券機の列に並びつつ、匠は自分に言い聞かせていた。

「(落ち着いてやっていけば大丈夫…)」

 

まずは軍資金の投入をし、その次にマークシートを差し込む。

すると善男の馬券から一枚、発券機の窓に映し出された。

「(よし、次はアーサーの単勝だな…)」

そして次に自分自身で書いたマークシートをそこに投入する。

発券機にスッと吸い込まれると清算ボタンをしっかりと押した。

「(よし、あとはお釣りを忘れないよう…)」

前回小倉競馬場の際にお釣りを取り忘れた経験から、匠は緊張の面持ちになり、集中して購入を行った。

その甲斐もあって今度はきちんと、取り忘れることなく購入した。

 

「(ふう…。これでよし)」

その手に馬券を確かめてみると、善男の買った馬券が見えている。

何やら今度は「馬複」と書いた馬券が手のひらに握られていた。

「馬複?」

聞いた事のない式別だったが、これをスマホで検索してみると、どうやら中央でいう「馬連」で1~2着を当てる馬券種だった。

 

「(へえ、父さん。これは順不同で2頭が2着以内なら的中だ。この1番の馬とアーサーが両方来ないといけないってことか。)」

そう頭の中で計算すると

「(てことはこの1番の馬ってさ、かなり強い馬っていうことなの?アーサーが2着になってもいいようにこの馬券を買ってるわけだし…)」

不意に匠には不安がよぎった。

「(やだなあ…父さんのせいで、なんか余計な不安が出てきちゃったじゃんよ。)」

今度はもう一枚のアーサーの単勝馬券へと視線を馳せた。

「(でもおれにはこれしか分からないし、アーサーが勝つのを見に来たんだし…)」

そんなことを一人で考えつつ、スタンドを抜けてゴール前に出た。

 

そこでは先程までパドックを周回していた出走馬たちが、騎手を乗せてダダダッダダダッ、とリズミカルに馬場を走って行った。

「(近いな、馬との距離が)」

そう感じながらカメラを向けると、再びアーサーをカメラで追って、チャンスを待ち構える匠だった。

 

「発走5分前です」

ターフビジョンに大きな文字が躍ると、その字幕と音声を聞きながら、画像を確認する匠だった。

「(なんだか照明のせいか、いつもより更に光って見える感じだ)」

尾花栗毛(おばなくりげ)のアーサーの毛並みが金色の光を反射していて、まるで砂漠に浮かぶ月のような、不思議な雰囲気が現れている。

「(良かった、なかなかよく撮れてるな。こんなにきれいな写真になったし、元気そうだし、今日も勝てるよね…)」

先ほどパドックで父馬の話をしてくれた紳士を思い出し

「(あの人も、きっと勝つって言ってくれてたしな…)」

と匠は振り返った。

 

―ガシャンッ!

 

そしてゲートが開いて、鎌倉記念の火蓋が切られた。

 

次回予告

 

善男が買っている馬券を眺め、強敵が居ることを知った匠。

周囲の声にアーサーの勝利が不安になってくる匠でしたが…

 

次回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第13話 強敵・ノースペガサス

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第11話 馬主・武内

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です