競馬小説「アーサーの奇跡」第10話 参戦・鎌倉記念

前回までのあらすじ

 

ひまわり賞で8馬身差をつけ中央初勝利としたアーサー。

その配当は見知らぬ中年男の予想通りの結果でした。

競馬小説「アーサーの奇跡」第9話 確定オッズ

競馬小説「アーサーの奇跡」第10話

第10話 参戦・鎌倉記念

 

「行ってきます!」

段々と陽が短くなってきて、夜も長さを増してきた十月。

匠は善男にひと声かけると、夕方から玄関を飛び出した。

「(アーサー、今日も元気かな)」

福岡の小倉競馬場のあと神奈川の川崎競馬場へと

アーサーの戦いは匠の住む、家のすぐ近くまで迫っていた。

 

九州旅行から帰ったあとも匠はアーサーがどうしているか

気になって時々検索しては九州のことを思い出していた。

そのうちに

「九州産馬の雄・アーサー鎌倉記念参戦へ」

というタイトルを確認すると

早速その知らせを急ぎ足で居間に居る善男に伝えに行った。

 

「ねえ父さん、今度アーサーが鎌倉記念っていうレースに出るよ。なんだか夜みたいだけど川崎競馬場って夜までやってるの?」

「お、アーサー鎌倉記念出るか!そりゃ、応援に行かなくちゃならんな。そう川崎はな、ナイター施設があるから夜でも競馬をやるんだ。」

善男が待ってましたとばかりにアーサーの話題に身を乗り出すと

「いいねえ、こうなったら店休んで、親子二人で観戦といくかな!」

野球中継も途中で投げ出し、カレンダーの予定に目を移した。

 

「いいの?そんなことをしたときには、母さんに完全にバレちゃうけど?」

匠がそう善男に問い掛けると

「ふむ、でもアーサーが出る以上は、見に行かないわけにもいかんしなあ…」

そう言いかけた善男がじいっとカレンダーに目を近づけていると

「匠、すまんがその日は行けん。七五三の予約が入っててな。時間的にはぎりぎり片付けて行けないこともないところなんだが…」

と静かに口を結んだ。

「へえ、七五三って言えば確か、十一月にやるものじゃなかった?そんなに早くから撮影予約入ってることもあるものなんだね」

と匠がまた問い返した。

「みんなそれぞれ事情があるからな。そもそも当日は既に予約でいっぱいに埋まってるところだしな。それにしても父さんの腕を知る、ご近所さんたちはみな素晴らしい!」

さあ褒めろという善男の口調に

「父さん、自惚れはみっともないよ。ほんと、もういい大人なんだからさ」

と匠が呆れて応えた。

 

「まったく、お前はそうやっていつも…。父さんは競馬予想だけじゃなく、撮影技術も素晴らしいんだぞ?」

と匠に向き直る善男に

「はいはい、いつも感謝していますよ。おれ、そのおかげで育ったんだから。まあ父さんの撮影の技術が、どれほどのものかは分からないけど。」

一応感謝はしていると示す、匠の態度に軽く頷くと

「ほう。して、競馬予想の腕の方も認めたということでいいのか?」

と善男が更に続けた。

「それはもっとよく分からないけどさ…。ていうかほら、ドルフィンズ。ホームランで逆転したみたいよ?」

野球中継に意識を逸らすと

「おおやった、さすが主砲中村!今年もまたまたホームラン王だ!」

とすぐ向き直る善男だった。

 

「しかし父さんは競馬も野球も、何でも興奮ができるんだねえ」

匠が感心したように言うと

「そりゃ感動は多い方がいいさ。特に勝負事は良いもんだろう?負けるのは見てて悔しいもんだが、白黒はっきりするもんだからな。いいか?匠。勝つために人は頑張るわけだが、その単純な答えを出すために、沢山の試行錯誤が要るんだ。野球選手でも競走馬でもな、勝たないと稼げないのは変わらん。それはウチのような写真屋だって実際はその部分は変わらない。まあAIの向上によってはBIの世が来るかもしれないが、それだってまだまだ分からんからな…。感動できて考えやスキルを学べるなんて一石二鳥だろ?」

そう匠を見て答えを返した。

「そりゃまあ、そうなのかもしれないけど…。なんか旅行してからの父さん、よりしゃべるようになっちゃったよね…」

匠が呆れた顔でつぶやいた。

「こら、なっちゃったとはなんだ、なっちゃったとは。ありがたい話しをしているんだぞ?」

そう言いつつ腕を組んだ善男に

「ごめんごめん。ていうかさ、自分でありがたいとか言わないの、もう…。」

目を瞑りながら匠が答えた。

 

「ん、そうか?まあいい。とにかくその日は馬券をよろしくな。スマホでも馬券は買えるんだがな、お前も手に持った方がいいだろ。」

「別にそんなことは全然ないよ。むしろ落としちゃわないか不安だし。それに父さん大きく買うんでしょ、換金したお金、持ち歩くのは…」

不安そうな匠を見て善男が

「ほう、アーサーがもう勝つ気でいるな?やっぱりファンはそうでなくっちゃな!」

と見透かしたように笑った。

 

「そりゃ、それを観に行くわけだからさ…でも、やっぱり何か心配だなあ」

匠が複雑な顔を見せると

「なるほど。」

と善男がつぶやいた。

その言葉に匠がいぶかしげに善男の目を改めて見つめると

「いや、な。」

と善男は今度は言葉少なに匠にそう言った。

 

「なに?」

と気にする匠に善男が

「とりあえず、換金はしなくていい。外れればそれも記念になるしな。当たれば別の日に自分で行くし、馬券の有効期限は発券から60日間はあるからな。換金をしたら父さんもそこで、こっそり競馬を楽しんでくるさ。」

と真面目な顔でそう話すと

「ついでとか言って、そもそも初めからそれが目的だったんじゃないの?でも現金を持ち歩くよりかは、その方がいいのは確かだけどさ。」

と匠が本心で答えた。

 

「バレたか。」

そう善男が漏らすと

「バレバレでしょ。」

と匠が返して

二人の顔には鏡に写したような笑みが浮かび上がるのだった。

 

次回予告

 

アーサー参戦の情報を知り、川崎競馬場へ向かう匠。

これまでのようにアーサーに向けてカメラを振り向けるパドックですが…

 

次回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第11話 馬主・武内

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第9話 確定オッズ

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

 

*読むと、競馬がしたくなる。読んで体験する競馬予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。