競馬小説「アーサーの奇跡」第8話 ひまわり賞

前回までのあらすじ

 

取り忘れた馬券を持って行かれ、代わりに1万円を得た匠。

動揺のなか目前に迫ったレースのためにスタンドに出ますが…

競馬小説「アーサーの奇跡」第7話 小倉競馬場

競馬小説「アーサーの奇跡」第8話

第8話 ひまわり賞

 

「お前のことだ、買おうとしていたのは、やっぱりあの馬だったんだろう?」

匠の動揺を拭い去ろうと突然質問を振った善男に

「うん。」

と言って匠はレーシングプログラムの馬名に目を落とした。

 

「アーサー…」

そうつぶやいた匠にひと言

「まさかまたこうやって会えるとはな」

善男が驚くようにそう言った。

 

「ついこの前、佐賀で勝たせてくれた、匠との思い出の馬だからな。お前がまた買いたいなんて言うし、今度は何かと思ったんだが、まあ、この馬だったら当然だな」

「うん。頑張ってほしいなと思うし、買って何が変わるわけじゃないけど…」

そうつぶやいた匠の目の前に、瞬間、甘い香りが広がった。

 

「…」

 

「どうした匠?」

善男が匠に声をかけると

「あ…いや…」

「?」

匠は一瞬心を奪われるシーンがあったことを押し黙った。

 

「あの人だ…」

 

「あの人?」

小さくつぶやいた声を拾われ

「あ、いや、なんでもない!」

と取り繕うように匠が慌てて言った。

 

善男と話をしていた一瞬、ほんの僅かな間ではあったが、匠は佐賀競馬場で見かけた女性と目が合ったような気がした。

それも今度は少しだけこちらを、懐かしむような視線を感じて。

 

「さあ、発走だ。」

善男の声とともにファンファーレが場内に大きく響き渡ると、匠もだんだんと普段通りの感覚を取り戻してはっとした。

 

「(そうだ、アーサーを応援しなくちゃ)」

そんなふうに切り替えた束の間に

ガシャン!

と中継画面から音が漏れる勢いでゲートが開いた。

 

―レースは、あっという間だった。

 

前走の出遅れにより、スタートが心配されたアーサーだったが、まるでそんな事はなかったように好スタートから先頭を奪う。

1番人気のサマードレスがアーサーを追って2番手になるも、まるでプレッシャーを受けることなくアーサーは坦々と引き離した。

 

「おいおい、これはこのまま一気に押し切っちまいそうな手応えだぞ?」

「う…うん…」

 

手応えの良さに喜ぶ善男に、逃げ切れるかが不安になる匠。

そんな匠の心配も知らずに、2番手以下が引き離されていく。

4コーナーを回ってから尚も、アーサーの脚色は目立っていた。

 

「アーサー!」

 

そう叫ぶ匠の声もまったく不要なくらいの余力を残して、後続との差も縮まることなくアーサーがゴールへと向かってくる。

「よし、そのままー!」

声を上げている善男も勝利を悟ったような快活な口調で、気づけば8馬身も差を開いて一気にゴールを駆け抜けて行った。

 

「す…凄い…!」

 

好スタートから先手を奪って後続に影を踏ませることなく、圧勝を飾った快走からは安心感を覚えるほどだった。

 

「よっしゃー!」

善男が隣で会心勝利と、拳を天に突き上げて見せると

「わはは!今日も匠にラーメン、10杯でも20杯でも食わせてやる!」

と満面の笑みが弾けていた。

 

「いや、嬉しいけどさ、父さん…ラーメン10杯も食えないから…」

とあきれ顔の匠だったが

アーサーの鮮やかな走りを見て、熱い気持ちが込み上げるのだった。

 

次回予告

 

様々な動揺を払うように、圧勝でゴールインしたアーサー。

その勝利の価値について善男が興奮気味に話すところですが…

 

次回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第9話 確定オッズ

前回は:競馬小説「アーサーの奇跡」第7話 小倉競馬場

はじまりは:競馬小説「アーサーの奇跡」第1話 夏のひかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です