競馬小説「アーサーの奇跡」第11話 馬主・武内

前回までのあらすじ

 

川崎の鎌倉記念参戦の知らせを受け取った匠ですが

アーサー観戦は善男のいない一人での参戦になるのでした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第10話 参戦・鎌倉記念

競馬小説「アーサーの奇跡」第11話

第11話 馬主・武内

 

川崎競馬場の馬主席。

鎌倉記念当日のここでは、アーサーの馬主・武内昇(たけうちのぼる)が、じっとその時を待ち構えていた。

「(そろそろか)」

満を持したという面持ちになり武内が歩を進めたその先は

アーサーの歩く姿が煌々と照らし出されたパドックであった。

 

その日のメインレースとなっている鎌倉記念のパドックとはいえ

1レース前のレースが先ほど発走した直後で隙間がある。

その立ち見客の間をすり抜け最前列の手すりに手を置くと、武内は自分に気づいた厩務員(きゅうむいん)の村口(むらぐち)に軽く手を挙げた。

 

「(よし、いい出来だ)」

「(武内さん?)」

 

背筋を伸ばし堂々としている、ライトブラウンのスーツの男に、アーサーの手綱を手に持っている村口は驚いて会釈をした。

「(ふふ、村口のやつ、驚いているな)」

それを見た武内はニヤリとしてアーサーの馬体に目を細めつつ、それからふと周囲を確認して、その空気感に高揚していた。

そして再びアーサーが目の前に来るともう一度軽く頷き、それを見た村口もまたコクンと、軽く会釈をして通過していく。

―パシャパシャッ―

その武内の隣では何やら熱心にカメラを振り向けている、まだ二十歳になったばかりくらいかという若者の姿に気づいた。

 

「(おお、青年が撮影しているな。まだ二十歳になったばかりくらいか?)」

 

武内は不意に隣で写真を撮っていた若者と見つめ合うと、その若者は少し遠慮がちにまたカメラの先を見つめ直した。

「(ふふ。こりゃまだ競馬を始めてから、いくらも経っていない雰囲気だな。どれ、どの馬を撮影してるんだ?)」

少し興味を抱いた武内が若者のカメラの先を見やると、どうやら熱心にアーサーへ向けしきりにレンズを動かすのだった。

そしてまたアーサーと厩務員の村口が近くを通り過ぎたが、どうも若者はアーサー以外に特に興味を持たないようだった。

 

「(ほう。この青年、アーサー以外はまったく目に入らない感じだな)」

 

ずっとアーサーを追いかけるようにレンズを振り向ける若者を見て、面白くなった武内はニヤと笑って若者の肩を叩いた。

「やあ。君はずっとそうしてアーサーばかり撮影しているようだけど、そんなにお気に入りの馬なのかい?」

突然話しかけた武内に、驚いた表情をしながらも

「あ…はい。その…なんていうか…」

若者は武内に受け応えた。

「いい馬だろう?あの馬は。何とも言えない雰囲気があるよな」

武内の落ち着いた口調を聞き

「…はい。馬のことは正直、まったく僕には分からないんですけど…」

と若者がはっきりと答えた。

 

「正直だな。ふふ。で、君は特にどこが気に入ったんだい?」

快活な口調からにじむような、優しさを感じられるその声に、若者も少しほっとしたように、しかし少し遠慮がちに答えた。

「えっと…やっぱり雰囲気ですね。なんていうかすごくきれいな馬で…」

遠慮がちだがその声にはとても肯定的なものが感じられて、すっかり楽しくなった武内は

「そうか、そうか。」

と笑顔で頷いた。

 

「この馬の父もそれはまた実に素晴らしい競走馬だったんだよ。体のラインは細かったけれど、これが実にきれいなシルエットで。わたしは父馬も好きだったけど、この馬も特にまたそこが似てる」

武内がそう若者に話すと

「そうなんですか、初めて知りました!教えていただき、ありがとうございます!」

と若者は目を輝かせて言った。

「本当にいい馬だよ、あの馬は。見ていると何か元気が出てくる」

武内の言葉に触発されて

「はい。おれ、初心者なんで、分かったようなことは言えないんですけど…。見てると胸が熱くなる感じで…」

若者が率直にそう答えた。

 

「ふふ。いいねえ、胸が熱くなるか。君がたとえ初心者と言ったって、そんなに謙遜することもないさ。最初は分からないのは当たり前。大丈夫、この馬はきっと勝つよ。」

穏やかに武内がそう続けた。

「悪かったね君、邪魔をしちゃって。」

今度はそう若者にはにかむと、もう一度ちらりとアーサーを見て、パドックに背を向けると武内は人混みの中をすり抜けて行った。

「あ、いえ、あの…ありがとうございました」

若者もその背中を見送って、武内に聞こえるように伝えた。

そしてすぐまた前を振り返ると、再びカメラを構えるのだった。

 

次回予告

 

所有馬であるアーサーを忍んでパドックから観戦する武内。

一方匠は善男の馬券をしっかりと注意して買うのですが…

 

次回は競馬小説「アーサーの奇跡」第12話 砂漠の月

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第10話 参戦・鎌倉記念

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です