キーンランドカップ2021調教診断・上位3頭を選出

はしくれ

こんにちは、はしくれです

今週の札幌競馬場では古馬混合のスプリント重賞キーンランドカップ2021が開催される予定です。

この一戦には休養明けでのレースが注目のダイアトニック、前走ヨカヨカを破り重賞制覇したレイハリアも見られます。

秋のGⅠ路線に一石を投じる馬が現れてくるのか、そんなキーンランドカップ2021の調教を診断します。

キーンランドカップ2021調教診断・上位3頭を選出

調教1位:ダイアトニック

<札幌 芝 良 67.4-52.1-37.2-11.9 ほぼ馬なり>

今回1位に選出したのはダイアトニックと致しました。

同馬は昨年のスプリンターズステークスから約1年振りの、復帰戦をこのキーンランドカップで果たすべく参戦をしました。洋芝に合うピッチ走法から切れ味を感じさせる末脚で、4ハロン52秒1からのラスト11秒9としました。

時計自体も末脚が自慢の同馬らしいタイムとも言えますし、馬体面も良く非常に絞れた腹周りにも好感が持てます。休養期間自体は長くとも馬体には無駄が見られませんから、実力が発揮できれば十分上位に食い込めると思いました。

それくらい元気もありそうですし、馬自身前進気勢があって、特に嫌う要素はないと見ての1位指名馬に選出をします。あとは実際当日パドックで仕上がりを判断したいのですが、枠順も今は内目が良い馬場、外過ぎないことを願っています。

調教2位:レイハリア

<函館 ウッド 不良 55.7-40.9-13.1 馬なり>

調教2位はレイハリアです。

同馬は先週北九州記念を優勝したヨカヨカ相手に、葵ステークスで先着をして重賞初勝利を飾りました。まだ全体の線が多少細く頼りなさもあるのは確かですが、それでも勝ち切った素質的にも十分勝負になると思います。

古馬初対戦ですがハンデを見ても51kgと恩恵があって、終始抑え気味の調教からも好状態が全部出せそうです。函館を使うことはウッドでの調教をしたいためと言えますし、タイムも不良馬場を考えれば十分な競馬だと思われます。

負荷がかかってしっかりと鍛錬されたような馬体に思えますし、何より駆け抜けてから映されたトモのボリューム感が強くあります。前走よりパワーアップを果たし出走できそうな馬体面から、2位評価は同馬と見てダイアトニックの次に推したいところです。

調教3位:カツジ

<札幌 芝 良 63.9-50.8-35.8-12.2 馬なり>

最後はカツジです。

同馬はご覧の通り伸びやかなストライドを見せ走っていますが、見た目通りに好調を感じるラスト12秒2を計時でした。4ハロンも50秒8からの馬なりの走破だと考えれば、十分体制は整ったと見て差し支えはないところでしょう。

様々な競馬ができるタイプで今の芝を考えて見るにつけ、前に出すかもと思われるものの、このあたりは枠順次第でしょう。ただ鞍上の指示に従いつつ馬なりで好タイムが出せていて、折り合い面には不安はあんまり抱かない良い内容と見ました。

前走函館スプリントステークスを5着と掲示板にのって、力が衰えてはいないことをしっかり証明して参戦です。好調からも軽視は禁物な存在ということができますから、当日の状態面はしっかり把握していきたいなと思います。

キーンランドカップ2021調教診断・おわりに

メイケイエールはどう思いました?

のりしお

はしくれ

先週ソダシの馬体が寂しく見えてもパドックでは良かったから、絞れて見えていることは相当プラスになるのではと考えるよ
タイムも良かったと思いましたが

のりしお

はしくれ

うん。ただ落ち着いたからこれがどう出るかと。前走と似た要素でもあるから…

*キーンランドカップ2021のパドックロードも配信致します。プロの相馬師による相馬眼に今週もぜひご注目ください

またキーンランドカップ2021の関連記事はこちらから―

キーンランドカップ2021予想・本命はダイアトニック

キーンランドカップ2021・今週の期待馬体

キーンランドカップ2021過去10年の傾向とイチオシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です